営業に向いていないと思ったときに読むブログ

営業に向いていない人はいない

営業をやっていると、営業成績が伸びない時や、ふとした時に自分は営業に向いているのかって思うときがあります。

ひどい場合には同僚や上司から営業に向いていないと指摘を受けることも。

ただ、結論としては営業に向いていない人はいません。

営業の成績って結構外的要因で変わることが多いです。

営業に向いていない人はいない

極論、営業に向いていない人はいません。

  1. ユーザーに役立つ商品やサービスを扱っていて
  2. スムーズな商品購入やサービス利用が可能な環境があり
  3. 社内でのサポート環境が整っている

この3点があれば、営業成績は個人の性格やスキルに大きく影響されず、誰でも業績を上げることができます。

結論としては、営業で成功体験を得る近道は、すでに「売れている」商品やサービスの仕組みを構築している会社で営業をすることです。

売れない商品やサービスをどれだけ無理矢理売ろうとしても、現在の顧客はWebで情報収集して自分が欲しいものが分かっているので覆すのは容易ではありません。

つまり、「勝ち馬に乗る」かたちで、まず営業として成功した体験をもって、売れるパターンを習得してしまうことが超重要です。

参考リンク : 営業系に強い転職サイト・転職エージェント5選【転職先を決めてから辞める】

これから解説する内容も、基本的には「売れないのはあなたのせいではない」というのが原則です。

性格はあまり関係ない

性格はあまり関係ない

営業に向いている性格は、一般的には「社交的で明るい」などの印象が多いと思いますが、実際、陰キャでも営業成績が良い人はたくさんいます。

営業担当になったら、扱っている商品やサービス、業界の事を勉強していく姿勢は最初は誰だってやっているはずです。

ただ、社内に教えていく環境がないと…、正確には自己の力でスキルを伸ばせるようになる学習曲線に乗っかるまでサポートはして上げないと、どの業種の営業でもスタートラインにすら立てずにやめていってしまう人も出てきます。

これって、性格というより、周りのサポート体制の課題ですよね。

雑務が多すぎる

雑務が多すぎる

中小企業では特に、ちょっとした手間やイレギュラーな対応が全て営業にまわされることが多いです。

営業は、顧客の開拓から成約、成約後のフォローが最優先されるべき業務なのですが、社内の色々な手配も全て任されたりします。

また、任される人は大抵は入社したてか、在席年数が浅い順の人に任されやすいです。

「社内のことができなくて社外のことができるのか?」って言う人もよくいたのですが、これはまったく違います。

まず覚えるべきは会社の扱っている商品やサービスの営業フローを覚えることが一番大事で、本人にとってはそれを覚えるだけでも結構精一杯です。

必要な営業フローが構築されていない

営業フローの構築

営業フローは、同じ商材を扱う場合でも会社ごとで全然違います。

結構多いのが、社内の営業プロセスやフローを可視化しておらず、属人的になっている場合です。

特に営業になりたての場合はこの状態はかなり辛いです。

例えベテランといえる営業マンが中途入社で入ってきても、会社文化を知るための基準となる営業フローが構築されて明示化されていないと、最初のほうでかなり躓きます。

営業成績が悪いときに読むブログ

営業フローがしっかりしている会社は、営業担当が育つ可能性がとても高くなります。

また、改善が必要になった時も、基準となる営業フローが明示化されていれば話し合いの基準になってくれます。

営業のやり方を変える

今でも飛び込み訪問やテレアポ、営業メールなどのプッシュ型営業が行われていますが、現在は顧客もWebから多くの情報を得て商品やサービスの検討をするので、押し込んで検討してもらう方法は最善の手段とはいえません。

効果的な営業スタイルに切り替えていく

効果的な営業手法

警戒感を与えずに商品やサービスの売上を上げていくには、「顧客が自ら詳細を知りたくなること」が必要です。

相手が知りたくないことを押し込んで紹介するより、相手が知りたいことを説明するできるほうがとても生産的ですよね。

けれど、その状況にするには、相手が自社のことを認知する必要があります。

営業成績を上げるための方法を分かりやすく解説

営業の心得とかは気にしなくていい

営業の心得は気にしない

よく、営業のやっていると自身の経験に基づいた持論や書籍、webで営業の心得的なものに出会う事が多いのですが、あまりそういうのは気にしない方がいいと思います。

営業の心得は気にしない方がいい

基本的にマナーとして守った方が良いものはありますが、よくある営業の心得に書いてあるようなストイックな内容は、会社が環境を整えられてない状況で実行していくと、たんに疲弊していくだけです。

