ロリポップ!レンタルサーバーでブログを書く方法を徹底解説!

ロリポップ!レンタルサーバーでブログを書く方法を徹底解説!

ロリポップ!レンタルサーバーは、誰もが手軽に始められるレンタルサーバーとして、WordPressブログやWEBサイトなどに、広く導入されているサービスです。

ロリポップ!レンタルサーバーの特徴は、月額220円から使える手軽さと、12カ月以上の利用で対象の独自ドメインが無料になるお得さにあります。

また、ワンクリックでWordPressが設定や他社サーバーからの引っ越し(サイト移行)ができるのも、ロリポップ!レンタルサーバーの魅力です。

この記事では、WordPressに最適化されたレンタルサーバー『ロリポップ!』の特徴とサービス内容、料金体系、ロリポップでブログを書く方法を分かりやすく解説します。

これから、WordPressでブログやWEBサイトを作りたいというあなたは必見です。

目次

ロリポップ!レンタルサーバーとは?

ロリポップ!レンタルサーバーとは?

LOLIPOP!(ロリポップ)は、GMOペパボが運営しているレンタルサーバーサービスの名称です。

ロリポップ!レンタルサーバーには、次のような特徴があります。

ロリポップ!レンタルサーバーの特徴
  1. 月額が数百円代からと価格が手ごろ
  2. WordPressが60秒で設定できる
  3. 上位プランはLiteSpeed使用、WordPress表示に強い

ロリポップ!レンタルサーバーは、月額料金の手軽さに加えて、WordPress設定のしやすさ、WordPress表示に強い点に特徴があります。

たしかに「月額220円」というのは、他ではなかなか聞かない金額です。

ロリポップ!は「なぜ、ここまで安く出来るのか?」というユーザーの質問に対して、公式サイトは次のように回答しています。

ハードウェアやインフラの低価格化を背景に、安価でのサービス提供が可能となりました。安いからといってサーバーが重かったりサポートが悪いといった事はありませんのでご安心ください。

出典元:ロリポップ!レンタルサーバー(公式サイト)

この言葉から、安くてもサービスの質に自信があることが伝わってきますね。

なお、ロリポップには「10日間無料お試し」の期間があり、実際の使用感や操作性なども気軽にトライできるほか、12カ月以上の契約で人気の独自ドメインが永久無料で使用できます。

ロリポップ!の背景ですが、2001年からサービスをスタートしました。

2022年には、21周年を迎え、累計200万のサイトがロリポップ!を使ってブログやホームページを作成してきました。

実際に、独自ドメインのムームードメインと「セットでサーバーを申しこんだ」という方も多いのではないでしょうか。

後述しますが、ムームードメインもロリポップ!と同じ、GMOペパボ株式会社が運営している姉妹サービスです。

● ロリポップ!レンタルサーバー(公式サイト)

ロリポップ!レンタルサーバーの料金とプラン

ロリポップ!レンタルサーバーの料金とプラン

ロリポップレンタルサーバーのプランは、全5段階あります。

最安の「エコノミープラン」は月額99円から利用できるのですが、WordPressが使えるプランはライトプラン(月額 220円〜)より上のコースになります。

ここで、ロリポップ!レンタルサーバーの料金体系をまとめてみました。

ロリポップ!の料金体系
エコノミー
月額99円〜(専用メールアドレスのみ)
ライト
月額220円〜(WordPress可)容量160GB
スタンダード
月額440円〜(WordPress可)容量250GB
ハイスピード
月額550円〜(WordPress可)容量350GB
エンタープライズ
月額2,200円〜(WordPress可)容量1TB

2021年には、スタンダードプラン(現在220円のプラン)のディスク容量を100GBから160GBにまで増量しています。

また、日本のSaaS・ソフトウェアTOP50を選出する『ITreview Best Software in Japan』では、人気のレンタルサーバーサービスに選出されています。

実際に、有名なアーティストやブロガー、アフィリエイターも数多く、ロリポップ!レンタルサーバーを使ってブログやWEBサイトを運営しています。

また、ブログ初心者にもロリポップ!レンタルサーバーは人気です。

冒頭でも述べましたが、ロリポップ!人気の理由は、運用コストを抑えながら簡単にWordPressを導入できる点にあり、ワンクリックでWordPressができるなど、WordPressに最適化されています。

● ロリポップ!レンタルサーバーの料金プランを徹底解説

WordPressブログとは?

