ロリポップ!レンタルサーバーの料金プランを徹底解説

ロリポップ!レンタルサーバーの料金プランを徹底解説

ロリポップ!レンタルサーバーは、月額220円から利用できるレンタルサーバーです。

またロリポップ!レンタルサーバーは、12カ月以上の利用者で独自ドメインが無料になる特典もあり、費用を抑えてブログやサイトを作ってみたい方にオススメできるサービスです。

ブログやホームページを立ち上げる際、検討する必要があるのがレンタルサーバーですが、たくさんの選択肢があると迷ってしまいますよね。

そこで今回は、数多くのレンタルサーバーのなかでも、WordPressユーザーの間で人気の高い「ロリポップ!レンタルサーバー」を取り上げ、その料金プランについてご紹介します。

あなたにとってふさわしい料金プランは、使用目的や求めるスペックによって変わってきます。

ぜひこの記事をきっかけに、目的にマッチするプランを見つけてくださいね。

● ロリポップ!レンタルサーバーでWordPressブログを書く方法を徹底解説!

ロリポップ!レンタルサーバーの料金プランは5つ

ロリポップ!レンタルサーバーの料金プランは5つ

ロリポップ!レンタルサーバーは、ユーザーの予算や用途に合わせた5つのプランを提供しています。

WordPressに対応しているのは、 2つ目のライトプランから上のコースになります。

ロリポップ!レンタルサーバーの月額料金

下記は、ロリポップ!レンタルサーバーの月額料金の概要です。

1. エコノミー(メール専用)
99円から、容量30GB
2. ライト(WordPress対応)
220円から、容量160GB
3. スタンダード(WordPress対応)
440円から、容量250GB
4. ハイスピード(WordPress対応)
550円から、容量350GB
5. エンタープライズ(WordPress対応)
2,200円から、容量1TB

ここでは、5つのプランの中でもWordPressに対応した「ライトプラン」、「スタンダードプラン」、「ハイスピードプラン」、「エンタープライズ」について、それぞれの特長を詳しく解説します。

※ エコノミープランは、メール専用サービスなので今回は紹介を省きます。

ロリポップ!ライトプラン(月額220円~)

ロリポップ!ライトプラン(月額220円~)

ライトプランは、月額220円からと格安ながらWordPressに対応。

高速表示にも強く、初めてホームページ作成やWordPress運営をしたいと考えている方でも、気軽に挑戦しやすいお手頃なプランです。

下にライトプランの概要(スペック)をまとめてみました。

ライトプランの詳細

容量
160GB
WordPress
〇(WordPress簡単インストール機能、高速表示可)
WEBサーバー
Apache
ストレージ
SSD
転送量
15TB/月
自動バックアップ機能
なし
独自ドメインの数
100まで(独自ドメインのサブドメインはドメイン毎に300個まで)
チャットサポート
メールサポート
電話サポート
なし
初期費用
1,650円
無料お試し期間
〇(10日間無料)
特徴
はじめての方に、お手頃で安心のプラン

最もリーズナブルなプランながら、利用できるディスク容量は160GBと、個人サイトに十分な容量を確保しています。

● ライトプランの申し込みはコチラ

ロリポップ!スタンダードプラン(月額440円~)

ロリポップ!スタンダードプラン(月額440円~)

スタンダードプランは、ライトプランよりもディスク容量と転送量が増えた安心のプランです。

ディスク容量は250GBと、個人サイトはもちろんビジネス用途にも利用可能な容量を確保できます。

スタンダードプランの概要(スペック)は、次の通りです。

スタンダードプランの詳細

容量
250GB
WordPress
〇(WordPress簡単インストール機能、高速表示可)
WEBサーバー
Apache
ストレージ
SSD
転送量
24TB/月
自動バックアップ機能
なし
独自ドメインの数
200まで(独自ドメインのサブドメインはドメイン毎に500個まで)
チャットサポート
メールサポート
電話サポート
初期費用
1,650円
無料お試し期間
〇(10日間無料)
特徴
趣味からビジネス利用まで、幅広いサイトに対応した基本のプラン

前項で紹介したライトプランのサポートは、メールとチャットの二択でしたが、スタンダードプランからは「電話サポート」も利用できるようになります。

「どのプランを選べばいいか迷う…」という場合は、サポートサービスの充実した、スタンダードプランを選んでおけば安心です。

● スタンダードプランの申し込みはコチラ

ロリポップ!ハイスピードプラン(月額550円~)

ロリポップ!ハイスピードプラン(月額550円~)

