WEBサイト作成サービス7選!初心者向けのおすすめツールを紹介!

初心者向けのWebサイト作成サービスを紹介する

うれしいことにWEBサイトは、年々制作のハードルが低くなっています。

これはクラウド型の作成サービス、無料の制作ツールが増えているからです。

WEBサイト作成サービスを用いて作り方を覚えれば、複雑なコードやプログラミング言語を知らなくても、ボタンをクリックするなど、直感的操作だけでWEBサイトがカンタンにつくれます。

本記事では、WEBサイト初心者の方に向けて人気のおすすめ「WEBサイト作成ツール」7選と、その他の様々なWebサイト作成サービスを紹介します。

また、WEBサイト運営の練習におすすめの「無料ブログ」や人気の有料ツールも集めてみました。

みなさんのWEBサイトの目的、サイトの大きさに合わせて、マッチする「作成サービス」を選んでみましょう!

この記事の内容
  1. WEBサイト作成サービス、CMSとは何か?
  2. 初心者におすすめのWEBサイト作成サービス
  3. 無料ブログで「サイト運営」の練習をする方法

WEBサイト制作のメリット

WEBサイトを制作すると、個人や企業が「発信力を持てる」というメリットがあります。

実際に、個人や企業が発信力を持てば、WEBサイトやブログを収益のツールとして活用できるほか、自社サービスや製品のPRにもWEBサイトが利用できます。

なお、最近では(個人が)発信力を活用し、ブログやSNS(Twitter, Instagramなど)を通じ、収益を得る方法も確立されています。

以下の記事では、プロブロガーとは何か、ブログやWEBサイトで稼ぐ方法を詳しく解説しています。

WEBサイトやブログを収益化したい方は、ぜひチェックしてください。

ブロガーとして稼ぐ方法

プロブロガーになって稼ぐ方法!収益化に必要な条件は5つ

WEBサイト制作に必要な道具

WEBサイトに必要な道具はシンプルです。

基本的に【PC、インターネット環境】さえあれば、WEBサイトはカンタンに作れます。

もちろん、画像編集ソフトやサイトを彩る写真・動画、動画編集ソフトなどがあれば完璧ですが、はじめてWEBサイトを作るのであれば、難しいソフトや有料ツールを揃える必要はありません。

最初からスペックの高いツールを揃えても、使いこなせるか分かりませんし、サイト制作・運営になれるまでは、原則「無料ツール」で練習をするのが賢い方法と言えます。

また今回紹介する、WEBサイト作成サービス(CMS)を使えば、誰もがカンタンに本格的WEBサイトが作成できます。

CMSとは?

Contents Management System(コンテンツ・マネジメント・システム)の略称で、WEBサイトの作成に必要なレイアウト、デザイン、テキストなどを統合管理するサービスのこと。

専門的知識(HTMLファイルやディレクトリ構造など)なしで、誰もが本格的WEBサイトが作成できる便利なツール。

なお、一度サイトを制作すれば、スマートフォンやiPadでも編集できる(例:WordPressなど)ので便利です。

そのうえ、本記事のメインテーマである『WEBサイト作成サービス』を使用すれば、難しいコードやプログラミング言語を知らなくても、誰もがカンタンにホームページが作成できるので安心です。

WEBサイトの基本はWordPress

WEBサイト制作のすべては、WordPress(ワードプレス)に集約されているといっても過言ではありません。

WordPress(ワードプレス)は、無料で利用できるCMSです。全世界で最もシェア率の高いCMSとしても知られ、2020年6月末の時点で世界のWEBサイトの約37%がWordPressで制作されています。

画像出典元:WordPress(公式サイト)

WordPressは基本的に、プラグインとテーマによって成り立っています。

例えば、ウイルス対策、カスタマイズ機能、SEOの設定などの便利なツールはWordPress「プラグイン」から入手できます。

一方の「テーマ」とは、デザインテンプレートのこと。

無料のものから有料のものまで、目的に合わせて様々なテーマを取得し、WordPressに設定できます。

以下、WordPressの概要をまとめてみました。

『WordPress』の概要

CMSの名称
WordPress(WordPress)
費用
無料
有料プランの有無
有り(詳細は公式サイトを参照)
デザイン性の高さ
テーマによって変わる
独自ドメインの設定
可能
ページ公開数
無制限
使いやすさ
★★★★★(とても使いやすい)

