LINEスタンプの審査期間はどれくらいなのか実例を公開

LINEスタンプの審査期間を公開する記事のアイキャッチ画像

2014年の05月から開始されたLINEクリエイターズマーケットは、現在は700万種類を超え、もうすぐ1,000万種類も超えられそうな勢いでリリースが増えています。

LINEスタンプは、コミュニケーションを円滑にする最大のスタンプ販売プラットフォームとなりました。

LINEスタンプの販売を考えて作るかどうか検討していたり、作っている途中で気になることが、完成させたスタンプを「リクエスト」してからの審査期間。

数年前、前職ではLINEスタンプをデザインしてリクエストしてから販売までの期間が数ヶ月間かかることもありました。

結論から言いますと、現在は早ければ1〜2営業日で結果がでます。

※現在は、「日本のみ」の販売ですと承認までの時間は1~2日程度になっています。

海外の販売エリアが含まれているとさらに、承認までには1~2日かかる状況です。

とはいえ、ジャンルや内容も含めて様々な事情で審査期間は変動します。

新しいスタンプのラインナップが発表されて、LINE STOREに展開されるまでの期間もそうですね。

また、LINEスタンプや絵文字などを販売する地域によっても差があります。

本記事では、筆者が実際にリクエスト申請してから審査結果が出るまでの日数を公開しつつ、LINEスタンプの売上を伸ばしていくノウハウも公開しています。

この記事の内容
  1. LINEスタンプの審査期間がわかる
  2. 内容による審査期間の違いがわかる
  3. どのように審査の設定を使い分ければ良いのか分かる。

目次

LINEスタンプの売上を上げるためにできること

LINEスタンプの売上を上げるためにできること

先に、ちょっと話がそれますが、筆者はLINEスタンプの売上がそこそこあり、新作を出すと安定して売れます。

その理由を簡単に解説していきます。

筆者は、LINEスタンプで生まれたキャラクターなどを下記の3つの方法でマネタイズをしています。

LINEスタンプのマネタイズ方法

LINEスタンプのマネタイズ方法
  1. LINE公式アカウントでのLINEスタンプ紹介
  2. ブログ運営によるLINEスタンプの紹介
  3. 他のWebメディアでデザイン素材としての販売

本記事の後半や、LINEスタンプクリエイターが収入や売上を増やすための方法を分かりやすく解説でも書いているのですが

コツコツと続けたLINE公式アカウントは、今ではとても多くの方と繋がることが出来るようになりました。

現在、筆者の場合はユニコスタンプ®というLINE公式アカウント(友だちは約1.65万人)と、ブログでの運用などで新作リリースやスタンプ紹介に関するコンテンツの連携を図っています。

新作のLINEスタンプをリリースすると、LINE公式アカウントからプッシュ通知で一斉に新作リリースの告知が出来るので、リリース初期の売上を一気に伸ばすことが可能です。

LINE公式アカウントの「友だち」はブログでコツコツ増やしていく事が可能です

LINE公式アカウントの「友だち」はブログでコツコツ増やしていく事が可能です

LINE公式カウントの「友だち」はブログなどを通じて、時間を掛けて増やしていきました。

すぐに効果が出る物ではないのですが、時間を掛けてゆっくりと「友だち」が増えていきます。

特にブログサイトでリリース情報をアーカイブ(積み上げて貯めていく)していくことはとても有効なことです。

TwitterなどのSNSを運用していくことも大事ですが、常に流れていく情報に新鮮な情報を送っていくのは並大抵の事ではありません。

本来のLINEスタンプ制作にも支障がでるかもしれないです。

けれど、ブログの場合は1度情報を整理してブログ記事として完成させれば、たまにリライトをしてブログ記事の情報を更新するだけでよくなります。

LINEスタンプのリリース事や、制作環境の紹介、それ以外にも日記ブログにしてブログ運営をすることでブログへのアクセス数があがり、結果としてブログ自身からもLINEスタンプの売上向上にも役立ちます。

