【おすすめ】ビーズクッションでワークもライフもワンランクアップ!!

おすすめのビーズクッションで遊ぶ人

最近は、自宅で仕事をしたりする機会も増えてお家時間が増えた方も多くなりました。

筆者も以前は通勤スタイルでしたが、現在は自宅で仕事をするワークスタイルになっています。

少し前までは、仕事用デスクと椅子の組み合わせでしたが、腰痛がひどくなったこともあってビーズクッションを利用するようになりました。

ビーズクッションになってからは腰痛もほぼなくなり、快適に過ごしています。

ビーズクッションなライフスタイル

筆者は「Yogibo Max(ヨギボーマックス)」を使用しています。

ふわふわビーズがたっぷり入ったビーズクッションは最高の座り心地です。

最近はビーズクッションに座ったまま仕事もするようになりました。

ガジェットの追加

「Yogibo Max(ヨギボーマックス)」で仕事をしながら動画の編集作業をしたりすると、もの凄くノートPCが熱くなります。

足の上にノートPCを直に置いていたのでかなり熱かったです。

そのためガジェットを追加しました。

ビーズクッションと作業用台座のセットでほぼ完璧な作業スタイルが出来上がりました。

ビーズクッションのすすめ

デスクと椅子のスタイルだと、どうしても腰痛や肩こりに悩まされます。

(足を組んでいると足の付け根も痛くなる…)

せっかく自宅で仕事ができる環境なら、ビーズクッションに包まれて作業をしたほうが体が楽になります。

ビーズクッションによっては椅子のように使うこともできるので、デスクトップPCの環境でも問題なく使用することができます。

ビーズクッションのメンテナンス

ビーズクッションは、使用しているとだんだんヘタれてきます。

筆者の使用感では3ヶ月程度経ってくると見た目にも分かるくらいに小さくなってきます。

家族で使用するともっと早いかもしれないかもしれないです。

メーカーによってビーズの継ぎ足しができる物とできない物があります。

長く使いたいのでランニングコストと買い換えは重要なポイントですね。

ビーズクッションの廃棄

ビーズクッションは微粒の粒で構成されています。解体などをしてビーズが舞い散ってしまうと収拾が付かなくなります。

自治体の分別に従って処分する必要がありますが、もし「粗大ゴミ」として処理することが可能でしたら、そちらの手段をお薦めします。

ビーズクッションのメーカーによってはビーズの補充ができなく、都度の買い足しによってヘタれたビーズクッションだらけになってしまいました。

現在、筆者のメインのビーズクッションはビーズの補充ができる物にしています。

ビーズクッションの紹介

ビーズクッションは様々なメーカーからたくさんの商品が販売されています。

本記事では、いくつかのビーズクッションを紹介していきます。

Yogibo

筆者が現在メインで使用しているビーズクッションです。

Yogiboは座り心地もいいのですが、一番の決め手はビーズの補充ができることです。

また、現在のビーズクッションスタイルは「YogiboMAX + Traybo2.0(トレイボー2.0)」にしています。

このセットはとても快適にノートPCで作業ができます。

少し前までは購入してから割とすぐに自宅に届いたのですが、最近は人気のためか新しいビーズクッションが1ヶ月待ち以上になっていますね…

Yogibo

Yogiboのビーズクッションにビーズを補充したときの方法をまとめた記事も作成しました。

ビーズクッションを買うと気になるのがビーズの補充です。

下記の記事が参考になれば幸いです。

Yogibo(ヨギボー)の使い心地とビーズの補充方法を解説

Yogibo(ヨギボー)の使い心地とビーズ補充を分かりやすく解説

無印良品

無印良品のビーズクッションは2つもっていて、気分転換に場所を変えて作業をするときのサブとして使用しています。

ビーズの補充ができないので数だけ多くなってしまいましたが、軽く座り込むにはとても気持ちがいいビーズクッションです。

低めのテーブルにデスクトップPCがある場合などはいい感じに座れます。

無印良品 : 体にフィットするソファ

ニトリ

ニトリのビーズクッションは、ビーズの補充もできて値段も手頃な価格で販売されています。

筆者も所有していますが、こまめにビーズ補充をすれば長く使えると思います。

ちょっと小さめが好きな人にはいいかも。

個人的には、ニトリのミニビーズクッションが好みです。

ニトリ : ビーズクッション・カバー

イオン

イオンでもビーズクッションが販売されています。

少し変わったデザインのものがあるのでとても気になっています。

補充用ビーズもあるので、安心して長く使えそうですね。

イオンスタイルオンライン公式サイト : リラクシングソファWebサイト

ハナロロ

ハナロロは、元々はクッションなどの縫製のみを事業にしていた会社ですが、現在は発泡ビーズも自社で製造しているようです。

たくさんのラインナップがあるので、筆者もいくつか試してみようと考えています。

こちらも補充用ビーズがあるので長く使えますね。

ハナロロ公式Webサイト

EMOOR(エムール)

国産ビーズを使用しているmochimochiシリーズのラインナップになっているビーズクッションです。

キャラクターコラボでかわいいデザインのビーズクッションもあります。

ビーズの補充は、クッション型の袋型ビーズで補充できるようです。

EMOORオンラインショップ公式Webサイト

セルタン

QUBEというラインナップでビーズクッションを展開しています。

こちらも国産ビーズで極小サイズのビーズを使用しているようです。

カラーバリエーションが豊富なので、お部屋の雰囲気に合わせて選べますね。

セルタン公式通販サイト

MOGU

MOGUは三角型のビーズクッションを展開しています。

MOGUではビーズクッション以外にも、雲にさわる夢クッションや、雲に抱きつく夢枕などの幅広いラインナップがあります。

カラフルに彩られたクッションが多く紹介されているので素敵ですね。

MOGUストア

まとめ|ビーズクッションで快適なお家時間を過ごす

ビーズクッションは、メンテナンスなどの手間がかかります。

ただ、それ以上に体験できる心地よさは、腰痛を我慢しながら仕事をしたりするのに比べればたいしたことではありません。

ビーズクッションやガジェットを組み合わせて素敵なビーズクッションライフを送りましょう!

ABOUT US

小林 玲王奈Unicorn Consulting Inc. 代表取締役 CEO
起業する人やスタートアップ企業に出資や資金調達を含めてサポートしながら、ブログの運営やWebアプリの開発、LINEスタンプ制作をしています。2003年から映像業界向けの様々な新規事業立ち上げに従事。2014年からは経営/メディアコンサルティング業も始めて2020年01月に独立。今年から来年にかけて、世田谷の私立校で空中ディスプレイ技術とWebマーケティングの講義を行っています。|SMPTE Professional Engineer Member