WordPressを使用したWebサイトの立ち上げには、ConoHa WINGなどを利用したWordPressの運用が最適です。

WordPressでの運用が最適な理由
  1. 独自ドメインの取得
  2. WordPressのインストール
  3. SSL(https)の設定

これら3つが簡単にセッティング出来るようになっています。

ConoHa WING

WordPressが世界的に普及した理由

WordPressが世界的に普及したのは、世界中のエンジニアやデザイナーが、WordPressのためにプラグインやテーマをリリースしたことに起因しています。

WordPressの普及によってネット上にはさまざまな、WordPressに関する情報が上がっており、検索をすれば必要な「情報が入手しやすい」ということも、WordPressの普及率に大きく関わっています。

ワードプレスのテーマを紹介する

WordPressおすすめブログテーマ10選!有料版と無料版を比較

WordPressに最適なレンタルサーバー

この記事を読んでいる方も、大半がWordPressを使用されることでしょう。

当ブログでは、WordPressに最適なレンタルサーバーについて、特集を組んでいます。

どのようなレンタルサーバーが、WordPressのパフォーマンスを上げてくれるのか。WordPress設定前に、ぜひ一度チェックしてみてください。

レンタルサーバーを徹底比較

レンタルサーバー徹底比較!WordPressおすすめサーバー10選

独自ドメインは確認しておいた方が良い

Webサイト作成が出来るサービスは、サービス提供会社のドメイン上に独自のドメイン名を付けることが出来ますが、サイトを本格的に運用するとなると、完全な独自ドメインを取得したほうが利用者にとっての信用を得ることが出来ます。

独自ドメインの取得は早い者勝ちなので、あとで「このドメインがとれなかった…。」

ということが起きないように、取得を考えている独自ドメインが空いているかの確認はしておきましょう。

お名前.com

WEBサイト制作サービス7選(無料版)

ここからは、WEBサイト制作サービス7選(無料版)を紹介します。

どのCMSも、基本無料で使えるので「WEB制作がはじめて!」という方も安心して導入できます。

また各サービスの「概要」では、料金、デザイン性の高さ、独自ドメイン設定の不可、公開できるページ数、使いやすさなどをまとめています。目的やサイトの大きさに合わせて、運用にふさわしいサービスを見つけましょう。

Wix(ウィックス)

Wix(ウィックス)は、世界190カ国にリリースされているクラウド型CMSサービスです。

画像出典元:Wix(公式サイト)

全世界には1億6,000万人のユーザーがおり、有名なWEBサイト、ECの一部もWixによって制作されています。

Wix.com は世界中で1億6,000万人以上に選ばれている無料ホームページ作成サービスです。デザインの知識不要で、ビジネスやブランドの魅力を完璧に反映させたホームページを誰でも簡単に作成できます。

参照元:Wix(公式サイト)より一部抜粋

Wix(ウィックス)が広く普及したのは、デザイン性の高さとオンライン上(クラウド)でWEBサイトが制作できる手軽さによるものです。

Wix(ウィックス)であれば、専門的な知識が無くても(直感的に)本格的なWEBサイトが制作できます。

以下、Wixの概要をまとめてみました。

『Wix』の概要

サービスの名称
Wix(ウィックス)
費用
無料
有料プランの有無
有り(詳細は公式サイトを参照)
デザイン性の高さ
★★★★☆(高い)
独自ドメインの設定
可能(ただし有料プランのみ)
Googleアナリティクス
設定可(ただし有料プランのみ)
ページ公開数
無制限(ただし有料プランのみ)
運営会社
Wix
使いやすさ
★★★★★(とても使いやすい)

Wixの詳細は、以下公式サイトを確認してください。

参考リンク:Wix

strikingly(ストライキングリー)

strikingly(ストライキングリー) は、1P完結型テンプレートが充実した、クラウド型のCMSサービスです。

同社のロゴが表示されるプランであれば、原則無料でWEBサイトが制作できます。

画像出典元:strikingly(公式サイト)

またstrikingly(ストライキングリー)は、カスタマイズ機能も充実しており多くの企業やクリエーターがstrikinglyを使ってWEBサイトを作成しています。

以下、strikinglyの概要をまとめてみました。

『strikingly』の概要

サービスの名称
strikingly(ストライキングリー)
費用
無料
有料プランの有無
有り(詳細は公式サイトを参照)
デザイン性の高さ
★★★★☆(高い)
独自ドメインの設定
可能(ただし有料プランのみ)
Googleアナリティクス
設定可(ただし有料プランのみ)
ページ公開数
無制限
運営会社
Strikingly, Inc.
使いやすさ
★★★★★(とても使いやすい)

strikinglyの詳細は、以下公式サイトを確認してください。

参考リンク:strikingly

Jimdo(ジンドゥー)