ユニコブログ®では、ブログサイトを簡単に開設することが出来る方法もまとめているので、参考になれば幸いです。

LINEスタンプ審査期間の実例

LINEスタンプ審査期間の実例

ここからは、今までリリースしてきた筆者のLINEスタンプ作品のリクエストから販売までの日数を含めた内容を記載していきます。

審査期間の最短記録

LINEクリエイターズマーケットでの最速の審査時間は2時間でした。

下記のLINEスタンプ(絵文字)が2時間で承認が出たスタンプです。

いろめく エモティコンシリーズ | 絵文字

LINE絵文字のエモティコンシリーズ
スタンプの種類 : 40種類

いろめく エモティコンシリーズ | 絵文字

販売地域言語リジェクト審査日数
全地域無し00.1

もともとは海外向けに販売していたエモティコンシリーズを日本でも販売することにしてリリースしたエモティコンシリーズの第1弾です。

審査期間は最速の2時間でした。審査のリクエストを出したのが土曜日だったのですが、とても早い承認でした。

絵文字(顔文字シリーズ)

LINE絵文字で展開している顔文字シリーズです。

明るい顔文字 | 絵文字

LINE絵文字の明るい笑顔顔文字
スタンプの種類 : 40種類

明るい顔文字 | 絵文字

販売地域言語リジェクト審査日数
全地域無し01

審査承認まで1

審査承認まで1日で完了です。2020年09月の4連休中の審査リクエストでしたがすぐに承認が出ました。審査担当の方には感謝です。

いろめく顔文字|絵文字

LINE絵文字の顔文字シリーズ
スタンプの種類 : 40種類

いろめく顔文字|絵文字

販売地域言語リジェクト審査日数
全地域無し01

審査期間は1日です。最近は1〜2日ですぐに審査結果が分かる状況です。

いろめく猫な顔文字|絵文字

LINE絵文字の顔文字シリーズ猫バージョン
スタンプの種類 : 40種類

いろめく猫な顔文字|絵文字

販売地域言語リジェクト審査日数
全地域無し12

コチラは1回リジェクトがあったので2営業日経ってからのリリースとなりました。

リジェクト理由は、「いろめく顔文字|絵文字」のデザインに「耳」だけを足して審査リクエストしたら、類似の画像判定でリジェクトとなったので、いちから書き直してのリリースです。

いろめく犬な顔文字|絵文字

LINE絵文字の顔文字シリーズ犬バージョン
スタンプの種類 : 40種類

いろめく犬な顔文字|絵文字

販売地域言語リジェクト審査日数
全地域無し01

顔文字は1日で審査の承認が出るようになりました。

午前中に審査のリクエストをすれば時には当日に承認がでます。

前日の深夜にリクエストしても、翌日の日中には審査承認が下りる感じになりました。

一時に比べたらとても早くなりましたね。

かいわれのはし

かいわれのはしは、カモノハシの頭にかいわれ大根が生えてきたキャラクターです。

筆者の一番最初にリリースしたスタンプです。

かいわれのはし 第1弾

LINEスタンプのかいわれのはし第1弾
スタンプの種類 :24種類

かいわれのはし 毎日使える優しいスタンプ

販売地域言語リジェクト審査日数
全地域日本語14

リジェクト理由は、いくつかのポーズが「世界の異なる文化・習慣の観点」により、インドネシアの販売が制限されました。

また、この時「タグ」の設定で「指定したタグとスタンプ画像に矛盾がある」との指摘も受けました。

ニュアンスが難しいものは、タグ設定はしないほうがいいと考えます。後からでも変えられます。

タグの編集について

編集したタグは、審査承認を経て、アップデート後24時間以内に反映されます。

かいわれのはし 第2弾

LINEスタンプのかいわれのはし第2弾
スタンプの種類 :24種類

かいわれのはし2 毎日使える優しいスタンプ

販売地域言語リジェクト審査日数
日本日本語01
全地域英語06

特に問題もなく承認も早かったです。

かいわれのはし 第3弾 お祝いスタンプ

LINEスタンプカイワレのはし第3弾のお祝いスタンプ
スタンプの種類 :40種類
「お祝い言葉スタンプ」特集

かいわれのはし 3 お祝いスタンプ

販売地域言語リジェクト審査日数
日本日本語110

初代キャラクターのカイワレのはしさんが、久しぶりにお祝いスタンプで登場予定です。

2020年06月06日の土曜日に申請して、1日と待たずに「審査中」となりました。

お祝いスタンプ特集への参加を有りにして審査に出したのですが、1回リジェクトがありました。

理由は「お祝いスタンプ特集の参加条件を満たしておりませんでした。」という内容でしたが、「お祝い」に該当するスタンプのタグに、お祝い系のタグを付けて再度提出し、審査承認になりました。

