YouTubeで使用するチャンネルアート(バナー画像)の作り方を初心者向けに解説

YouTubeのチャンネルアートを制作するノウハウ

YouTubeでは、マイチャンネルの上部にチャンネルアート(バナー画像)という大きなバナーを設置することが可能です。

最近は「バナー画像」という名称に変わりました。

チャンネルアート(バナー画像)は表示する機器によって表示される大きさが変わるので、どのようにチャンネルアートの中に情報をデザインすればいいのかを解説します。

チャンネルアート作成のポイント
  1. チャンネルアートの大きさは最小が横2048px縦1152px以上
  2. チャンネルアートのデバイス別表示領域ガイドラインを確認する
  3. チャンネルアートで使用している色によってスマホ画面のチャンネル上部のカラーが設定される

チャンネルアートの追加の仕方

まずは、チャンネルアートを設定する場所へいきましょう。

まず、自分のマイチャンネルへログインしましょう。

チャンネルアート(バナー画像)の変更方
  1. YouTube Studioへログイン
  2. チャンネルのカスタマイズを選択
  3. ブランディングを選択
  4. バナー画像を選択
  5. 画像をアップロード

この5ステップで登録、または変更が可能です。

チャンネルアートの大きさはどれくらいがいいの?

YouTubeで推奨されている解像度(画像の大きさ)は、最小で2048 x 1152になっています。

以前は2560px×1440pxとなっていました。現在も画像の縦横比は変わっていません。

チャンネルアートをデザインソフトで設定する画面のサイズは、2048×1152以上にして作成しましょう。

画像のファイル形式は何にすればいいの?

【初心者向け】YouTubeでのサムネイルの作り方と同じになります。

JPGかPNGファイルにしましょう。

画像ファイルの容量には気をつけたほうがいい?

YouTubeのチャンネルアートに使用される画像のサイズ(1ファイルあたりの容量)は6MB 以下となっています。

これについては、先ほど書いた推奨解像度で作ればこの部分は気にする必要はありません。

アスペクト比は気にしたほうがいい?

YouTubeで使用する動画用のサムネイルと違い、チャンネルアートは必ずしも16:9にする必要はありません。

2048×1152で表示が最適化される様になっていますので、推奨解像度に合わせましょう。

チャンネルアートを作成する

YouTubeのチャンネルアートは、通常の動画制作の時に使用するセーフティゾーンとは違う形のレイアウト構成になっています。

表示するデバイスや環境によってかなり表示領域が変わるので、最初にガイドテンプレートをダウンロードすることをオススメします。

ガイド情報を確認する

チャンネルアートのデバイスごとの安全表示領域は下記のリンクから確認ができます。

チャンネルのブランディングを管理する

チャンネルアートのデザインで気をつけること

以前はガイドテンプレートがダウンロードできていたのですが、現在はダウンロードできないようです。

“テキストやロゴの最小サイズにおける安全領域: 1235 × 338 ピクセル。

この範囲外にある画像は、一部のビューやデバイスではカットされて表示されることがあります。”

引用元 : YouTubeヘルプ : チャンネルのブランディングを管理する

と、あるので画像にしてみました。

バナー全体の解像度は横2048px x 縦1132px

確実に表示できるエリアはかなり限定的になるので、デザインをするときに要注意です。

ガイドテンプレートのデータを確認するとわかる様に、「TEXT AND LOGO SAFE AREA」の部分に重要なタイトル情報や、ロゴデータを配置しないと、表示する環境によって大事な情報がチャンネルアートの表示領域から外れてしまいます。

また、「TEXT AND LOGO SAFE AREA」領域についても、さらに数パーセント程度の余白を持たせておいたほうが安全です。

チャンネルアートをデザインしてみよう!

チャンネルアートは、自分のチャンネルをブランディングするための重要なデザイン部分です。

是非、力を入れてデザインしたいところですね。

無料で作成する場合

チャンネルアートを無料で作成する場合はCanvaを利用すると便利です。

YouTube用のテンプレートなどもあり、画像素材もアップロードしてデザインすることが可能です。

Canva

チャンネルアートを作成してもらう

チャンネルアートの更新頻度はあまり多くないので、ココナラでデザイナーやイラストレーターの方にお願いをして、ハイクオリティーな物を作ってもらうのも有効です。

1,000円くらいからデザインしてくれる方もいて、プロフィールには実績なども載せてくれているので、あとはデザインの好みで決めましょう。

ココナラ

デザイン環境を自分で用意する

Adobeなどのプロ用デザインソフトがあるのが一番いいのですが、中々の金額になるので悩むところです。

一応、AdobeCCが安く手に入る方法もあり、下記のデジハリオンラインからAdobeeCCのライセンスを発行してもらうとお得な価格設定でAdobeCC環境が手に入ります。

Adobe(アドビ)マスター講座 |通信講座デジタルハリウッドのAdobeマスター講座

最近では、Webブラウザ上でデザインを完結させられるWebアプリケーションも増えてきましたので、いろいろ試してみることもお薦めします。

当社の1番最初のチャンネルアートはこんなデザインでした。

画像データの大きさに対して、ロゴなどがかなり小さく見えますが、スマホなどで表示するとギリギリに治っている感じになります。

現在はこんな感じのチャンネルアートになっています。

必ず表示させたい、重要なロゴデザインやチャンネル名が中央に配置されています。

表示参考 : YouTube ユニコチャンネル

チャンネルの上部にあるテーマ色は変えられる?

自分のチャンネルをスマホなどで表示すると、画面上部のグローバルナビゲーション部分のテーマ色が設定されます。

この色は、チャンネルアートで設定された画像データの色調から自動で選択されるので、もし、気に入らない色が出てくる場合は、チャンネルアートの色調や、色の配色比率を少し変えてみてください。

チャンネルアートはブランディングで重要な要素になるので、定期的に更新をしてクオリティーを上げていきましょう。

最後まで記事を読んでいただきありがとうございました。

ABOUT US

小林 玲王奈Unicorn Consulting Inc. 代表取締役 CEO
起業する人やスタートアップ企業に出資や資金調達を含めてサポートしながら、ブログの運営やWebアプリの開発、LINEスタンプ制作をしています。2003年から映像業界向けの様々な新規事業立ち上げに従事。2014年からは経営/メディアコンサルティング業も始めて2020年01月に独立。今年から来年にかけて、世田谷の私立校で空中ディスプレイ技術とWebマーケティングの講義を行っています。|SMPTE Professional Engineer Member