ジンドゥーもWix同様、クラウド型のCMSサービスです。

世界170万ユーザーがJimdoを利用しており、プログラミング言語を知らない初心者でも、直感的操作やわずかな操作だけで、本格的WEBサイトが制作できます。

画像出典元:Jimdo(公式サイト)

なお、Jimdo(ジンドゥー)には「質問に答える」だけで半自動でホームページ制作できる「ジンドゥーAIビルダー」と呼ばれる機能が搭載されています。

以下、Jimdoの概要をまとめてみました。

『Jimdo』の概要

サービスの名称
Jimdo(ジンドゥー)
費用
無料
有料プランの有無
有り(詳細は公式サイトを参照)
デザイン性の高さ
★★★☆☆(普通)
独自ドメインの設定
可能(ただし有料プランのみ)
Googleアナリティクス
設定可(ただし有料プランのみ)
ページ公開数
無制限
運営会社
株式会社KDDIウェブコミュニケーションズ 
使いやすさ
★★★★☆(とても使いやすい)

Jimdoの詳細は、下記のサイトを確認してください。

参考リンク:ジンドゥー

ペライチ

ペライチは、名前の通り1ページからWEBサイトが制作できるクラウド型CMSサービスです。

日本製のサービスとあって国内の個人サイト、ECサイトで広くペライチが利用されています(2020年6月末時点で、登録ユーザーは20万人を突破)。

画像出典元:ペライチ(公式サイト)

ただし、ペライチは大規模サイトの制作には向いていません。

1Pを超えるページ作成は有料になります(月額980円以上)。ペライチを作る場合は、LP(ランディングページ)やページ数の少ないサイトに限定しましょう。

以下、ペライチの概要をまとめてみました。

『ペライチ』の概要

サービスの名称
ペライチ
費用
無料
デザイン性の高さ
★★★☆☆(普通)
Googleアナリティクス
可能(ただし有料プランのみ)
独自ドメインの設定
設定可
ページ公開数
無料版は1ページ
運営会社
株式会社ペライチ
使いやすさ
★★★★★(とても使いやすい)

ペライチの詳細は、以下公式サイトを確認してください。

参考リンク:ペライチ

Weebly(ウィーブリー)

Weebly(ウィーブリー) もオンライン上で制作ができる、クラウド型CMSサービスです。

洗練されたデザインテンプレートが多く、初心者でもカンタンに洗練されたWEBサイトやECサイトが制作できます。

画像出典元:Weebly(公式サイト)

Weeblyは無料プランでも独自ドメインが設定できます。

ただし、Weebly(ウィーブリー)のサポートは日本語に対応していません。

トラブルが起こった場合、英語でやり取りする必要があるので注意しましょう。

以下、Weeblyの概要をまとめてみました。

『Weebly』の概要

サービスの名称
Weebly(ウィーブリー)
費用
無料
デザイン性の高さ
★★★★☆(高い)
独自ドメインの設定
可能(ただし有料プランのみ)
Googleアナリティクス
設定可
ページ公開数
無制限
運営会社
Weebly
使いやすさ
★★★★★(とても使いやすい)

Weeblyの詳細は、以下公式サイトを確認してください。

参考リンク:Weebly

Googleサイト

Googleサイトは、Googleのホームページ作成ツールです。

クラウド型CMSサービスで、2008年からサービスを提供しています。

Googleサイト一番のメリットは「SEOで有利」な点です。

公式発表ではないため「断言」はできませんが、2020年に実施されたGoogleコアアルゴリズムアップデートでは、Googleサイトの多くが検索上位化されていたという結果も出ています。

画像出典元:Googleサイト(公式サイト)

SEOで有利なWEBサイト作成サービスが欲しいという方は、Googleサイトを導入してみましょう。

以下、Googleサイトの概要をまとめてみました。

『Googleサイト』の概要

サービスの名称
Googleサイト
費用
無料
デザイン性の高さ
★★★☆☆(普通)
独自ドメインの設定
可能
Googleアナリティクス
設定可
ページ公開数
無制限
運営会社
Alphabet Inc.
使いやすさ
★★★★★(とても使いやすい)

Googleサイトの詳細は、以下公式サイトを確認してください。

参考リンク:Googleサイト

Ameba Ownd(アメーバオウンド)

Ameba Ownd(アメーバオウンド)は、無料ブログでおなじみAmeba(アメーバ)が提供するホームページ作成ツールです。

画像出典元:Ameba Ownd(公式サイト)

Ameba Ownd(アメーバオウンド)がスゴイのは、無料プランでも独自ドメインやGoogleアナリティクスが設定できることです。

多くのCMSサービスが有料プランでしか「独自ドメイン、アナリティクス」の設定を認めないなか、無料で設定できるのはメリットが大きいです。

画像出典元:Ameba Ownd(公式サイト)