にゃっこら

にゃっこらは尻尾がルッコラの猫キャラクターです。

にゃっこら 第1弾(アニメーションスタンプ)

LINEスタンプのキャラクターにゃっこらの第1弾アニメーションスタンプ
スタンプの種類 :24種類

にゃっこらさんの猫看板

販売地域言語リジェクト審査日数
日本日本語01

いかに負荷をかけずにアニメーションスタンプを制作するかにチャレンジしたLINEアニメーションスタンプです。

看板の文字だけが点滅するようになっているスタンプです。

とても滑らかな点滅エフェクトになっています。

にゃっこら 第2弾

LINEスタンプのキャラクターにゃっこらの第2弾
スタンプの種類 :24種類

にゃっこらさん 2 毎日使える猫スタンプ

販売地域言語リジェクト審査日数
日本日本語05
英語圏英語08

こちらもリジェクトなく承認されました。後々、中国語やその他の言語を販売予定なので、該当するいくつかの国は販売地域から外してあります。

にゃっこら 第3弾

LINEスタンプのキャラクターにゃっこらの第3弾
スタンプの種類 :40種類

にゃっこらさん 3 毎日使える猫スタンプ

販売地域言語リジェクト審査日数
日本日本語
全地域英語
全地域簡体字
全地域繁体字
全地域タイ語

英語版は、全ての販売地域で設定したらいくつかの国について販売地域の制限がありました。

各言語ごとに翻訳した制作方法で一斉にリリースなどを考えている場合は、英語版の場合、「世界の異なる文化・習慣の観点」による販売国の限定が入る可能性が高くなっています。

日本限定の場合はリジェクトからの再審査期間はそれほど長くないのですが、海外での販売はリジェクト対応から審査通過まで10日前後かかる場合があるので注意が必要です。

にゃっこら 第4弾 メッセージスタンプ

LINEメッセージスタンプのキャラクターにゃっこら
スタンプの種類 :24種類

にゃっこら 猫のメッセージスタンプ

販売地域言語リジェクト審査日数
日本日本語011

いつもより、かなり審査期間が長かったですが、2020年4月22日のLINEメッセージスタンプカテゴリの解禁に向けての販売開始日に合わされたと思います。

解禁当日のAM10:00に承認になりました。(販売解禁はAM11:00から)

メッセージスタンプは、テキスト内にセリフを設定しないでも登録ができるので海外販売に向いています。

これから、日本以外の地域販売の調整をしていきます。

注意事項としては、タイ語は縦書きができません。

縦書きデザインが入っている場合は調整を少しする必要があります。

にゃっこら 絵文字

にゃっこらのLINE絵文字第1弾
スタンプの種類 :40種類

にゃっこら ねこねこ絵文字

販売地域言語リジェクト審査日数
日本日本語01
海外版無し01

2020年07月12日の日曜日の深夜に申請して翌日の15:00に承認されました。今のところ、にゃっこらの絵文字が承認が出た最速の絵文字となります。

後に海外版も審査に出しましたが、1日で審査OKとなりました。

あざらしのこまちゃん

こまちゃんは後ろ足が小松菜になったキャラクターです。あざらしは身体で感情表現をするのが難しいジャンルですね。

こまちゃん 第1弾

LINEスタンプあざらしこまちゃん第1弾
スタンプの種類 :24種類

【ゆるく使える】あざらし こまちゃん

販売地域言語リジェクト審査日数
日本日本語01
全地域英語03

こちらは問題なく承認まで進みました。英語版を全地域設定にしたのですが、この時は販売地域の制限はかかりませんでした。スタンプの内容や状況によって判断基準が変わるようです。

