動画制作で使用されるアスペクト比を初心者向けに分かりやすく解説

動画のアスペクト比を解説する人

最近は自分で動画を制作して発信する人達がとても増えています。コンテンツ制作をする時に困るのが、撮影から編集、アプロードするまでに唐突に表示される英語やカタカナで記された設定項目や専門用語です。

最近では、ある程度はデフォルトの設定でもそれなりに映像の出力ができて、アップロードまで可能になりました。

今回の記事では、映像制作を始めると出てくる様々な動画のアスペクトについて書いていきます。

この記事の内容
  1. 動画の解像度とアスペクト比
  2. 代表的なアスペクト比率の紹介
  3. これからのアスペクト比

動画の解像度とアスペクト比率の違い

よく、SDは横720ピクセルx縦480ピクセル、HDは横1920ピクセルx1080ピクセル、4Kは横3840ピクセルx縦2160などの表記がありますが、これは、必ずしも動画コンテンツ自体の再生アスペクト比率とは限りません。

解像度は簡単に言うと、映像が表示されるディスプレイの画素の密度を表す物で、便宜的に解像度とアスペクト比が併記されています。「HD 1920×1080 16:9フルサイズ」などがそうです。

そのディスプレイの中で再生される映像コンテンツは、これまで様々なアスペクト比率で表現されてきました。

代表的なアスペクト比

今回は、いくつかの代表的なアスペクト比率を記載していきます。

16:9 Wide(ワイド)

今、地上波デジタルで最も多いのが、この比率で作成された動画コンテンツではないでしょうか。一般的なテレビにぴったりと表示され、放送されています。

2.35:1 (シネマスコープ)

劇場上映される映画で多いのが、このシネマスコープと言うアスペクト比率です。

最近では、一部のドラマやコマーシャル(CM)でも使用されることが多くなってきました。個人的にはこれが一番好きなアスペクトでコンテンツ制作の時にはこれを選んでいきたいです。

理由は、Youtubeなどの再生プレイヤー下部のコントロールバーや上部のタイトル文字が映像にオーバーレイされるのも好きなのですが、黒いレターボックスに乗っかる中に浮かび上がる感じも好きだからです。 参考:テストパターン動画(Youtube)

1:1 (スクエア)

スマホが普及して増えてきた比率です。

Instagramの普及や、スマホ用の業が広告、またスマホ向けに暮らし動画メディア発信企業が採用したことで、この比率が一気に普及しました。

テレビで再生すると違和感がありますが、スマホで再生するとなぜかハマる比率です。

4:3 スタンダード

「かつてのスタンダード」という言い方がふさわしいかもしれないこのアスペクト比。

今でもDVDメディアなどで使用されているアスペクト比ですが、今ではこの比率をスタートに動画を制作される物はなくなったのではないでしょうか。

10年以上前になりますが、かつてはこのサイズが当たり前の比率でした。

これを読まれている方も年代によっては4:3のテレビで何かを試聴したこと自体がない方もいらっしゃるかもしれません。

まだまだたくさんあるアスペクト比

今回の記事では、動画コンテンツで主に扱われる4つのアスペクト比を紹介しました。

映像コンテンツのアスペクト比は、これ以外にもたくさんの種類があります。

アメリカンビスタ、IAMX、シネマフルサイズなど、様々なアスペクト比率があります。

その中で、アスペクト比の収拾がつかないものや、アスペクト比が関係ないものもあります。

スマホの有効解像度は収拾がつかない

現在、スマホの解像度と画面のアスペクト比をまとめると、何十種類にもなり、スマホの画面に対するフルサイズ表示を考えての画作りはもう考える必要がない状態になっています。

また、再生される動画は、アプリなどのリッチコンテンツの中に組み込まれているので、これからDVDやBluーrayのようにメニューや特典情報などが同時に体験可能な時代に入っています。

現在、スマホ向けは

  1. YouTubeの16:9
  2. TikTokなどの9:16(縦撮り動画)
  3. Instagramの1:1(現在は1.91:1~4:5の範囲まで対応)

でのコンテンツが多いので、これらの解像度に合わせたコンテンツ作りで企画していくと面白いかもしれません。

アスペクト比がないAR /VR

AR/VRは、空間そのものが投影範囲になるのでアスペクト比が関係ないコンテンツ作りが可能です。

ビジネスやゲーム系でのコンテンツ制作が進んでいますが、AR/VRがコンテンツ制作で工夫をすれば、映像コンテンツで大きく売上を上がられる可能性を秘めている市場です。

360度撮影

映像コンテンツ制作にスポットを当てれば、360度撮影が大きなビジネスチャンスを秘めています。

撮影機器についても、手軽に360度撮影が出来る性能の高い機器がどんどん増えています。

筆者が360度コンテンツを制作するときに使っていた機器はInsta360でした。

手軽な値段の割に長時間の撮影にも耐えられて、画質も結構良かったので重宝していました。

参考リンク : Insta360°ONE

クロマキー撮影でAR空間に表示する

360映像は、VRだけの市場ではありません。

クロマキー合成を使って撮影をすれば、ARデバイスにも応用できます。

ARKitやUnityで再生する

ArKitやUnityを用いることで、クロマキー撮影した映像コンテンツの透過部分を現実の背景にして再生することが可能です。

開発に予算が多少掛かりますが、この市場はまだそれほど大きくないので、先行して進出すれば先行者利益が十分に考えられる技術とコンテンツになっていく可能性があります。

新しい動画の作り方 |スマホの縦横両方に対応した映像作り

AR/VRから話は戻って、これからはスマホの縦と横の両方に対応した画作りに対応したハイブリッド映像も多くなってくるかもしれません。

かなり構成が難しいですが、縦表示のゲームアプリで動画が作られてプレイされている現在では、違和感なく受け入れられる構図になっていきます。

動画編集を学ぶ

動画の編集環境がAdobe Premiere Proであれば、佐原まいさんが運営されているクリエイターズジャパンが提供するPremiere Pro講座などで、人気YouTuber動画の編集方法や、動画の編集データも共有してもらえます。

動画編集などのテンプレートも手に入るのでオススメです。

参考リンク : クリエイターズジャパン

YouTubeでのチャンネル開設から動画のアップまでのノウハウについては、下記の記事でまとめてあります。

YouTubeの始め方を分かりやすく解説

YouTubeの始め方を基本から応用まで初心者用にわかりやすく解説

最後まで記事を読んでいただきありがとうございました。

ABOUT US

小林 玲王奈Unicorn Consulting Inc. 代表取締役 CEO
起業する人やスタートアップ企業に出資や資金調達を含めてサポートしながら、ブログの運営やWebアプリの開発、LINEスタンプ制作をしています。2003年から映像業界向けの様々な新規事業立ち上げに従事。2014年からは経営/メディアコンサルティング業も始めて2020年01月に独立。今年から来年にかけて、世田谷の私立校で空中ディスプレイ技術とWebマーケティングの講義を行っています。|SMPTE Professional Engineer Member