デジタルシネマパッケージのデータ構造を初心者向けに分かりやすく解説

デジタルシネマパッケージのデータ構造を説明する記事のイメージ

デジタルシネマパッケージには、基本的なデータ構造があります。

一見、ややこしく見えますが、基本的には全て同じ構造です。

今回解説するデータ以外に、暗号化のデータや字幕データなどが入ります。

利用する音声データによってもファイルの数が変わったりしますが、本記事で紹介する基本構造を覚えておけば大丈夫です。

DCPの基本データ構造

DCPの基本的なデータ構造は以下の画像になっています。

画像は、DCPの基本的なデータ構造

DCPとは定められたデータ構造のことを指す

DCP(デジタルシネマパッケージ)とは、映像データで言われる一つの何かのデータではありません。

DCI(Digital Cinema Initiative)というデジタルシネマの規格で定められたデータ構造のことを指します。

DCIができるまでの歴史については、書き記すとかなりの量になるので、また別記事で書いていきます。

DCPは、非常に厳格なデータ構造とその約束事が細かく決められています。

少しでも規格から外れていると、シネマサーバーにインジェストした際にエラーとして弾かれることになります。

シネマサーバーインジェストすると0と1のビット単位で全てのデータが検査されるくらい厳重なフォーマットです。

DCPのデータ構造

DCPは以下の構造でフォルダに格納されています。

  1. ASSETMAP.xml
  2. VOLINDEX.xml
  3. CPL.xml(Composition Play List)
  4. PKL.xml (Packing List)
  5. (Picture).mxf
  6. (Audio).mxf
  7. –その他、フォントデータやSubtitle.xmlやKDMなど

ASSETMAP.xml

このASSETMAP.xmlがあることで、シネマサーバーやDCPプレイヤーは、DCPで紐つけられた全てのファイルを把握することができます。

DCPプレイヤーで犀星する時、このASSETMAP.xmlを指定すると、オーディオデータや字幕データをどのセットで再生するかなど、リスト表示された選択画面から指定することもできます。

VOLINDEX.xml

複数にわたるメディアにデータが格納されている時にその情報を維持するファイルです。現状では一部を除いてあまり運用はされていないです。

CPL.xml(Composition Play List)

DCP内のコンテンツ情報を取り纏めた情報ファイルです。DCP内のデータに差し替えや組み合わせの変更があった時など、このCPLも関連して紐ついているので、コンテンツの修正があった場合には必ず再パッケージ化が必要になります。

PKL.xml (Packing List)

PKLは、CPL内に記録された全てのデータのハッシュ値を含んでいています。

シネマサーバーにインジェストする際に、中身のデータに破損や、ビット単位で相違がないかをチェックしています。

たまに、映像部分の連番書き出しファイルの差し替えなどを行い、ハッシュ値の再取得とこれらのハッシュ値を手動で書き換えるやり方がありますが、インジェストエラーになりやすいので、都度、専用ソフトウェアでDCPの再パッケージを行いましょう。

(Picture).mxf

映像データのmxfファイルになります。()があるのは、名前が変更されるためです。中身は.mxfコンテナ内に格納された、膨大な数のJPEG2000という画像データが連番で格納されたデータの塊です。

(Audio).mxf

この中にはオーディオファイルが含まれています。

今回は「基本構造」の説明なのでこれくらいになりますが、実際はCPLが複数あったり、オーディオファイル、字幕ファイル含め、様々なファイルが複数格納されたりもしています。

DCPの基本構造説明については以上になります。

複数メディアでの展開

最近では、特に海外からの買い付け時に指定するマスターをDCPで指定することも多くなりました。

ちょっとこぼれ話ですが、もしDVDパッケージでの販売が計画にない場合は、Bluーrayも配信も普通に24P再生にプレイヤーや配信プロバイダーが対応しています。

なので。字幕などのコンテンツもひとつの元データで制作進行していくことが可能です。

よく課題になるのが、DVDの販売用パッケージでのフレーム変換です。

24Pからのフレーム変換は中々手間がかかる作業で、さくっとできるものには品質的に問題がある変換結果になるものもあります。

基本的には字幕も再スポッティング、映像データはフレーム変換が必要になってきます。

あまり予算がない場合は、映像データは本国からProres422で再度データを受け取り、字幕は再スポッティングではなく自動変換が可能です。

※カット間をまたぐ字幕番号が発生する発生する可能性はあります。

このあたりの進行も考えに入っていると、制作進行がスムーズにいくようになります。

参考になれば幸いです。

DCP(デジタルシネマパッケージ)の情報まとめ

DCP関連の内容をまとめた記事を作成しました。

こちらの記事を読んでいただければ、デジタルシネマパッケージに関する様々な情報が確認できます。

最後まで記事を読んでいただきありがとうございました。

副業でオススメのビジネスを分かりやすく解説

ABOUT US

小林 玲王奈Unicorn Consulting Inc. 代表取締役

起業する人やスタートアップ企業に出資や資金調達を含めてサポートしながら、ブログの運営やWebアプリの開発、LINEスタンプ制作をしてひたすらキャラクターデザインをしています。

最近は、「会社の収入だけに依存しない生活を手に入れる」ことをテーマにブログ記事を書いたり、ブログ運営を始める人のサポートを行っています。

2003年から映像業界向けの様々な新規事業立ち上げに従事。2014年からは経営/メディアコンサルティング業も始めて2020年01月に独立しました。

現在、ユニコブログ®以外にも特化ブログを10サイト立ち上げて運用しています。

全部同じサイト構成、ブログ記事構成、文章構成なども似せてみて、収益を出すのに再現性があるか?などを試している日々です。

ピックアップしているレンタルサーバーとWordPressテーマを総当たりで組み合わせてサイトスピードがどうなるかなど、思いついた事をひたすら検証する日々も兼ねています。

WordPress用のシンプルなプラグインやブログパーツの開発にもチャレンジしています。

SMPTE Professional Engineer Member

著書 : 『保存版 売上を向上させるためのYouTube活用術』

2020年度 学校法人調布学園 田園調布学園 中等部・高等部「豊かな教養を培う 未来へつなぐ土曜日 コアプログラム『探究』」にて空中ディスプレイコンテンツ制作及びWebサイト制作の特別講師を担当

プロフィールの詳細はこちら