カラフルボックスでWordPressをインストールする方法

カラフルボックスでWordPressをインストールする方法

カラフルボックスは、コントロールパネルからワンクリックで「WordPress」がインストールできます。

コントロールパネルは、カラフルボックスマイページにログインすると開けるページであり、ここからWordPressの設定、独自ドメインやサーバーなどの設定が行えます。

具体的にコントロールパネルとは、どのようなツールなのか。

この記事では、WordPressが自動でインストールする方法を詳しく紹介します。

● カラフルボックスの契約からブログを始める手順を分かりやすく解説!

カラフルボックスのWordPress対応状況

レンタルサーバーのカラフルボックスが提供するクラウドサーバー

ColorfulBox(カラフルボックス)では、WordPressが驚く程簡単にインストールできます。

操作も非常にシンプル。わずか数クリックで、WordPressサイトを立ち上げることができます。

最近ではどのサーバーでもWordPressのカンタンインストール機能を搭載しています。

カラフルボックスでも同様に、管理画面cPanel(シーパネル)を通じて、WordPressがインストールできます。

またColorful Boxのサーバーが「強力なパスワード」を生成してくれるので、セキュリティ面でも安心です。

カラフルボックスのWordPress自動インストール機能

カラフルボックスのWordPress自動インストール機能

ColorfulBox(カラフルボックス)では、どのように「WordPress」が自動でインストールされるのか。

WordPressの設定方法をまとめてみました。

  1. Colorfulboxにドメインとサーバーを登録します。
  2. WordPressをインストールします。

えっ…!? これだけという感じですよね。

カラフルボックスのWordPress設定に「必要な操作」はわずかツーステップで完結。

無料レンタルブログのような感覚で、作成できるので(あまりにも簡単すぎて?)誰もが驚かれることでしょう…!

もちろん カラフルボックス以外にも、WordPress用に最適化され、自動インストール機能を搭載したレンタルサーバーは複数あります。

以下の記事では、WordPress導入でオススメのレンタルサーバーを集めてみました。

関連記事:初心者向けに最適化されたレンタルサーバーでブログ運営を始める方法

これからWordPressでブログ、WEBサイトを作成される方はぜひ参考にしてください。

カラフルボックスのWordPressテーマ設定方法

カラフルボックスのWordPressテーマ設定方法

WordPressテーマとは、WordPressのデザインテンプレートのような存在です。

またWordPressテーマは単なるテンプレートではなく、テーマの中にはセキュリティ対策、SEO施策のほか、アフィリエイト収益がアップする機能をはじめ、アフィリエイトバナーの管理機能なども搭載されています。

WordPressとWordPressテーマさえあれば、初心者の方でもカンタンにWEBサイトが作れます。

そしてデザイン面でも「プロ顔負け」のブログや高品質なWEBサイトが、感覚的に作成できるので大変便利です。

ColorfulBox(カラフルボックス)の「WordPressテーマ」設定方法ですが、前項でWordPress自動インストールについて説明しましたね。

WordPressを導入した後は、アナタが好きなWordPressテーマを自由にインストールできます。

ここでカラフルボックスにオススメの「WordPressテーマ」を3つ紹介します。

カラフルボックスでオススメの「WordPressテーマ

THE SONIC(ザ・ソニック)は、小学生からプロブロガーまで幅広いユーザーが使用している話題のWordPressテーマです。

STORK19は、このユニコブログ®でも使用していますし、THE THORも集客やSEOに強うWordPressテーマとして人気です。

また上の3種以外に「WordPressでおすすめのテーマ」は、以下の記事にて詳しく解説しています。

● WordPressおすすめブログテーマ10選!有料版と無料版を比較

カラフルボックスWordPress移行代行サービスとは?

