YouTubeの始め方を基本から応用まで初心者用にわかりやすく解説

YouTubeのはじめかた

YouTubeは、動画を撮影してタイトルさえ決めればすぐに世界中に配信が可能です。今回は初心者向けにYouTubeチャンネルの開設からYouTubeで用意されているチャンネルページの様々な設定項目を解説していきます。

せっかくYouTubeで用意されている素敵なブランディング環境なので、チャンネル開設後の設定から動画のアップ、そして初めて自分のチャンネルに来た視聴者の心を掴むための準備をしていきましょう。

目次

まずはYouTubeチャンネルの開設から

一番最初は、Youtubeのアカウントを作成して、自分のチャンネルを開設しなければ始まりません。

まずは、自分のチャンネル開設から始めます。また、チャンネルが育ってきた時に後から苦労しないように、あらかじめ最初のうちにおこなっておく準備を記載しておきます。

  1. まずはGoogleアカウントを作成する
  2. Youtubeのアカウントを作成する。
  3. 新しいチャンネルを開設する
  4. 新しく開設したチャンネルをブランドアカウントにする
  5. メインのブランドアカウントは半角英数字のチャンネル名にしておく

まずはGoogleアカウントを作成する

すでにほとんどの方がGoogleアカウントを持っていると思います。Googleのアカウントがあれば、すぐにYoutubeアカウントを作成することが可能です。

もし、まだGoogleアカウントを持っていない場合にはこちらで登録してから始めましょう

Googleアカウントの作成

YouTubeのアカウントを作成

Googleのアカウントが作成できたら、Youtubeにアクセスしてチャンネル開設のための登録をしましょう。のちに好きなブランド名をきちんと運営するためにブランドアカウントを作成しましょう

開設時のチャンネル名には注意が必要

YouTubeは、チャンネル登録者(あなたのチャンネルのファン)が100名以上になるとYoutube内の独自のカスタムチャンネル(Webアドレスの名前)を付けることが可能になります。

この際に、ブランドアカウントにしたメインのチャンネル名を日本語で書いてしまうと、日本語のWebアドレス表記になってしまいます。

チャンネルを育てていきたい方針委であれば、最初は半角英数字の英語名チャンネルにしておきましょう。名前もなるべく短くのほうがいいです。

他のWebサイトでは、日本語の名前でつけても裏技的にオリジナルのカスタムチャンネルURLを変える方法を説明しているものもあります。

しかし、基本的にGoogleの方針として、何回も名前を変えることは推奨していません

参考で下記に私たちのYotubeチャンネルのアドレスを記載してきます。

ブラウザ上部のアドレスバーとオムニボックス:検索ボックスを確認してみてください。

カスタムアドレスの参考

チャンネル開設直後のアドレス

ユニコチャンネル開設当初のURL

チャンネル開設後、チャンネル登録者が100人以上になって解放されるカスタムチャンネルURL

ユニコチャンネルの現在のURL

最初は、登録する情報や設定しなければいけない項目が多くあって戸惑うかもしれないですが、最初のうちにしっかりと設定を済ませて準備しておけば、コンテンツ制作に集中することができるようになっています。

どんな動画をアップしたいか決めておく

あまり最初からどんなジャンルでどのような構成でアップしていくかなど、企画を詰め混んでいこうとするとかなり大変なことになります。

最初のうちは、まず動画を継続的にアップしていく習慣をつけていくことが大事です。

参考としてどんなジャンルが良いかひとつだけ記事を紹介しておきます。

Vlogコンテンツを制作している人

暮らしの記録で人気上昇中のVlogの始め方をわかりやすく解説

次の項目からは、チャンネル解説をしたら設定しておくべきチャンネルのデザイン部分について解説をしていきます。

開設したチャンネルのカスタマイズ

チャンネルが開設されたら、初めのうちに様々な設定を済ませてしまいましょう。

簡単なYouTubeチャンネルの概要については、こちらの記事で解説しています。

Youtubeのチャンネルカスタマイズ設定

YouTubeのチャンネルをカスタマイズする方法を分かりやすく解説

チャンネルアイコンの設定

まずはチャンネルアイコンの設定をしていきましょう。大事なブランドアイコンのひとつなので、しっかりデザインしていきたいところです。詳しくは【初心者向け】YouTubeで使用するチャンネルアイコンの作り方の記事を読んでみてください。

