音声配信アプリSpoon(スプーン)の始め方と配信収入を稼ぐ方法

SPOONを始めて収入を得る方法を解説

音声配信とは、インターネットを介して自分の声を配信することです。現在、音声配信アプリは数多くあります。

今回は、日本でもユーザー数が増えているSpoon(スプーン)をピックアップしました。

Spoonは誰でも気軽に始めることができ、収益を得ることも可能なラジオアプリです。

それではSpoonを利用するメリットと始め方について詳しくご紹介します。

Spoonとは

Spoonは2016年03月にリリースされた個人ラジオ配信サービスです。

Spoon (スプーン) - ラジオ・音声ライブ配信

Spoon (スプーン) – ラジオ・音声ライブ配信

Spoon Radio無料

特別な審査は必要なく、登録すれば誰でも音声配信することができます。

動画配信はなく、“音声のみ”に特化していることも特徴です。

20代を中心に、全世界で2600万を超えるユーザーがいます。

Spoonで可能な配信方法

Spoonでは音声配信の方法が3種類あり、自分自身に合った配信を行うことができます。

そこで3つの配信方法についてご紹介します。

1.LIVE

リアルタイムで配信するコンテンツです。

配信中に声とチャットでリスナーとコミュニケーションをとることができます。

コラボ機能を使って、リスナーとコラボ配信することも可能です。

不特定多数に配信するか、FAN(フォローしてくれているリスナー)に向けて配信するか選ぶことができます。

最大2時間の配信が可能です。

2.CAST

30秒以上録音したものを配信できるコンテンツです。

何度でも撮り直すことができるため、初心者でも利用しやすいことが特徴です。

ラジオ番組風に幅広いコンテンツをつくることができます。

3.TALK

「〇〇って言ってみて」など、Spoonユーザーに音声投稿してほしいことをお題としてタイトルに書き、募るコンテンツです。

「いいね」と思った音声にハートを付けることができます。

TALKをつくることも、誰かがつくったTALKにボイスメッセージを送ることも可能です。

Spoonのメリットや収入の仕組み

次に、Spoonのメリットについてご紹介します。

誰でも気軽に始められる

音声のみに特化しているため、顔や実名を出す必要がありません。

そのため個人の特定がされにくいことがメリットです。

また動画と違い、撮影道具の用意や編集スキルなども必要なく、話す内容さえあればすぐに始められます。

このようなことから、気軽に始めることができる配信アプリだと言えます。

Spoonによる音声配信で発信を始めるメリット
  1. 実名や顔を出す必要がない
  2. 個人の特定がされにくい
  3. スマホだけで収録するすることが可能

投げ銭システムがある

投げ銭システムによってリスナーから有料アイテムやギフトなどをもらうことが可能です。

Spoonでは「スプーン」という課金アイテムがあり、LIVEやCASTの配信を気に入ってくれたリスナーから応援の意味を込めてスプーンを送ってもらうことが可能です。

