LINEスタンプのサイズをわかりやすく解説

LINEスタンプのサイズを解説する

LINEスタンプの制作をするときに重要なのが、規定されたサイズに合わせて制作することです。

本記事では、LINEスタンプを制作するときの規定されたサイズを解説します。

LINEスタンプの申請に必要な種類

LINEスタンプの販売に必要なデザインの種類

  • メイン画像 1種類
  • スタンプ画像 8個/16個/24個/32個/40個の中から選択
  • トークルームタブ画像 1種類

になります。

以前と違い、8個から作成できるようになったので参加しやすくなりました。

LINEスタンプの画像サイズ

LINEスタンプでは、デザインしたLINEスタンプを登録するときの画像サイズが決まっています。

  • メイン画像 1種類 幅240ピクセル × 高さ240ピクセル
  • スタンプ画像 最大で幅370ピクセル × 高さ320ピクセル
  • トークルームタブ画像 幅96ピクセル × 高さ74ピクセル

また、画像データの詳細については

  • 画像の幅と高さのサイズは偶数にすること
  • 解像度は72dpiにして、カラーモードはRGBにすること
  • 画像のサイズは1MB以下、ZIPで一気に登録する際には、その合計が20MB以下になること

になるように作成してください。

LINEスタンプのデザインサイズ

LINEスタンプの制作では、画像サイズの外枠とデザインの間に10ピクセルほどの余白を作るように指定されています。

四辺の外枠からデザインを10ピクセルほど離すこと

余白を意識しすぎてあまり余白を作ってしまうと見栄えが良くないデザインになってしまうので、10ピクセルを参考にデザインすれば大丈夫です。

LINEスタンプのデザインチェック

LINEスタンプの保存形式は、「透過情報あり」の画像形式で保存することになります。

画像の背景を、赤や青、緑などの色に変えてスタンプで意図していない描き残しがないか確認しましょう。

最近は審査の基準が緩和され、デザインで発生する絵のゴミがあってもリジェクトされないことがあります。

LINEスタンプ販売後のタイトルやスタンプの説明は変更可能ですが、デザインは差し替え変更ができないので注意しましょう。

LINEスタンプの保存形式

LINEスタンプの画像フォーマットはPNG(透過情報あり)になります。

LINEスタンプの登録

デザインが完成してファイルを書き出したらいよいよ登録ですね。

LINEスタンプの登録方法についてはこちらで解説していますので、参考になれば幸いです。

LINEスタンプの登録作業記事の画像

LINEスタンプの登録手順をわかりやすく解説

まとめ|LINEスタンプ販売は今からでもビジネスになる

筆者は、LINEクリエイターズマーケットが展開されてからすぐにLINEスタンプ制作に参加しました。

2020年01月に独立をして、新しいアカウントで2020年02月からLINEスタンプの販売を再開しました。

LINEスタンプはまだまだチャンスがある

LINEスタンプは今から始めても、海外販売を含めてまだまだチャンスのある市場です。

LINEスタンプの海外販売を応援する記事のアイキャッチ画像

海外向けにLINEスタンプを販売展開していく方法を分かりやすく解説

LINEスタンプ制作を始めたらLINE公式アカウントを開設する

LINEスタンプの制作を始めたら、LINE公式アカウントを開設しましょう。

LINE公式アカウントは無料で始められる素敵なサービスです。

LINE公式アカウントの開設方法はコチラでまとめているので、参考になれば幸いです。

LINEスタンプ用のLINE公式アカウントの開設方法を公開

LINEスタンプ販売を始めたらLINE公式アカウントを開設しよう

LINE公式アカウントを始めのうちから開設しておくと、自分のLINEスタンプのファンになってくれる方が出てきます。

応援してくれる人がいてくれると制作を続けていく大きなモチベーションになります。

筆者のLINE公式アカウントはコチラです。

友だちも1万人以上の公式アカウントになってくれました。

ユニコスタンプ : LINE公式アカウント

LINEスタンプの紹介サイトを作成する

LINEスタンプの販売を始めて、LINEスタンプ販売用のLINE公式アカウントを作成したら、作成したLINEスタンプを紹介したり、LINE公式アカウントの友だちになってもらうためのプロフィールサイトを作成しましょう。

筆者も、多くのプロフィールサイトでLINEスタンプを作成していることや、LINE公式アカウントの紹介をしています。

プロフサイトを作成すると、1日あたり10PV~20PV/日くらいのアクセスがあります。

認知度が上がってくればもっとアクセスが増えるかもしれません。

LINEスタンプ制作を始めたら、認知度を向上させるためのプロモーションはかかせません。

プロフィール作成サービスを行っているWebサイトをいくつか下記の記事でまとめてみました。

こちらが参考になれば幸いです。

SNSで役立つプロフィールサイト作成Webサービスの紹介

SNSのプロフィールで役立つプロフサイト作成Webサービスを紹介

LINEスタンプの作り方まとめ

当ブログでは、様々な種類のLINEスタンプに関する情報をまとめています。

こちらも参考になれば幸いです。

LINEスタンプの作り方をわかりやすく解説

LINEスタンプの作り方をわかりやすく解説

最後まで読んでいただきありがとうございました。

ABOUT US

小林 玲王奈Unicorn Consulting Inc. 代表取締役 CEO
起業する人やスタートアップ企業に出資や資金調達を含めてサポートしながら、ブログの運営やWebアプリの開発、LINEスタンプ制作をしています。2003年から映像業界向けの様々な新規事業立ち上げに従事。2014年からは経営/メディアコンサルティング業も始めて2020年01月に独立。今年から来年にかけて、世田谷の私立校で空中ディスプレイ技術とWebマーケティングの講義を行っています。|SMPTE Professional Engineer Member