こまちゃん 第2弾

LINEスタンプあざらしこまちゃん第2弾のお祝いスタンプ
スタンプの種類 :40種類
「お祝い言葉スタンプ」特集

あざらし こまちゃん お祝いスタンプ

販売地域言語リジェクト審査日数
日本のみ日本語06

2020年05月23日に申請して、審査待ちから審査中へのステータス変化は1日だけです。

2020年05月29日に「承認」が出ました。

  • 販売地域は「日本のみ」
  • タグ入れなし
  • シリーズ物なので、「作品が確認できるURL」は第一弾こまちゃんの販売アドレスを入力

2020年06月01日の11:00から「お祝い言葉スタンプ特集」がLINESTOREで始まったのでこまちゃん出動しました。

帽子のマシュー

帽子のマシューはとても照れ屋なキャラクターです。いつも帽子の中に隠れていますが、帽子の掃除をする時と挨拶する時だけちょこっと出てきます。

帽子のマシュー 第1弾

LINEスタンプの帽子のマシュー第1弾
スタンプの種類 :24種類

帽子のマッシュー 毎日使える日常スタンプ

販売地域言語リジェクト審査日数
全地域日本語0

こちらは、全地域での販売設定にしたのですが、問題なくすぐに承認されました。

みずにゃ 毎日使える猫スタンプ

みずにゃさんは尻尾が水菜の猫キャラクターです。ご飯が大好きなのでエサをあげるととても喜びます。

現在、人気ナンバー1のキャラクターになりました。

LINEスタンプのみずにゃ第1弾
スタンプの種類 :40種類

みずにゃ 毎日使える猫スタンプ

販売地域言語リジェクト審査日数
日本のみ日本語07
全地域英語016
全地域簡体字019
全地域繁体字019
全地域タイ語010
全地域インドネシア語010
全地域ベトナム語ストック0
ベトナム語はLINEクリエイターズマーケットで個別言語として対応していないのでストック

