SNSでシェアされた時のOGP設定や更新方法をわかりやすく解説

SNSでWebサイトがシェアされた時の設定や更新をするイメージ

ブログサイトを運営していると自分の投稿した記事がTwitter、Facebook、LinkedIn、LINEなどのSNSでシェアされたりしますね。

SNSでシェアされると、画像やシェアしたサイトのサムネイルや概要が「カード」のように表示されます。

この表示設定をしっかりとしておくと、シェアされた自分の記事が別の誰かの目にとまり、さらに拡散をしてもらえる機会を掴めます。

たくさんの人に自分の記事を知ってもらえるチャンスを作ってくれる大事な表示機能なので、しっかりと確認をしておきましょう。

この記事の内容
  • OGP(Open Graph protocol)が何のことか分かる
  • OGPがどのように見えるのか確認をしたり、更新をする方法がわかる
  • OGPに設定する画像など、登録する前の事前確認方法が分かる

OGPとは?

シェアされた時に表示させるサムネイルや内容、引用元の情報の表示をさせる仕組みや設定をOGP(Open Graph protocol)と言います。

OGPを設定しておくと、シェアされた時のサムネイル(画像)や概要などの情報が「カード」のように組み立てられ、ブログ記事のカバー画像やディスクリション(記事の概要)などが表示されるようになります。

せっかくシェアされた自分の記事やWebが、知らぬ間に自分の意図しない表示になっていたらとても嫌ですよね。

そんな時、どこで設定したりどのサイトでOGPの更新すればいいのか分からないと、とても嫌な気分になってしまいます。

OGPの設定

Webサイトを管理するシステムや環境によって設定の仕方は変わってきます。

CMSなどを利用していないWebサイトの場合

直接、Webサイトのソースにコーディングが必要な場合は、下記のサイトでわかりやすくコーディング方法が書いてありますのでコチラを参照してください。

コードがわかりやすく解説されているWebサイト

WordPressを使用している場合

「 All in One SEO Pack 」というプラグインをインポートして簡単に設定をすることが可能です。

下記は、STORK19というテーマを運用しているOPENCAGEのページですが、わかりやすくOGPの設定方法が解説されています。

OPENCAGE : All in One SEO PackでOGPタグを設定する方法

ブログテーマによっては、OGPのコーディングをしなくてもアイキャッチを設定したブログ記事を書けば自動的にOGPに反映してくれるものがあります。

ワードプレスのテーマを紹介する

WordPressおすすめブログテーマ10選!有料版と無料版を比較

そのほかのWebサイト制作サービス(CMS)を利用している場合

WixやStrikingly、Jimdoなど、現在は様々なWebサイト制作サービスが提供されていますが、このようなCMSを利用している場合は、そのほとんどのサポートページで「OGP」と検索すればすぐに出てきます。

コーディングが必要になることはほとんど無く、簡単にOGP設定ができるようになっているのでOGPで設定するための画像を用意するだけのことが多いので、確認をしてみましょう。

