LINEスタンプ制作を始めるための準備環境を作ろう!

LINEスタンプの制作準備記事の画像

今回は、初心者向けに「LINE Creators Market」(LINEクリエイターズマーケット)への登録が完了した後のデザイン環境の準備を解説していきます。

私たちの制作環境をちょっと紹介

ここで少しだけ、私たちの制作環境を紹介します。

デザイン部門は現在2人体制でお仕事をしています。

少しずつでも仲間が増えていけば嬉しいです。

使用しているPCとOS

MacBookAir2012を使用しています。

正直、今となってはそれほど高いスペックのものではありませんが、古くても十分に使えています。

ペンタブレット

ペンタブレットは必ずしも必要ではないのですが、委託で受ける場合にはやはり効率が良いので導入しました。

ワコムの液晶ペンタブレットでWacom Cintiq Pro 13 TDTH-1320/AK0を使用しています。

WACOM|ペンタブレット

液晶ペンタブレットは高いので購入には勇気がいるのですが…。

制作環境の質は格段に上がります。

プリンタ/スキャナ

CANONのTR9530を使用しています。

手書きで書いた下書きのスキャンに使用しています。

A3のプリントもできる割にコンパクトな形なのでとても便利です。(音も静か)

Canon プリンター A3 インクジェット複合機 TR9530 ブラック (黒)

使用ソフト

定番ですが、ADOBECCを使用しています。

Adobe Illustrator

下書きデータをスキャンして、イラストレーターで線を作っていきます。

手書き風を強く出したいときは手書きで下書きを作成して着色のみを行う場合もあります。

Adobe Illustrator

Adobe Photoshop

彩色と書き出しはフォトショップで行っています。

アクションのスクリプトを作って書き出し作業の効率化をしたり、将来は影や彩色はキャラクターの学習データを使用して効率化できるかも検証しています。

Adobe Photoshop

Adobe Animate

アニメーションスタンプを作成するときはこのソフトを使用しています。

アニメーションスタンプのAPNG書き出し

AdobeCCではそのままAPNGは書き出しができないので、コマンドラインで生成するかフリーソフトで書き出す。

また、最近ではWebブラウザ上で変換もできるようになりました。

APNGの書き出し方法

APNGでの具体的な書き出しソフトについてはこちらの記事で紹介をしています。

APNGデータを作る記事のカバー画像

APNGの作り方|アニメーションファイル作成アプリを紹介

LINEアニメーションスタンプの作り方

また、LINEアニメーションスタンプの制作方法については下記の記事で紹介しています。

LINEアニメーションスタンプは、作るのは大変ですが出来上がった時に達成感がかなりあります。

また、他のカテゴリーに比べると圧倒的にリリースされている数が少ないので狙い目です。

筆者もキャラクター物でリリースしているのですが、単純なアニメーションスタンプでも、ちょこちょこ売れ続けてくれています。

Adobe CCのAnimateに慣れると、そこそこ早く作れるようになります。

Adobe CCは結構高いのですが、学習講座を利用するとかなりお得にAdobe CC環境を入手することが出来ます。

高価な機器を用意しなくても大丈夫

先ほどの環境があれば十分ラインスタンプを制作することができますが、そこまで準備しなくてもスタンプ制作をしていくことは可能です。

使用するPC

今は、フリーソフトでかなり軽いペイントツールなどがありますので、それほど高いスペックは必要ありません。

中古でも2〜3万円で売っていますし、新品でもノートPCはかなり安くなりました。

使用するソフト

予算があればAdobeCCといきたいところですが、他にもたくさんのペイントツールがあります。

検索で「ペイントソフト」と入れるとたくさんソフトが出てきます。まずはフリーソフトで絵を書いてみて体験をしてみてください。

代表的な無料のペインターには下記のものがあります。

  1. GIMP
  2. firealpaca
  3. Krita

スキャン環境

今は、プリンタ機器を持たなくても、コンビニでスキャンすることも可能です。

スマホで撮影してクラウド環境に保存してからダウンロードしたり、私の場合はたまにスマホで撮影したものをチャットワークやSLACKに送ってノートPCにダウンロードしたりしています。

まずは書いてみよう!

最初は、最小限の環境でとにかく書いてみましょう。

一度はやってみて体験をしないと始まりません。

いきなりデジタルで書く前に

いきなりデザインを始めると、何を書いて良いのかよくわからなくなります。

筆者の場合は、子供や家族とLINEスタンプのアイデア出しをしています。

子供には、楽しく紙に好きに書いてもらってヒントを得ています。

子供に自由に描かせてあげるなどの工夫をすると面白いですよ。

LINEスタンプの作り方をわかりやすく解説

LINEスタンプの作り方をわかりやすく解説

最後まで記事を読んでいただきありがとうございました。

ABOUT US

小林 玲王奈Unicorn Consulting Inc. 代表取締役 CEO
起業する人やスタートアップ企業に出資や資金調達を含めてサポートしながら、ブログの運営やWebアプリの開発、LINEスタンプ制作をしています。2003年から映像業界向けの様々な新規事業立ち上げに従事。2014年からは経営/メディアコンサルティング業も始めて2020年01月に独立。今年から来年にかけて、世田谷の私立校で空中ディスプレイ技術とWebマーケティングの講義を行っています。|SMPTE Professional Engineer Member