その一方で、無料プランは公開できるページが「最大10ページまで」と制限があります。

ページ数の大きなページについては、有料プランに乗り換える必要があるので注意しましょう。

以下、Ameba Owndの概要をまとめてみました。

『Ameba Ownd』の概要

サービスの名称
Ameba Ownd(アメーバオウンド)
費用
無料
デザイン性の高さ
★★★★☆(高い)
独自ドメインの設定
可能
Googleアナリティクス
設定可
ページ公開数
10ページまで(有料プランになれば無制限)
運営会社
株式会社AbemaTV
使いやすさ
★★★★☆(使いやすい)

Ameba Owndの詳細は、以下公式サイトを確認してください。

参考リンク:Ameba Ownd

WEBサイト制作サービス(有料版)

ここまで無料のWEBサイト作成サービスを紹介しましたが、よりデザイン性の高いサイト、複雑な機能を搭載した「有料版WEBサイト作成サービス」も多数リリースされています。

本項では、国内で人気の高い、有料版WEBサイト作成サービスを集めてみました。

無料WEBサイト作成サービスとどのような点が異なるのか、チェックしてみましょう。

スマウェブ

スマウェブは、株式会社日本オフィスソリューションが運営するWebサイト制作サービスです。

サブスクリプション型のサービス提供を行っており、Web制作の初期にかかる費用がかからず、その時に必要なオプションを選択しながら利用できる素敵なサービスです。

画像出典元:スマウェブ

スマウェブの特徴は、

  1. Web制作にかかる初期費用が掛からない
    ※契約事務手数料5,000円のみ
  2. 長期契約は不要
  3. 保守サービス有り

の3点です。

自社でかけられるリソースに応じて様々なプランが用意されているので、社内にWeb担当者がいない場合でもWeb運用を預けることが可能なサブスクリプションサービスです。

『スマウェブ』の概要

サービスの名称
スマウェブ
費用
3,980円〜/月
デザイン性の高さ
★★★★★(非常に高い)
独自ドメインの設定
可能
Googleアナリティクス
要相談
ページ公開数
追加可能
運営会社
株式会社日本オフィスソリューション
使いやすさ
★★★★★(サブスクリプション型なので運用しやすい)

スマウェブの詳細は、以下公式サイトを確認してください。

参考リンク : スマウェブ

BiNDup(バインドアップ)

BiNDup(バインドアップ) は、20年の運用実績を持つホームページ作成ソフトです。

最近では、オンライン(クラウド)でWEBサイトが制作できるBiNDup(バインドアップ)がリリースされ利用者を増やしています。

画像出典元:BiNDup(公式サイト)

BiNDup最大の特徴は、グッドデザイン賞を受賞したデザイン性の高さと、SEOに強いテンプレートが揃っている点です。

またカスタマイズ性にも優れ、直感的に操作できるので初心者でも運用しやすい「優良ツール」です。

気になるBiNDup(バインドアップ)の基本料金は初年度無料、次年度以降480円/月からとリーズナブルな費用で本格的WEBサイトが制作できます。

以下、BiNDupの概要をまとめてみました。

『BiNDup』の概要

サービスの名称
BiNDup(バインドアップ)
費用
・エントリーコース(初年度無料、次年度480円/月)・基本コース(2,980円/月)・エントリーコース(9,800円/月)
デザイン性の高さ
★★★★★(非常に高い)
独自ドメインの設定
可能
Googleアナリティクス
設定可
ページ公開数
無制限
運営会社
株式会社デジタルステージ
使いやすさ
★★★★★(とても使いやすい)

BiNDupの詳細は、以下公式サイトを確認してください。

参考リンク:BiNDup

Goope(グーペ)

グーペは、GMOペパボ株式会社のWEBサイト制作サービスです。

2009年のサービス開始当初は「飲食店、ECサイトに強い」WEBサイト作成サービスとして提供されていました。

GoopeのサービスWebサイト
画像出典元:Goope・グーペ(公式サイト

現在は個人から企業まで、さまざまな業種の方がGoope(グーペ)を使用していますが、依然としてカート機能など「ECサイト運営」に強いサービスとして知られています。

以下、Goope(グーペ)の概要をまとめてみました。

Goope(グーペ)の概要

サービスの名称
Goope(グーペ)
費用
・エコノミープラン(1,000円/月)
・ライトプラン  (1,500円/月)
・スタンダードプラン(3,500円/月)
デザイン性の高さ
★★★☆☆(普通)
独自ドメインの設定
可能
Googleアナリティクス
設定可
ページ公開数
無制限
運営会社
GMOペパボ株式会社
使いやすさ
★★★★☆(使いやすい)