カラフルボックスWordPress移行代行サービスとは

ColorfulBox(カラフルボックス)では、WordPress移行代行サービスを行っています。

移行サービスは、別名を「WordPressお引っ越しサービス」とも言いますが、このサービスを申し込むと、最短5営業日以内に安全かつスムーズにWordPressのデータを新サイトに移行してくれます。

なおカラフルボックスWordPress移行代行サービスの費用は「1サイトあたり14,080円」です。

(※ HTTPS(SSL)化されたサイトも同じ価格)

通常の代行業者であれば、平均3万円から8万円ほどかかりますが、Colorful Box(カラフルボックス)を利用するユーザーには、お得な料金でサービスを提供しています。

実際 WordPressでのサーバー切り替えは、慣れていない人にはとても大変な作業です。

移行には時間も手間もかかります…。

しかしColorful Box(カラフルボックス)のプロが作業を代行してくれれば、あとは移行完了を待つだけなのでカンタンですね。

カラフルボックスでは、大変なWordPress移行作業をまるっと代行してくれる「プロのチーム」を用意しています。 

私たちユーザーは貴重な時間を無駄にすることなく、ただ待つだけなのでレンタルサーバーの利用がはじめての方はもちろん、WordPressの引っ越しが初めての方でも安心です。

WordPress移行代行サービス|申し込みの流れ

カラフルボックスのWordPress移行代行サービスの申し込みの流れ

Colorful Box(カラフルボックス)WordPress移行代行サービスの申し込み手順をまとめてみました。

3ステップで済んでしまうのでとても簡単です。

3ステップで簡単に完了する
  1. 申し込み
  2. 確認メールが届く
  3. WordPress移行作業完了

それでは簡単に解説していきます。

STEP① 申し込み

まずColorful Box(カラフルボックス)で利用したいサーバープランを選択しましょう。

そして「WordPress移行サービス」フォームに必要事項を記入したあと送信します。

STEP② 確認メールが届く

申し込みに必要な情報が、Colorful Box(カラフルボックス)よりメールで送信されるので中身を確認しましょう。

STEP③ WordPress移行作業完了

WordPress移行作業完了後、通常5営業日以内にメールにて連絡が入ります。

メールが届けば、無事お引っ越しは完了です。

● WordPress移行代行サービス公式ページ

カラフルボックスでWordPressが「高速化」できる理由

レンタルサーバーカラフルボックスでWordPressが高速化できる理由

ColorfulBox(カラフルボックス)を導入すると、WordPressのサイトをはじめ、ブログが「高速化された」と評判です。

ここでカラフルボックスの「高速化に関わる最新技術」の内容をまとめてみました。

高速化への最新技術
  1. フルSSD環境(ハードウェア)
  2. LiteSpeedサーバー(サーバーソフト)
  3. HTTP/2通信可能(通信側)
  4. QUIC通信可能(通信側)
  5. HTTP/3通信が可能(通信側)
  6. データベースはMariaDB(データベース)
  7. AIによるセキュリティ(攻撃負荷の軽減)
  8. 東京または大阪の地域選択(データの物理的近接性)

1〜8の内容について、カンタンに説明します。

1. フルSSD環境(ハードウェア)

SSDとはSolid State Driveの略で、ハードディスクドライブに似た記憶装置です。

SSDの利点は衝撃に強く、発熱や消費電力が少ないことです。

また読み書きが非常に速いことやHDDに比べて小型軽量であるといった点がメリットに上げられます。

ミックスホストでは、ハードにフルSSDを搭載しています。

2. LiteSpeedサーバー(サーバーソフト)

LiteSpeedは、人気のApacheサーバーと完全な互換性を持ちながら、処理速度が向上した次世代の高速サーバーのことです。

ベンチマーク(性能の測定)によると、LiteSpeedは旧来のApacheに比べて約3倍、Nginxに比べて5倍以上の速度が出ています。

LiteSpeedサーバーのもう一つの利点は、LiteSpeed Technologiesがサーバーだけでなく、LiteSpeed Cacheプラグインにも責任を持っていることです。