月額550円から利用できる、ロリポップ!レンタルサーバーイチオシのおすすめプランです。

他のプランでは1,650円〜3,300円必要となる初期費用も、ハイスピードプランでは無料になりお得感があります。

ディスク容量は350GBと大きく、容量不足になることもありません。

また、ハイスピードプランでも、電話サポートが利用できます。

ハイスピードプランの概要(スペック)をまとめてみました。

ハイスピードプランの詳細

容量
350GB
WordPress
〇(WordPress簡単インストール機能、最高速表示可)
WEBサーバー
LiteSpeed
ストレージ
SSD
転送量
30TB/月
自動バックアップ機能
独自ドメインの数
無制限
チャットサポート
メールサポート
電話サポート
初期費用
無料
無料お試し期間
〇(10日間無料)
特徴
大量のアクセスにも高速表示できる安心のプラン

ハイスピードプランは、格安プランよりも表示速度の速いWebサーバー「LiteSpeed」を採用しています。

そのため、エコノミー・ライト・スタンダードの3つのプランと比較するとWordPressの表示速度がより高速になります。

WordPress運用に慣れてきて、SEO対策のために表示速度を改善したいと感じるようになった方は、表示速度も安定性も兼ね備えた、ハイスピードプランを選ぶのがおすすめです。

● ハイスピードプランの申し込みはコチラ

ロリポップ!エンタープライズプラン

ロリポップ!エンタープライズプラン

エンタープライズは、名前の通り企業のコーポレートサイトや大規模サイトを想定したプランです。

容量が1TBとロリポップ!レンタルサーバーで最も容量の大きく、ハイスピードプラン同様、LiteSpeedを使用しておりサイトの高速表示に強い特徴があります。

エンタープライズプランの概要(スペック)は、次の通りです。

エンタープライズプランの詳細

容量
1TB
WordPress
〇(WordPress簡単インストール機能、最高速表示可)
WEBサーバー
LiteSpeed
ストレージ
SSD
転送量
36TB/月
自動バックアップ機能
独自ドメインの数
無制限
チャットサポート
メールサポート
電話サポート
初期費用
3,300円
無料お試し期間
〇(10日間無料)
特徴
法人向けプラン、大容量で大量のアクセスにも安定した運用ができる

エンタープライズプランでも、電話でのサポートが利用できます。

初期費用は3,300円かかりますが、同プランでも10日間の無料お試し期間が利用できます。

● エンタープライズプランの申し込みはコチラ

ロリポップ!レンタルサーバープランの選び方

出典:GMOペパボ株式会社

ここまで、ロリポップ!レンタルサーバーの人気プランについてご紹介しました。

ここまでに紹介した各プラン料金は、月額の最低料金であり、実際の料金は選択する契約期間の長さ(1か月〜36か月)によって変わってきます。

例えば、ライトプランの場合ですが1カ月単位の利用になると、月額料金は440円かかります。

しかし、契約期間が長期になると最安220円にまで割引が適用されます。

契約期間と料金の推移について、表を作成してみました。

ロリポップ!の契約期間と割引(ライトプラン)の場合

1カ月契約
月額 440円
3カ月契約
月額 418円
6カ月契約
月額 385円
12カ月契約
月額 330円
24カ月契約
月額 275円
36カ月契約
月額 220円

1カ月で申し込むよりも、36カ月契約で申し込みをしたほうが、通常の50%OFFで利用できるのでお得です。

まずは10日間無料で利用してみて、操作感など自分に合うと感じたらお得な長期プランを申し込むと良いでしょう。

契約期間を長く設定するほど料金は安くなりますが、初めての場合には「どれくらいの期間続けられるか自信がない…」と、長期契約をためらわれる方も多いでしょう。

契約期間については、12か月契約を選択する方が多いようです。

12か月であれば短すぎず、料金もまずまず抑えられる上に、独自ドメイン無料の特典も適用されるので安心です。

● ロリポップ!12カ月プランの申し込みはコチラ

ロリポップ!レンタルサーバーはSSL設定が無料

ロリポップ!レンタルサーバーはSSL設定が無料

ロリポップ!レンタルサーバーでは、月額利用料金が格安にもかかわらず、無料でSSL設定ができます。

SSLは別名「HTTPS化」とも言われていますが、サイトで常時SSLを使用するための機能のことをこのように呼んでいます。

常時SSLを設定することで、サイト全体がSSLで暗号化されます。

また、WEBサイトでHTTPSが付いているとSSL化されていることが分かります。

SSLの暗号化をする目利ですが、サイトを保護し、第三者によるデータの盗用や改ざんを防ぐことができるなど、セキュリティ対策では欠かせない機能のひとつです。

ロリポップ!レンタルサーバーのSSL設定方法は、以下の記事にて詳しく解説しています。

● ロリポップ!レンタルサーバーのSSL設定方法と仕組み

ロリポップ!レンタルサーバーの支払い方法

ロリポップ!レンタルサーバーの支払い方法

クレジットカード決済限定のレンタルサーバーもあるなか、ロリポップ!レンタルサーバーには、銀行振込やコンビニ払いなど、複数の支払方法が利用できます。

クレジットカードは後払いなので便利ですが、「コンビニ決済」や「おさいぽ!決済」を利用すれば、WebMoney、PayPal、auかんたん決済、ドコモ払いなど、様々な支払い方法から選択できます。

また、WebMoneyやコンビニ決済を利用すれば、クレジットカードや口座がなくても契約できます。

たっぷり10日間お試し無料!