ロリポップレンタルサーバーで扱うWordPressブログとは

WordPress(ワードプレス)は、世界中で利用されているCMSのこと。

カスタマイズ性が高いのでデザインのアレンジがしやすく、初心者でも見栄えの良いWEBサイトやブログがカンタンに作成できます。

また、WordPressにはセキュリティやSEOに役立つ、さまざまなプラグインが配布されており、WordPressテーマと呼ばれるテンプレートを使うことで、さらに集客や収益にも強いブログやWEBサイトが作れます。

通常、WEBサイトを構築するには、データベースの作成から環境づくりをしなければいけません。

WEB制作の知識や経験がない場合は、この構築段階で苦労してしまう場合が多いでしょう。

しかし、ロリポップ!レンタルサーバーでは、初心者でも手軽にWEBサイトが構築できる「WordPress簡単インストール」を提供。

レンタルサーバー契約後、わずか60秒でWordPressの設定ができ、構築が完了すると、すぐにブログ執筆がはじめられます。

WordPress設定方法

ロリポップレンタルサーバーで扱うWordPress設定方法

ロリポップ!レンタルサーバーは、月額220円のライトプランからWordPressが使用できます。

また、月額550円のハイスピードプランを選べば、ライトプランよりもWordPressの高速表示に強くなります。

他社WEBサーバーの多くが、Apacheを採用しており、ロリポップ!でもライトプランとスタンダードプランにはApacheが使われています。

Apacheよりも高速表示に強いとされているのが、LiteSpeedと呼ばれるWEBサーバーです。

ロリポップ!では、ハイスピードプラン、エンタープライズプランの二種類に、LiteSpeedが導入されています。

なお、GMOペパボのグループサービスにConoHa WING(コノハウィング)と呼ばれるレンタルサーバーがあります。

こちらのConoHa WINGではLiteSpeed LSAPIを導入しており、WordPressの高速表示で定評があります。

● ConoHa WING(コノハウィング)でブログを作る方法と手順

同じく、お名前ドットコムレンタルサーバーというサービスもありますが、お名前.comではWEBサーバーにApacheを使用しています。

● お名前.com(ドットコム)のRSプランとは?

WordPressの引っ越し機能

他社サーバーから、ロリポップ!レンタルサーバーに引越しをする場合には、ロリポップの提供する「WordPress簡単引越し」機能がおすすめです。

WordPress簡単引越しを使えば、移行元と移行先の情報を入力するだけで、簡単にサイトのお引っ越しが完結します。

● ロリポップ!レンタルサーバーのWordPress設定方法を分かりやすく解説

WordPressで使用する独自ドメインも無料

WordPressで使用する独自ドメインも無料

WordPressで使用するドメインですが、サイトの看板となる部分です。

このため、デフォルトのURLではなく、任意の文字列で独自ドメインを取得されることをおすすめします。

● ブログ名の決め方を分かりやすく解説【独自ドメインの取得方法まで解説】

独自ドメインの取得方法ですが、お名前.comやムームードメインなど、二大独自ドメイン取得サービスを利用される方が多いです。

どちらも格安でドメイン取得できる人気のサービスですが、ライバル会社が運営していると思い込んでいる方も多いのでは?

実は…知らない方も多いのですが、お名前.com(ドットコム)とムームードメインは、同じGMOの姉妹サービスです。

ロリポップ!レンタルサーバーと最も結びつきが強いのが、ムームードメインのサービスで(GMOペパボ株式会社が運営)、ロリポップ!で12カ月以上のプランを申し込んだ方には、特典として独自ドメインが1つもらえます。

しかも、もらえた独自ドメインは短期間では無く、ロリポップ!レンタルサーバー使用中は永久無料で使用できる太っ腹な特典です。

実際に独自ドメインを提供するのは、ロリポップではなく、姉妹サービス「ムームードメイン」なのですが、自分の好きな文字列でオリジナルの独自ドメインが取得できるので便利ですよ。

WordPressテーマなら、デザインも自由自在

WordPressのデザインテンプレートを利用すれば、センスがキラリとひかるおしゃれなブログやサイトも自由につくれます。

こうしたWordPressのデザインテンプレートは、WordPressテーマと呼ばれています。

WordPressテーマには、無料のものもあれば、有料のものもあるのですが、SEOに強く集客や収益化などで結果を出したい方には、有料のWordPressテーマを取得されることをおすすめします。

