YouTubeのチャンネルを収益化する方法について実例を基に分かりやすく解説

YouTubeチャンネルを収益化する方法について実例を基に分かりやすく解説

今回はYouTubeチャンネルを収益化する方法について解説していきます。

かなり前から、ユニコチャンネル®|YouTube自体は開設していたのですが、検証用に制作した動画や、参考用に試しで制作した動画などがメインで、このチャンネルではYouTubeチャンネルを収益化する条件を満たすまでの検証や記録などをしていませんでした。

今回、本記事では、全く知名度のないYouTubeチャンネルでも、YouTubeチャンネルを収益化する条件を達成するためのプロセスを、実際の事例を基に解説していきます。

YouTubeチャンネルの収益化条件

YouTubeチャンネルの収益化条件

ここで、まずはYouTubeで開設したチャンネルを収益化する条件を確認しておきます。

  1. チャンネル登録者数
  2. 公開動画の総再生時間(②と③はどちらかの条件を達成すればOKです。)
  3. 公開ショート動画の視聴回数

達成すると緑のチェックマークが付いたりするので嬉しいです。

1.チャンネル登録者数

YouTubeチャンネルを収益化するために、必ず必要な条件としてチャンネル登録者数1,000人以上にする必要があります。

筆者の場合は、約2ヵ月で達成しました。

実例として、どんな風に達成したのかを後ほど解説していきます。

2.公開動画の総再生時間

YouTubeチャンネルに公開している動画の視聴時間が過去365日間の間に4,000時間以上にする必要があります。

3.公開ショート動画の視聴回数

YouTubeチャンネルに公開したショート動画が、過去90日間で1,000万回以上再生される必要があります。

ショート動画で再生された再生時間は、総再生時間の4,000時間にカウントされないことに注意が必要です。

通常動画の4,000時間の総再生時間かショート動画の1,000万回再生か?

YouTubeのチャンネルを収益化するには、チャンネル登録者数を1,000人以上にしたうえで、通常動画で4,000時間を再生するか、ショート動画で1,000万回再生を達成する必要があります。

実際、全く無名のYouTubeチャンネルから、この条件を達成するのは難しいと感じるかも知れませんが、引き続き読み進めていただけたらヒントになる部分がいくつもあると考えています。

YouTubeチャンネルを収益化することが出来た後のこと

YouTubeチャンネルを収益化することが出来た後のこと

YouTubeチャンネルが収益か出来た後のためを考えて、事前に決めておいたほうが良いことが3つあります。

  1. チャンネルのテーマや内容がブレないようにすること
  2. 動画は定期的にアップしていくこと
  3. 過激な動画になっていかないように独自のポリシーを決めておくこと

上記の3つは、収益化されたYouTubeチャンネルを長く運用するために大事な3つの事になるので、YouTubeチャンネルを開設して収益化するまでに運用の方向性として固めておきましょう。

特に3番については、YouTubeチャンネルが収益化されると、再生回数を稼ぐために、段々と内容が過激になっていく方向になる場合が多いので注意が必要です。

YouTubeチャンネルが収益化されていく過程の中でチャンネル運営のペースを掴み、そのまま自分のペースで長く運用していけるように習慣づけをしておきましょう。

YouTubeチャンネルの登録者数を増やす方法

YouTubeチャンネルの登録者数を増やす方法

本記事では、実際の実例で書いていくので、それが最前の方法とは限らないのですが、筆者が所有するサブチャンネルなどでも同じ方法でYouTubeチャンネルの収益化をしているので、ある程度の再現性はあると考えています。

YouTubeチャンネルの登録者数を増やす方法ですが、今回の、ユニコチャンネル®【公式】の場合は下記の方法で登録者数を増やしていきました。

  1. ショート動画の投稿(特にコレが有効です)
  2. 公開動画をGoogle Adsで宣伝する

本記事で、Google Adsを宣伝で利用するとどうなるのか?についても少し書きたかったので、今回のユニコチャンネル®【公式】では公開動画の宣伝も利用しています。

YouTubeのチャンネル登録者数を増やすにはショート動画が有効です

昨今、ショート動画でのチャンネル展開がすごく活発ですが、これは、チャンネル登録者数が0人からでの場合でも有効な方法です。

YouTubeのショート動画には、動画の再生回数に影響する、視聴者がこのショート動画を見つけた方法で確認出来る「ショートフィード」からの視聴者流入が見込めます。

開設したYouTubeチャンネルのテーマに沿った内容で、ショート動画を投稿すると、その動画の内容を気に入ってもらえたりした場合に、気軽にワンクリックで「チャンネル登録」をしてもらえるので、チャンネル登録者数を増やすための施策としてかなり有効な方法となります。

ユニコチャンネル®【公式】の場合は、Google Adsで宣伝する以外の方法として以下のテーマとジャンルで、再生リストにある内容で約1,000人の登録者数を達成しました。