外回りよりも顧客を引きつける施策にしていく

インバウンド営業に切り替えていく

今でも外回りベースの営業スタイルは多いのですが、顧客開拓に限っていえば、今は効率的に集客を可能にする手段は豊富に用意されています。

旧来のやり方から、新しい営業スタイルに切り替えて環境を変えていくことで結果にも変化が出てくるものです。

飛び込み訪問もいまはやる必要が全くといってよいほどありません。

旧来のやり方から、新しい営業スタイルに切り替えて環境を変えていくことで結果にも変化が出てきます。

従来のやり方にこだわらずに、やり方を変えてみての結果を考察していきながら営業をやってみてから、これからも営業をやっていきたいか考えてみましょう。

営業がブログを書くための素敵なカフェインテリア

営業に向いているかよりも売れる体制が出来ているかが重要です

今でも、「自分は営業に向いているのか」といった話題に出会うことがあるのですが、基本は営業に向いていない人はいません。

けれど、そもそも営業をやっていく環境が整っていない会社向き不向きを考えてしまうほど、答えの出ない辛い環境になっていきます。

前向きな会社であれば、どんどん環境を変えていってその効果を見定めていくことが可能な文化があります。

それが不可能な場合は、辛い状況を続けるよりも転職をして思い切り状況を変えてみた方がうまくいきます。

営業系の転職に強い転職サイトや転職エージェント

営業を長く続けていく場合、強い成功体験が大きな成長のきっかけになりますが、この体験を設計でしてサポートしていく姿勢や体制が整っている会社はたくさんあります。

営業に向いているのか向いていないのかで悩み続けることは、とても辛いことだし自分にとってあまりよい事ではありません。

会社の環境や仕組みを変えていくことが難しいのであれば、整っている会社で営業をやってみるのも1つの手段です。

せっかく働いていくのであれば、楽しくやっていきたいですよね。

スマホのアプリで転職市場の様子を見る

最近は、スマホのアプリでも気軽に転職活動が出来るようにもなってきました。

そのなかでも便利なのがミイダスというアプリです。

ミイダスの特徴は5つです。

  1. 5分くらいで簡単に登録できる
  2. オファーは基本、面接確定
  3. 企業から直接アプローチが来る
  4. 自分と似ている経歴の転職データが確認できる
  5. 氏名、住所の入力が不要なセキュリティ対策

● 企業からオファーが来る転職サービス「ミイダス」とは?

自分の市場価値を知ることも出来るので、とりあえずどんなところからオファーが来るのか試してみるにはとても便利なアプリですね。

転職はミイダス-価値を見いだすアプリ

転職はミイダス-価値を見いだすアプリ

MIIDAS CO., LTD.無料

本記事が少しでも役に立てれば幸いです。

会社に依存しない生き方を実現する方法

ABOUT US

小林 玲王奈Unicorn Consulting Inc. 代表取締役

起業する人やスタートアップ企業に出資や資金調達を含めてサポートしながら、ブログの運営やWebアプリの開発、LINEスタンプ制作をして、ひたすらキャラクターデザインをやっています。

最近は、「会社の収入だけに依存しない生活を手に入れる」ことをテーマにブログ記事を書いたり、ブログ運営を始める人のサポートを無償で行っています。

2003年から映像業界向けの様々な新規事業立ち上げに従事。

2014年からは経営/メディアコンサルティング業も始めて2020年01月に独立しました。

現在、ユニコブログ®以外にも、20サイト以上の特化ブログを立ち上げて運用しています。

全て同じサイト構成、ブログ記事構成、文章構成など、検証可能な範囲で仕様を合わせてみて、収益を出すのに再現性があるか?などを試行錯誤している日々です。

ピックアップしているレンタルサーバーとWordPressテーマを総当たりで組み合わせてサイトスピードがどうなるかなど、思いついた事をひたすら検証する日々も兼ねています。

WordPress用のシンプルなプラグインやブログパーツの開発にもチャレンジしています。

SMPTE Professional Engineer Member

著書 : 『保存版 売上を向上させるためのYouTube活用術』

2020年度 学校法人調布学園 田園調布学園 中等部・高等部「豊かな教養を培う 未来へつなぐ土曜日 コアプログラム『探究』」にて空中ディスプレイコンテンツ制作及びWebサイト制作の特別講師を担当

プロフィールの詳細はこちら