筆者も最初は無料のWordPressを使ったことがあるのですが、有料のテーマには、無料テーマにない、SEOの調整やセキュリティ設定などが組み込まれています。

結果、有料であれば面倒なプラグインを増やすことなく、最良のコンディションでブログやWEBサイトが構築できるので便利ですし、サイト構築においても「大幅な時短」ができた意味は大きいです。

● WordPressおすすめブログテーマ10選!有料版と無料版を比較

ロリポップ!レンタルサーバーでブログを書く方法

ロリポップ!レンタルサーバーでブログを書く方法

ロリポップ!レンタルサーバーでブログを書き始めるのに、時間はかかりません。

レンタルサーバーを契約して、ユーザー専用ページにログインし、WordPressと書かれた項目をワンクリックすれば、わずか60秒後にはWordPressが使えるようになっています。

WordPressのインストール後、やっておくと後々便利な設定方法は、下の記事にて分かりやすく紹介しています。

● WordPressの初期設定でやっておくと良いことを分かりやすく解説

実際にどのような方法でブログを書けばよいのか。文章が苦手、各テーマが見つからないという方は多いかもしれませんね。

厳密に言えば、通常の文章とWEBライティングには違いがあり、WEBライティングではより「SEOを意識した書き方」が必要になります。

SEOを意識するだけでも、Google検索に上がりやすく集客しやすい記事やブログに仕上がります。

集客と収益化に強いWebライティングの手法は、下の記事にて詳しく解説しています。

文章を書くのが苦手という方は、ぜひチェックしてみてください。

● Webライティングで120%読まれる文章とは?稼ぐテクニックを伝授

ロリポップ!のログイン方法

ロリポップ!のログイン方法

ロリポップで使用するコントロールパネルは「ユーザー専用ページ」と言います。

ユーザー専用ページは、ロリポップの公式サイト上でログインできます。

ログインの手順

ロリポップ!公式サイト上部の右端にある「ユーザー専用ページ」と書かれたボタンをクリックしてみてください。

IDとパスワードを入力すれば、コントロールパネルにログインできます。

コントロールパネルの役割

ロリポップ!レンタルサーバーのコントロールパネルには、ホームページ作成に必要な情報が記載されています。

利用するメールアドレスの追加も、コントロールパネルから新規登録で増やせます。

また「ユーザー専用ページ」では、レンタルサーバーの各種設定だけでなく、個人情報や契約プラン、支払い方法などの登録情報、独自ドメイン、WordPressなどの設定が一括管理できます。

他にも「ユーザー専用ページ」には、ホームページ作成をサポートしてくれるツールがインストールできます。

ロリポップ!レンタルサーバーのコントロールパネル経由で簡単インストールできるツールは、WordPress・ownCloud・baserCMS・EC-CUBEなどです。

ロリポップ!のログイン情報

ロリポップ!レンタルサーバーの「ユーザー専用ページ」は、ロリポップ!のドメイン名、独自ドメイン名でログインできます。

そのほか、Facebookを連携済みであれば、FacebookのIDとパスワードでもログインできるので便利ですよ。

コントロールパネルには、重要な情報が集約されています。

このため、セキュリティ面を意識して運用していかなければいけません。

コントロールパネルにログインするためのパスワードは、定期的に更新しセキュリティを高めてください。

ログインパスワードを変更するには、ユーザー専用ページにログインして「アカウント情報/パスワード変更」を開いて、任意のパスワードを設定してください。

セキュリティを高めるには、推測されづらい長い文字列でパスワードを設定するのがおすすめです。

なお、具体的なログイン方法は下の記事でも詳しく解説しています。

● ロリポップ!レンタルサーバーのログインとログアウト方法を解説

ロリポップ!でFTPソフトを使う方法

ロリポップ!でFTPソフトを使う方法

FTPとはHTMLファイルなどのアップロードや更新や、ファイルをアップロードして転送したり、ファイル共有のために使われる機能のこと。

ホームページやブログの公開に「FTPソフトを使っています」という方も多いですよ。

ロリポップ!のユーザー専用ページでは、FTPが使用でき、ログインするだけでロリポップ!FTPと呼ばれる機能が使用できます。

実際に、ロリポップでFTPソフトを使う方法や、操作手順は下の記事にて詳しく解説しています。

● ロリポップ!レンタルサーバーでFTPを使う方法

ロリポップ!レンタルサーバーのVPSサービス

ロリポップ!レンタルサーバーのVPSサービス

VPSとは、仮想専用サーバーのこと。

仮想化技術により専用サーバーと同等の環境が提供されているホスティングサービスです。

ロリポップ!レンタルサーバー自体に、VPSサービスは搭載されていませんが「ロリポップ!マネージクラウド」と呼ばれるサービスは、レンタルサーバーの良い部分とVPSの良い部分を搭載しています。