リジェクトなしで無事審査は通過しましたが、この頃から審査期間が少し長くなってきました。

日本語以外の審査

みずにゃについては、結構調整が必要かな?と考えていたタイ語とインドネシア語が先に承認される形となりました。

6日後に英語版が審査通過です。中国語の簡体字と繁体字はさらにその後3日がかかり、審査開始から19日間かかる結果となりました。

みずにゃ 猫のメッセージスタンプ

みずにゃの第2弾はLINEメッセージスタンプでリリースしました。

LINEメッセージスタンプのみずにゃ第1弾
スタンプの種類 :24種類

みずにゃ 猫のメッセージスタンプ

販売地域言語リジェクト審査日数
日本のみ日本語02

このLINEメッセージスタンプは、審査がとても早かったです。

みずにゃ 猫のメッセージスタンプ 第2弾

から揚げが大好きな、みずにゃのLINEメッセージスタンプ第2弾です。

LINEメッセージスタンプのみずにゃ第2弾
スタンプの種類 :24種類

【メモスタンプ】みずにゃの猫なメモ帳♪

販売地域言語リジェクト審査日数
日本のみ日本語1

2020/7/5に申請しました。最近は「審査中」のステータスになるまでが早くなってきました。

スタンプの中にある「NEKOZON」が引っかかってしまい、1回リジェクトになってしまいましたが、それでも2営業日ですぐに承認となりました。

みずにゃ 絵文字

みずにゃのLINE絵文字第1弾
スタンプの種類 :40種類

みずにゃ ねこねこ絵文字

販売地域言語リジェクト審査日数
日本のみ日本語02
海外版無し1

2020年07月11日に審査に出して、07月13日に承認が出ました。

海外版については、1日で承認が出ています。

ろめにゃ 毎日使える猫スタンプ

ロメインレタスがしっぽになったトラ猫「ろめにゃ」のスタンプです。寝ている時は舌が出ちゃうけど野良猫なので警戒心は高め。ひなたぼっことお魚が大好き。

LINEスタンプのろめにゃ第1弾
スタンプの種類 :40種類

ろめにゃ 毎日使える猫スタンプ

販売地域言語リジェクト審査日数
日本のみ日本語01

最速で承認が出たのが、このろめにゃさんでした。翌日にすぐに承認がおりました。いつもキャラクターは2頭身にするのですが、ろめにゃさんは3頭身にしてみました。

こちらも海外販売版を作成していきます。

ろめにゃ 絵文字

ろめにゃのLINE絵文字第1弾
スタンプの種類 :40種類

ろめにゃ ねこねこ絵文字

販売地域言語リジェクト審査日数
日本のみ日本語11
海外版無し0申請日当日に承認

日本語版が、文字が小さすぎるという理由で1回リジェクトされました。

リジェクトあったのですが、お昼前くらいに審査を出して3時間ほどでリジェクト通知。

リジェクトの対応をしてからまた3時間くらいで承認がでました。

海外版はリジェクト無しで、同じく審査を出したその日に承認となりました。

世界が平和になるスタンプ

2020/5/1に申請をして、2020/05/25日に承認になりました。今までで一番審査期間が長いスタンプとなりました。状況的にいろいろと審査期間にも影響が出ていた時期の作品です。

LINEスタンプの世界が平和になるスタンプ第1弾
スタンプの種類 :40種類

世界が平和になるLINEスタンプ

販売地域言語リジェクト審査日数
全地域12ヶ国25日

5/1に審査への申請をして、途中リジェクトがありました。世界の異なる文化・習慣の観点により「インドネシア」を販売地域から外す必要が出てきてしまいました。

かなり優しいポース構成にしたのですが、該当エリアの文化を見直すと、いくつかひっかかる所がたしかにありました。

今回はポーズの差し替えはせず、次回作に活かしたいと考えています。

ちなみに、この「世界が平和になるLINEスタンプ」の売り上げですが、LINE公式アカウントを開設するまでの累計販売額は185円です。←絵文字でも発売をしてから、コツコツと活躍してくれるようになりました(感謝)

世界が平和になるLINE絵文字

2020/7/4に申請しました。このデザインのLINEスタンプ版は、いろいろと審査期間に影響が出ていた時期だったので販売開始までに25日間かかりました。審査通過したら、またアップデートします。

