wpXシン・レンタルサーバーとエックスサーバーの違いを徹底比較!

wpXシン・レンタルサーバーとエックスサーバーの違いを徹底比較

wpXシン・レンタルサーバーは、X SERVER(エックスサーバー)を提供しているエックスサーバー株式会社がリリースしているレンタルサーバーですが、それぞれWordPressの表示スピードや、料金体系が異なります。

X SERVER(エックスサーバー)は2003年から運用開始。

対するwpXシン・レンタルサーバーは、2021年5月にリリースされたばかりの新サービスです。

この記事では、多くの方が知りたいwpXシンとX SERVER(エックスサーバー)の違いを詳しく解説します。レンタルサーバー選びでお悩みの方は、ぜひ参考にしてみてください。

● wpXシン・レンタルサーバーの契約からブログを作る手順を分かりやすく解説

wpXシン・レンタルサーバーとは?

wpXシン・レンタルサーバーのことを比較して説明する

wpXシン・レンタルサーバーは、2021年5月に誕生した新しいレンタルサーバーサービスです。

エックスサーバーはこれまで【エックスサーバー ⇒ wpX Speed ⇒wpXシン・レンタルサーバー】と、高速化を追求して新しいサービスを展開してきました。

筆者も、さっそく『今日は何の日?|毎日が記念日ブログ』という副サイト等で、wpXシン・レンタルサーバーを利用しています。

X SERVER(エックスサーバー)とは?

X SERVER(エックスサーバー)を比較して解説する

X SERVER(エックスサーバー)のレンタルサーバーサービスは、大きく分けて三種類あります。

X SERVER(エックスサーバー)のレンタルサーバー

このほか法人向けサービス「X serverビジネス」もありますが、今回は比較しやすい個人向けレンタルサーバー三種に的を絞って、それぞれの機能や料金体系を比較したいと思います。

wpXシン・レンタルサーバー

wpXシン・レンタルサーバーは、2021年5月に登場したエックスサーバー最新のレンタルサーバーです。

後述するエックスサーバーのシステムをベースに、高速性化技術KUSANAGI(くさなぎ)をはじめ、処理速度と耐障害性に強いオールNVMe RAID10を搭載しています。

なおエックスサーバー株式会社の実施したスピードテストでは、エックスサーバー内で最も速いサーバー速度を記録しました。

このほかにも、wpXシン・レンタルサーバーには以下の最新技術やサービスが提供されています。

  1. NVMe RAID10
  2. Xアクセラレータ Ver.2
  3. 第2世代「AMD EPYCTM」
  4. 48コアCPU&512GBメモリ
  5. nginx(エンジンエックス)
  6. 国内最大級のバックボーン回線に10Gbpsで直結
  7. アカウントごとにCPUやメモリなどサーバーリソースを確保
  8. WEB、メール、MySQLデータの自動バックアップ
  9. 不正アクセスからサイトを保護するWAF
  10. セコムセキュリティ診断
  11. 独自ドメインが永久無料(全9種)
  12. 独自ドメインが1年間無料(全16種類)

高速化技術のほかにも、アカウントごとにCPUやメモリなどサーバーリソースを厳格に管理しており、アクセスが集中した時にも常に安定した環境が利用できます。

さらにwpXシン・レンタルサーバーの料金は、最もベーシックなプランでも月額539円(税込)からとリーズナブルです。

wpXシン・レンタルサーバーの機能は、以下の記事でさらに詳しく解説しています。

どのような機能が使えるのか、スペックを確認してみてください。

● wpXシン・レンタルサーバーとは?wpXの特徴や機能を徹底解説!

wpX Speed

wpX Speedのサービスを比較して解説する

wpX Speedは、2019年9月に提供を開始した、WordPress専用クラウド型レンタルサーバーです。

wpXシン・レンタルサーバーと同じくNVMe RAID10構成を採用。

オールSSDやピュアSSDと呼ばれる従来のサーバー環境と比較すると、最大16倍の読み込み速度を記録しています。

またwpX Speedでは、WEBサイトのアクセスが急増した場合も、リソースの多いプランに自動変更する「オートスケール機能」を搭載しており、動作や表示が常に安定するという特徴を持っています。

このほか、アカウント毎にCPUやメモリなどサーバーリソースを確保する機能を搭載し、アクセスが集中しても高速性が損なわれないようチューニングされています(※ 同機能は、wpXシン・レンタルサーバーにも採用されています)。

