動画品質を落とさない制作をする3つのポイントを初心者向けに解説

ビデオクオリティーをコントローする

最近は特に、YouTubeをはじめとした様々なSNSへの自分発信をする方が増えてきました。

自分で動画チャンネルを開設し、様々なテーマの中から自分の得意分野、趣味、考え方などのオリジナリティー溢れるコンテンツが大量にアップされ、次々と人気コンテンツが生まれています。

今回の記事を書いたのは、自分が動画制作を経験してきた中で、技術的側面でYouTubeのコンテンツを見ていて気づいたことや、SNS発信用動画コンテンツの簡易的な編集や最終データの書き出しについてアドバイスをさせてもらった中で共通事項として出てきていた事項を書いていきます。

動画の滑らかさは撮影/収録時のフレームレートで決まる!!

皆さんの中でも、普通に視聴していてやたらと滑らかな映像に感じる動画コンテンツと、カクカクした動画コンテンツの2パターンをよく見掛けないでしょうか。

今回は、YouTube向けに纏めることで簡易的にこのフレームレートを説明していきます。

本格的なカメラでYouTube用の動画を撮る方もたくさんいらっしゃいます。今回は主にスマホにフォーカスして説明をしていきます。

フレームレートは24p/30p/60pの3種類

主にスマホで動画コンテンツを作成する場合、設定画面では24p/30p/60pの3択になっていることが多いです。

もし設定で29.97pなども選択肢にあった場合は、30pを選択してください。

スマホでインターレース/プログレッシブドロップフレーム/ノンドロップフレームを選べる様な物は多分..今はあまりないですが…

ここで一度、YouTubeのアップロードに適した動画が説明されているヘルプページ動画におすすめのエンコード設定から、フレームレートの部分を確認してみましょう。

基本的なフレームレートとして、24、25、30、48、50、60 fpsが記載されていますね。

25fpsと50fpsはPAL/SECAM方式と言って、国によって違う標準フレームレートがあるので、ここでは気にしないでください。48fpsについてもまた別の記事で説明します!

文章を確認する限りでは、それ以外のものも受け付けることは可能だけど、変換が必要だったり、所定のフレームレート以外については記述がありません。

動画コンテンツは、撮影からパブリッシュされるまでに本来は様々な工程を経て市場に公開されていきます。

当時は、豊富な予算の中でコンテンツを作ることが可能で、発信するメディアによって様々なフレームレートの変換などにも費用がかけられたのですが、現在ではその様な状況も中々なくなってきており、合わせて適切な映像コンテンツの変換方法を知っている専門の技術者が全ての工程を扱うということもなくなってきました。

その影響で、せっかく素敵な企画のコンテンツが出来上がったのに、「なんかカクカクしている」、「残像っぽいのがある」、「カット部分で意図しない画の混ざり方をしている」など、残念なことになっていることが多々発生しています。

しかし、このSNS発信用動画については、スマホで撮影したコンテンツをそのままあげることも可能です。だからこそ、自分が表現したいコンテンツの最適な設定解を覚えてほしいです。

24pでの撮影と再生

特別、フィルムライク(色や質感は別として再生感だけ)にコンテンツを仕上げたい意図があれば、この24pフレームレートの選択でコンテンツを撮影すればそれっぽい感じになります。

このフレームレートを選択する場合は、シナリオ構成、カラーグレーディング(色調整)や編集、CGエフェクトなど、様々な工程を通して作り上げることが多いです。

30pでの撮影と再生

無意識に一般的に撮影されてアップされている動画コンテンツで多いのがこの30pです。これは見慣れたフレームレートですね。地上波でも流れているフレームレートです。

60pでの撮影と再生

スムーズですが、パン(固定はしていないけど横移動)させるとヌルヌル感が出ますね…しかしながら、人気ユーチューバーは60pで動画コンテンツを作成していている方が多いですね。(ゲーム実況コンテンツの影響が大きいかも。)個人的にも、あまり画が激しく動く物でなければ、60pで大丈夫です。

基本的に人間の目は、一定に、そして同時に首と目を動かしているわけではないので、あまり定速で横や縦にカメラを振るような映像は好ましくないと考えています。

そこさえ気をつければ映像品質としては高い動画の撮影になると考えています。

編集して書き出す時の設定をどうするか?

