デジタルシネマパッケージ制作進行のポイントを解説

デジタルシネマパッケージの進行業務をするイメージ

映像業界や広告関連の仕事をしていると必ず出てくるキーワードにDCP(デジタルシネマパッケージ)が出てきます。

本記事は、映像業界のデジタルシネマパッケージの制作業務について解説していきます。

DCPの制作進行でよくある事

DCPの制作進行でよくある事

この記事では、あまり技術寄りではない制作進行側の立場に立って、DCPの取り扱いについて書いていきます。

インジェストって何!?

DCPのことを書くと何かと出てくるこの言葉。

インジェストとは、劇場や試写室にある。上映をするためのシネマーサーバーへデータ移動をすることです。

シネマサーバーでデータを取り込み、管理し、ものすごい高いスペックのプロジェクターによって映画コンテンツは上映されています。

インジェストは、ネットワークでの取り込み、またはCRU、外付けHDD、USBなどでデータがインポートされます。

データの取り込み後、シネマサーバーはバリデートチェックをおこないます。

バリデートチェックとは、移動したデータがコピー元データとのハッシュ(データの整合性をとるための値)と同一かどうか(ビット単位で検証をする)、DCPのデータ構造に整合性があるかなど、様々なチェックを行います。

関連記事:デジタルシネマパッケージ制作業務「7つのポイント」

インジェストエラーが起きた原因は?

インジェストエラーには様々な原因がありますが、概ね以下の3つに分けられます。

  1. DCPデータの構造がおかしい(データ)
  2. シネマサーバーが読み取れるフォーマットになっていない、ファイルアクセス権限がおかしい(フォーマット)
  3. 格納されている媒体(ハードウェア)

①の場合は、シネマサーバーは、インジェストエラーを吐き出すときはその内容や原因をメッセージで出してくれます。

②の場合は、シネマサーバーに繋げたときに認識されないなどの症状が出ます。

③の場合も②と同じような症状がでます。

DCPを納品してから起きるインジェストエラーに関する解決策のまとめ記事を作成しました。

劇場でインジェストエラーが起きたときの対処法

エラーが出てしまったときには参考にしていただけれれば幸いです。

自分でLinuxフォーマットを運用できる?

少しPCに詳しい人ならこれも可能です。

USBなどで、外部からOSをブートさせる方法があります。LinuxのディストリビューションはUbuntuがいいでしょう。

コマンドラインでの操作は中々難しいのでフォーマットのソフトにはGPartedがいいでしょう。

ここで、USBやHDDを「ext」形式にフォーマットし、LAN経由で該当PCにデータをコピーして、運用に使用するLinuxフォーマットのUSBにデータをコピーします。

Linuxフォーマットにしたのに劇場で読み取れない現象が発生した!

多くの場合、Linuxフォーマットにしたときの、アクセス権限を全ユーザーが読み書きできる権限に変更しておくことが重要です。

字幕データはどうすればいい!?

ぐいっと内容が変化しましたが、字幕データは、当然ですがDCP用の字幕データを作成する必要があります。

ここで重要なのが、字幕を作成するときに、他にどのようなウィンドウで展開していくかをここで考えておく必要があります。

日本の場合は、劇場公開を経たあとにDVDなどのメディアでセル展開することが多くあります。

字幕データの再スポッティングなどは結構な費用になりますので、DVDまで販売計画に入っているときは、あらかじめその旨をDCPマスタリングするポストプロダクションに伝えましょう。

それを考慮した制作進行にしておくとコストを抑えられます。

字幕は焼き付けしかできないの?

これはたまにあるのですが、日本語字幕は焼き付けしかできないは都市伝説です。

実際には、ちゃんとSubtitle構造として、日本語字幕も含めて公開する国によって字幕データを選択し、切り替えることが可能です。

焼き付けしかできないというのは、DCPマスタリングできる会社の中には、DCP用の日本語字幕を適切に格納できるノウハウを知らない会社があります。

具体的には、日本語字幕は容量がDCI(規格)で定めた容量を大きく超してしまうからで、DCPに格納するにはフォントコンプレッション(字幕フォントデータの圧縮)という作業が必要になります。

デジタルシネマパッケージの字幕を作成するイメージ

字幕用のフォントは何でもいいの?