以下、wpX Speedで搭載されている主要な機能をまとめてみました。

  1. NVMe RAID10
  2. 一定の負荷検知でプラン変更する「オートスケール」機能
  3. アカウントごとにCPUやメモリなどサーバーリソースを確保
  4. PHP-FPM(サイトを高速・安定化させるための機能)
  5. 規模やアクセス状況に合わせたプラン構成
  6. WAF(Webアプリケーションファイアウォール)設定機能

wpX Speedは1時間あたり「2.2円〜」の時間課金制のプラン構成で、他のサービスのような月額料金制ではありません。

ただプランの予算は任意設定でき、一カ月あたりの最大料金は各プラン毎に固定されているので、使いすぎる心配はありません。

ただ最も安いプラン「W1」の上限が月額1,320円(200GB)と、wpXシン・レンタルサーバーより料金はやや高めの設定です。

X SERVER(エックスサーバー)

X SERVERの機能を改めて少し解説

エックスサーバーは、エックスサーバー株式会社がはじめにリリースしたレンタルサーバーで、2021年で 18周年目を迎えました。

エックスサーバーも独自の進化を遂げており、サーバースペックもオールNVMe RAID10や、48コアCPU&512GBメモリなど、新しい機能と新たなハードウェアを次々に搭載し続けています。

X SERVER(エックスサーバー)に搭載されている主な機能をまとめてみました。

  1. NVMe RAID10
  2. 48コアCPU&512GBメモリ
  3. Xアクセラレータ Ver.2
  4. nginx
  5. 国内最大級のバックボーン回線に10Gbpsで直結
  6. 無料独自SSL
  7. FastCGI・HTTP/2(サイトを高速・安定化させるための機能)
  8. WAF(Webアプリケーションファイアウォール)設定機能ほか

エックスサーバーの月額料金は、最も安いプラン(X10、容量300GB)で月額990円(税込)です。

wpXシン・レンタルサーバーに比べて、料金はやや高めの設定です。

● エックスサーバーの料金プランと使える機能を徹底解説

全サービスに共通するWordPress簡単インストール機能

全サービスに共通するWordPress簡単インストール機能

エックスサーバーの全レンタルサーバーには、WordPress簡単インストール機能、WordPress簡単移行など。

ワンクリックでWordPressがインストールできる機能や、他社レンタルサーバーから、引っ越しできる便利な移管機能が搭載されています。

X SERVER(エックスサーバー)レンタルサーバーの比較

xserverレンタルサーバーの比較について考える

ここで改めて、エックスサーバーがリリースしている3種類

  1. wpXシン・レンタルサーバー
  2. wpX Speed
  3. X SERVER

のサービス料金、容量をそれぞれ比較してみました。

料金比較

wpXシン・レンタルサーバー、wpX Speed、X SERVER(エックスサーバー)の月額料金は次の通りです。

料金比較
wpXシン
月額539円(税込)から、グレード別に全4種類のコースを提供
wpX Speed
1時間あたり2.2円(月額上限1,320円)から、グレード別に全7種類のコースを提供
X SERVER(エックスサーバー)
月額990円(税込)から、グレード別に全3種類のコースを提供

この中で最も月額料金が安いのは、wpXシン・レンタルサーバーでした。

容量の比較

次に各サービスの容量(ディスクスペース|SSD)を比較してみました。

ディスクスペース(SSD)の比較
wpXシン
300GB / 400GB / 500GB / 600GBまで、4段階のプランで対応
wpX Speed
200GB(W1)〜1TB(W7)まで 7段階のプランで対応
X SERVER(エックスサーバー)
300GB / 400GB / 500GBまで、3段階のプランで対応

wpX Speedは最大1TBのプラン(W7、月額最大88,000円)も使えますが、ここまで大きなプランを個人で使う機会は、ほとんどありません。

通常のWEBサイトやブログ運営であれば、表中の青い文字で示した300GB(ベーシック)のプラン(月額539円から)で十分対応できます。

料金、容量で総合的に判断しても、wpXシン・レンタルサーバーは非常に魅力のあるサービスと言えますね。

目的別レンタルサーバーの選び方

目的別レンタルサーバーの選び方

wpXシン・レンタルサーバー、wpX Speed、X SERVER(エックスサーバー)のなかから、目的別にレンタルサーバーを選ぶ方法を紹介します。

WordPressのプラグイン、WordPressテーマの変化に強い

  1. エックスサーバー
  2. wpX Speed

WordPressのプラグインや、WordPressテーマのアップデートなどに強いのが、上の二種類です。

wpXシン・レンタルサーバーでも特に問題はありませんが最新のサービスなので、まだWordPressテーマの一部の機能や、対応していない可能性がゼロではないので、このようなチョイスになりました。