  1. 猫のきもち|YouTubeショート動画 – 完
  2. 朗読する猫さん|ショート台本動画
  3. 100万年後の猫|YouTubeショート動画 – 完

ひたすら「猫さん」をテーマに動画を作り続けたので、内容と言うより「猫さん」の力を借りた部分が大きいと言うのが正直なところですが、これも実例として、これらをテーマにしたことによるYouTubeチャンネルを収益化の実例として紹介しておきます。

ショート動画ではなく、通常の動画だと、公開した動画からのオプション(設定)で「宣伝」を選ぶことで、Google Adsでの広告出稿が気軽に出来るようになっています。

基本的に「動画再生回数を増やし、チャンネルへのエンゲージメントを促す」という基本項目を選んで気軽に広告が出稿できるのですが、コチラについては、投稿する動画の内容によって、チャンネル登録者数の増加には、かなりの幅が出るので、よく検討する必要があります。

また、広告による動画の再生時間は、YouTubeの収益化条件にある1つの4,000時間には含まれないので注意が必要です。

とはいえ、「あと少しでチャンネル登録者数が1,000人になる」という時には時短の方法の1つとして利用できるほうほうでもあります。

また、よく広告出稿の審査について、土日に出稿設定をしても広告が出ない。というのをよく見かけるのですが、土日に広告出稿の設定をしても、早ければ当日に広告出稿ができます。

基本的にはショート動画からの導線を設計したほうが良い

ショート動画は、25秒以上の動画で投稿すれば、「終了画面」の設定で、自分のチャンネルの次の動画で見てほしいもの、または、ショート動画でイントロダクション(動画の序盤紹介)を作成して、通常の動画本編を見てもらうためのサムネイルを表示することが出来るので、テーマや運用方針を決めて、ショート動画の扱い方を統一すると運用も習慣化しやすく出来るので良いと考えています。

ショート動画でチャンネル動画や通常動画の再生数を増やしたりするための施策効果は、ジャンルによってかなり変わるので、色々な方法を試しながら、各動画で確認出来る「アナリティクス」機能を用いて改善していきましょう。

公開動画の総再生時間を増やす方法

公開動画の総再生時間を増やす方法

本記事の場合は、実例を基にして書いていくので、コチラについても最良の方法はYouTubeチャンネルのテーマやジャンルによって変わることはご了承ください。

とは言え、無名のチャンネルでも収益化出来る事例として、参考になれば幸いです。

基本的には以下の3つの方法で4,000時間の達成を目指します。

  1. 長時間再生できるジャンルの動画を作る
  2. ノンバーバルコンテンツで海外向けに発信
  3. タイムラプス系動画などの活用

関連記事:YouTubeのチャンネルや動画を多言語化して設定する方法

上記3つの方法が、YouTubeチャンネルの収益化条件の1つ、「総再生時間を4,000時間以上にする」という条件を達成しやすいほうほうの1つになるので解説していきます。

1.長時間再生できるジャンルの動画を作る

運営するYouTubeチャンネルのテーマやジャンルによって難しい場合もあるかもしれないのですが、1つは、この長時間再生できる動画を制作するというのが方法の1つになります。

筆者のユニコチャンネル®|YouTubeの場合だと、動画1本が約8時間になる、自然音や環境音の動画です。

自然音|再生リスト- YouTubeチャンネル

海外向けのサブチャンネルも、このような動画を中心に展開しています。

この他にも、例えば、日本語の単語がそのまま英語になったモノを中心に長時間動画を構成していくことで多くの視聴をしてもらえることが可能になります。

例えば

  1. 50種類の「origami」作品を紹介
  2. 「kimono」の基本を一気に紹介
  3. 今日の「haiku」まとめ

のように、スゴくベタですが、海外向けに配信している数十種類の動画を、定期的に改めて纏め動画にして1本の動画にすることで、一気に再生時間を得られるパターンもあります。

また、9:16の縦長アスペクト比で構成されたショート動画を「まとめ動画」にして通常動画投稿し、予めショート動画で構成された再生リストの中に入れておきます。

関連記事:YouTubeのVSEO対策で検索上位表示の可能性を高める方法

2.ノンバーバルコンテンツで海外向けに発信

ノンバーバルコンテンツとは、「言語」に頼らないコンテンツです。

最近だとVlogなどでも、このノンバーバルコンテンツをみかけたりします。

例えば、旅行系であれば、ホテルのサービスや食事の紹介以外にも、観光できるところを歩いたりする動画などです。

3.タイムラプス系動画などの活用

タイムラプス動画とは、長時間撮影した動画を早送りのように再生して、動画の尺(動画の時間)を短くした物を指します。

よく、夜空の星を一晩中撮影して、それを30秒くらいにした動画などを見たことがあるかもしれないですが、そのような動画です。

作るのに結構な労力がいるのですが、アイデア次第で家の中でもタイムラプス動画に向いている動画を制作することが可能です。

タイムラプス系の動画は、特に海外の場合、バズった時の再生回数がスゴいので、日本ならではの文化系ジャンルでタイムラプスに出来そうなものがあったら是非、チャレンジしてみてください。

