暮らしの記録で人気上昇中のVlogの始め方をわかりやすく解説

Vlogコンテンツを制作している人

VlogとはVideo logVideo blogを略した言葉です。Blogのように文章や画像をベースにした日々の記録を、動画を中心に発信していく方法です。

今回は、Vlogを始めたい人やVlogの作り方を知りたい初心者に向けて、その制作方法を解説していきます。

この記事でわかること
  1. Vlogを始めるための準備内容がわかる
  2. Vlogの作り方がわかる
  3. Vlogの視聴者を増やす方法が分かる

Vlogの始め方

Vlogの始め方はとても簡単です。下記の手順で行うことができます。

  • YouTubeなどのアカウントを開設する
  • チャンネルページを整える
  • Vlogのテーマを決める
  • コンテンツ制作に必要な機材を揃える
  • テーマに沿ってコンテンツを日々アップする

これだけの動作で完了です。

日々の日常をコンテンツに

Vlogを始めるには、日々の日常をどのようにコンテンツにして発信していくかが重要です。

いきなり高い品質を目指すと途中で疲れてしまうので、簡単にVlogを始めて、続けて発信していくための最小限の準備を本記事で紹介していきます。

Vlogとは?

Vlogとは、日常を動画で切りとった物をソーシャルメディアで発信する個人メディアです。

海外では、かなり前からVloggerが誕生しており、動画コンテンツのカテゴリーとして確立しています。

本記事での執筆時点では、まだあまりVlogという言葉が認知されていないようですが、これから日本でもかなりの人気になるカテゴリーと考えています。

Vlogは全世界向けに発信しやすい

Vlogは、Blogよりも圧倒的に全世界向けのコンテンツにしやすいというのが特徴です。

Blogは、文字が情報伝達のベースになるので作成者の言語がベースになります。

私は日本人ですから、この記事のように日本語でブログ記事を書いています。

しかし、この記事を全世界に発信しようと英語に翻訳して書いたり、Webサイトの翻訳APIを用いて更新していこうとすると、手間がかなり増えてくることになります。

その点、Vlogは文字情報を必要としない表現ができるので、コンテンツの制作を工夫することによって世界中の人達に視聴して気に入ってもらえるチャンスがあります。

Vlogはどんな内容?

Vlogは、企画を練り込むというよりは日々の時間の切りとりをどう表現するか?に近いです。

なので、「どんな企画だったら再生数が上がるか…」という事を主体においた企画準備よりも比較的に構成を考えるのが簡単です。

自分の日々過ごしている日常を少しだけコンテンツにするだけなのですから。

ここでひとつ、Vlogコンテンツの参考動画を紹介します。

Jun’sKitchen

いきなりここまでクオリティーの高いコンテンツを作ることは難しいかもしれないのですが、ひとつのゴール設定として、とても素敵なコンテンツです。

動画引用元:YouTubeチャンネル Jun’sKitchen

猫達と過ごす日々の生活の中から、その一部を記録して公開している素敵なチャンネルです。

日常の一部を少しだけ記録してコンテンツにする

Vlogは日々の日常を少しだけ記録して、それを発信するコンテンツです。

あなたがいつも過ごしている日常にも、Vlogで発信することで誰かに喜んでもらえるコンテンツが隠れているかもしれません。

また、すでにYouTubeなどで発信を始めている方は、自然とそれがVlogコンテンツ向けになっている事もあります。

すでにアップしたコンテンツを再加工して、全世界様向けのVlogコンテンツとしてリメイクしてみることもお薦めします。

Vlogを始める準備

ここでは、YouTubeを中心にVlogの始め方を開設していきます。

まずは、発信するためにYouTubeチャンネルの開設をしないと発信する場所がないのでそこから始めましょう。

YouTubeでチャンネル開設をして、きちんと設定やデザインの準備をする方法は下記の記事で紹介しています。

参考リンク : YouTubeの始め方 | ユニコブログ

Vlogを始めるための準備

Vlogを始めるのには、YouTubeで普通に配信をするためのコンテンツを作るのとあまり違いはありません。

ただ、普通にYouTubeで配信するのとは別に、少しだけ工夫をします。

構図を簡単に決めておく

日々の日常からコンテンツを作り出していくので、自分の日常を書き出してみる事をお薦めします。

例えば、お子さんやペット飼っている人、趣味で何かを作っている人を想定してコンテンツになりそうな部分を書き出していきます。

日常の書き出し(例)
  • 「朝」起きる
  • 「料理」する
  • 「食事」する
  • 「子供」と「遊ぶ」
  • 「ペット」と「遊ぶ」
  • 「何か」を「作る」
  • 「寝る」