WordPressの表示スピードで選ぶ

  1. wpXシン・レンタルサーバー
  2. wpX Speed

wpXシン・レンタルサーバーは、高速化技術KUSANAGIを搭載していること。

またwpXシン・レンタルサーバー、wpX SpeedともにWordPressの表示速度を売りにしたレンタルサーバーなので、このような結果となりました。

料金が安く、高性能なレンタルサーバー

wpXシン・レンタルサーバー

これは「wpXシン・レンタルサーバー」一択となりました。

三つのプランを比べても、wpXシン・レンタルサーバーは初期費用無料、月額料金は539円(税込)からと圧倒的に安いです。

結果|総合的にはwpXシン・レンタルサーバーが使いやすい

総合的にはwpXシン・レンタルサーバーが使いやすい

ここまで、WordPressとの相性、表示スピード、料金と三つの側面からみて、最も使いやすいのは、wpXシン・レンタルサーバーとの結果になりました。

進化し続けるレンタルサーバーX SERVER(エックスサーバー)の機能をベースに、最新の高速化技術や機能を搭載し、月額料金もグッと抑えてくれているのも好感が持てますね。

まとめ|wpXシン・レンタルサーバーはおすすめ

wpXシン・レンタルサーバーはおすすめ

今回は比較さえることが多い、エックスサーバー株式会社の【wpXシン・レンタルサーバー、wpX Speed、X SERVER】について紹介しました。

それぞれを比べても、個人的に評価したのは、最新の技術を搭載しWordPressの表示速度がはやい wpXシン・レンタルサーバーでした。

いままでエックスサーバーを使ってきた方も、他社レンタルサーバーをお使いの方も「WordPress高速化技術KUSANAGIとは、どのような特徴があるのか」ぜひ体験してみてはいかがでしょうか。

● wpXシン・レンタルサーバー公式サイト

合わせて読みたい|wpXシン・レンタルサーバーとエックスサーバー比較に関する関連記事

wpXシン・レンタルサーバーとエックスサーバー比較に関する関連記事

当ブログ(ユニコブログ®)では、wpXシン・レンタルサーバーに関する記事の特集を組んでいます。

下記の記事で色々特集しているので、Webサイト開設のお役に立てば幸いです。

  1. wpXシン・レンタルサーバーがWordPressに強い理由!KUSANAGIとは?
  2. wpXシン・レンタルサーバーの独自ドメイン設定方法
  3. wpXシン・レンタルサーバーの料金とプラン、お得な割引の仕組みを解説
  4. wpXシン・レンタルサーバーの使い方とコントロールパネルの操作方法
  5. wpXシン・レンタルサーバーでブログを作る方法
  6. wpXシン・レンタルサーバーのWordPress(ワードプレス)設定方法
  7. wpXシンで独自SSLを設定する方法!HTTPSでセキュリティ対策
  8. wpXシン・レンタルサーバーの口コミ評判やユーザー評価は?
  9. エックスサーバーの契約からブログを始める手順を分かりやすく解説!
  10. エックスサーバーの口コミ評判、ユーザーの最新レビューを徹底分析!
  11. エックスサーバーの料金プランと使える機能を徹底解説

ABOUT US

小林 玲王奈Unicorn Consulting Inc. 代表取締役

起業する人やスタートアップ企業に出資や資金調達を含めてサポートしながら、ブログの運営やWebアプリの開発、LINEスタンプ制作をして、ひたすらキャラクターデザインをやっています。

最近は、「会社の収入だけに依存しない生活を手に入れる」ことをテーマにブログ記事を書いたり、ブログ運営を始める人のサポートを無償で行っています。

2003年から映像業界向けの様々な新規事業立ち上げに従事。

2014年からは経営/メディアコンサルティング業も始めて2020年01月に独立しました。

現在、ユニコブログ®以外にも、20サイト以上の特化ブログを立ち上げて運用しています。

全て同じサイト構成、ブログ記事構成、文章構成など、検証可能な範囲で仕様を合わせてみて、収益を出すのに再現性があるか?などを試行錯誤している日々です。

ピックアップしているレンタルサーバーとWordPressテーマを総当たりで組み合わせてサイトスピードがどうなるかなど、思いついた事をひたすら検証する日々も兼ねています。

WordPress用のシンプルなプラグインやブログパーツの開発にもチャレンジしています。

SMPTE Professional Engineer Member

著書 : 『保存版 売上を向上させるためのYouTube活用術』

2020年度 学校法人調布学園 田園調布学園 中等部・高等部「豊かな教養を培う 未来へつなぐ土曜日 コアプログラム『探究』」にて空中ディスプレイコンテンツ制作及びWebサイト制作の特別講師を担当

プロフィールの詳細はこちら