例えば、テレビや雑誌などの公開を控えており、アクセス集中によるサーバーダウンを防ぎたいという方が、短期的に「ロリポップ!マネージクラウド」を使うケースもあります。

ロリポップ!マネージクラウドの詳細は、下の記事にて紹介しています。

大規模なコーポレートサイト制作、ECサイトを運用中の方におすすめのサービスです。

● ロリポップ!レンタルサーバーのVPSサービスとは?

ロリポップ!レンタルサーバーのSSL設定方法

ロリポップ!レンタルサーバーのSSL設定方法

ロリポップ!では無料SSLが使用できます。

独自SSLとは、サイトにSSLを実装することで、SSLがあればサイトの通信が暗号化され、セキュリティを高めることができます。

ブログやサイトのURLに鍵マークが付いていれば、SSL設定が行われたサイトだと一目で分かります。

ブログやサイトの信頼性を確保するためにも、SSL設定は必須といえますが、ロリポップ!レンタルサーバーでは無料/ 有料と、二種類のSSLを用意しています。

一般的なブログやサイトには無料SSLが多く導入されています。

また、ECサイトや大型サイト、法人サイトの運営には有料SSLが使用されることが多いです。

ロリポップ!レンタルサーバーでSSLを設定する方法は、下の記事を参考にしてください。

● ロリポップ!レンタルサーバーのSSL設定方法と仕組み

ロリポップ!はNode.jsが使える?

ロリポップレンタルサーバーはNode.jsが使えるのか

Node.js(ノード・ジェイエス)は、サーバー側で動くJavaScriptのことで、フロントエンドの開発において広く導入されています。

ロリポップ!では、「ロリポップ!マネージドクラウド」と呼ばれるサービスがNode.jsに対応しています。

前項でも紹介しましたが、ロリポップ!レンタルサーバーと「ロリポップ!マネージドクラウド」は、名称は似ているものの異なるサービスです。

ロリポップ!レンタルサーバーは、名前からも分かる通りレンタルサーバーサービスですが、「ロリポップ!のマネージドクラウド」は共有レンタルサーバーと、VPSやクラウドの特徴を足して2で割ったような、次世代のホスティングサービスです。

下の記事では、Node.jsや、ロリポップ!マネージクラウドについて分かりやすく紹介しています。

● ロリポップ!レンタルサーバーはNode.jsが使える?

ロリポップ!レンタルサーバーの口コミ評判

ロリポップレンタルサーバーの口コミと評判

ロリポップ!レンタルサーバーのユーザーは、ロリポップ!のサービスや使用感について、どのような印象を抱いているのでしょうか。

ここではTwitterやFacebook、個人ブログ等を参考にロリポップ!レンタルサーバーの口コミと評判を集めてみました。

コストパフォーマンスが良いサービス

月額費用の安さで、ロリポップ!レンタルサーバーを選びました。WordPressの高速化に強いハイスピードプランを申し込んだのですが、月額550円という安さにビックリしました。コスパ最高ですね。”30代・アルバイト(女性)

上位プランに切り替えて良かった

最初はスタンダードプランを使っていたのですが、よりスピードが速いと聞いて、上位のハイスピードプランを契約しました。たしかに、プランを切り替えてから、WordPressの体感速度が上がったように思います。”40代・会社員(男性)

初期費用なしのプランがおすすめ

料金プランをじっくり見ていたのですが、ライトプランとスタンダードプランは、初期費用が1,650円かかるんですね。危うく見逃すところでした。
ハイスピードプランは、月額費用無料で容量も350GBと大きく、高速表示に強いLiteSpeedを使っているのでお得でした。個人的にはこのプランが、イチオシですね。”30代・アフィリエイター(男性)

会社のサイトで使ってます

起業をするにあたって、ムームードメインで独自ドメインを取得し、こちらのレンタルサーバーを使用しています。
容量が大きく、表示もサクサクできているので良いと思います。後になって、独自ドメイン無料って知ったのですが、ムームードメインと提携しているのですね。”50代・経営者(女性)