フォントデータ自体があれば、DCP用に加工することができますが、厳密にはDCP用途にライセンスされたフォントデータを使用しなければいけません。

DCPマスタリングをお願いする会社には、DCP用にライセンスされたフォントを字幕に使用しているか確認を行った方が良いでしょう。

劇場を横持ちするデータメディアは何がいいの?

どのUSBや外付けHDDを利用すればいいのかについて、下記2つ記事で紹介をしています。

最近、USBとHDDどちらで運用した方がいいのかという質問をよく受けます。

以前は厳格なCRU仕様が当たり前でしたが、私はアルミケースに脱落防止チェーンを付けたUSBで運用していました。

現在のUSBは、大容量タイプでもそれほど高くなくて転送速度も早く、場所もとらないので便利です。

USBかなり安くなりました。

参考商品:SanDisk 【 サンディスク 正規品 】無期限メーカー保証 USBメモリ 256GB USB3.2 Gen1 超高速 読取り最大420MB/s SanDisk Extreme PRO SDCZ880-256G-J46

そもそもUSBメモリが格納できるデータの総容量が、DCPの容量規格にある250GBを超してしまっています。

これだけUSBメモリが大容量化して値段もリーズナブルになると、DCPを回していくやりかたも、随分と変えることが出来ます。

デジタルシネマパッケージの制作業務

本記事以外にも、デジタルシネマパッケージの制作業務について記事を書きました。

コチラの記事も参考になれば幸いです。

デジタルシネマパッケージの業務をするイメージ画像

デジタルシネマパッケージの制作業務は、原因の切り分けが難しいケースに出会うことが多いので結構苦労します。

デジタルシネマパッケージ制作(DCP制作)

筆者もデジタルシネマパッケージ(DCP)の仕事をお手伝いしています。

DCP制作ソフト

デジタルシネマパッケージを制作するためのソフトは、下記の3つを使用しています。

  1. OpenDCP
  2. DCP-o-matic
  3. easyDCP

上記にはフリーソフトが入っていますが、この理由は、自社でデジタルシネマパッケージのマスタリングを覚えたいという場合の練習用ソフトとして使用しています。

DCP制作の価格

筆者がDCP制作を請け負う場合の価格は

  1. 15分以内 : 5,000円
  2. 30分以内 : 15,000円
  3. 60分以内 : 25,000円
  4. 90分以内 : 40,000円
  5. 120分前後 : 50,000円

くらいです。

現在はこれくらいの価格でないと、DCP制作の予算が厳しいと考えています。

DCPの制作環境

基本的にはeasyDCPでマスタリングを行っています。

編集環境

ADOBE CC + DaVinci Resolve

字幕ソフト

Subtitle Edit

最終的な書き出しは、カンバス社へ出力代行をお願いします。

マスタリングソフト

easyDCP+ CREATOR+ & KDM GENERATOR

完成DCPの映像チェックとバリデートチェック

easyDCP Player+

DCPデータの格納

Linux CentOS環境でCRU【HDD】、またはUSBに格納します。

現在、DCP制作を事業にしていきたい企業や個人監督向けにDCPの作り方を教えつつ、案件をこなす方向でやっています。

DCPの事業については、デジタルシネマパッケージのマスタリング事業を引き継いで起業したいという方に機材ごと全てお渡ししました。

現在、筆者の方ではもうDCPマスタリングは行っていませんが、同じ価格帯で色んな案件受けていると思います。

DCP(デジタルシネマパッケージ)の情報まとめ

DCP(デジタルシネマパッケージ)の情報まとめ

DCP関連の内容をまとめた記事を作成しました。

こちらの記事を読んでいただければ、デジタルシネマパッケージに関する様々な情報が確認できます。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ABOUT US
ユニコブログの執筆者である小林玲王奈のアイコン
小林 玲王奈ユニコーンコンサルティング株式会社 代表取締役

放送業界や映画業界で映像制作や新規事業の立ち上げを中心に16年間働いて2019年に独立。2020年1月にユニコーンコンサルティング株式会社を設立しました。現在は、国内・海外向けのWebメディアを複数サイト運営しながら、経営コンサルタントとして数社の技術顧問、及び複数の教育機関で特別講義をおこなったり、Web講演をしています。|BBT経営塾(旧:大前経営塾)第10期生 卒塾

プロフィールの詳細は下記から確認できます。