Goope(グーペ)の詳細は、下記のサイトを確認してください。

参考リンク:グーペ

PAGEKit(ページキット)

PAGEKitは、質問に答えるだけで半自動的にホームページが作成できる便利なツールです。

月額料金は月2,200円からと費用は掛かりますが、カンタン&スピーディーにホームページがという理由で広く支持されています。

PAGEKitのサービスWebサイト
画像出典元:PAGEKit(公式サイト)

ただし、PAGEKit(ページキット)はカスタマイズ機能が少なく、デザインなども制限があるので「ビジュアル面を重視したい」という方には向きません。

以下、PAGEKitの概要をまとめてみました。

PAGEKit の概要

サービスの名称
PAGEKit(ページキット)
費用
・月額2,200円/月から(利用期間に応じて利用料は変動)
デザイン性の高さ
★★☆☆☆(自由度が少ない)
独自ドメインの設定
可能
Googleアナリティクス
設定可
ページ公開数
無制限
運営会社
株式会社アイデアクリップ
使いやすさ
★★★★☆(使いやすい)

PAGEKit(ページキット) の詳細は、以下のサイトを確認してください。

参考リンク:PAGEKit

a-blog CMS(エーブログ)

a-blog CMS(エーブログ)は、小規模サイトから大規模サイトまでカバーする国産CMSツールです。

セキュリティ対策にも優れ、細かな拡張機能も標準搭載されています。

a-blog CMSのサービスWebサイト
画像出典元:a-blog CMS(公式サイト)

a-blog CMS(エーブログ)が人気なのは、直感的にウェブページのレイアウトやデザインが設定できる点にあります。

導入の初期費用は無料、スタートアッププランは月1,500円から利用できるのも同ツールの魅力です。

以下、a-blog CMSの概要をまとめてみました。

a-blog CMS(エーブログ)の概要

サービスの名称
a-blog CMS(エーブログ)
費用
初期費用無料、月額1,500円/月から導入可能
デザイン性の高さ
★★★☆☆(普通)
独自ドメインの設定
可能
Googleアナリティクス
設定可
ページ公開数
無制限
運営会社
有限会社 アップルップル
使いやすさ
★★★★☆(使いやすい))

a-blog CMSの詳細は、以下公式サイトを確認してください。

参考リンク:a-blog CMS

ferret One(フェレットワン)

ferret One(フェレットワン)は、WEBマーケティングでおなじみ株式会社ベーシックがリリースしたWEBサイト作成サービスです。

ferret OneのサービスWebサイト
画像出典元:ferret One(公式サイト)

ferret One(フェレットワン)の魅力は、SEOに強いことやWEBマーケティングに必要な機能が標準搭載されていることです。

また、ferret Oneには多言語ツールが搭載されており、(作成したWEBは)世界30カ国の言語に自動翻訳されます。

ただし、同ツールの導入費用や月額費用は各10万円以上と高額です。

導入は中小企業や大手企業、大規模なECサイトなどユーザの層は限られます。

以下、ferret Oneの概要をまとめてみました。

ferret One の概要

サービスの名称
ferret One(フェレットワン)
費用
初期費用100,000円、月額費用も100,000円から
デザイン性の高さ
★★★★☆(高い)
独自ドメインの設定
可能
Googleアナリティクス
設定可
ページ公開数
無制限
運営会社
株式会社ベーシック
使いやすさ
★★★★☆(使いやすい)

ferret Oneの詳細は、以下公式サイトを確認してください。

参考リンク:ferret One

HubSpot CMS(ハブスポット)

HubSpot CMS(ハブスポット) は、WWFやコカコーラなど世界的企業も導入するWEBサイト作成サービスです。

同ツールは国際的な賞も多数受賞し、デザイン性の高さはもちろん、多言語対応、セキュリティ、SEOに強いといった特徴があります。

HubSpot CMSのサービスWebサイト
画像出典元:HubSpot CMS(公式サイト)

HubSpot CMSの料金ですが、初期費用無料、月額4,800円から利用できますが、大規模サイトの場合は価格が比例して高くなります。

正確な費用は、公式サイトに見積もりを出してもらいましょう。

以下、HubSpot CMSの概要をまとめてみました。

『HubSpot CMS』の概要

サービスの名称
HubSpot CMS(ハブスポット)
費用
初期費用無料、月額4,800円から
デザイン性の高さ
★★★★☆(高い)
独自ドメインの設定
可能
Googleアナリティクス
設定可
ページ公開数
無制限
運営会社
HubSpot Japan株式会社
使いやすさ
★★★★☆(使いやすい)

