LINEの「誕生日の友だち」リストを使ってお祝いをするやり方を解説

LINEの誕生日の友だちリストを活用するやり方を解説

LINEでは誕生日が近い友だちや、その日が誕生日の友だちがいると、ホーム画面に「誕生日リスト」として友だちが表示されるようになっています。

バースデイカードやギフトを送ることができるようになっているので、久しぶりに連絡をとりたい友だちとコンタクトをとるきっかけになりますね。

「誕生日の友だち」リストとは

友だちが誕生日を登録していて、その日が来るとLINEのホーム画面に「今日が誕生日の友だち」として表示される機能です。

リストには更に「誕生日が近い友だち」と表示され、それをタップすると誕生日が近い友だちも表示されます。

誕生日をお祝いする

友だちの誕生日は2種類の方法でお祝いができます。

バースデイカードを贈る

誕生日リストから「カード」を選択すると、バースデイカードを贈ることができます。

まずは、カードのデザインを選択します。この時、誕生日の友だちにだけ贈りたい時は、「非公開に設定する」を忘れないようにしましょう。

バースデイカードを作成後、「風船アイコン」をタップすると、「お祝いエフェクト」を贈ることもできます。

お祝いエフェクトは1人につき100回まで贈ることができます。お祝いエフェクトと贈った回数は誕生日の友だちだけ見られます。

バースデイカードは、誕生日の前日、当日、翌日の3日間のみですので、誕生日リストで気づいたらすぐにバースデイカードを贈ってあげて、お祝い忘れがないようにしたいですね。

ギフトを贈る

誕生日リストから「ギフト」を選択すると、誕生日の友だちにプレゼントをすることができます。

「ギフト」をタップすると、LINEギフトにつながります。LINEギフトの使い方は、こちらの体験記事でも紹介しています。

LINEギフトでプレゼントを贈る

とても便利なLINEギフトで会えなくても送れるプレゼントをしよう!

自分の誕生日の登録方法

自分の誕生日の登録は、LINEホームから「歯車マーク」のボタンをタップし「プロフィール」を選択すると設定する場所があります。

誕生日の登録は、久しぶりにコンタクトをとってみたい人とのきっかけにもなるので、まだ登録をしていない人は登録をするのも有りだと思います。

自分の誕生日の非公開設定

すでに誕生日の登録をしている人で、誕生日の通知を非公開にすることもできます。

LINEホームから「歯車マーク」のボタンをタップし「プロフィール」を選択すると、「誕生日」が設定する場所があるので、「誕生日を公開」のスイッチでオフにしましょう。

まとめ|「誕生日の友だち」リスト機能できっかけ作りができる

「誕生日の友だち」リスト機能のおかげで、疎遠になってしまった関係を取り戻すきっかけになりますね。

特にビジネスシーンだと、久しぶりにメッセージを送っても堅苦しくなったり、営業的な感じにとられることもあるので、このような機能をきっかけにまた縁ができる素敵な機能です。

また、学生の場合だと学年や学校が変わったりなど、大きなライフスタイルの変化が定期的にやってきます。

そんな時でも、この機能を活用すればまた新しいきっかけが生まれるので活用していきたい機能ですね。

副業でオススメのビジネスを分かりやすく解説

副業でおすすめのビジネスを分かりやすく解説【実績を銀行通帳で公開】

ABOUT US

小林 玲王奈Unicorn Consulting Inc. 代表取締役

起業する人やスタートアップ企業に出資や資金調達を含めてサポートしながら、ブログの運営やWebアプリの開発、LINEスタンプ制作をしてひたすらキャラクターデザインをしています。

2003年から映像業界向けの様々な新規事業立ち上げに従事。2014年からは経営/メディアコンサルティング業も始めて2020年01月に独立しました。

最近はアフィリエイト用の特化ブログを4サイト立ち上げて運用しています。

全部同じサイト構成、ブログ記事構成、文章構成なども似せてみて、収益を出すのに再現性があるか?などを試している日々です。

ピックアップしているレンタルサーバーとWordPressテーマを総当たりで組み合わせてサイトスピードがどうなるかなど、思いついた事をひたすら検証する日々も兼ねています。

最近は、WordPress用のシンプルなプラグインやブログパーツの開発にチャレンジしています。

SMPTE Professional Engineer Member

著書 : 『保存版 売上を向上させるためのYouTube活用術』

2020年度 学校法人調布学園 田園調布学園 中等部・高等部「豊かな教養を培う 未来へつなぐ土曜日 コアプログラム『探究』」にて空中ディスプレイコンテンツ制作及びWebサイト制作の特別講師を担当