LINE絵文字の世界が平和になるスタンプ第1弾
絵文字の種類 : 40種類

世界が平和になるLINE絵文字

販売地域言語リジェクト審査日数
全地域12ヶ国0

特にリジェクトもなく、無事承認になりました。販売地域を「日本」のみにした場合と、海外地域も入れた場合の審査期間の期間の違いは2~3日くらいです。

ごまつぶ 絵文字

ごまつぶのLINE絵文字第1弾
絵文字の種類 : 40種類

黒猫 ごまつぶ ねこねこ絵文字

販売地域言語リジェクト審査日数
日本のみ日本語01
海外版無し01

絵文字は審査承認まで1日程度しかかからないようになりました。

しろはな 絵文字

しろはなのLINE絵文字第1弾
絵文字の種類 : 40種類

白猫 しろはな ねこねこ絵文字

販売地域言語リジェクト審査日数
日本のみ日本語01
海外版無し01

絵文字は審査承認までとても短いです。1日で承認がでました。

くろみつ 絵文字

くろみつのLINE絵文字第1弾
絵文字の種類 : 40種類

三毛猫 くろみつ ねこねこ絵文字

販売地域言語リジェクト審査日数
日本のみ日本語01
海外版無し01

絵文字は安定して1日で審査承認が出てくれるので素敵ですね。

引き続き、ねこねこ絵文字シリーズを続けていきます。

ごまだれ 絵文字

ごまだれのLINE絵文字第1弾
絵文字の種類 : 40種類

ハチワレ ごまだれ ねこねこ絵文字

販売地域言語リジェクト審査日数
日本のみ日本語01
海外版無し01

絵文字は1日、早いと当日に承認が出たりもします。

ねこねこ絵文字を続けながら、次は顔文字やemoticonも進めていく予定です。

灰色猫 つみれ ねこねこ絵文字

つみれのLINE絵文字第1弾
絵文字の種類 : 40種類

灰色猫 つみれ ねこねこ絵文字

販売地域言語リジェクト審査日数
全地域無し01

22:00頃に審査リクエストを出して、翌日のお昼には承認が来ました。

半日で承認が出るのでとてもスピーディーですね。

キジトラ 塩こんぶ ねこねこ絵文字

塩こんぶのLINE絵文字第1弾
絵文字の種類 : 40種類

キジトラ 塩こんぶ ねこねこ絵文字

販売地域言語リジェクト審査日数
全地域無し01

絵文字の審査期間はもう1営業日で承認が出るようになりました。

サバトラ コショウ ねこねこ絵文字

サバトラ柄猫こしょうのLINE絵文字第1弾
絵文字の種類 : 40種類

サバトラ コショウ ねこねこ絵文字

販売地域言語リジェクト審査日数
全地域無し01

絵文字の審査期間は1営業日で承認が出るようになりました。

ねこねこ絵文字も10種類の柄まで作ることができました。

猫の柄は24種類と言われているので、あと14種類で猫柄シリーズが完成するのでコツコツと制作していきます。

とら猫 きなも ねこねこ絵文字

とら猫きなものねこねこ絵文字のLINE絵文字第1弾
絵文字の種類 : 40種類

とら猫 きなも ねこねこ絵文字

販売地域言語リジェクト審査日数
全地域無し01

絵文字は安定して1日でOKが出ます。

猫の柄は24種類と言われているので、引き続きコツコツとデザインしていきます。

ポインテッド ショコラ ねこねこ絵文字

ポインテッドショコラのねこねこ絵文字のLINE絵文字第1弾
絵文字の種類 : 40種類

ポインテッド ショコラ ねこねこ絵文字

販売地域言語リジェクト審査日数
全地域無し01

こちらも絵文字は安定して1日でOKが出ます。

猫の柄は24種類と言われているので、あと12種類。

引き続きコツコツとデザインしていきます。

審査期間を短くするために

審査期間を短くするために

審査期間を少しでも短くするための方法をいくつか紹介しておきます。

審査状況やLINEスタンプの内容によって結果も変わりますが、ここでは筆者が行っている方法を紹介しておきます。

審査期間を短くするための6項目
  1. タイトルや説明文、スタンプデザインの文字に間違いがないか確認する
  2. 最初は販売地域を日本だけにする
  3. 作品が確認できるURLを確実に入れておく
  4. あたらしい言葉や流行語の意味は補足説明を入れる
  5. タグの設定は後で行う
  6. 最後に、デザインデータにミスがないか再チェック

①〜⑥までを解説していきます。

① タイトルや説明文、スタンプデザインの文字に間違いがないか確認する

審査の規定が変わって、タイトルと説明文の若干の間違いは許容されるようになりましたが、各スタンプのデザイン内にある文字間違いはリジェクトされます。

スタンプのデザインに日本語以外の言語を使っているパターンがある場合は、再度確認です。

タイトルや説明文は後からでも変更できますが、LINEスタンプ個々のデザインは差し替えができません。

② 最初は販売地域を日本だけにする

販売地域の選定を行うクリエイターの方は少ないようです。

日本語版を作成して販売地域を日本だけにしている場合は最速で翌営業日には審査承認となった実績があります。

現在、LINEクリエイターズマーケットのマイページにある販売地域選定はデフォルトが「販売可能な全てのエリア」になっているので、デザインの内容によっては販売地域を調整しましょう。

審査が長引く理由
  1. 全世界販売だと文化や価値観で問題のあるポーズやデザインに引っかかる可能性を多く確認する必要がある。
  2. さらにタグ付けもある場合、国によってはゼスチャーが違う意味になる時があるため、細かい部分で修正が必要になる。
  3. リジェクト(審査落ち)する可能性が上がるため、修正の時間も合わせると結果的に長い期間になってしまう

③ 作品が確認できるURLを確実に入れておく

作成したスタンプは基本的にオリジナルのはずですが、時に他のデザインとものすごく似ていたり、審査をする側にとっては、LINEスタンプを制作してきた過程を知ることはできません。