HubSpot CMSの詳細は、以下公式サイトを確認してください。

参考リンク:HubSpot CMS

はてなブログMedia

はてなブログMedia は「はてなブックマーク」でおなじみ、株式会社はてなが提供するWEBサイト作成サービスです。

同サービスは、オウンドメディアの構築に特化しており、きめ細やかなサポートで人気があります。

はてなブログMediaのサービスWebサイト
画像出典元:はてなブログMedia(公式サイト)

また、はてなブログMediaは日本を大業する一部上場企業が使用しており、セキュリティの高さやデザイン性の高さでも評価が高いです。

はてなブログMedia唯一のネックは、料金プランが明らかになっていないことです。

「問い合わせ」でしか見積もりが出せないので「使う人」はある程度限られそうです。

以下、はてなブログMediaの概要をまとめてみました。

はてなブログMediaの概要

サービスの名称
はてなブログMedia
費用
要問い合わせ
デザイン性の高さ
★★★★☆(高い)
独自ドメインの設定
可能
Googleアナリティクス
設定可
ページ公開数
無制限
運営会社
株式会社はてな
使いやすさ
★★★★☆(使いやすい)

はてなブログMediaの詳細は、以下公式サイトを確認してください。

参考リンク:はてなブログMedia

MovableType(ムーバブル・タイプ)

MovableType(ムーバブル・タイプ) は、国産のWEBサイト作成サービスでシックスアパート株式会社が開発しました。

MovableTypeはブログのような感覚で、本書き的なWEBサイトが制作できます。

MovableTypeのサービスWebサイト
画像出典元:MovableType(公式サイト)

同ツールはセキュリティに強いサービスとして人気が高く、国内の導入実績は5万サイトを突破。

2015年より、商用パッケージ型CMS 国内導入シェアNo.14年連続獲得しています(富士キメラ総研調べ)。

ただし、導入には年間30,000円〜60,000円の費用が掛かるので、リーズナブルとは言えません。

また、全ての機能を使いこなすには一定の専門知識が必要です(初心者向きではありません)。

以下、MovableTypeの概要をまとめてみました。

『MovableType』の概要

サービスの名称
MovableType(ムーバブル・タイプ)
費用
・ソフトウェア版(30,000円/年)
・クラウド版(5,000円/月)
デザイン性の高さ
★★★★☆(高い)
独自ドメインの設定
可能
Googleアナリティクス
設定可
ページ公開数
無制限
運営会社
シックス・アパート株式会社
使いやすさ
★★★☆☆(普通)

MovableTypeの詳細は、以下公式サイトを確認してください。

参考リンク:MovableType

RCMS(アールシーエムエス)

RCMS(アールシーエムエス)は、株式会社ディバータが提供するCMSツールです。

全国3,000以上の企業や金融機関で使用されており、セキュリティ対策に優れた「WEBサイト作成サービス」としても知られています。

RCMSのサービスWebサイト
画像出典元:RCMS(公式サイト)

RCMS(アールシーエムエス)の特徴は、運用者別メニュー、カスタマイズ機能の豊富さにあり、大規模サイトの制作や運用に向いています。

ただし、初期費用や月額費用は大変高額であり「使う人」を選びます。

以下、RCMSの概要をまとめてみました。

RCMS(アールシーエムエス)の概要

サービスの名称
RCMS(アールシーエムエス)
費用
初期費用40,000円〜1,450,000円スタンダードプラン10,000円/月〜(規模によって異なる)
デザイン性の高さ
★★★☆☆(普通)
独自ドメインの設定
可能
Googleアナリティクス
設定可
ページ公開数
無制限
運営会社
会社概要モジュール
使いやすさ
★★★☆☆(普通)

RCMSの詳細は、以下公式サイトを確認してください。

参考リンク:RCMS

無料ブログで練習してみよう!

WEBサイトを運営する「前段階」で、無料ブログを使うのも選択肢の1つです。

特にWEBサイト初心者の方は、ブログで練習した上で「WEBサイト」の運営に切り替えをするとスムーズにWEBサイトが運用できます。

以下、WEBサイト制作の勉強に役立つ「無料ブログ」を3つ紹介しましょう。

アメブロ(アメーバブログ)

アメブロ(正式名:アメーバブログ)は、数多くの芸能人や著名人が利用するブログとして広く知られています。

アメブロ(アメーバブログ)の特徴は無料でブログスタートができ、豊富なテンプレートの中から好きなデザインが選択できる点にあります。

アメブロの無料のブログ構築サービスWebサイト
画像出典元:アメブロ(公式サイト)

