シン・レンタルサーバーで独自SSLを設定する方法!HTTPSでセキュリティ対策

wpXシン・レンタルサーバーで独自SSLを設定する方法やHTTPSでセキュリティ対策

シン・レンタルサーバーは、「独自SSLの設定」が簡単に設定が可能です。

コントロールパネルからワンクリックで操作でき、無料かつ無制限に独自SSLが設置できるので、複数のWEBサイトやブログにも活用できます。

いまや『独自SSL(HTTPS)化』は、セキュリティ対策だけでなく、SEO施策の面でも必須とされていますが、シン・レンタルサーバーなら即日、独自SSLが設置できるので便利です。

この記事では、シン・レンタルサーバーを使って『独自SSL(HTTPS)』を設定する方法を詳しく解説します。

関連記事:シン・レンタルサーバーの契約からブログを作る手順を分かりやすく解説

シン・レンタルサーバーとは?

シン・レンタルサーバーは、2021年5月3日にサービスを開始した新しいレンタルサーバーサービスです。

同サービスは、レンタルサーバーの大手エックスサーバー株式会社のグループ会社であるシンクラウド株式会社*1が運営しています。

18年の歴史を持つブランド「エックスサーバー」の基本機能をベースに、シン・レンタルサーバーでも高速化技術KUSANAGI(くさなぎ)をはじめ、高速化に関わる新技術を多数搭載しています。

wpXシン・レンタルサーバーとエックスサーバーの違いを徹底比較

シン・レンタルサーバーは、WordPressの表示スピードが速い上に、厳格なリソース管理を実行。

wpXシン・レンタルサーバーのWordPress設定方法

アクセス集中時にも、安定した環境が利用できます。

さらに、利用する費用も月額が数百円台(税込)からというリーズナブルな価格で提供されており、筆者も個人で運用している一部のWebサイトを試しに移管しましたが、このほか、実際にエックスサーバーから、シン・レンタルサーバーに乗り換える方も増えています。

なお シン・レンタルサーバーのサービス詳細や使える機能、料金体系は以下の記事でも詳しく解説しています。

関連記事:シン・レンタルサーバーとは?の特徴や料金を分かりやすく解説

シン・レンタルサーバーの独自SSL(HTTPS化)とは?

wpXシン・レンタルサーバーの独自SSLやHTTPSとは

独自SSL(HTTPS化)とは、ブラウザとサーバー間の通信を暗号化しセキュリティを高める方法のことです。

SSLは、現在使われているTLS暗号の前身であり、SSL/TLSを実装したWebサイトは、URLに「HTTP」ではなく「HTTPS」と表示されるので見分けが付きやすいです。

採用されているSSLのブランド

なお X SERVER(エックスサーバー)ならびに、シン・レンタルサーバーで採用されている無料独自SSLのブランドは『Let’s Encrypt』といいます。

Let’s Encryptは、TLSの「X.509証明書」を無料発行するサービスであり、SSLよりもさらに最新のTLSを実装しています。

現在SSLと呼ばれるサービスの大半はTLSを指していることがほとんどです。

実際、両方を踏まえて「SSL/TLS」と表記するケースも少なくありません。

シン・レンタルサーバーの公式サイトでも「独自SSL」と表記していますが、実際にはTLSのことを指しています。

なおシン・レンタルサーバーでは、無料以外にも有料の独自SSLサービスが利用できます。

有料の独自SSLも、シン・レンタルサーバーアカウントから簡単にSSL利用の申し込みが行えます。

ここで、独自SSLのブランドの違いを紹介します。

SSLの種類内容
Let’s Encrypt(有効期間90日)年間料金無料 発行速度即日〜1日、セキュリティ診断なし、サイトシールなし
Core SSL(有効期間1年)年間料金1,100円 発行速度即日〜1日、セキュリティ診断なし、サイトシールあり
SecureCore|ドメイン認証SSL(有効期間1年)年間料金19,800円 発行速度即日〜1日、セキュリティ診断あり、サイトシールあり
GeoTrust|クイックSSLプレミアム(有効期間1年)年間料金15,400円 発行速度即日〜1日、セキュリティ診断なし、サイトシールあり
シン・レンタルサーバーで使える独自SSLブランド