財布に優しいので安心

高校に入ってから、ブログアフィリエイトをはじめました。契約のしやすさで、このレンタルサーバーを選んだのですが、WordPressも設定しやすいですし、安いので財布にも響かず助かっています。”10代・学生(男性)

ロリポップ!レンタルサーバーは、料金の安さで惹かれている人が多い印象ですね。

筆者も実際に使ってみましたが、ライトプラン(Apache使用)が月額220円、ハイスピードプラン(LiteSpeed使用)でも月額550円というのは確かに安いですし、サーバーのスペックにも不満はありません。

また、今回は紹介していませんが、ムームードメインで独自ドメインを取得した際、おすすめのサービスとして「ロリポップ」の名前を知り、そのまま申し込んだという方も多かったです。

このほか、ロリポップ!レンタルサーバーの口コミは下の記事でも数多く紹介しています。

ユーザーがどのようにロリポップを評価しているのか、チェックしてみてくださいね。

● ロリポップ!レンタルサーバーの口コミと評判を徹底分析

ロリポップ!の運営会社

ロリポップレンタルサーバーの運営会社

GMOペパボと言えば、独自ドメインサービスのムームードメイン、ホステージサービスのヘムテル、ネット決済サービス『おさいぽ!』のほか、ECサイト作成サービス『カラーミーショップ』、ホームページ作成サービスのグーペなどが有名ですね。

意外なところでは、ハンドメイドマーケットのminne(ミンネ)、オリジナルグッズの販売サイトSUZURI(スズリ)も、GMOペパボが運営しています。

SUZURIでは、筆者がLINEスタンプで展開しているキャラクターのグッズなどを販売しています。

● ユニコスタンプ®ストア

GMOペパボの概要
社名
GMOペパボ株式会社(英文表記:GMO Pepabo, Inc.)
沿革
2001年に前身となる合資会社マダメ企画を設立、同年11月にロリポップ!を開始
運営サービス
ロリポップ、ムームードメイン、ヘテムル、カラーミー、グーペ、minnneほか

LOLIPOPはもともと、日本語でいうペロペロキャンディのことですが、レンタルサーバーの名称になったのは「ポップで手軽な存在」というイメージがあるのでしょうか。

いまは無くなってしまいましたが、以前のロリポップ!は「ロリポップおじさん」と呼ばれるサンタクロースのようなキャラクターが採用されていました。

その後、2017年にデザインを一新。

現在のロリポップ!レンタルサーバーには、おじさんのシルエットのみがロゴデザインで残っており、より洗練されたデザインとサービスに生まれ変わっています。

筆者はサービスリリース直後から利用していたので、もう20年くらいの利用者になります。

途中、メールアドレスもIDもパスワードも全て分からなくなって、アカウントの作り直しをした経験が思い出されます。

また、20年前はWebサイト制作の委託業務をやっていたりもしたので、相当な数のWebサイト制作をするためのインフラとして、ロリポップ!レンタルサーバーmにお世話になりました。

ロリポップ!レンタルサーバーの昔と今のTOP画面比較
GMOペパボ株式会社

ロリポップ!レンタルサーバーを運営するのは、IT大手のGMOペパボ株式会社です。

連続起業家として有名な家入一真氏が2003年に設立したサービスで、2009年には新たな代表(佐藤健太郎氏)が就任しました。

初期のロリポップ!レンタルサーバーは、家入一真氏と現在の代表である佐藤健太郎氏、そして株式会社バーグハンバーグバーグ(オモコロ、ジモコロなどの人気サイトを運営)の前代表のシモダテツヤ氏の三人で運営されていて、一部では「伝説」とされています。

ロリポップ!レンタルサーバーを運営する、GMOペパボ株式会社の概要は、下の記事にて詳しく解説しています。

● ロリポップ!レンタルサーバーとは?運営会社やサービス内容を紹介

ロリポップ!レンタルサーバーの問い合わせ方法

ロリポップレンタルサーバーの問い合わせ方法

ロリポップ!レンタルサーバーの問い合わせ方法は、【問い合わせフォーム、チャットサポート、電話】の三種類です。

契約前の方でも、下のリンクからお問い合わせフォームとチャットサポートが利用できます。

● ロリポップ!レンタルサーバー(公式サイト)

