営業力を上げるための5つのスキルをわかりやすく解説

営業力を上げるためのスキルを解説

営業力や営業に必要なスキルは、営業の心得で言われるような心構えやマナーよりも重要なものがいくつもあります。

営業の立場としては敬遠されがちだった、技術系のスキルを組み合わせることが必要になってきています。

営業としても、これから紹介する5つのスキルを身に付けることによって、集客力を大きく向上させることが可能になります。

本記事は中小企業向けの記事になっています。

新しい技術系のスキルを習得していき、営業力を高めていきましょう。

営業力を高めていくための5つのスキル

これからの営業として、身に付けると役立つスキルは以下の5つになります。

  • Webの知識
  • SEOの知識
  • Webライティング
  • プロモーションスキル
  • SNS活用

この分野は別の部署での仕事に感じられる人も多いのですが、これからは「足を使う」営業から、顧客から来てもらう集客方法を活かしていくためにも、営業がこのスキルを覚えていく必要があります。

Webの基礎知識

webの基礎知識を身に付けていくことで、企業サイトやブログ、SNSに必要な運営技術知識がまとめて得られるようになります。

営業の持つ顧客情報とサービスの知識を、Web集客のアイデアに取り込むことができれば、Web集客の成功確率も高まっていきます。

副業や転職にも必ず役に立つスキルなので、これを機会に新しいスキルとして身に付けていきましょう。

Webの基礎知識

WEBの基礎知識を最速で身につける!効率の良い勉強法は5つ【初心者向け】

上記の記事で、Webの基礎知識を身に付けるための情報をまとめましたので、参考になれば幸いです。

SEOの基礎知識

Webのスキルと合わせて重要なのがSEOの基礎知識です。

SEOとは ”Search Engine Optimization”の略称です。

webサイトや企業ブログを立ち上げて更新をしても、ユーザーが検索したキーワードで上位に検索されないと新規顧客をつかみ取ることができません。

現在は、一概にSEOだけを行わなくても、SNSなどからの集客を伸ばしていくこともできますが、やはり対応はしておきたいところです。

SEOの基礎知識を徹底解説!ブログやサイト運営でSEOを活用しよう

SEOの基礎知識を徹底解説!ブログやサイト運営でSEOを活用しよう

営業がSEOの知識を持っていると、Web集客をする上で必要な重要キーワードを掘り当てることが可能になります。

上記の記事にSEOを把握するのに必要なノウハウをまとめたので、参考になれば幸いです。

Webライティングスキル

Webサイトを立ち上げても、その中に作り込んでいくコンテンツの質を上げていかなければ集客の成功率は下がってしまいます。

また、Webサイトや企業ブログサイトなどの構築を、技術担当の方ができたとしても、文章作成能力は、また別物になります。

そんな時に、営業担当としてWebライティングスキルが身についているととても役に立ちます。

ライティング能力を高めて確実に読まれる文章作成能力を身につける

Webライティングで120%読まれる文章とは?稼ぐテクニックを伝授

ライティングの基礎については、上記の記事にまとめました。

こちらも参考になれば幸いです。

Webプロモーションスキル

Webで展開できる広告の出稿方法や、それぞれの広告特性を知っておくことで、Webサイトや企業ブログ、SNSを育てている間にも集客展開を行う事が可能です。

SNS広告とプロモーション方法を設計するマーケティングチームの人達

SNS広告とプロモーションの成功事例!オススメ5大SNSとは?

SNS活用

今や、会社の認知度を上げていくうえでSNSによる企業プロモーションは欠かせないものになっています。

アカウントを開設だけがされていて、運用できていない会社は多くありますが、Webサイト、ブログサイトなどと合わせて運用をすることでSNSは相乗効果を生んでくれます。

SNSとは?SNSの種類を分かりやすく解説

SNSとは?SNSの種類と仕組みを初心者に分かりやすく解説!

効果が出るまでに時間が掛かるかもしれないですが、外回りによる飛び込み営業やテレアポよりも大きな顧客獲得効果が出るようになってくるので、積極的に活用していきましょう。

スキルを身に付けたら

スキルを身に付けていきながら、Webでの集客を身に付けていくために実行段階に入っていきましょう。

問い合わせメール

中小企業の多くは、営業に対しては問い合わせメールへの対応だけをしているところが多いです。

社内の中でWebに詳しい人間がWebサイトなどを簡易的に立ち上げて、問い合わせが来たときだけ営業担当が対応するような仕組みです。

問い合わせのメールは貴重な新規開拓の源泉ではありますが、この件数を伸ばしていこうとする会社はそれほど多くありません。

問い合わせのメールが増やせるようになれば、よくある外回り営業でありがちな飛び込み営業に時間を消耗する必要もなくなります。

飛び込み営業をやる必要がない理由を解説

飛び込み営業はやる必要が無い理由を解説【いきなり相手の時間を奪うのはやめましょう】

Web集客は全体で取り組む

Webでの集客を行うために、社内でWebに詳しい人に全てをお願いすることは、多くの機会を失っている可能性も含んでいます。

Web担当の人は、自分が把握している範囲内でWebサイトなどを立ち上げることが可能ですが、営業担当が持つリアルで役立つ情報については掘り起こしきれないのが正直なところです。

また、多くのWebサイト作成の担当者は、Webまわりだけを専任で業務にできることは少ないので、やはり優先順位が下がっていってしまうのが現状です。

1人でWebによる集客モデルを構築していくのはかなり大変で時間も掛かってしまうことなので、部署で切り分けるような事はしないで、全体で取り組んでいきましょう。

アカウント情報をまとめて整理しておく

割とありがちなのが、営業も含めて全体でWeb集客に取りかかったときに壁になるのが「アカウント情報」です。

全体でWebスキルの習得に取り組み始め、いろいろ取り組み始めようとすると、アカウントの整理がされていなくてWeb,

SNS、その他のプロフィールを登録したサイトなどのアカウントがバラバラな場合があります。

このような情報は早めに整理しておきましょう。

まとめ | Webマーケティングを駆使して集客する

多くの会社では、専任でWebマーケティング担当などを行ってもらうことが中々できません。

そんな場合でも、社内全体でWebスキルを上げていく取り組みをしていけば、集客力を大きく伸ばせるだけでなく、コンテンツを制作していく上でも多くの協力が得られるようになります。

営業でブログを活用する

企業Webサイトの中で、ブログ機能を持たせて運営をしていくことで、自社の商品やサービスに関わる様々な「検索キーワード」をWebの中にちりばめていくことが可能になります。

ブログは長く運用していけばいくほど、集客効果も高まっていきます。

営業効率を上げていくために、従来の営業開拓手法から抜けだし、新しい集客モデルの構築で業績を上げていきましょう。

ABOUT US

小林 玲王奈Unicorn Consulting Inc. 代表取締役 CEO
起業する人やスタートアップ企業に出資や資金調達を含めてサポートしながら、ブログの運営やWebアプリの開発、LINEスタンプ制作をしています。2003年から映像業界向けの様々な新規事業立ち上げに従事。2014年からは経営/メディアコンサルティング業も始めて2020年01月に独立。今年から来年にかけて、世田谷の私立校で空中ディスプレイ技術とWebマーケティングの講義を行っています。|SMPTE Professional Engineer Member