なお、ネット上には、Amebaブログの情報が多く上がっており、カスタマイズの設定方法などもカンタンにマスターできます。

ただし、アメブロは独自ドメインが設定できません。

独自ドメインを使う場合は、本記事前半で紹介したAmebaOwnd(アメーバオウンド)を利用しましょう。

以下、アメブロ(アメーバブログ)の概要をまとめてみました。

アメブロ(アメーバブログ)の概要

サービスの名称
アメーバブログ
費用
無料(一部有料オプションもあり)
デザイン性の高さ
★★★★☆(普通)
独自ドメインの設定
不可
Googleアナリティクス
設定可
ページ公開数
無制限
運営会社
株式会社サイバーエージェント
使いやすさ
★★★★☆(使いやすい)

アメブロの詳細は、以下公式サイトを確認してください。

参考リンク:アメブロ

はてなブログ

はてなブログはアメブロ同様、無料で使えるブログサービスです。

はてなブログでは、書きやすさを追求しており、執筆のプロも多くはてなブログを愛用しています。

はてなブログの無料のブログ構築サービスWebサイト
画像出典元:はてなブログ(公式サイト)

またカスタマイズ性にも優れ、豊富なテンプレートの中から自分のサイトのジャンルにあったデザインが選択できます。

以下、はてなブログの概要をまとめてみました。

はてなブログの概要

サービスの名称
はてなブログ
費用
無料(有料プランもあり)
デザイン性の高さ
★★★★☆(高い)
独自ドメインの設定
可能(有料プランはてなブログProへの加入が必要)
Googleアナリティクス
設定可
ページ公開数
無制限
運営会社
株式会社はてな
使いやすさ
★★★★☆(使いやすい)

はてなブログの詳細は、以下公式サイトを確認してください。

参考リンク:はてなブログ

Blogger(ブロガー)

Blogger(ブロガー)は、1999年に始まった「ブログの先駆け」と言われるサービスです。

国内外にユーザーがおり、サービスの拡大にともない、2003年にはGoogleに買収されました。

Bloggerの無料のブログ構築サービスWebサイト
画像出典元:Blogger(公式サイト)

Blogger(ブロガー)はテンプレートの数も多く、直感的にデザインが変えられるなどカスタマイズ機能も充実しています。

またGoogleアドセンスとの連携で収益化がしやすく、Googleアナリティクスとも連携できるなど、SEOに強いほか、マーケティング力にも優れています。

以下、Blogger(ブロガー)の概要をまとめてみました。

Bloggerの概要

サービスの名称
Blogger(ブロガー)
費用
無料
デザイン性の高さ
★★★★☆(高い)
独自ドメインの設定
可能
Googleアナリティクス
設定可
ページ公開数
無制限
運営会社
Google
使いやすさ
★★★★★(とても使いやすい)

Bloggerの詳細は、以下公式サイトを確認してください。

参考リンク:Blogger

独自ドメインの設定方法

ここまで紹介したWEBサイト制作サービス(有料、無料)のほか、ブログも含めて独自ドメインの設定は重要です。独自ドメインを選択すれば自由に文字列を決めて、オリジナルのドメインが作れます。

独自ドメインの設定方法を解説する人

独自ドメインの仕組みや設定方法は、以下の記事にて詳しく解説しています。

個人ブログのブランディング、企業や商店のブランディングに独自ドメインを活用しましょう。

ドメインのことについて説明する画像

ドメインとは?これからブログを始める初心者向けに分かりやすく解説

WEBサイトのプロモーション方法

WEBサイトを効果的にプロモーションするには、SNSを連携させることです。

SNS(Twitter, Instagram, Facebook)などは拡散力に優れ、WEBサイトやブログの最新情報をはじめ、プロモーションしたい内容がスピーディーに発信できます。

またWEBサイトとブログを連携させることも、プロモーション力強化に繋がります。

WEBサイトのプロモーション方法

WEBサイトとSNS、ブログをそれぞれ連携させ、プロモーションの相乗効果を高めましょう。

なお、SNS(Twitter、Facebookなど)でシェアされた時の情報(OGP)を更新する方法は、下の記事にて詳しく解説しています。

SNSでWebサイトがシェアされた時の設定や更新をするイメージ

SNSでシェアされた時のOGP画像キャッシュ更新方法をわかりやすく解説

また「ブログの作り方」は、下の記事が参考になります。

ブログの始め方を分かりやす解説

ブログの始め方と人気ブログの作り方を完全初心者向けに解説

WEBサイトの作成に役立つリンク

最後に、当ブログの中から「WEBサイトの作成」に役立つ記事を集めてみました。

WEBサイトの作成に役立つリンク集

WEBサイト制作に必要な、WEBの基礎知識、文章術、独自ドメインの設定方法、SEO、収益化について、参考になる記事たちです。

WEBの基礎知識

WEBサイトを作成する上で、WEBの基礎知識があれば、WEBサイトはもちろん、ブログやSNSの運用にも役立ちます。

WEBの基礎知識は、以下の記事にて詳しく解説しているので参考にしてください。

Webの基礎知識

WEBの基礎知識を最速で身につける!効率の良い勉強法は5つ【初心者向け】

ブログで何を書けばいいの?