電話サポートですが、スタンダードプラン(月額440円から)以上の方のみ利用できます。個人的におすすめなのは、チャットによるサポートです。

待ち時間も少ないですし、チャットですぐに問題解決ができ、質問した内容はログで残せるので安心です。

お問い合わせフォームから質問をした場合、速ければ数時間、遅ければ2営業日ほどの時間がかかります。

お問い合わせフォームは24時間年中無休で営業していますが、お急ぎの方にはおすすめできません。

電話サポートサービスですが、月曜日の午前中は混み合うので、月曜日の午後以降にかけてみてください。

ロリポップ!レンタルサーバーの詳しい問い合わせ方法は、下の記事が参考になります。分からないことがあれば、ぜひチェックしてみてください。

● ロリポップ!レンタルサーバーの問い合わせ方法は?

ロリポップ!と比較されやすいレンタルサーバー

ロリポップ!と比較されやすいレンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバーと比較されやすいレンタルサーバーに、同じGMOのお名前.com(ドットコム)レンタルサーバー、ConoHa WING(コノハウィング)があります。

また、レンタルサーバー大手エックスサーバー、エックスサーバーの提供する次世代サービスシン・レンタルサーバーなどのサービスがあります。

  1. お名前.com
  2. ConoHa WING(コノハウィング)
  3. エックスサーバー
  4. シン・レンタルサーバー

いずれも大容量でWordPressの高速化に強いレンタルサーバーです。

サイトの高速表示は、いまやSEO対策に欠かせない要素のひとつで、WordPressブログやWEBサイト制作では「サーバーのスピード」が重視されています。

ここで、WordPressに最適化された「人気レンタルサーバー」を4社紹介しましょう。

お名前.com(ドットコム)レンタルサーバー

お名前ドットコムレンタルサーバーサービス

お名前.com(ドットコム)は、ロリポップ!と同じGMOが運営するサービスで、一般的には独自ドメイン取得サービスが有名ですが、レンタルサーバーサービスも提供しています。

お名前.comのサーバーはApacheで、ロリポップ!レンタルサーバーのライトプラン、スタンダードプランと同じWEBサーバーを使用しています。

プランは一種類しかないのですが、容量は300GB、転送量目安は1カ月あたり27.0TBと十分なスペックです。

また電話サポートは、24時間年中無休で対応しているので、初心者の方の「分からない、教えて欲しい」という要望にスピーディーに対応してくれます。

● お名前.com(ドットコム)レンタルサーバーでブログを書く方法

ConoHa Wing(コノハウィング)

ConoHa WING(コノハウィング)レンタルサーバー

ConoHa WING(コノハウィング)も同じく、GMOの高速レンタルサーバーです。

WEBサーバーには高速表示で定評のあるLiteSpeedを採用。

月額1,000円前後から利用できる手軽さが受けています。

また、長期割引プラン「WINGパック」は、独自ドメインが最大2つまで永久無料。

WordPressもワンクリックで設定できるなど、今すぐブログやWEBサイトを作りたい方におすすめです。

ブロガーやアフィリエイターの間でも、「コノハウィングが良いらしい」「スピードが上がった」といった声を聞きます。

また、筆者が実際にConoHa WINGを使用してみて、感じたことは下の記事にて詳しく紹介しています。ConoHaが気になる方は、ぜひチェックしてみてください。

● ConoHa WING(コノハウィング)を使ってみた使用感や感想を書いてみた

エックスサーバー

エックスサーバーのレンタルサーバーサービス

エックスサーバーは、ロリポップ!レンタルサーバーと同時期(2001年)にスタートした歴史の長いレンタルサーバーです。

エックスサーバーは時代に合わせて、常に進化し続けるサーバーであり、最近では高速化技術KUSANAGI技術を採用し、WordPress表示の高速化に成功しました。

また、エックスサーバーでは大量アクセスにも強い商用機器も導入しており、サイトの規模やサクセスに左右されない、安定した運用が行えることでも評判です。

エックスサーバーの料金は初期費用無料、月額990円から利用でき、契約時には人気の独自ドメインが永久無料で使える特典も付帯します。

● エックスサーバーの契約からブログを始める手順を分かりやすく解説!