またリスナーはLIVE視聴中でもスプーンを購入し、送ることができます。

投げ銭システムで収益を上げるコツは、固定のリスナーとどれだけ繋がれるかが重要です。

時に記念日、または、何か企画で協力を得たいときなどに、投げ銭システムは効果を発揮します。

LIVE配信する時間などを決めて、普段からレギュラー参加してくれるリスナーとの交流を深めておきましょう。

Spoon (スプーン) - ラジオ・音声ライブ配信

Spoon (スプーン) – ラジオ・音声ライブ配信

Spoon Radio無料

コストがかからない

特別な器機などは必要なく、アプリをダウンロードすればスマホ1つで収録から配信まで行うことができます。

音声の質上げたい場合でも、スマホ用のマイクなどは数千円から購入可能です。

ダウンロード料金や月額料金などもかからず、無料で配信できます。

Spoonの始め方

続いて、Spoonのアカウント開設方法と音声配信方法をご紹介します。

音声配信は上述した通り3種類あるため、それぞれの方法を記述します。

Spoonアカウント開設方法

視聴のみであればアカウント作成しなくても可能ですが、配信するためにはチャンネル開設が必要です。

Spoon (スプーン) - ラジオ・音声ライブ配信

Spoon (スプーン) – ラジオ・音声ライブ配信

Spoon Radio無料

Spoonアカウントを開設する手順をご紹介します。

  1. まずはSpoonアプリをダウンロードします。
  2. TwitterまたはFacebookアカウントがあれば、連携して開設することができます。「Twitterで簡単スタート」または「Facebookでログイン」を選択し、それぞれ指示通りに入力します。
  3. TwitterまたはFacebookアカウントが無い場合は、電話番号で登録することができます。電話番号を入力するとスマホにコードが送られてくるため、コードとパスワードを入力します。
  4. 「気になるLIVEテーマを選択」画面が出るため、選んで「次へ」をタップします。
  5. Spoonホーム画面が表示されます。
  6. 次に、プロフィールを登録します。ホーム画面右下にあるユーザーアイコンをタップし、プロフィール編集画面に進みます。
  7. アイコンやユーザー名・ユーザーID・生年月日など必要項目を設定します。すべて入力し「完了」をタップすれば、アカウント作成終了です。

Spoon LIVEの配信方法

リアルタイムで配信できる「LIVE」の使い方について説明します。

  1. Spoonアプリを開き、画面下にある「+」をタップします。
  2. 「LIVE」「CAST」「TALK」のアイコンが出てくるため「LIVE」を選択します。
  3. 配信カテゴリ選択画面でテーマを1つ選び、「次へ」をタップします。
  4. 不特定多数向けの「LIVE配信」にするか、特定のフォロワー向けの「FAN配信」にするかを選択します。
  5. LIVE配信中に出る画像やタイトル・挨拶文など必要項目を設定します。
  6. 画面右上の「スタート」をタップし「許可」を選択すれば、LIVE配信が始まります。
  7. 「×」ボタンを押すと、LIVE配信が終了します。

Spoon CASTの配信方法

録音してアップする「CAST」の使い方について説明します。

  1. Spoonアプリを開き、画面下にある「+」をタップします。
  2. 「LIVE」「CAST」「TALK」のアイコンが出てくるため「CAST」を選択します。
  3. マイクアイコンをタップし、配信したい内容を話します。
  4. 話し終わったら、停止アイコンをタップします。
  5. 画像やタイトル・関連タグなど必要項目を設定します。
  6. 「完了」ボタンを押せば、CAST配信できます。
  7. 配信後でもコンテンツ詳細画面の「削除する」ボタンを押せば削除することができます。

Spoon TALKの配信方法

参加型コンテンツ「TALK」の使い方について説明します。

  1. Spoonアプリを開き、画面下にある「+」をタップします。
  2. 「LIVE」「CAST」「TALK」のアイコンが出てくるため「TALK」を選択します。
  3. タイトルや背景画像など、必要項目を設定します。
  4. 「完了」ボタンを押せば、TALK配信できます。

SPOONで音声配信

Spoonは顔や実名を出す必要ないことやコストがかからないことなどから、誰でも気軽に始めることができます。

ファンがついたり人気が出てくれば大きな収益を得るチャンスがあります。

そうした点からも、Spoonはトークに自信がある方や、話すことが好きな方にぴったりなアプリではないでしょうか。

機能もシンプルなので、音声配信初心者の方にとっても使いやすいアプリだと言えますね。

筆者もアカウントを作成していますが、のんびりとコンテンツを積み上げていこうと思っています。

収益化の仕組みが出来ているSpoonを始めて、新しい収益機会を手に入れましょう。

Spoon (スプーン) - ラジオ・音声ライブ配信

Spoon (スプーン) – ラジオ・音声ライブ配信

Spoon Radio無料

収録した音声コンテンツを書き起こしていく

ログミーBizをご存じでしょうか。

ログミーは、イベントでのセミナーやスピーチを書き起こしてコンテンツにする事業を行っている会社です。

ログミーのように、収録した音声コンテンツをブログ記事にしていき、コンテンツの中で出てきた商品やサービスをASPやAMAZONアソシエイトで探して広告リンクを貼ることで、音声コンテンツをさらに収益化することが可能になります。

まとめ : 音声配信とブログメディアを連携して収益を最大化する

多くのSNSアプリがリリースされている中、自分に合うSNSを選んで育てていくことが出来れば、音声配信チャンネルの知名度を飛躍的に伸ばしていくことが可能になります。

Spoonは、スマホだけで簡単に収益化ができる機能も提供されているので、是非チャレンジしてみましょう。

Spoon (スプーン) - ラジオ・音声ライブ配信

Spoon (スプーン) – ラジオ・音声ライブ配信

Spoon Radio無料

音声配信と相性の良いブログメディアの運営

音声配信とブログメディアはとても相性の良いメディアです。

Spoonの登録が完了して音声配信アプリで収録したら、Spoonでは、「プロフィールをシェアする」という機能があるので、そのURLを発行してブログ記事に埋め込みます。

