WordPressのプラグインは6つ導入するだけで問題なし【初心者向け】

WordPressのプラグインは少ない方が良い

WordPressには多くのプラグインが提供されていますが、あまりに多くのプラグインを入れると機能は充実しますがメンテナンス不能になっていきます。

サイト表示のスピードも落ちてきて、ユーザビリティーにも影響するので厳選していきましょう。

現在、このブログに入っているプラグインの数は6個だけです。

プラグインは無料と有料のプラグインがありますが、無料のプラグインを先に紹介させていただきつつ、有料のプラグインやお好みで入れると良いプラグインも紹介します。

WordPressに入れておくプラグイン6選

ブログサイトとして運用していくのであれば、WordPressに最低限入っていればいいプラグインは6種類です。

有料でお薦めのプラグインや、お好みの追加で良いものは後半で紹介します。

この6個のプラグインを入れておけば、ブログ運用で十分な機能を持ってくれます。

それでは、1つずつ紹介していきます。

All in One SEO Pack

All in One SEO Packは有名なプラグインですね。

結構使っている人は多いと思います。

主に使える機能としては

All in One SEO Packで便利なところ
  1. ブログ記事のディスクリプションの記述
  2. XMLサイトマップの作成と更新
  3. Webサイト情報の設定と更新

Webサイト情報の設定や更新は、最初だけ設定してしまえば、あまり変更することは無いと思います。

XMLサイトマップの更新や、検索結果で表示されるブログタイトルの下にある説明部分(ディスクリプション)が簡単に記述できるようになるので便利ですね。

参考リンク : All in One SEO Pack

Autoptimize

Autoptimizeを導入すると、HTML,CSS,jsの最適化を自動で行ってくれてWebサイトのスピードアップを実現してくれます。

いろいろと細かく設定できるのですが、何でもかんでも圧縮して効率化すると、他のプラグインの機能が一部効かなくなります。

サイトのデザインも崩れることがあるので、導入の際にはひとつずつ検証していきながらオプションを切り替えていきましょう。

うまく運用すればWebサイトの表示スピードを上げることが可能になります。

参考リンク : Autoptimize

Table of Contents Plus

Table of Contents Plusは、ブログ記事ごとの目次を自動で生成してくれる機能を持つプラグインです。

ブログ記事内で作成したH2,H3などを検知して、ブログ記事のページに自動的に目次フォームを作成してくれます。

Table of Contents Plusで便利なところ
  1. 目次フォームの自動生成
  2. 目次の見出し表示レベルの設定が簡単
  3. カテゴリーレベルのサイトマップページを自動生成してくれる

サイトマップの理想は、自分で固定ページの中にユーザー導線を考えた内部リンクを構成するのがベストなのですが、とりあえずのサイトマップもこのプラグインで済ませられます。

参考リンク : Table of Contents Plus

Category Order and Taxonomy Terms Order

Category Order and Taxonomy Terms Orderは、ブログサイト内で作成したカテゴリーの順番や階層を簡単にカスタマイズできるプラグインです。