シン・エックスサーバー

シン・レンタルサーバーのレンタルサーバーサービス

シン・レンタルサーバーは、前述のエックスサーバーが2021年にリリースした新しいレンタルサーバーサービスです。

「シン」という名前からも分かるとおり、新しい・進化するといった意味が込められており、エックスサーバー同様、高速化技術のKUSANAGIが搭載されています。

● シン・レンタルサーバーがWordPressに強い理由!KUSANAGIとは?

シン・レンタルサーバーにはエックスサーバーの機能に加えて、従来のSSDよりも速いオールNVMeを使用するなど、最新技術を積極的に取り入れ「速度の優位性」という点に重きを置いています。

また、シン・レンタルサーバーもワンクリックでWordPressが設定でき、独自ドメインも永久無料で使える特典が付帯しています。

気になる費用は初期費用無料、月額770円からと、エックスサーバーよりもリーズナブルな料金体系です。

さらに、不定期ではありますが、入会特典としてキャッシュバックや月額料金が安くなるキャンペーンも頻繁に実施されています。

● シン・エックスサーバーの契約からブログを始める手順を分かりやすく解説!

このほか、ロリポップ!レンタルサーバーと比較されやすいレンタルサーバーは、以下の記事でも詳しく紹介しています。

● ロリポップ!レンタルサーバーと比較されやすいレンタルサーバー5選

ロリポップ!レンタルサーバーでよくある質問

ロリポップ!レンタルサーバーでよくある質問

最後に、ロリポップ!レンタルサーバーで「よくある質問」を集めてみました。

質問① プランの選び方を教えてください

【回答】サイトの規模や目的、月々の予算にあわせて、プランを選びましょう。

ロリポップ!レンタルサーバーには5つのコースがあり、WordPressが使えるプランは月額220円から利用できます。

最安のプランでも容量は、160GBあります。

また高速サーバーLiteSpeedを搭載したプランでも、月額550円からとランニングコストをかけずに使用できます。

このほか、法人の方や大型サイトを運営される方には、エンタープライズプランやロリポップマネージドクラウドと呼ばれる、次世代のホスティングサービスがおすすめです。

● ロリポップ!レンタルサーバー(公式サイト)

質問② 支払い方法を教えてください

【回答】ロリポップ!レンタルサーバーの支払い方法は、クレジット決済、コンビニ決済、おさいぽ!決済、銀行振込、ゆうちょ振替です。

クレジットカード払い

クレジットカードは、VISA、Master、JCB、Diners、AMEXに対応しています。

またコンビニ決済は、セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、セイコーマートで支払いができます。

おさいぽ!決済

おさいぽ!決済は、GMOペパボ株式会社独自の決済方法で、クレジットカードがなくても即時決済できる便利なサービスです。

おさいぽ!はユニークなサービスでアカウントを作成すれば、ゆうちょ振替やコンビニ払い、銀行振込、WebMoney、Paypalのほか、auかんたん決済、docomo払いなどでチャージができ、チャージの範囲内で決済ができる電子マネーのような存在です。

おさいぽ!のメリットはチャージに応じてポイントが貯まり、貯まったポイントは金融手数料などの手数料に充当できることです。

銀行振込

銀行振込は三菱UFJ銀行または、GMOあおぞらネット銀行への振込となります。

このほかゆうちょ銀行への支払いもできるので、お好きな方法で手続きをしてください。

質問③ WordPressのスピードは速いですか?

【回答】はい。ロリポップ!レンタルサーバーのハイスピードプランは、高速化で定評のあるLiteSpeedと呼ばれるWEBサーバーを使用しています。

他社の高速サーバーにも、いくつかLiteSpeedを使うサービスはありますが、LiteSpeedが月額550円から利用できるサービスは珍しく、WordPressユーザーの間で人気があります。

質問④ お試し期間中に契約は解除できますか?

【回答】はい。ロリポップ!レンタルサーバーは10日間の無料期間があり、期間中に解約をすれば完全無料で、WordPressに強い高速サーバーのお試しができます。

本契約後は、上位プランのみ変更はできますが、コースのダウングレード(下位プランへの切り替え)はできないので注意しましょう。

質問⑤ ロリポップ!レンタルサーバーの解約方法は?

【回答】ロリポップ!レンタルサーバーの解約は、ユーザー専用ページから手続きできます。

実際にどのようにして、解約できるのか下の記事にて分かりやすく解説しています。

● ロリポップ!レンタルサーバーを止めたい解約方法は?