各ブランドの有効期間は、使用期限ではありません。

たとえば Let’s Encryptであれば、90日毎に更新が行われ、有効期間は自動延長される仕組みです。

独自のSSLにも対応

独自のSSLにも対応している

同じくCore SSL、SecureCore|ドメイン認証SSL、GeoTrust|クイックSSLプレミアムは1年ごとの更新で、有効期間は自動で延長されます。

なお表中の「セキュリティ診断」とは、セキュリティ診断対応のSSL証明書のことです。

WEBサイトの安全性を向上させたSSL証明書であり、高い信頼性を示しています。

「サイトシール」とは、信頼できる第三者(認証機関)から認証を受けたことを証明するものです。

サイトシールをクリックすると、

  • コモンネーム
  • 有効期間
  • ステータス

などの詳細情報が表示されます。

当ブログでも、下記のように企業認証SSLを利用してサイトシールを設置しています。

SSL GlobalSign Site Seal

ただ、有料・無料いずれの独自SSLも、安全性の高さに違いはありません。

SSLの有料プランもある

有料の独自SSLは、認証局の証明など、プラスの評価や価値はあるものの、双方のセキュリティレベルに大きな違いはありません。

通常のWEBサイト、ブログ運営であれば、無料の独自SSL(Let’s Encrypt)で十分対応できます。

シン・レンタルサーバー|公式サイト

HTTPSでセキュリティ対策するメリット

HTTPSでセキュリティ対策するメリット

SSL/TLS(HTTPS化)は、暗号化による盗聴防止やサイトの改ざんが検知でき、高いセキュリティレベルでWEBサイトやブログが管理できる仕組みです。

実際HTTPのデータの送信は、暗号化されていない平文で行われています。

このためWEBページとユーザーの間の通信が傍受されるほか、サイトが第三者によって改ざんされる危険性があります。

安全にブログを運用するためにも、早い段階でHTTPからHTTPSに切り替えを済ましておきましょう。

wpXシン・レンタルサーバーでブログを作る方法をわかりやすく解説

シン・レンタルサーバー独自SSLの設定方法

シン・レンタルサーバーの独自SSLは、コントロールパネル(正式名はサーバーパネル)から設定できます。

wpXシン・レンタルサーバーの使い方とコントロールパネルの操作方法

独自SSLを設定したいドメインを選んでから、下の画像の部分をクリックします。

新しいwpxのレンタルサーバーのコントロールパネルでSSLを設定する

下の画面が開いたら、独自SSLを設定したいドメインを選択。

赤字で囲った部分【選択する】をクリックします。

新しいwpxのレンタルサーバーのコントロールパネルにあるSSLのドメイン選択画面新しいwpxのレンタルサーバーのコントロールパネルにあるSSLのドメイン選択画面

SSL設定の画面が開いたら(下の画像を参照)、独自ドメインがSSL用アドレスとして設定されているかどうか、アドレスは「HTTPS」になっているか確認します。

新しいwpxのレンタルサーバーのコントロールパネルにあるSSL設定確認

また同じページから、追加の独自SSLも設定できます。

新しいwpxのレンタルサーバーのコントロールパネルにある独自SSLの設定確認

取得した独自ドメインが他にもあれば、早い段階でSSL設定を済ませておきましょう。

wpXシン・レンタルサーバーの独自ドメイン設定方法

シン・レンタルサーバー独自SSLの注意点

wpXシン・レンタルサーバー独自SSLの注意点

シン・レンタルサーバーで独自SSLを設定する際、注意したいポイントをまとめてみました。

独自SSLで注意したいポイント
  1. 設定後、リンクの書き換えが必要
  2. 検索エンジンへの反映に注意
  3. モバイルサイトでは、一部非対応の場合も

すでに運用中のWebサイトをSSL化する場合は、SSLを利用したいウェブページのリンクを書き換える必要があります。

例えば 設定前のリンクが

http://unicorn-blog.jp

であれば、

https://unicorn-blog.jp

に書き換えてリンクし直す必要があります。

次に気をつけたいのが、検索エンジンへの反映です。

すでにhttpで、GoogleやYahoo!検索に類似するページが登録されてしまった場合、重複したURLを統合する必要があります。

Google がどのページを正規版と見なすかを確認するには、Googleの「URL 検査ツール」を使って確認できます。

httpとhttpsのページが統一できていない場合は、httpからhttpsへのリダイレクトを設定してください。

またGoogle Search ConsoleのURLをhttpsに設定し、サイトマップを再登録したり、Google AnalyticsのURLをhttpsに設定・変更する必要があります。

httpとhttpsで重複したページを残しておくと、GoogleやYahoo!の検索エンジンに「コピーコンテンツ」や類似コンテンツとして、ペナルティを受けてしまう恐れがあるからです。