ブログ記事の前半で埋め込んでおき、先ほど紹介したログミーのように、テキストコンテンツ用に書き起こしていきます。

ブログ記事に書き起こした際には、テキストコンテンツの中にアンカーテキストでアフィリエイトリンクなどを貼付します。

そのようにすることで、音声コンテンツの中で商品やサービスの紹介があった時には収益化も可能になります。

多くのインフルエンサーは、複数のSNSやWebチャンネルを同時並行して運用しており、コンテンツの価値をマルチメディア化することで高めていっています。

音声配信と合わせてブログを始めてみたい方へ

当ブログでは、LINEスタンプの作り方を音声配信で紹介しつつ、さらにYouTubeでイラストメイキング動画も紹介しながら、このブログを中心にコンテンツを連動させています。

SNSについても、LINE、Twitter、Facebook、Instagram、Pinterest、Tumblrなど、多くのSNSを運用しています。

音声配信と相性の良いブログを連携するなら、このブログでも使用しているConoHa WINGが1番おすすめです。

.comや.netに加えて.orgなどの人気ドメインがサーバー利用中は永久無料です。

レンタルサーバーサービスでよくある月額費用と別に設定されている初期費用も掛からず、ドメインも永年無料でブログが始められます。

是非、これを機会に検討してみてください!

実施中のキャンペーンの詳細は、公式サイトで確認できます。

⇒ドメイン永久無料&初期費用無料のConoHa WING

ブログのようなテキストコンテンツと音声配信コンテンツを連想していくことで、収益を最大化させていくことが可能になります。

ユニコブログでは、初心者の方のためにブログを簡単に始められる方法を数多く紹介しています。

SNSと合わせて、これからブログを始める方は是非、こちらの記事もご覧ください。

ブログを始めるならWordPressです

初心者がブログを始めるならどこ?【答えはWordPressです】

また、下記の記事は、独自ドメインで自分だけのメールアドレスを無制限に作成する方法を紹介している記事です。

レンタルサーバーを借りるときから、WordPressをセットしてメールアドレスを作れるところまでのステップを、多くの画像を使って解説しています。

メールアドレスの作り方を分かりやすく解説

メールアドレスの作り方や作成方法を解説!!【独自ドメインを取得して無限に追加して増やしていく】

現在は、レンタルサーバーを借りるときにWordPressのインストールなどの煩わしい作業は、全てクリック感覚で済ませることが出来ます。

ブログコンテンツと連動させて音声配信の収益化をさらに広げていきましょう。

Spoon (スプーン) - ラジオ・音声ライブ配信

Spoon (スプーン) – ラジオ・音声ライブ配信

Spoon Radio無料

ABOUT US

小林 玲王奈Unicorn Consulting Inc. 代表取締役

起業する人やスタートアップ企業に出資や資金調達を含めてサポートしながら、ブログの運営やWebアプリの開発、LINEスタンプ制作をしてひたすらキャラクターデザインをしています。

最近は、「会社の収入だけに依存しない生活を手に入れる」ことをテーマにブログ記事を書いたり、ブログ運営を始める人のサポートを行っています。

2003年から映像業界向けの様々な新規事業立ち上げに従事。2014年からは経営/メディアコンサルティング業も始めて2020年01月に独立しました。

現在、ユニコブログ®以外にも特化ブログを10サイト立ち上げて運用しています。

全部同じサイト構成、ブログ記事構成、文章構成なども似せてみて、収益を出すのに再現性があるか?などを試している日々です。

ピックアップしているレンタルサーバーとWordPressテーマを総当たりで組み合わせてサイトスピードがどうなるかなど、思いついた事をひたすら検証する日々も兼ねています。

WordPress用のシンプルなプラグインやブログパーツの開発にもチャレンジしています。

SMPTE Professional Engineer Member

著書 : 『保存版 売上を向上させるためのYouTube活用術』

2020年度 学校法人調布学園 田園調布学園 中等部・高等部「豊かな教養を培う 未来へつなぐ土曜日 コアプログラム『探究』」にて空中ディスプレイコンテンツ制作及びWebサイト制作の特別講師を担当

プロフィールの詳細はこちら