デジタルシネマパッケージで使える字幕データの作り方を解説

デジタルシネマパッケージの字幕を作成するイメージ

今回は、デジタルシネマパッケージの字幕の作り方について書いていきます。デジタルシネマパッケージの字幕は、ソフトによって組み込み方が少し違っていたり、DCPマスタリングする時に使用するバージョンによって項目が変わったりするので細かい部分までは記載しません。

また、フォントコンプレッションにふれていますが、全ての事項を検証できているわけではないので実際に試写上映をしてQCを行っていただくのが良いと考えています。

しかし、デジタルシネマパッケージの制作を始めてしばらくやっていたけど字幕付きの物はなるべく受注を避けてきたという方にはDCP字幕を取り扱うことができるようになるきっかけとして役立つ情報になると考えています。

DCPマスタリングを初めてみたいという方は、こちらのデジタルシネマパッケージをわかりやすく解説から読み進めていただければより分かりやすくなります。

字幕の付け方は何種類?

デジタルシネマパッケージの字幕の付け方は大きく分けると2種類になります。

映像に焼き付ける

編集ソフトの機能で言うとBurn-inと言います。

DCPマスタリング自体は、現在はそれほど難しい業務ではなくなってきているので、字幕焼き付け限定でのサービス提供をしているところが増えてきているのが現状です。

焼き付けのメリット
  1. 従来の方法と変わらないので、オペレーションのやり方は変わらない
  2. DCPを受注する時に、焼き付け指定にすればトラブルが少ない
  3. バリデートチェックする際のデータ構造がシンプルなのでQCをしやすい

しかし、実際の作業で考えると、字幕の修正などが発生すると、工程の最初から(JPEG2000変換)になるので、入稿される字幕データのクオリティーによって何回もやり直しが発生する原因にもなります。

これは請負側からすると、とても負荷の大きいものになります。

DCPの字幕セットを作成する

これは、DVDやBlu-rayで言うサブタイトルレイヤーと一緒です。映像データと字幕のデータは全く別のレイヤーとして表示され、再生されます。

しかしながら、このDCPの字幕については、日本語のフォントデータをそのまま使用するとDCIの規格に収まらないデータ容量になってしまって使えないと言うことがありました。

字幕のフォントに対して、該当データで使用している「文字」だけを切り出すサブセット (DCPではフォントコンプレッションと言います)の作成を可能とするソフトの検証が中々進まなく、フォントコンプレッションソフトもメーカーの統廃合により購入できなかったのが実情です。

字幕データの書き出しは、ほとんどのところでは、G1を使用しているのではないでしょうか。

もし、G1環境がないと言う状況であれば、Subtitle Editと言うソフトもあります。

まずは、それを使用して字幕テキストの入力から、スポッティングまでを行って下さい。

G1はDCI規格に準拠したXMLファイルがライセンス購入することで使用できます。

Subtitle EditもDCIに準拠したXMLデータの書き出しが可能です。

どちらのデータも、DCPマスタリングソフトによって取り込みとパッケージ化が可能ですが、ここで出てくる問題が「日本語フォントデータの総容量」です。

EasyDCPなどの環境がある方は、バリデートチェックの時に、使用しているフォントのサイズエラーが出ます。

ここで、フォントコンプレッションが出てくるのですが、現在、DCPマスタリングに特化したフォントコンプレッションソフトが新規に買えない状況にあると言うことです。

私が様々な環境で、DCPマスタリング後、いろいろなシネマサーバーでエラーが起きなかった環境は、以下のリンクから入手可能です。

参考リンク : 武蔵システム

ここに所定のテキストデータ(とにかく「文字情報」だけをまるっと流し込んでください:字幕ソフトからXML構文はいらない書き出しを選択)とフォントデータを入れて書き出すと、フォントデータがテキストデータで使用されている文字のみが書き出され、データがかなり小さくなります。

このフォントデータとフォントコンプレッションで使用したテキスト情報のあるXMLデータをDCPマスタリングソフトに組み込んでみて下さい。

縦字幕やルビなどついては、都度検証が必要になりますが、通常の字幕だけの場合、DCPマスタリングできる状況になります。

検証は大変ですが、DCPの字幕データを取り扱えるようになるとDCP事業の幅が広がりますので、是非、チャレンジしてみて下さい。

DCP(デジタルシネマパッケージ)の情報まとめ

DCP関連の内容をまとめた記事を作成しました。

こちらの記事を読んでいただければ、デジタルシネマパッケージに関する様々な情報が確認できます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

ABOUT US

小林 玲王奈Unicorn Consulting Inc. 代表取締役

起業する人やスタートアップ企業に出資や資金調達を含めてサポートしながら、ブログの運営やWebアプリの開発、LINEスタンプ制作をしてひたすらキャラクターデザインをしています。

最近は、「会社の収入だけに依存しない生活を手に入れる」ことをテーマにブログ記事を書いたり、ブログ運営を始める人のサポートを行っています。

2003年から映像業界向けの様々な新規事業立ち上げに従事。2014年からは経営/メディアコンサルティング業も始めて2020年01月に独立しました。

現在、ユニコブログ®以外にも特化ブログを10サイト立ち上げて運用しています。

全部同じサイト構成、ブログ記事構成、文章構成なども似せてみて、収益を出すのに再現性があるか?などを試している日々です。

ピックアップしているレンタルサーバーとWordPressテーマを総当たりで組み合わせてサイトスピードがどうなるかなど、思いついた事をひたすら検証する日々も兼ねています。

WordPress用のシンプルなプラグインやブログパーツの開発にもチャレンジしています。

SMPTE Professional Engineer Member

著書 : 『保存版 売上を向上させるためのYouTube活用術』

2020年度 学校法人調布学園 田園調布学園 中等部・高等部「豊かな教養を培う 未来へつなぐ土曜日 コアプログラム『探究』」にて空中ディスプレイコンテンツ制作及びWebサイト制作の特別講師を担当

プロフィールの詳細はこちら