可能な限り、SNSやWebメディアなどで制作過程を記録して公開しておくことが望ましいです。

そして、申請時にその公開URLを入れておきます。

制作記録にお薦めのSNSやWebメディア
  1. note(マガジンでLINEスタンプごとにURLを切り分けることができる)
  2. Twitter、Instagram、Facebook(LINEスタンプに自分のブランド名を付けてアカウントを作成)
  3. YouTube(制作過程を撮っているとか、タイムラプスで収録しているなど)
  4. Webサイト構築(WixやStrikingly、Jimdoやペライチなどで簡単に作成しておく)
  5. 独自ドメインのブログサイトが望ましいが、無料ブログでもOK。キャラクターなどをカテゴリー分けしておく

④ あたらしい言葉や流行語の意味は補足説明を入れる

流行りたての流行語や、新しい言葉については、「その他、補足事項」にスタンプで使用している言葉の意味などを追記しておくことが重要です。

⑤ タグの設定は後で行う

LINEスタンプのデザインデータを登録するとタグ付けができるようになります。

まれに「スタンプデザインとタグの意味が一致しない」という理由でリジェクトされることがあるので、タグ付けは必要に応じて販売後に入力しましょう。

⑥ 最後に、デザインデータにミスがないか再チェック

最後に、登録したデザインデータに問題がないか、「エミュレータ」「背景色を変えて画像の透過を確認」し、問題がないかチェックしましょう。

LINEスタンプの種類が増えてきたらLINE公式アカウントを開設する

せっかくLINEスタンプを販売しているなら、たくさんの人に自分のLINEスタンプを知ってもらいたいですね。

LINE公式アカウントは無料で開設することができます。

LINEスタンプ用のLINE公式アカウントの開設と運用方法を、実例を交えて公開していますので、そちらもご覧ください。

様々な言語に対応させてみる

LINEスタンプで審査までの手順に慣れてきたら、日本語以外の言語で作成してみるのも面白いです。

● 海外向けにLINEスタンプを販売展開していく方法を分かりやすく解説

日本では売れなかったものが、ある特定地域で急に販売額が上がるということがあります。

筆者の場合は、「かいわれのはし」がそうでした。

当時、日本ではそれほど大きな伸びを見せていなかったのですが、なぜか「東南アジア圏」で売れていたので、日本語以外の言語も展開しました。

現在は、翻訳料金もLINEスタンプの量であればそれほど高い金額になることはありません。

各言語ごとに販売するスタンプを設定すれば自分たちのデザインがどの地域に合うのかも分かります。

筆者は日本語以外にも、英語、中国語(簡体字)、中国語(繁体字)、タイ語、インドネシア語への翻訳をおこなって順次リリースをしています。

LINEスタンプは、2020年04月29日の段階では、最大12言語での設定が可能になっています。

現在は、最大6言語での展開になっていますが、これから12か国語全ての言語で展開を試してみる予定でいます。

LINEスタンプ販売の海外展開については、上記の記事で情報公開をしています。

LINEスタンプの作り方まとめ

審査期間の実例以外にも、LINEスタンプの作り方について様々なトピックスを常に更新しています。

LINEスタンプの作り方や始め方についてのまとめ記事で紹介していますので、そちらもご覧いただけますと幸いです。

まとめ : SNSやブログメディアを連携して収益を最大化する

SNSやブログメディアを連携して収益を最大化する

多くのSNSアプリがリリースされている中、自分に合うSNSを選んで育てていくことが出来れば、一生懸命作ったLINEスタンプの知名度を飛躍的に伸ばしていくことが可能になります。

SNSは、スマホだけで収益化も簡単にできるプラットフォームが多くあるので、是非チャレンジしてみましょう。

LINEスタンプと相性の良いブログメディアの運営

LINEスタンプとブログメディアはとても相性の良いメディアです。

当ブログでも、YouTubeでにLINEスタンプのイラストメイキング動画をアップして、その動画をブログに埋め込んでいます。

ブログ記事の前半では、LINEスタンプの作り方やスタンプの説明、世界観、雑記でも何でも、とにかくコンテンツを埋め込んでいきます。

多くのインフルエンサーは、複数のSNSやWebチャンネルを同時並行して運用しており、コンテンツの価値をマルチメディア化することで発信力を高めていっています。

LINEスタンプを主体にしたブログコンテンツの作り方で、サンプルブログ記事を作成して解説した、「LINEスタンプクリエイターが収入や売上を増やすための方法を分かりやすく解説」という記事を作成しました。

