LINEスタンプを制作する準備内容を学びながらデザインを始めよう!

LINEスタンプのデザインを始める記事のイメージ画像

LINEスタンプ制作は、いきなり作り始めるとつまづくことが多くあります。

スムーズにLINEスタンプ制作を進めるやり方を学びながら、楽しくLINEスタンプのデザインをしていきましょう。

また、販売されているLINEスタンプの多くは40種類MAXまで作られていることが多いです。

しかし、LINEクリエイターズマーケットでは通常のLINEスタンプは8種類からでも販売登録が可能です。

まずはひとつでも販売をする経験をするために、8種類からでもLINEスタンプのデザインをして審査プロセスから販売までの一通りの経験をしてみるのもお勧めです。

どんなスタンプにするのか紙に文字情報で書いてみよう

デザイン工程に入る前に、どんなキャラクターにするか設計をしておくとスムーズに進みます。

おうち時間を楽しむために、子供たちと一緒に作るなどの場合は自由に描かせてあげてください!

ラインスタンプ デザインに向けて進めていく工程は以下の通りです。

  1. キャラクターの設定
  2. スタンプの個数の設定
  3. 伝えたい文字情報の設定

が、最低限設定したい情報です。

キャラクターの設定をしよう

まずはどんなキャラクターにするかを自由に発想して書いていきましょう。

プロになるとかなりマーケティングして設定を作り込んでいきますが、最初のうちは思いつくままに描いてOKです。

絵がヘタクソかどうかは問題になりません。

LINEストアを見るとわかるのですが、一見下手に見えても秀逸に情景やメッセージが洗練されていてバランスが取れている物がたくさんあります。

キャラクターの設定方法は色々なやり方があります。

  • 人か動物か物か
  • ゆるくするか描きこんだモノにするか
  • どれくらいの色使いにするか

くらいの簡単な感覚で構いません。

簡単な情報や設定を決めて描き始めましょう。

スムーズに書いていくために、何かフォーマットがあるといいな。と思う方がいるかもしれません。

下記のリンクでは、私たちが使用しているLINEスタンプ制作用のフォーマットをアップしているので、自由にお使いください。

ユニコーンコンサルティング公式WebサイトのLINEスタンプ一覧ページ : ユニコブログ連動データページ

また、LINEスタンプのキャラクターを考えるヒントになればと思い、キャラクターのアイデア出しに関する記事を作成しましたので、こちらも参考にしてみてください。

LINEスタンプのアイデアを設計していくイメージ画像

オリジナルのLINEスタンプキャラクターを制作しよう!!

スタンプの個数の設定

理想は40個ですが、最初は8個でもOKです。

伝えたい文字情報の設定

ここが難しいところですが、コツとしては設定した文字情報に対義語を付けていけば8個くらいの設定でしたら割と簡単にキーワードが集まります。

  • 「ありがとう」「ごめんなさい」
  • 「おはよう」「おやすみなさい」
  • 「いいよ」 「だめ」
  • 「嬉しい」 「悲しい」

このような感じでやっていくとたくさん言葉やキーワードが出てきます。

私たちの場合は、Stickerシートを作成してそこに情報を埋め込んでいっています。

設定ができたらキャラクターのコマ作り

おおまかなの設定や情景ができたら、次は描きこんでいきます。

手書きでアウトラインを書いていく

まずはあらかたのデザインを手書きで紙に書いていきます。

慣れている人や手書き工程は面倒臭い!という人は、直でデジタル工程で描きこんでしまっても問題ありません。

人それぞれのやりやすい方法でいいと考えています。

上記の画像のような感じで書いていきます。

下書きがかけたらスキャンする

スキャン方法は他の記事でも書きましたがいろいろなスキャン手法があります。

スキャナ付きのプリンタでスキャンする

これは、環境によっては難しいかもしれないですが作業する身としては一番嬉しい環境ですね。

コンビニでスキャンする

今のコンビニは、紙からUSBメモリや携帯にデータが転送できるので便利ですね。

スマホでスキャンして取り込む

スマホで写真をとって、クラウド環境かチャットツールでPCに取り込んでしまえば簡単にデジタル化できます。

着色、仕上げ作業をする

ここまで来ればあと少しですね。

下書きしてスキャンした画像をデザインソフトで仕上げていきましょう。

LINEスタンプの仕上げに入る前に、LINEスタンプの画像サイズなどについて確認しましょう。

LINEスタンプのサイズを解説する

LINEスタンプのサイズをわかりやすく解説

人によっては紙で仕上げまでする人もいると思います。

私たちは下書きであらかたの線画を書いたらそれをスキャンして、彩色工程に入り、仕上げまで行います。

完成したらLINEスタンプの登録へ

ここまでで、LINEクリエイターズマーケットで審査まで進めるようになったと思います。

次のステップで完成したLINEスタンプの登録に入っていきます。

販売開始までもう少しなので頑張りましょう!

LINEスタンプの登録作業記事の画像

LINEスタンプの登録手順をわかりやすく解説

慣れてきたら多言語対応にもチャレンジしてみよう!

LINEスタンプの制作になれてきたら、世界中の言語に合わせたLINEスタンプを制作してみるのもおもしろいです。

「日本語版」「英語版」「中国語(簡体字)(繁体字)」などに分けて、すでに制作したLINEスタンプに翻訳した文字を入れ替えてLINEスタンプの登録をしてみましょう。

少し大変な作業にはなりますが、日本語のスタンプをそのまま世界販売にするより反応が出てくるので面白いです。

多言語対応についてはこちらの記事で紹介していますので、参考になれば幸いです。

LINEスタンプの海外販売を応援する記事のアイキャッチ画像

海外向けにLINEスタンプを販売展開していく方法を分かりやすく解説

最後まで記事を読んでいただきありがとうございました。

ABOUT US

小林 玲王奈Unicorn Consulting Inc. 代表取締役 CEO
起業する人やスタートアップ企業に出資や資金調達を含めてサポートしながら、ブログの運営やWebアプリの開発、LINEスタンプ制作をしています。2003年から映像業界向けの様々な新規事業立ち上げに従事。2014年からは経営/メディアコンサルティング業も始めて2020年01月に独立。今年から来年にかけて、世田谷の私立校で空中ディスプレイ技術とWebマーケティングの講義を行っています。|SMPTE Professional Engineer Member