Google Search ConsoleとGoogle Analyticsの使い方は、以下公式サイトのマニュアルを参考にしてください。

  1. Search Console の概要 – Google Support
  2. アナリティクス ヘルプ – Google Support

シン・レンタルサーバーの独自SSLでよくある質問

wpXシン・レンタルサーバーの独自SSLでよくある質問

シン・レンタルサーバーの「独自SSL」で、よくある質問を集めてみました。

SSLサーバー証明書のインストールは必要ですか?

SSLサーバー証明書のインストールは不要です。

SSL証明書のインストールは自動的に行われるため、シン・レンタルサーバーの申し込み後、SSL証明書発行ベンダーからの通知メールを認証するだけで設定は完了します。

無料独自SSLはいくつまで設定できますか?上限はありますか?

シン・レンタルサーバーの「無料独自SSL」は、無料かつ無制限で導入できます。

証明書は即日発行可能あり、短期間かつ手軽にセキュリティ強化が行えます。

ドメイン認証SSLとは何ですか?

ドメイン認証SSLとは、オプションで使える独自のSSL証明書です。

シン・レンタルサーバーのドメイン認証SSLは、サイトシールに対応した(独自SSLの)有名ブランドが選択でき、低価格の「ドメイン証明書SSL」やさまざまな証明書が利用できます。

シン・レンタルサーバーで使える、独自SSLの料金を教えてください

シン・レンタルサーバーで申し込める、ドメイン認証SSLのブランドは次の通りです。

  1. Let’s Encrypt
  2. CoreSSL
  3. SecureCore
  4. GeoTrust

この中で無料提供しているのは、1つ目のLet’s Encryptです。

Let’s Encryptを含めた、それぞれの料金をまとめてみました。

Let’s Encrypt(無料)年間料金:無料 
CoreSSL(有料)年間料金:1,000円前後
SecureCore(有料)年間料金:20,000円前後 
GeoTrust(有料)年間料金:15,000円前後 

このほか、後述しますが企業や法人向けの独自SSL、世界レベルで最も信頼性の高い「EV SSL」と呼ばれる証明書も利用できます。

企業認証SSLとは何ですか?

企業認証SSLは、企業の実在性を証明する証明書のことです。

WEBサイトの信頼性を高めることができ、企業サイトや、個人情報を入力するフォームなどに多く使用されています。

企業認証SSLは下記のようにサイトシールが利用できる場合が多いです。

SSL GlobalSign Site Seal

EV SSL証明書について教えてください。

EV SSL証明書は、世界基準の厳しい認証プロセスにより、最も信頼性の高い証明書として流通しています。

クレジットカード番号などの入力が必要なサイトや、Eコマースサイトで使われている証明書です。

シン・レンタルサーバーで必ずSSLを設定する

wpXシン・レンタルサーバーで必ずSSLを設定する

今回は、シン・レンタルサーバーで、『独自SSL(HTTPS)』を設定する流れを紹介しました。

HTTPSへの切り替えはセキュリティ対策で、必要な作業のひとつです。

WEBサイトやブログが検索エンジンに反映される前に、早い段階で切り替えを済ましておきましょう。

レンタルサーバー徹底比較!WordPressおすすめサーバーを解説

シン・レンタルサーバーの独自SSL設定に関する脚注や出典および参考情報の一覧

  1. グループ新会社設立および一部サービスの移管のお知らせ|エックサーバー株式会社 ニュースリリース ↩︎
ABOUT US
ユニコブログの執筆者である小林玲王奈のアイコン
小林 玲王奈ユニコーンコンサルティング株式会社 代表取締役

放送業界や映画業界で映像制作や新規事業の立ち上げを中心に16年間働いて2019年に独立。2020年1月にユニコーンコンサルティング株式会社を設立しました。現在は、国内・海外向けのWebメディアを複数サイト運営しながら、経営コンサルタントとして数社の技術顧問、及び複数の教育機関で特別講義をおこなったり、Web講演をしています。|BBT経営塾(旧:大前経営塾)第10期生 卒塾

プロフィールの詳細は下記から確認できます。