YouTubeでのチャンネルアイコンの作り方

チャンネル登録の主役!!YouTube用チャンネルアイコンの作り方

チャンネルアートの設定

チャンネルの多くの面積を占めるデザイン部分になります。かなり大きな解像度を要するデザイン部分です。詳しくは【初心者向け】YouTubeで使用するチャンネルアートの作り方の記事で解説しています。

YouTubeのチャンネルアートを制作するノウハウ

YouTubeで使用するチャンネルアートの作り方を初心者向けに解説

チャンネル概要欄の記入

自分のチャンネルがどういう物なのか知ってもらうための重要な情報記入欄です。外部へのリンクなどもできるので、他に発信しているSNSアカウントなどがあれば、是非紹介をしましょう。詳しくは【初心者向け】YouTubeチャンネルでの概要記入の記事をどうぞ。

YouTubeでチャンネルの概要を記入する

YouTubeチャンネルで再生回数アップに必要な概要欄記入のすすめ

チャンネル登録ボタン(ブランディングボタンの設定)

YouTubeでは、プレイヤーの中に透かしで埋め込んだ「チャンネル登録ボタン」が登録可能です。ファンを増やすための重要なアイコンになるので、初めのうちに設定しておきましょう。

詳しくは【初心者向け】YouTube動画に透かしのチャンネル登録ボタンを設定の記事で紹介しています。

YouTubeのチャンネル登録透かしボタンを設定する

YouTube動画に透かし表示されているチャンネル登録ボタンを設定

動画をアップしよう!

チャンネルカスタマイズができたら、動画をアップしていきましょう!

Youtubeへ動画をアップする方法

YouTubeは様々な動画形式のアップロードに対応しています。詳しくは【初心者向け】自分のYouTubeチャンネルに動画をアップで説明しています。

YouTubeに動画をアップする

再生回数が上がるYouTubeの動画アップロードとSEO対策を解説

アップした動画にサムネイル画像を設定しよう

動画をアップして、そのまま動画の中にあるフレームをキャプションした物でもいいのですが、動画が紹介されるときは、動画のキャプションとタイトルがコンテンツの中身を紹介する情報になります。