ロリポップ!レンタルサーバーの申し込み方法

ロリポップ!レンタルサーバーは、下の「公式サイト」から申し込みができます。

● ロリポップ!レンタルサーバー(公式サイト)

10日間のお試し期間を利用したい方は、上のサイトにあるオレンジ色のボタン『まずは無料でお試ししてみる』をクリックして申し込んでみてください。

GMOペパボ株式会社

また、ロリポップ!レンタルサーバーを今すぐ使ってみたいという方は、上のサイト右上の【お申し込み】と書かれたボタンをクリックしてみてください。

ロリポップ!レンタルサーバーでは、キャンペーンなどが不定期で実施されており、時期によってはオプションサービスの初月無料、契約期間の無料延長などの特典が受けられます。

まとめ|コストパフォーマンスの高いロリポップ!レンタルサーバー

コストパフォーマンスの高いロリポップ!レンタルサーバー

今回はロリポップ!レンタルサーバーの特徴や、ブログを書く方法、各種設定方法を紹介しました。

ロリポップ!はWordPressに最適化されており、初めての方でもWordPressブログやWEBサイトの制作がサクサク進められますよ。

また、ロリポップ!はWordPressの高速化に強く、無料SSLが使えるなど、セキュリティ&SEO対策にもうれしい機能を多数搭載しています。

レンタルサーバー選びでお悩みの方は、月額220円から利用できるなど、コストパフォーマンスの高いロリポップ!レンタルサーバーの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

● ロリポップ!レンタルサーバー(公式サイト)

ロリポップ!レンタルサーバーでブログを書くときの関連記事

ロリポップ!レンタルサーバーでブログを書くときの関連記事

当ブログ(ユニコブログ®)では、ロリポップ!レンタルサーバーのサービス特集記事を作成しています。

これらの記事がお役に立てば幸いです。

  1. ロリポップ!レンタルサーバーとは?運営会社やサービス内容を紹介
  2. ロリポップ!レンタルサーバーの料金プランを徹底解説
  3. ロリポップ!レンタルサーバーの口コミと評判を徹底分析
  4. ロリポップ!レンタルサーバーを止めたい解約方法は?
  5. ロリポップ!レンタルサーバーの問い合わせ方法は?
  6. ロリポップ!レンタルサーバーのSSL設定方法と仕組み
  7. ロリポップ!レンタルサーバーのWordPress設定方法を分かりやすく解説
  8. ロリポップ!レンタルサーバーのVPSサービスとは?
  9. ロリポップ!レンタルサーバーのログインとログアウト方法を解説
  10. ロリポップ!レンタルサーバーと比較されやすいレンタルサーバー5選
  11. ロリポップ!レンタルサーバーでFTPを使う方法
  12. ロリポップ!レンタルサーバーはNode.jsが使える?
  13. レンタルサーバー徹底比較!WordPressおすすめサーバー10選
ABOUT US
小林 玲王奈ユニコーンコンサルティング株式会社 代表取締役

起業する人やスタートアップ企業に出資や資金調達を含めてサポートしながら、ブログの運営やWebアプリの開発、LINEスタンプ制作をして、ひたすらキャラクターデザインをやっています。

最近は、「会社の収入だけに依存しない生活を手に入れる」ことをテーマにブログ記事を書いたり、ブログ運営を始める人のサポートを無償で行っています。

2003年から映像業界向けの様々な新規事業立ち上げに従事。

2014年からは経営/メディアコンサルティング業も始めて2020年01月に独立しました。

現在、ユニコブログ®以外にも、数十サイト以上の特化ブログを立ち上げて運用しています。

全て同じサイト構成、ブログ記事構成、文章構成など、検証可能な範囲で仕様を合わせてみて、収益を出すのに再現性があるか?などを試行錯誤している日々です。

ピックアップしているレンタルサーバーとWordPressテーマを総当たりで組み合わせてサイトスピードがどうなるかなど、思いついた事をひたすら検証する日々も兼ねています。

WordPress用のシンプルなプラグインやブログパーツの開発にもチャレンジしています。

SMPTE Professional Engineer Member

著書 : 『保存版 売上を向上させるためのYouTube活用術』

2020年度と2021年度の 学校法人調布学園 田園調布学園 中等部・高等部「豊かな教養を培う 未来へつなぐ土曜コアプログラム『探究』」にて空中ディスプレイコンテンツ制作及びWebサイト制作の特別講師を担当

プロフィールの詳細はこちら