ロリポップ!レンタルサーバーのVPSサービスとは?

ロリポップ!レンタルサーバーのVPSサービスとは?

ロリポップ!レンタルサーバーの姉妹サービスに、「ロリポップ!マネージクラウド」があります。

マネージクラウドは、VPSやクラウドサービスのような拡張性や自由度を備えたホスティングサービスです。

VPSとは仮想専用サーバーのこと。

ホスティングサービスとは、事業者の所有するサーバーの一部、または全領域をレンタルで貸し出すサービスを指しています。

この記事では、ロリポップ!ではどのようにVPSが使えるのか詳しく解説します。

● ロリポップ!レンタルサーバーでWordPressブログを書く方法を徹底解説!

そもそもVPSとは?

そもそもVPSとは?

ロリポップでVPSを使う前に、そもそもVPSとは何なのでしょうか。

本項では、VPSがどのような働きをするのか解説します。

VPSの仕組み

VPSは正式名称をVirtual Private Serverといいます。

日本語で直訳すると、仮想専用サーバーを意味し、ユーザー毎にゲストOSを提供する仕組みのことを指します。

VPS|仮想専用サーバーとは?

VPSとは、日本語で仮想専用サーバーのこと。

別名「バーチャルプライベートサーバー」とも呼ばれています。

ホスティングサービスの1つで、物理的には1台のサーバーを複数のクライアントで共有するが、仮想化技術により専用サーバーと同等の環境が提供されます。

ロリポップ!にはレンタルサーバーのサービスもありますが、VPSと一般的なレンタルサーバーにはどのような違いがあるのか、表にまとめてみました。

VPSの特徴
OSの選択
〇(個別のOSが利用できる)
root権限の有無
〇(あり)
自由度
高い
保守
ユーザー
構築
ユーザー
外部の影響
受けにくい
OSのカスタム
〇(可能)

表中赤字で示した通り、VPSのメリットは個別のOSが利用できることと、外部の影響を受けにくいという点にあります。

続いてレンタルサーバーの特徴を見てみましょう。

レンタルサーバーの特徴
OSの選択
なし
root権限の有無
なし
自由度
低い
保守
提供元
構築
提供元
外部の影響
受けやすい
OSのカスタム
不可

レンタルサーバーはOSの選択ができず、外部からの影響を受けるデメリットはありますが、保守や構築がサービス提供元になっており「初心者でも管理しやすい」といったメリットがあります。

● ロリポップ!レンタルサーバー公式サイト

ロリポップ!マネージクラウド

ロリポップのマネージクラウドサービス

ロリポップ!マネージドクラウドは、ロリポップ!レンタルサーバーの姉妹サービスです。

どちらも同じ、ロリポップ!(GMOペパボ株式会社)が運営しています。

マネージクラウドは、WEBサイトやアプリケーションの管理をよりラクにするためのサービスで、通常のレンタルサーバーの上位サービスになります。

ロリポップ!マネージクラウドとは?

FastContainerをベースとして基本設計を構築し、技術者でないユーザーでも簡単にシステムを管理できるシステムを提供。

サイトの負荷が増加しても拡張でき、アクセスの大きなサイトやコーポレートサイト、メディア放映を控えたサイトの公開に最適です。

ロリポップ!マネージドクラウドは、VPSサービスではありません。

一般的なレンタルサーバーとは異なり、通常のロリポップ!レンタルサーバーにはない、言語やフレームワークが利用できます。

ロリポップ!マネージドクラウドサービスの概要説明
出典:GMOペパボ株式会社

また、ロリポップ!マネージクラウドを利用することで、アクセス急増時の負荷対策も簡単に操作できます。

ロリポップ!レンタルサーバーがおすすめの人

ロリポップ!レンタルサーバーがおすすめの人

ロリポップ!レンタルサーバーは、ブログやWEBサイト制作に必要なスペックをすべて搭載しています。

ロリポップ!レンタルサーバーのプランは5種類あり、WordPressが使えるライトプランは容量160GBと大きく、転送量目安も1月あたり15TBと十分の内容です。

気になる料金も220円からと安く、WordPress高速化に強いLiteSpeedを使用したプランも月額550円から利用できます。

またロリポップ!レンタルサーバーは、法人向けの大容量プラン「エンタープライズ」もリリースしており1TBの容量、転送量目安も1月あたり36TBと最高水準のスペックを備えています。