サムネイルは視聴者の目に留まる最初のファーストインプレッションです。

オリジナルのサムネイル画像をデザインして、動画の内容を見せるのが良いと考えています。

【初心者向け】YouTubeでのサムネイルの作り方の記事で詳細を書いています。

YouTube動画の効果的なサムネイルの作り方

再生回数を上げるYouTube動画に必ず必要なサムネイルの作り方

動画にハッシュタグ「#」を設定しよう

動画をアップする際やアップした後でも、視聴者が期待する動画を探しているときに使用される用語をハッシュタグで紐付けすることが可能です。

詳しくは【初心者向け】YouTubeでのハッシュタグの付け方で解説しています。

YouTubeでのハッシュタグの付け方

YouTubeのSEO対策!動画の検索に必要なハッシュタグ追加方法

動画にチャプター機能を追加しよう

YouTubeでは、動画にチャプター機能を追加することが可能です。

チャプターを設定することで、視聴者は動画の全体像を知ったり、動画内の区切られた各シーンへ素早く到達することが可能になります。

設定方法の詳細は、こちらの記事で解説していますので、参考になれば幸いです。

YouTubeにチャプターポイントを設定するやり方を解説する

YouTubeの動画にチャプターを追加して区切りや目次を設定する

チャンネルを多言語対応にしよう

日本国内のYouTubeの利用者数は数千万にですが、多言語化対応を行えば世界中の何十億人にリーチすることが可能になります。

詳しくはこちらの記事で解説しています。

YouTubeを多言語化する方法に使用されている地球を優しく包み込む手

YouTubeのチャンネルや動画を多言語化して設定する方法

様々な映像表現にチャレンジしてみよう

動画制作では、テレビや映画風、古い番組風など様々な表現が可能です。それらはある程度規定されたアスペクト比などを持っています。

これらを知ることで、ちょっと変わった動画コンテンツの工夫をすることもできます。

【初心者向け】動画制作のアスペクト比とは?【初心者向け】動画品質を落とさない制作をする3つのポイントで、いろいろなアスペクト比やフレームレートなどについて解説しています。

こちらが参考になれば幸いです。

動画のアスペクト比

YouTubeは16:9のアスペクト比が基本ですが、筆者のYouTubeチャンネルでは16:9以外にもサイドパネルなどを使用して動画を作成してアップしています。

動画のアスペクト比を解説する人

動画制作で使用されるアスペクト比を初心者向けに分かりやすく解説

動画の品質

YouTubeはスマホから直接アップロードすることが可能ですが、色々な編集をしようとするとPCベースの編集ソフトを使用することもあります。

この時、動画データは書き出しをするごとにノイズが入り、動画の品質は少しずつ下がっていくことになります。

動画の品質を落とさないポイントを記事にしたので、こちらが参考になれば幸いです。

ビデオクオリティーをコントローする

動画品質を落とさない制作をする3つのポイントを初心者向けに解説

セーフティゾーン

現在はオンデマンド配信やWebでの動画配信がベースになってきたので、あまり気にすることがなくなってきましたが、以前は発信媒体に応じて様々な表示領域の制約がありました。

興味がありましたらこちらもご覧になっていただけますと幸いです。

撮影をする時のビデオのセーフティー

動画制作におけるセーフティゾーンを初心者向けに分かりやすく解説

テレビによって違っていた表示領域も、いまは動画がフルサイズで表示されるので楽になりましたね。

これからはセーフィティゾーンというよりも、スマホやアプリなどのプレイヤー仕様に応じたアスペクトに注意ですね。

アップした動画の編成や整理方法も知っておこう!

たくさんの動画をアップしていると、ファンとなった視聴者が過去動画を見たい時などに、ジャンルや内容に応じた動画の整理が必要になってきます。

再生リストを作成しよう!

「再生リスト」ができていると便利です。自分で動画を整理していく意味でも動画の再生リストは最初のうちに作成しておきましょう。

「再生リスト」は、YouTubeにログイン後、「YouTube Studio」に移動して左側にある「再生リスト」から、リストの新規作成が可能です。

再生リストを作成したら、各動画の編集画面から分類する再生リストを選択してカテゴリー分けしてあげましょう。

参考YouTubeチャンネル:ユニコチャンネル

再生リストをカスタマイズ

再生リストは、動画再生の順番を入れ替えたりすることが可能です。アップした動画を視聴してもらったあと、次にどの動画を見て欲しいかを考えて再生リストをカスタマイズしておきましょう。

再生リストのカスタマイズは

  1. YouTube Studioに移動
  2. 左側のメニューにある「再生リスト」を選択
  3. カスタマイズしたい再生リストの横にある「編集」ボタンをクリック

で、カスタマイズを開始することが可能です。

私たちは、LINEスタンプを制作する過程をタイムラプスで収録してその映像を「再生リスト」にまとめて「流し見」ができるように再生リストをカスタマイズしています。

YouTube LINEスタンプの作り方 イラストメイキング

PCでもスマホでも、上の参考動画の右端か上部の中央に三本線に三角がついているマークがあると思います。

このマークをクリックすると再生リストが出てきます。

再生リストをカスタマイズしてちゃんと自分の思ったような順番に並んでいるか確認をしましょう。

必ず公式シリーズ設定をしよう

メインに育てていく「再生リスト」が完成したら行うべき設定が3つあります。

  1. 再生リストの説明欄にテキストを記入
  2. 再生リストに動画を追加したときのリスト並べ替えルール
  3. メインで追加していく再生リストを「再生リストの公式シリーズとして設定」として設定する