ここまで、ロリポップの人気プランを紹介しましたが、運用サイトに合うプランは見つかったでしょうか?

まだ迷う…という場合には「無料お試し」特典を利用しましょう。

ロリポップ!レンタルサーバーでは、どのプランもたっぷり10日間無料でお試しできます。

操作や設定などを実際に試しながら、自分に適したプランであるかどうかを見極め、納得した上であなたのプランを選んでくださいね。

まとめ|サイトの成長具合で選べる柔軟な料金プラン

サイトの成長具合で選べる柔軟な料金プラン

今回紹介した通り、ロリポップ!レンタルサーバーは、容量160TGBのプランが月額220円から。

また、容量250GBのプランでも月額440円とリーズナブルに利用できます。

WordPressの高速表示にこだわるという方には、LiteSpeedを使用したハイスピードプラン(月額550円)の利用がオススメです。

各プランの詳細は、ロリポップ!レンタルサーバー公式サイトで確認してみてください。

● ロリポップ!レンタルサーバー(公式サイト)

ロリポップ!レンタルサーバーの料金プラン関連記事

ロリポップ!レンタルサーバーの料金プラン関連記事

当ブログ(ユニコブログ®)では、ロリポップ!レンタルサーバーのサービス特集記事を作成しています。

これらの記事がお役に立てば幸いです。

  1. ロリポップ!レンタルサーバーとは?運営会社やサービス内容を紹介
  2. ロリポップ!レンタルサーバーの料金プランを徹底解説
  3. ロリポップ!レンタルサーバーの口コミと評判を徹底分析
  4. ロリポップ!レンタルサーバーを止めたい解約方法は?
  5. ロリポップ!レンタルサーバーの問い合わせ方法は?
  6. ロリポップ!レンタルサーバーのWordPress設定方法を分かりやすく解説
  7. ロリポップ!レンタルサーバーのVPSサービスとは?
  8. ロリポップ!レンタルサーバーのログインとログアウト方法を解説
  9. ロリポップ!レンタルサーバーと比較されやすいレンタルサーバー5選
  10. ロリポップ!レンタルサーバーでFTPを使う方法
  11. ロリポップ!レンタルサーバーはNode.jsが使える?
  12. レンタルサーバー徹底比較!WordPressおすすめサーバー10選
ABOUT US
小林 玲王奈ユニコーンコンサルティング株式会社 代表取締役

起業から法人化して初期の頃は、自分と同じく起業する人、スタートアップ企業への出資や資金調達を含めてサポートしていました。

最近は、主に自社のブログサイト運営やWebメディア、Webアプリの開発や運営、LINEスタンプやLINE絵文字等の2Dイラスト制作を中心にキャラクターデザインをしたり、3DCGによるコンテンツ制作事業をAR(拡張現実)/VR(仮想現実)プラットフォーム向けに行っています。

公式ブログサイトでは、「会社の収入だけに依存しない生活を手に入れる」ことをテーマにブログ記事を書いたり、ブログ運営を始める人のサポートを無償で行っています。

2003年から映像業界向けの様々な新規事業立ち上げに従事。

2014年からは経営/メディアコンサルティング業も始めて2020年01月に独立しました。

現在、ユニコブログ®以外にも、数十サイト以上の特化ブログを立ち上げて運用しています。

全て同じサイト構成、ブログ記事構成、文章構成など、検証可能な範囲で仕様を合わせてみて、収益を出すのに再現性があるか?などを試行錯誤している日々です。

他にも、ピックアップしているレンタルサーバーとWordPressテーマを総当たりで組み合わせてサイトスピードがどうなるかなど、思いついた事をひたすら検証する日々。

WordPress用のシンプルなプラグインやブログパーツの開発にもチャレンジしています。

SMPTE Professional Engineer Member

一般社団法人 日本ポストプロダクション協会認定 映像音響処理技術者

著書 : 『保存版 売上を向上させるためのYouTube活用術』

2020年度と2021年度の 学校法人調布学園 田園調布学園 中等部・高等部「豊かな教養を培う 未来へつなぐ土曜コアプログラム『探究』」にて空中ディスプレイコンテンツ制作及びWebサイト制作の特別講師を担当。2022年度は土曜プログラム(マイプログラム)『仕事最前線』で講演

著述家 / ブロガー兼コンテンツクリエイター

プロフィールの詳細はこちら