YouTubeチャンネルを収益化するコツ

YouTubeチャンネルを収益化するコツ

チャンネル運営者がSNS運営の経験があったり、スゴくセンスの良い人、または芸能人や有名人で、予め見込めるチャンネル登録者のリードがあったり、スキルがあれば、すぐにYouTubeチャンネルの収益化が出来ますが、YouTubeチャンネル開設も初めてで、SNSや動画の制作スキルもこれからと言う場合には、YouTubeチャンネルの収益化条件達成は、とても難しい内容に感じるかも知れません。

しかし、YouTubeチャンネルの運営は、広告収入が減っている話題も出てきてはいますが。それでも、筆者のように一般人からしたらYouTubeチャンネルが収益か出来て、ある程度の再生回数が回るようになれば、十分に支えてくれる金額にしていくことも可能です。

筆者の場合、実際に収益化が出来ているサブチャンネルで共通していることとして

  1. Youtubeチャンネルのテーマは1つに絞る
  2. 過激な方向に進まないように淡々と定期的に動画をアップしていく
  3. 海外向けに発信できるものにする

上記の3つを守るようにしてます。

日本向けに動画を配信するのも全然有りだと思います。

ただ、筆者の場合は、国内向けの動画コンテンツ制作でバズったものがなく、あまり得意ではないので、海外向けに日本の文化や、デザインツール系の紹介を海外向けにするのが、良かったという結果なのでそうしています。

当然に、人によって、相性の良いテーマやジャンルがあると考えるので、最初はその辺りを手探りで探しながら、無理をしないで続けられるテーマのコンテンツを探していくことをオススメします。

また、YouTubeチャンネルの登録者数が増えてきて、「#PR」系も出来るようになった時に、別のメディア媒体などがあると便利なので、ブログサイトを開設しておいたりして、別の収益化にも対応できるようにしておくと尚、収益化しやすくなるのでオススメです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

  1. YouTubeの始め方を基本から応用まで初心者用にわかりやすく解説
  2. ブログの始め方と人気ブログの作り方を完全初心者向けに解説
  3. 音声配信の簡単な始め方!始める前に知っておきたいこと
ABOUT US
小林 玲王奈ユニコーンコンサルティング株式会社 代表取締役

起業して法人化した初期の頃は、自分と同じく起業する人や、スタートアップ企業に対して出資や資金調達などのサポートを中心に事業を行っていました。

現在は、主に自社のブログサイトを中心としたWebメディア運営、Webアプリの開発、LINEスタンプやLINE絵文字等の、2Dイラスト制作を中心にキャラクターデザインをして、そこから3DCGによるコンテンツ制作事業としてAR(拡張現実)やVR(仮想現実)向けのプラットフォームへコンテンツ提供を行っています。

公式ブログサイトのユニコブログ®では、「会社の収入だけに依存しない生活を手に入れる」ことをテーマにブログ記事を書いたり、ブログ運営を始める人のサポートを無償で行っています。

主な経歴としては、2003年から放送及び映像業界向けの様々な新規事業立ち上げを15年以上担当していました。

2014年からは、会社員として働きながら経営/メディアコンサルティング業を開始して、2020年01月に法人化し、ユニコーンコンサルティング株式会社を設立しました。

現在、ユニコブログ®以外にも、数十サイト以上の特化ブログを立ち上げて運用しています。

全て同じサイト構成、ブログ記事構成、文章構成など、検証可能な範囲で仕様を合わせてみて、収益を出すのに再現性があるか?などを試行錯誤している日々です。

他にも、ピックアップしているレンタルサーバーとWordPressテーマを総当たりで組み合わせてサイトスピードがどうなるかなど、思いついた事をひたすら検証する日々。

WordPress用のシンプルなプラグインやブログパーツの開発にもチャレンジしています。

所有資格や認定ライセンスとしては、SMPTE Professional Engineer Member、一般社団法人 日本ポストプロダクション協会認定 映像音響処理技術者などを所有しています。

著書 : 『保存版 売上を向上させるためのYouTube活用術』

教育関連では複数の教育機関で定期的に公演を行い、主な活動実績としては、2020年度と2021年度の 学校法人調布学園 田園調布学園 中等部・高等部「豊かな教養を培う 未来へつなぐ土曜コアプログラム『探究』」にて空中ディスプレイコンテンツ制作及びWebサイト制作の特別講師を担当。2022年度は土曜プログラム(マイプログラム)『仕事最前線』で講演しました。

著述家 / ブロガー兼コンテンツクリエイター

プロフィールの詳細はこちら