WordPressは、デフォルトの状態だとこのあたりをカスタマイズするのが少々ややこしいのですが、このプラグインを使えば簡単に整えることが出来ます。

参考リンク : Category Order and Taxonomy Terms Order

WP Multibyte Patch

WP Multibyte Patchは、WordPressを日本語環境で正しく動作させるために必要となる機能を網羅してくれています。

とりあえずWordPressを日本語対応にしてくれるので、インストールして動作させておけばOKです。

参考リンク : WP Multibyte Patch

Broken Link Checker

Broken Link Checkerは、サイト内の内部リンクと外部リンクをすべて監視およびテストして、リンク切れを見つけてくれます。

メール通知も設定できるので、常時監視しておきたいときにも便利なプラグインです。

参考リンク : Broken Link Checker

WordPressに好みで追加すると便利なプラグイン

上記の6つのプラグイン以外にも、好みで入れておくと良いプラグインを紹介します。

プラグインは極力少なくした方がサイト表示のスピードを保つことが可能です。

常に代替プラグインを探して、機能を1つのプラグインにまとめたりしておきたいところですね。

Contact Form 7

コンタクトフォームはwebサイトへ簡単に問い合わせ窓口を設置できるプラグインです。

参考リンク : Contact Form 7

けれど、問い合わせフォームはGoogleフォームを使うことでも設置できます。

ブログのお問い合わせフォームでグーグルフォームを使う方法

ブログの問い合わせフォームでグーグルフォームを使う方法

WordPress Ping Optimizer

WordPressは、新しい記事の投稿以外にも、更新したりする度にPing送信を行う仕様になってしまっています。WordPress Ping Optimizerは、この仕様を制御するためのプラグインです。

これらのプラグインを導入しておくことで、あなたのブログがPingスパマーとして記録されないようにしてくれます。

参考リンク : WordPress Ping Optimizer

ヨメレバ

これはプラグインではないのですが、書籍の紹介をするときに、Amazon以外にもKindle版や楽天ブックスのアソシエイト用リンクを設定してブログ記事に設置するのに便利なブログツールです。

ヨメレバで設定できるECリンク
  1. Amazon
  2. 楽天
  3. 7net
  4. honto
  5. e-hon
  6. 紀伊國屋
  7. ebookjapan

などの登録や一覧表示が可能になります。

  • Amazon
  • 楽天

この2つは、もしもアフィリエイトなどに登録すると、1つのASPで売上を管理できます。

参考リンク : もしもアフィリエイト

  • honto
  • ebookjapan

は、バリューコマースから提携することが出来ます。

参考リンク : バリューコマース

7netは、A8.net、もしもアフィリエイト、バリューコマースのどのASPでも提携できます。

また、e-honや紀伊國屋などについても、リンク生成の方法が下記のサイトで紹介されているので参考になります。

参考リンク : ヨメレバ

Rinker

先ほど紹介したヨメレバ以外にも、Rinkerという商品紹介リンクプラグインがあります。

コチラは書籍以外にも商品のリンクカードを作成することが出来る便利なツールです。

参考リンク : Rinker

WordPressの有料プラグイン

有料のプラグインもひとつ紹介します。

有料ですが効果は抜群です。

WP Rocket

年間50ドルくらいかかりますが、サイトスピードをかなり改善することが可能です。

このブログは、Googleアドセンスの自動広告が入っていますが、導入したらかなりのスピード改善が出来ました。

サイトの高速化や、データベースキャッシュのリフレッシュなど、多くの機能が1つのプラグインでまとめられるので、WordPress内のプラグインがスッキリできるでしょう。

参考サイト : WP Rocket

WordPressのプラグイン数は少なくする

WordPressにインストールするプラグインは極力少なくなるようにしていきましょう。

プラグインは、他のプラグインと干渉したり、キャッシュ系のプラグインで高速化をしようとすると不具合が発生したりします。

プラグインは便利な機能がたくさん付いていますが、なるべく減らしつつ運用していくと、コンテンツが積み上がってきても運用管理が楽になります。

また、ブログを有料テーマに切り替えることで、プラグインの数を減らすことが可能になります。

本記事で紹介したように、このブログは6個のプラグインだけで動いています。

WordPressのテーマにはOPENCAGEの有料テーマ「STORK19」を利用しています。

この他にも、素敵な有料ブログテーマは多くあるので、下記の記事にまとめてみました。

ワードプレスのテーマを紹介する

WordPressおすすめブログテーマ10選!有料版と無料版を比較

本記事がブログ高速化の役に立てば幸いです。

ABOUT US

小林 玲王奈Unicorn Consulting Inc. 代表取締役 CEO
起業する人やスタートアップ企業に出資や資金調達を含めてサポートしながら、ブログの運営やWebアプリの開発、LINEスタンプ制作をしています。2003年から映像業界向けの様々な新規事業立ち上げに従事。2014年からは経営/メディアコンサルティング業も始めて2020年01月に独立。今年から来年にかけて、世田谷の私立校で空中ディスプレイ技術とWebマーケティングの講義を行っています。|SMPTE Professional Engineer Member