LINEスタンプと合わせてブログを始めてみたい方へ

先ほども紹介したように、このブログでは、LINEスタンプの作り方を紹介しながらYouTubeでイラストメイキング動画を紹介して、このブログを中心にコンテンツが連動しています。

SNSについても、LINE、Twitter、Facebook、Instagram、Pinterest、Tumblrなど、多くのSNSを運用しています。

SNSと相性の良いブログを連携するなら、このブログでも使用しているConoHa WINGが1番おすすめです。

.comや.netに加えて.orgなどの人気ドメインがサーバー利用中は永久無料です。

レンタルサーバーサービスでよくある月額費用と別に設定されている初期費用も掛からず、ドメインも永年無料でブログが始められます。

本記事の冒頭でも紹介しましたが、ブログ運営とLINEスタンプの紹介は、情報を積み上げていくことが出来るので相性がとても良いです。

是非、これを機会に検討してみてください!

実施中のキャンペーンの詳細は、下記の公式サイトで確認できます。

⇒ドメイン永久無料&初期費用無料のConoHa WING

また、ConoHa WINGでアカウントを作成するときに、下記のURLからアカウント作成いただくと、当ブログ専用で設定されているクーポンが発行されて利用できますのでご活用ください。

● ConoHa WING 公式サイト アカウント作成ページ

ブログのようなテキストコンテンツと、SNSコンテンツを連動していくことで、収益を最大化させていくことが可能になります。

ユニコブログ®では、初心者の方のためにブログを簡単に始められる方法を数多く紹介しています。

その中でも、今回は3つの記事に厳選しました。

SNSも含めて、これからブログを始める方は是非、上記3つの記事もご覧ください。

また、先ほどオススメした記事には、独自ドメインで自分だけのメールアドレスを無制限に作成する方法を紹介している記事も入っています。

レンタルサーバーを借りるときから、WordPressをセットしてメールアドレスを作れるところまでのステップを、多くの画像を使って解説しています。

やり方を覚えれば、結構仕事でも役に立つスキルなので、身に付けてしまえば、会社の規模に寄っては重宝される人材になれます。

LINEスタンプもブログやSNSと連携してマルチメディアで稼いでいく

現在は、レンタルサーバーを借りるときにWordPressのインストールなどの煩わしい作業は、全てクリック感覚で済ませることが出来ます。

ブログコンテンツとSNSを連動させて、LINEスタンプの収益をさらに広げていきましょう。

● SNSとは?SNSの種類と仕組みを初心者に分かりやすく解説!

\レンタルサーバーを移転しました!!/
ConoHa WINGかなり快適です^ ^

ABOUT US

小林 玲王奈Unicorn Consulting Inc. 代表取締役

起業する人やスタートアップ企業に出資や資金調達を含めてサポートしながら、ブログの運営やWebアプリの開発、LINEスタンプ制作をして、ひたすらキャラクターデザインをやっています。

最近は、「会社の収入だけに依存しない生活を手に入れる」ことをテーマにブログ記事を書いたり、ブログ運営を始める人のサポートを無償で行っています。

2003年から映像業界向けの様々な新規事業立ち上げに従事。

2014年からは経営/メディアコンサルティング業も始めて2020年01月に独立しました。

現在、ユニコブログ®以外にも、20サイト以上の特化ブログを立ち上げて運用しています。

全て同じサイト構成、ブログ記事構成、文章構成など、検証可能な範囲で仕様を合わせてみて、収益を出すのに再現性があるか?などを試行錯誤している日々です。

ピックアップしているレンタルサーバーとWordPressテーマを総当たりで組み合わせてサイトスピードがどうなるかなど、思いついた事をひたすら検証する日々も兼ねています。

WordPress用のシンプルなプラグインやブログパーツの開発にもチャレンジしています。

SMPTE Professional Engineer Member

著書 : 『保存版 売上を向上させるためのYouTube活用術』

2020年度 学校法人調布学園 田園調布学園 中等部・高等部「豊かな教養を培う 未来へつなぐ土曜日 コアプログラム『探究』」にて空中ディスプレイコンテンツ制作及びWebサイト制作の特別講師を担当

プロフィールの詳細はこちら