LiteSpeed Cacheは、LiteSpeed(サーバー)と連携して最適化され、毎日更新されます。

このLiteSpeed Server + LiteSpeed Cacheの強力な組み合わせは、WordPressで簡単に使用することができ、これがLiteSpeedを使用する最大のメリットといえます。

3. HTTP/2通信可能(通信側)

HTTP/2(HTTP/2.0)は、2015年に公開された通信方式で、旧バージョンのHTTP/1.1と互換性があります。

現在、多くのWebブラウザがHTTP/2に対応していますが、暗号化技術「TLS」を用いた識別子「h2(https)」のみがサポートされており、「HTTPS」による暗号化通信が必須となっています。

4.QUIC通信可能(通信側)

QUICは、Googleが2013年に開発を発表し、その後IETFで標準化されたプロトコルの名称である。

インターネットなどのIPネットワークで使われる通信規約の一つで、高速性と安全性の両立を目指しています。

5. HTTP/3通信が可能(通信側)

HTTP/3は、1996年にHTTP/1.0、2015年にHTTP/2が開発されて以来、広く使われてきたHTTPの新バージョンです。

2020年以降にはHTTP/3のブラウザ実装が進み、徐々に普及しはじめました。

HTTP/2は、通信の効率化を図ることで、データ通信の高速化を目指すプロトコルです。

従来の通信では、1回の接続で1つのメッセージしか送受信できませんでしたが、HTTP/2では、1つのコネクションで複数のメッセージを送受信することが可能になりました。

さらに HTTP/3ではTCP(IPと同様に標準的に利用されているプロトコル)を新たなものに置き換え、WEBアクセスを従来よりも効率化しています。

6.データベースはMariaDB(データベース)

MariaDBはとは、MySQLから派生したオープンソースの関係データベース管理システム(RDBMS)のこと。

パフォーマンス、品質の高さが評価され、世界中で急速にシェアが拡大しています。

7. AIによるセキュリティ(攻撃負荷の軽減)

カラフルボックスでは、WordPressの脆弱性を診断することができるSiteLock(サイトロック)が利用できます。

脆弱性「クロスサイトスクリプティング」や「SQLインジェクション」が診断可能。

また、ウイルスやマルウェアの診断・駆除、サイトのSSL証明書に問題がないか。

サーバーのディスクトラブル、カラフルなメールボックスがスパムに使われていないかなど、幅広い項目でセキュリティチェックが実行できます。

なお、SiteLock(サイトロック)は、有料のオプション機能です。

月契約の場合733円と格安料金で最新のセキュリティ対策が行えます。

8. 東京または大阪の地域選択(データの物理的近接性)

地域別にバックアップがされたカラフルボックスのレンタルサーバー

カラフルボックスでは、「地域別自動バックアップ」を日本で初めて標準搭載(無料)しました。

東京または大阪の地域選択ができ、データの物理的近接性により、故障やサーバー障害時のリスクが分散できます。

バックアップ先を全く別のリージョンに設定することで、従来のレンタルサーバーよりもはるかに高いセキュリティが確保できます。

また 直近14日間の自動バックアップが行われるため、データの消失や災害などのリスクに備えることができます。

WordPressでも人気!カラフルボックスが優れている点は5つ

カラフルボックスが優れている点は5つ

ColorfulBox(カラフルボックス)が競合他社より優れている点は、大きく分けて5つあります。

カラフルボックスが他社より優れている点は5つ
  1. 初期費用ゼロ、低価格な月額費用(528円〜)
  2. サーバーソフトウェア「LiteSpeed」搭載
  3. 柔軟なプラン変更が可能
  4. 東京と大阪にデータをバックアップ
  5. お試し期間は30日間と長い!