● ロリポップ!レンタルサーバーとは?運営会社やサービス内容を紹介

ロリポップ!マネージクラウドがおすすめの人

ロリポップマネージクラウドがおすすめの人

ロリポップ!マネージドクラウドは、アクセス急増が予測されるサイトにおすすめのサービスです。

例えば、近々テレビや雑誌で自社のサービスが紹介される企業や個人商店は、大量のアクセスに備えて不可対策をしておく必要があります。

せっかくのビジネスチャンスにもかかわらず、サーバーがダウンしてしまっては、大量の見込み客を逃す結果となります。

こうしたリスクを回避してくれるのが、ロリポップ!マネージクラウドのサービスです。

同サービスでは、サーバーの保守やメンテナンス、運用などのインフラをすべて代行してくれます。

このため、自社エンジニアの負担を減らして、自社の開発や事業、顧客の対応に専念できるというメリットがあります。

気になる料金ですが、1プロジェクト1,078円+定額従量課金制を採用しており、超過した場合の利用料は、基本料金に上乗せして請求されます。

ロリポップ!マネージクラウドのサービスは、以下ロリポップ!公式サイトの右上のツールバーにて申し込みできます。

● ロリポップ!レンタルサーバー公式サイト

通常のブログやWEBサイト制作にはロリポップ!レンタルサーバーがおすすめ

通常のブログやWEBサイト制作にはロリポップ!レンタルサーバーがおすすめ

通常のブログやWEBサイト制作であれば、わざわざ高額なマネージクラウドのサービスを使う必要はありません。

一般的なロリポップ!レンタルサーバーを利用すれば、月額220円から利用でき、上位プランでも月額550円から利用できます。

月額220円のライトプランでも160GBの容量があり、WordPressの高速表示を得意としています。

さらに上位コースのハイスピードプランでも月額550円からで容量は350GB、サイトの高速表示に強いLiteSpeed使用で、SEO施策にも高い効果が期待できます。

ここまでのスペックがあれば、大量のアクセスがあるサイトや大規模サイトでも安心です。

ロリポップ!レンタルサーバーの各プランと内容、料金体系は以下の記事にて詳しく紹介しています。

● ロリポップ!レンタルサーバーの料金プランを徹底解説

まとめ|VPSとクラウドのメリットを組み合わせたホスティングサービス

今回はロリポップ!でVPSに近いサービスが付帯する、ロリポップ!マネージドクラウドを紹介しました。

通常のブログやWEBサイト、コーポレートサイト制作であればロリポップ!レンタルサーバーでカバーできます。

また、ロリポップ!レンタルサーバーであれば、上位プランでも月額550円からと安く、WordPressの高速化に強いLiteSpeedを使用しているので、大切なビジネスチャンスを逃さずに済みます。

ロリポップ!レンタルサーバーの詳細は、下の公式サイトをチェックしてみてください。

● ロリポップ!レンタルサーバー(公式サイト)

ロリポップ!レンタルサーバーのVPSサービス関連記事

ロリポップ!レンタルサーバーのVPSサービス関連記事

当ブログ(ユニコブログ®)では、ロリポップ!レンタルサーバーのサービス特集記事を作成しています。

これらの記事がお役に立てば幸いです。

  1. ロリポップ!レンタルサーバーの口コミと評判を徹底分析
  2. ロリポップ!レンタルサーバーを止めたい解約方法は?
  3. ロリポップ!レンタルサーバーの問い合わせ方法は?
  4. ロリポップ!レンタルサーバーのSSL設定方法と仕組み
  5. ロリポップ!レンタルサーバーのWordPress設定方法を分かりやすく解説
  6. ロリポップ!レンタルサーバーのログインとログアウト方法を解説
  7. ロリポップ!レンタルサーバーと比較されやすいレンタルサーバー5選
  8. ロリポップ!レンタルサーバーでFTPを使う方法
  9. ロリポップ!レンタルサーバーはNode.jsが使える?
  10. レンタルサーバー徹底比較!WordPressおすすめサーバー10選
ABOUT US
小林 玲王奈ユニコーンコンサルティング株式会社 代表取締役

起業する人やスタートアップ企業に出資や資金調達を含めてサポートしながら、ブログの運営やWebアプリの開発、LINEスタンプ制作をして、ひたすらキャラクターデザインをやっています。

最近は、「会社の収入だけに依存しない生活を手に入れる」ことをテーマにブログ記事を書いたり、ブログ運営を始める人のサポートを無償で行っています。

2003年から映像業界向けの様々な新規事業立ち上げに従事。

2014年からは経営/メディアコンサルティング業も始めて2020年01月に独立しました。

現在、ユニコブログ®以外にも、数十サイト以上の特化ブログを立ち上げて運用しています。

全て同じサイト構成、ブログ記事構成、文章構成など、検証可能な範囲で仕様を合わせてみて、収益を出すのに再現性があるか?などを試行錯誤している日々です。

ピックアップしているレンタルサーバーとWordPressテーマを総当たりで組み合わせてサイトスピードがどうなるかなど、思いついた事をひたすら検証する日々も兼ねています。

WordPress用のシンプルなプラグインやブログパーツの開発にもチャレンジしています。

SMPTE Professional Engineer Member

著書 : 『保存版 売上を向上させるためのYouTube活用術』

2020年度と2021年度の 学校法人調布学園 田園調布学園 中等部・高等部「豊かな教養を培う 未来へつなぐ土曜コアプログラム『探究』」にて空中ディスプレイコンテンツ制作及びWebサイト制作の特別講師を担当

プロフィールの詳細はこちら