ブログで何を書けばいいのか、文章の組み立て、テーマの選び方、文章表現など。ライティングテクニック(文章術)を高める方法は、以下の3記事にて詳しく解説しています。

Webライティング

Webライティングを身に付けるとWebコンテンツだけでなく、ビジネスでの交渉など様々な場面でも大いに役に立ちます。

ライティング能力を高めて確実に読まれる文章作成能力を身につける

Webライティングで120%読まれる文章とは?稼ぐテクニックを伝授

記事の書き方

ブログでは、タイトルの付け方や記事の文章構成が大きくサイトの成長に関わってきます。

記事作成で困ったときは、下記の記事を参考にしていただければ幸いです。

PCやスマホを用いて記事を作成するところ

記事の書き方完全ガイド!タイトルや目次、記事構成の作り方を徹底解説

記事とサイト構成

記事の作成と合わせて重要になるのがwebサイトの構成です。

サイトを訪れる読者が迷わないようなサイト設計をしつつ、記事作成をしていきましょう。

Webサイト構成の設計ガイド

【保存版】サイト構成の設計完璧ガイド!SEOに強いサイトを作ろう!

独自ドメインとは?

独自ドメインとは、オリジナルのドメイン(例:当ブログであればunicorn-blog.jpが独自ドメインです)のことです。個人ブログやWEBサイト、企業のサイトにも独自ドメインが使われています。

独自ドメインの仕組みや設定方法は、以下の記事にて詳しく解説しています。

ドメインのことについて説明する画像

ドメインとは?これからブログを始める初心者向けに分かりやすく解説

SEOって何?

SEOとは、Search Engine Optimizationの略称で、Google検索やYahoo!検索で上位表示されるにはSEO(検索エンジン最適化)の知識が必要です。

SEOの仕組みは、以下の記事にて詳しく解説しているので参考にしてください。

SEOの基礎知識を徹底解説!ブログやサイト運営でSEOを活用しよう

SEOの基礎知識を徹底解説!ブログやサイト運営でSEOを活用しよう

ブログの収益化は?

WEBサイトやブログは、収益化をすることで、運営・運用のモチベーションがアップします。

せっかくサイトをつくるのなら、集客力に優れ収益が大きなサイトに育てましょう。

ASPによる収益化

ASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダ)を利用することによって、Webサイトを収益化することが可能です。

昨今、個人サイトや企業サイトで提供されているWebサービスの多くは、ASPと連携した広告を案内するWebサイトで構築されています。

収益化できるおすすめアフィリエイトサイトを分かりやすく解説

アフィリエイトとは?収益化できるおすすめアフィリエイトサイトと運営方法を解説【独自AFPの紹介付き】

Googleアドセンスによる収益化

Googleアドセンスを導入し「ブログを収益化する方法」は、以下の記事にて詳しく解説しています。

ブログをノートPCで運用している様子

Googleアドセンスの審査や運用で参考になるブログサイト10選

まとめ|WEBサイトは初心者でもカンタンにはじめられる!

今回は、人気の「WEBサイト作成サービス」を無料、有料サポートの中から厳選して紹介しました。

WEBサイトは、WEB初心者でもカンタンに始められます。今回紹介したツールを使って、個人サイト、ブログ、企業ホームページを作ってみましょう。

WEBサイト作成の知識が身につけば、個人での運用はもちろん、WEBデザインの業界でも活躍できるのでオススメです!

ABOUT US

小林 玲王奈Unicorn Consulting Inc. 代表取締役 CEO
起業する人やスタートアップ企業に出資や資金調達を含めてサポートしながら、ブログの運営やWebアプリの開発、LINEスタンプ制作をしています。2003年から映像業界向けの様々な新規事業立ち上げに従事。2014年からは経営/メディアコンサルティング業も始めて2020年01月に独立。今年から来年にかけて、世田谷の私立校で空中ディスプレイ技術とWebマーケティングの講義を行っています。|SMPTE Professional Engineer Member