まずカラフルボックスが優れているのは、金額の安さです。

月額528円というリーズナブルな費用にもかかわらず、最新鋭のサーバーソフトウェア「LiteSpeed」搭載するほか、プランのバリエーションは8つと多く、最長30日間のお試し期間にも対応しています。

なおカラフルボックス以外にも、WordPressで人気のレンタルサーバーがあります。

例えば高速化サーバーとして人気のConoHa WING、カラフルボックスとスペックの近いサービス Mixhost(ミックスホスト)、WordPressで根強い人気のエックスサーバーなど。オススメのレンタルサーバーが厳選して紹介できます。

今回紹介した、カラフルボックス以外のおすすめレンタルサーバーは、以下の記事が参考になります。

● レンタルサーバー徹底比較!WordPressおすすめサーバー10選

まとめ|カラフルボックスならWordPressが快適に使える!

レンタルサーバーのカラフルボックスならWordPressが快適に使える

ColorfulBox(カラフルボックス)でWordPressをインストールする方法は、わずか2STEPとカンタンでしたね。

WordPressはいまや、WEBサイトやブログ作成に欠かせないツールです。

この記事で紹介したように、カラフルボックスでWordPressをインストールする方法をおさえておきましょう。

WordPressが使えるようになると、個人サイトやブログ、コーポレートサイト、ECサイトにも役立ちます。

WordPressインストール|カラフルボックスのオススメ記事

WordPressインストールに関連したレンタルサーバーのカラフルボックスオススメ記事

とても素敵なレンタルサーバーサービスのColorful Box(カラフルボックス)を特集記事でまとめています。

これらの記事がお役に立てば幸いです。

  1. カラフルボックスの契約からブログを始める手順を分かりやすく解説!
  2. カラフルボックスの独自ドメイン設定方法
  3. レンタルサーバーカラフルボックスでブログを作る方法
  4. レンタルサーバーカラフルボックスの注意点
  5. レンタルサーバーカラフルボックスのキャンペーン情報
  6. カラフルボックスと相性の良いWordPressテーマは?
  7. SSL設定をレンタルサーバーカラフルボックスで行う方法
  8. レンタルサーバーカラフルボックスの使い方
  9. カラフルボックスでWordPressをインストールする方法
  10. レンタルサーバーカラフルボックスの口コミ評判を徹底調査!
  11. レンタルサーバーカラフルボックスの料金&プラン
  12. レンタルサーバー徹底比較!WordPressおすすめサーバー10選

ABOUT US

小林 玲王奈Unicorn Consulting Inc. 代表取締役

起業する人やスタートアップ企業に出資や資金調達を含めてサポートしながら、ブログの運営やWebアプリの開発、LINEスタンプ制作をして、ひたすらキャラクターデザインをやっています。

最近は、「会社の収入だけに依存しない生活を手に入れる」ことをテーマにブログ記事を書いたり、ブログ運営を始める人のサポートを無償で行っています。

2003年から映像業界向けの様々な新規事業立ち上げに従事。

2014年からは経営/メディアコンサルティング業も始めて2020年01月に独立しました。

現在、ユニコブログ®以外にも、20サイト以上の特化ブログを立ち上げて運用しています。

全て同じサイト構成、ブログ記事構成、文章構成など、検証可能な範囲で仕様を合わせてみて、収益を出すのに再現性があるか?などを試行錯誤している日々です。

ピックアップしているレンタルサーバーとWordPressテーマを総当たりで組み合わせてサイトスピードがどうなるかなど、思いついた事をひたすら検証する日々も兼ねています。

WordPress用のシンプルなプラグインやブログパーツの開発にもチャレンジしています。

SMPTE Professional Engineer Member

著書 : 『保存版 売上を向上させるためのYouTube活用術』

2020年度 学校法人調布学園 田園調布学園 中等部・高等部「豊かな教養を培う 未来へつなぐ土曜日 コアプログラム『探究』」にて空中ディスプレイコンテンツ制作及びWebサイト制作の特別講師を担当

プロフィールの詳細はこちら