細かく書き出していくとキリがないですが、その中から構成を組み立てていきます。

上記に書き出した内容でも3つの構成を組むことが可能です。

  1. ある動作部分の記録をする特化パターン
  2. 一日の日常をまんべんなく組みこむパターン
  3. 「遊び」などの共通ワードを組みこむジャンル決めパターン

このように日常を書き出していきながら、どの部分を発信するためのコンテンツにするかを考えていくと、たくさんのアイデアが出てきます。

他にも、様々なライフイベントの経過をあなたの再生リストに追加していくのもいいですね。

機材の準備

YouTubeチャンネルの準備ができたら、次は機材の準備です。

もちろん、気軽に始めるのはとても重要なことですから、最初はスマホと100均ストアで購入できるような物を工夫して始めていきましょう。

撮影機材や撮影環境は凝りだすとキリがないので、ここでは私たちが軽めに撮影する際に使用している収録環境を紹介します。

  1. カメラ : iPhone X
  2. マイク : RODE VIDEOMIC GO ビデオカメラ用マイク/ショットガンマイク[VIDEOMICGO]
  3. スマホとマイクの端子接続 : BELKIN 変換アダプタ MFi認証 RockStar F8J212btWHT[F8J212BTWHT]
  4. 三脚・三脚ヘッド兼用(短い三脚)0 : KOZIRO MINI TRIPOD KIT (ミニ三脚キット)(BLACK)
  5. 三脚(長い三脚) : KOZIRO MINI TRIPOD KIT (ミニ三脚キット)ブラック

の5つを使用しています。

この内、私たちのYouTubeチャンネルでアップしているタイムラプス収録のイラストメイキング動画で使用している機材のほとんどは、上記のリストにある1番、4番、5番しか使用していません。

イラストメイキングはタイムラプス仕様なので、マイクも必要ありません。

私たちは、VlogコンテンツとしてLINEスタンプ制作の日々をイラストメイキング動画で紹介しています。

それをきっかけに、LINEスタンプを始めてみたいという方のために、まとめ記事も用意してあります。

LINEスタンプの作り方をわかりやすく解説

LINEスタンプの作り方をわかりやすく解説

Vlogに必要な機材は、自分が撮影対象になるか、どこを撮影対象にするかによってもだいぶ違います。

いきなり色々な機材は揃えようとはせずに、撮影で記録していく過程の中で必要になったものだけ購入していけばそれほど費用はかかりません。

(続けていれば、ちょいバズで機材代くらいすぐに出てしまうかもしれませんが…)

Vlog用コンテンツ制作の工夫

ここで紹介するやり方は、全世界に向けて視聴者をつかめるようにするものです。

現在流行っている、色調の強い目立つ文字入れの仕方などの工夫とは違う事をご了承ください。

グローバル仕様にするために

ここでは、世界共通仕様で準備をそれほどしなくても良いようにするための工夫を紹介していきます。

サムネイルは文字無しの写真かロゴを入れる程度にする。

最近はサムネイルを目立たせるために視認性の高いビビット調の色を盛り込んで目立つサムネイルが増えています。

しかし、人気のVloggerは英語のタイトルだけを入れたわりとスッキリしたサムネイルか、あるいは綺麗に撮影した写真画像のみにしています。

タイトルに「Vlog」と入れておく

まだ、「Vlog」のキーワードを入れているコンテンツは少ないのでココは押さえておきましょう。

概要欄のハッシュやタグ欄

ここにも「Vlog」や「Vlogs」と入れておきましょう。

人気のVloggerやYouTuberはわざわざVlogと入れなくても見つけてもらえますが、最初はキーワードをしっかり押さえておくことが重要です。

編集でテロップを付けない

編集で動画そのものに文字情報を入れてしまうと視聴者属性を絞ってしまうことになります。

映像自体にテロップ(文字情報)を入れないようにしましょう。

字幕を挿入しよう

説明テロップや、話している内容のテキスト化は、YouTubeの字幕機能を使用して多国言語対応しやすい状況にしておきましょう。

また、動画の概要欄に字幕表示でテキストが表示されることを明記しておくと親切です。

動画を多言語化対応させる方法については、下記の記事で解説していますので参考になれば幸いです。

YouTubeを多言語化する方法に使用されている地球を優しく包み込む手

YouTubeのチャンネルや動画を多言語化して設定する方法

動画編集でアクセントを加える

ただ単に日常を切りとったコンテンツは、有名人以外は退屈になってしまうことが多くあります。

そのためには、コンテンツにアクセントを付けるための手法のひとつとして「タイムラプス」などを盛り込むとメリハリがつきます。

iPhoneでしたらデフォルトでタイムラプス機能がついています。

現在のiPhoneにデフォルトで搭載されているタイムラプスの仕様では、どんなに長い時間のタイムラプス収録をしても25秒から30秒に纏められてしまうので、タイムラプスで長尺コンテンツやカットを作りたい場合には注意してください。