再生リストの編集画面に入ると、再生リストのタイトル変更と説明欄へのテキスト記入などが可能です。

あなたのチャンネルの中で、その再生リストがどんなコンテンツなのかを説明するコメントを入れておきましょう。

続いては、少しわかりにくい場所にあるのですが、「・・・」という形をしたマークがあります。

このマークをクリックすると、再生リストに対する詳細な設定項目が出てきます。

意外とこの設定を見逃している人が多い部分です。この詳細設定で「並べ替え」を選択して、動画を新しくアップしたときの動作を入力しておきましょう。

その次に、「この再生リストの公式シリーズとして設定」という項目があるので、ここをチェックしておきましょう。

ここの設定をしておくと、自分の再生リストや関連動画を自分のチャンネル内に誘導することが可能になり、動画の再生後にまた違う誰かの関連動画に離脱してしまうことを防ぐことができます。

初めてチャンネルに訪問してきた視聴者のために設定をしよう!

YouTubeのチャンネルカスタマイズでは、新規の訪問者向けページチャンネルと登録者向けの2種類のページを作成することができます。

やり方は簡単で、「チャンネルカスタマイズ」ページの「ホーム」をクリックすると、すぐ下に「チャンネル登録者向け」と「新規の訪問者向け」が出てきます。

参考YouTubeチャンネル:ユニコチャンネル

特に新規の訪問者には、自分のチャンネルがどのような情報を伝えるチャンネルなのか、新規訪問者用の動画を作成することをお薦めします。

YouTube動画のSEO対策

YouTubeは気軽にアップして動画を公開することが出来るプラットフォームですが、しっかりと内容を入力して検索エンジンに優しい情報を提供することで多くの検索流入を見込むことが可能になります。

YouTubeのVSEO対策として、出来ることを下記の記事にまとめてみましたので、参考になれば幸いです。

YouTubeのVSEO対策で検索上位表示の可能性を高める方法

YouTubeのVSEO対策で検索上位表示の可能性を高める方法

まとめ|他のメディアと連携してコンテンツを広げていこう

有名なYouTuberやチャンネル運営者は、YouTubeだけでのメディア展開をすることはあまりありません。

様々なソーシャルメディアとコンテンツを連携してコンテンツの網を作り上げています。

ブログメディアを開設して各SNSのハブにする

YouTubeでの動画アップに慣れてきたら、ブログの開設もしてみましょう。

ブログの始め方を解説する記事のイメージ

ブログの始め方と人気ブログの作り方を完全初心者向けに解説

LINE公式アカウントの開設でファンとダイレクトに繋がる

イラストやデザインが得意な方の場合は、LINEスタンプの制作を通して、LINE公式アカウントの運営も兼ねながらメディア展開の幅を広げてみることをお薦めします。

LINEスタンプの作り方を紹介

LINEスタンプの作り方をわかりやすく解説

YouTubeをうまく利用してプロモーションしていく

現在、Google検索結果はYouTubeの動画コンテンツがキーワードに対応して上位表示されます。

YouTubeのチャンネルを作りプロモーションを行う事で、自分たちのビジネスに関する「キーワード」から商品やサービスを知ってもらえる機会を多く得られます。

配信プラットフォームを活用する企業で働く人

YouTubeを活用!中小企業向けプロモーションテクニック5選!

最後まで記事を読んでいただきありがとうございました。




ABOUT US

Unicorn Consulting Inc. 代表取締役 CEO
起業する人やスタートアップ企業に出資や資金調達を含めてサポートしながら、ブログの運営やWebアプリの開発、LINEスタンプ制作をしています。2003年から映像業界向けの様々な新規事業立ち上げに従事。2014年からは経営/メディアコンサルティング業も始めて2020年01月に独立。今年から来年にかけて、世田谷の私立校で空中ディスプレイ技術とWebマーケティングの講義を行っています。|SMPTE Professional Engineer Member