OGPのサイズや表示確認

OGPは各SNSで最適な画像の表示解像度が違うため、全てのOGPに対応させるとなるとかなり大変な作業になります。

できるだけ、1枚の画像だけの使用で綺麗に見せたいですよね。

そんな時、シェアされた時のイメージを一気に確認したい時のサイトもあります。

一括で表示イメージを確認したい時の便利なサイトを2つ紹介します。

OGP確認ツール

OGP確認ツールは、とてもシンプルに、一気にいろんな見え方を確認することができます。

OGP確認

ラッコツールズさんが提供しているOGP確認も非常に便利です。

このOGP確認というツールは、OGPに画像を設定する前に、どのように表示されるか事前に画像をアップロードして確認ができるとても便利な機能があります。

OGPは、個別に設定していくのがベストですが、できれば1つの画像データで済ませたいですよね。

そんな時は、OGP確認ページの右上に「画像をアップして確認」というのがあるので、そちらで確認が可能です。

設定したOGP情報の登録や更新方法

設定ができたら、これから紹介するリンク先でシェアされるとどのように表示されるのか確認をしていきましょう。

設定をしていない状態で、確認したいWebサイトのアドレスを入力すれば、現状どのように表示されるかも確認が可能です。

各SNSのOGPシミュレーターを3つ紹介します。

各SNSのOGPシミュレータを利用すれば、ブログ記事やWebサイトの画像を変更したときに、すぐに各SNSに反映させることが可能になります。

各SNSのOGPシミュレータ

Twitterの場合

Twitterの場合は、Twitter公式サイトでCard validatorが用意されています。ここに該当のURLを入力してどのように表示されるかを確認。

意図しない表示がされていた場合は、元のデータを修正して再度、Card validatorで更新をしましょう。

Facebookの場合

Facebookの場合は、Sharing Debuggerが用意されています。ここでも該当のURLを入力してどのように表示されるかを確認しましょう。

ここでも意図しない表示がされている場合があるので、チェックしておきます。

更新後、反映させる動作をしても更新がされなかったときは、「もう一度スクレイピング」というボタンがあるので、それをもう一度押してみてください。

LinkedInの場合

LinkedInの場合は、POST INSPECTORが用意されています。ここに該当のURLを入力してどのように表示されるかを確認しましょう。

なるべく全ての表示で見栄えが良くなるようにする

私たちも完全にできていないのですが、なるべくシェアされた時に画像のイメージが変わらないようなデザインを考慮して設定しています。

具体的には、デザインソフトでそれぞれのプラットフォームのアスペクトをガイドラインで設定して全てのプラットフォームで見栄えが良くなるような画像を設定しています。

本当は手動でひとつずつ、それぞれのプラットフォームに合わせたのサムネイル画像を出力して登録をしていきたいですが、これはかなりの工数になります。

オリジナルのイラストをアイキャッチで制作するときカテゴリーによっては、OGP上での見栄えを整えていくことを都度おこなっています。

デザインソフトのカンバスサイズからセーフティーラインを付けていくと、有効な範囲がかなり限定されるので難しい構成になりますが、是非皆さんもチャレンジしてみてください。

OGPの設定は最初に済ませる

特に更新頻度の多いブログ記事などは、最初のうちにしっかりとシェアされた時の対策を行っておくことで、拡散される機会を掴むことができます。

OGPの設定はしっかりと行っておきましょう。

OGPを簡単に設定する

最近のWebサービスやブログの有料テーマは、OGPなどの難しい設定をしなくても、コンテンツが増える度に自動で設定くれる物がいくつもあります。

このブログも、基本的には「STORK19」という有料テーマと、「ALL IN ONE SEO PACK」で、サイトに関するほとんどのSEO対策は済んでしまっています。

ブログにOPGの設定は必須

Webサイトやブログサイトには、記事ごとにOGPの設定が必須となってきています。

最近はSEOでサイテーション(引用)も重要視されるようになり、SNSで共有されたときなどは特にOGPの設定が重要になります。

それに、作成したブログ記事などが共有されたときに画像無しではさみしい感じになってしまいますからね。

まとめ | ブログの継続に役立つリンク

当ブログの中からブログの運営に役立つ記事を集めてみました。

ブログの運営に必要な、WEBの基礎知識、文章術、SEO、収益化について、参考になる記事を集めています。

最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございました。

ABOUT US

小林 玲王奈Unicorn Consulting Inc. 代表取締役 CEO
起業する人やスタートアップ企業に出資や資金調達を含めてサポートしながら、ブログの運営やWebアプリの開発、LINEスタンプ制作をしています。2003年から映像業界向けの様々な新規事業立ち上げに従事。2014年からは経営/メディアコンサルティング業も始めて2020年01月に独立。今年から来年にかけて、世田谷の私立校で空中ディスプレイ技術とWebマーケティングの講義を行っています。|SMPTE Professional Engineer Member