タイムラプスの表現については、簡単に収録できる様々なアプリがすでにあるので、それを使用してもいいかもしれません。

私たちがタイムラプス収録を行う際に使用しているiPhone用アプリのひとつを紹介しておきます。

Sky flow

iPhoneで簡単にインターバル撮影(タイムラプス動画)をすることが可能なアプリです。さらっと撮影を始めることもできますし、細かい撮影条件の設定も可能です。

収録時でも、タイムラプス動画の書き出し時にも速度調整が可能で、4K映像にも対応し、出力コーデックはH.265/HEVCにも対応しています。

タイムラプス映像をコンテンツの中に組み込む以外にも、フェード(ディゾルブ)やクロスフェード(クロスディゾルブ)などのエフェクトをシーンの中に織り交ぜてあげることで魅力のあるVlogコンテンツに仕上げることが可能です。

動画の編集

動画の編集環境がAdobe Premiere Proであれば、佐原まいさんが運営されているクリエイターズジャパンが提供するPremiere Pro講座などで、人気YouTuber動画の編集方法や、動画の編集データも共有してもらえます。

動画編集などのテンプレートも手に入るのでオススメです。

参考リンク : クリエイターズジャパン

スマホだけでも編集できる

先ほど紹介したタイムラプスやディゾルブ、フェードなどの加工も含めて、appleから無料で提供されているアプリ「iMovie」で十分に編集ができます。

Adobe社からはスマホ用のアプリで「Premiere Rush」も出ているので、簡単にアップロードするまでの編集作業が可能です。

BGMはYouTube音源を利用するのが簡単

チャンネル運用者に対しては著作権の管理がしっかりと求められます。

コンテンツ制作でBGMなど著作権の管理が難しいようでしたらYouTubeから音源をダウンローすることも可能です。

最初は用意された音源でコンテンツを制作していく事をお薦めします。

まとめ | Vlog(Video Blog)の開始

本記事を参考にしていただきながら、YouTubeにVlogコンテンツをアップロードする準備ができたと思います。

Vlogコンテンツを始めたら、ブログなどで制作の裏側などで、映像では見えない部分について小話などをいれると、特典コンテンツのようになって付加価値を上げることが可能です。

そのような構成でTwitterなどでの投稿時には、YouTubeの動画更新ツイートの後に、次の動画更新までにブログ記事の案内を発信しつつ、次の更新日時などの案内を入れて、コンテンツがきれないようにしていくことも重要です。

noteなどでしたら、YouTubeの動画とブログの連動記事をまとめて上げてアップしておくと良いです。

この時、noteに付けるタイトルは、検索キーワードを意識して投稿しましょう。

この記事をきっかけに、素敵なVlogコンテンツが増えてくれれば幸いです。

VlogをYouTubeで発信する

当ブログでは、YouTubeのチャンネル開設で重要なチャンネル設定から動画のアップまで、多くのノウハウを公開しています。

YouTubeの始め方を分かりやすく解説

YouTubeの始め方を基本から応用まで初心者用にわかりやすく解説

ブログでVlogコンテンツの認知度を上げる

YouTubeなどでのVlog発信を、ブログ記事として切り取っていくことでコンテンツの発信力を更に上げていくことが可能になります。

動画の中で語りきれない部分をブログでテキスト化してあげるだけで、さらにYouTubeへの導線を作ることが可能になります。

映画やドラマの副音声的な感じでやると良いかもですね。

ブログの始め方を分かりやす解説

ブログの始め方と人気ブログの作り方を完全初心者向けに解説

音声配信でVlog視聴者とコミュニケーションを図る

Vlogコンテンツで人気が出てきたら、音声配信アプリを使って視聴者やファンとコミュニケーションをとることも可能です。

Vlogを見ていて気づいたことや、動画内で使っているものなど、質問を抱く視聴者も出てきます。

音声配信の始め方

音声配信を簡単にお家で始めてみたい!始める前に知っておきたいこと

音声配信アプリは、リスナーからの質問はチャットで行う事ができるので、トークに自信が無くても以前に比べたら参入障壁は低くなっています。

様々な配信メディアを使って、発信力を高めていきましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

ABOUT US

小林 玲王奈Unicorn Consulting Inc. 代表取締役 CEO
起業する人やスタートアップ企業に出資や資金調達を含めてサポートしながら、ブログの運営やWebアプリの開発、LINEスタンプ制作をしています。2003年から映像業界向けの様々な新規事業立ち上げに従事。2014年からは経営/メディアコンサルティング業も始めて2020年01月に独立。今年から来年にかけて、世田谷の私立校で空中ディスプレイ技術とWebマーケティングの講義を行っています。|SMPTE Professional Engineer Member