スマホで撮影した動画コンテンツをそのままYouTubeなどにアップする場合、大抵はカット編集やテロップをつけたりなどの、付加情報を加えてアップロードするパターンが多いです。

動画データは、「基本的」には書き出しをしする度に、どんどん映像品質が劣化していきます。

そうならないために、どんな設定で書き出せば、YouTubeに理想の形でアップロードされるのでしょうか。

ここでもYoutubeのアップロードに適した動画が説明されているヘルプページの動画におすすめのエンコード設定を再度確認してみましょう。

編集ソフトから書き出しを行う動作をして、書き出し設定画面が出てくると、大抵の編集ソフトは、H.264/AVCのビデオ設定のところがメインプロファイルになっていないでしょうか?

この部分をYouTubeで推奨されているハイプロファイルに変更しましょう。

音声についても、通常のステレオもYouTubeでは384kbpsまで対応しているので、オーディオ設定のところで320kbpsや256kbpsなどになっていたら、最高値まで上げておきましょう。

基本的に映像品質は収録時の映像・音声ビットレートが基準になってしまうので、書き出し時にビットレートを高くしたからといって映像品質そのものがよくなるわけではありません。

また、最近の編集ソフトでは、クオリティー別に所定のプリセット(選ぶだけでその媒体用の最適設定ができる)が組み込まれています。

書き出し設定の時に、プリセットにYouTube用の設定が入っているか確認してみましょう。

YouTubeで15分以上のコンテンツをアップする前に

YouTubeでは、15分以上の動画をアップロードするには、「アカウントの確認」をきちんと済ませておく必要があります。

YouTubeヘルプの動画をアップロードのページに「15 分を超える動画のアップロード」に詳細が記載されていますので、事前に済ませておきましょう。

4KもHDRにも対応しているYouTube

4Kは、HD画質の4倍の画素数をもっているため、とても鮮明な映像表現が可能な解像度です。

HDRとはHigh Dynamic Range(ハイダイナミックレンジ)の略称です。

細かい使用説明はまた別の記事で書いていきます。

せっかく対応しているのならばコンテンツのクオリティーと合わせて映像品質も高めていきたいところです。

お持ちのスマホによっては、HDでも4KでもHDRの動画撮影可能なスペックがあるので、是非、そちらのモードで撮影していただき、YouTubeにアップしてみてください。

360度映像

このほかにも、YouTubeは360度映像にも対応しています。

360度映像は作り手も再生環境を持つユーザーも少しずつ増えているので押さえておきたいところですね。

360度コンテンツは、手軽に撮影できる機器がどんどん増えてきています。

その中でも、筆者が前職で使用していたのがInsta360でした。

参考リンク : Insta360°

ラインナップによっては手軽に360映像を制作することが出来ます。

当時はInsta360プロを使用して撮影をしていました。

今はさらに上のランクでInsta360TITANが出ていてシネマクオリティVRも撮れるようになっています。

11K VRまで撮れるのすごいですよね。

(編集がかなり大変になると思いますが….)

動画編集を学ぶ

動画の編集環境がAdobe Premiere Proであれば、佐原まいさんが運営されているクリエイターズジャパンが提供するPremiere Pro講座などで、人気YouTuber動画の編集方法や、動画の編集データも共有してもらえます。

動画編集などのテンプレートも手に入るのでオススメです。

参考リンク : クリエイターズジャパン

YouTubeチャンネル運営ノウハウ

YouTubeは手軽に動画をアップすることが可能ですが、コンテキストをしっかり入力してあげることで多くの検索流入を呼び込むことも可能です。

YouTubeの基本的なチャンネル設定からVSEO対策まで、多くのノウハウを下記の記事でまとめてあります。

YouTubeの始め方を分かりやすく解説

YouTubeの始め方を基本から応用まで初心者用にわかりやすく解説

最後まで記事を読んでいただきありがとうございました。

ABOUT US

小林 玲王奈Unicorn Consulting Inc. 代表取締役 CEO
起業する人やスタートアップ企業に出資や資金調達を含めてサポートしながら、ブログの運営やWebアプリの開発、LINEスタンプ制作をしています。2003年から映像業界向けの様々な新規事業立ち上げに従事。2014年からは経営/メディアコンサルティング業も始めて2020年01月に独立。今年から来年にかけて、世田谷の私立校で空中ディスプレイ技術とWebマーケティングの講義を行っています。|SMPTE Professional Engineer Member