ブログとnoteどっちを使うべき?答えは両方です【書き分けがベスト】

noteとブログは両方活用できる

ブログをこれから始めようと考えていたり、ブログを既に運用している人が思うのは、noteをやった方が良いのか?ということです。

答えは「両方」やった方が良いです。

筆者は、ブログをメインにしつつ、たまにnoteで新しく書いた記事の事を書いたり、違うアプローチでnoteコンテンツを作成した後に関連リンクとして当ブログの記事をリンクしています。

筆者のブログ成績については、下記の3記事で紹介しています。

  1. 副業でおすすめのビジネスを分かりやすく解説【実績を銀行通帳で公開】
  2. Googleアドセンスの収益はどれくらいになるのか実例を紹介
  3. ブログで月間30万PVになるまでやってきた3つのこと

noteからのリンクは被リンクになる

noteからのテキストブログは冷えインクになるので運用した方が良い

noteには、被リンク(dofollow)になるものと、ならない物があります。

noteの被リンク効果
  1. テキスト記事( dofollow)
  2. つぶやき(nofollow)
  3. 画像(nofollow)
  4. 音声(nofollow)
  5. 動画(nofollow)

質の低いサテライトサイト扱いになるような、ただメインブログ向けにリンクを貼ったようなコンテンツでは問題があります。

メインブログで書いたテーマや内容について、補足的にnoteに書いたり、どこでその情報を調べたのかなど、直接メインブログの記事で書かなかったことなどを改めて書いてみましょう。

後述しますが、noteに書く記事のボリュームはそれほど多くなくても大丈夫です。

noteのフォロワーが増えるとブログに訪問してくれる

フォロワーはブログに訪問してくれる

noteは更新していると、少しずつフォロワーが増えてきてくれます。

noteに書く「テキスト」のブログ記事は、メインブログとは少し違った内容でコンテンツを作成しましょう。

また、noteが持つ音声コンテンツや動画コンテンツ投稿機能を使って、ブログへの導線を作ることが可能になります。

noteの更新でやっていくこと
  1. つぶやき機能を活用する
  2. 音声の収録配信をしているならnoteにも投稿する
  3. デザインやイラスト、写真を撮っているなら画像投稿を活用する
  4. noteコンテンツは500文字〜1000文字くらいのボリュームでもOK
  5. 投稿時にはハッシュタグを活用する
  6. 将来のオンライン活動のためのコンテンツ作り

それでは①〜⑥を解説していきます。

①つぶやき機能を活用する

つぶやきはnofollowなので、ブログ記事名とディスクリプションの一部をnoteのつぶやきで利用することで、noteのフォロワーをブログに来てもらえるようにすることが可能です。

②音声の収録配信をしているならnoteにも投稿する

もし、音声配信チャンネルを運営していたら、noteでも投稿しましょう。

多くのプラットフォームにコンテンツを投稿することで、それぞれのプラットフォームをよく利用しているユーザーに気づいてもらうことが可能になります。

③デザインやイラスト、写真を撮っているなら画像投稿を活用する

もし、イラストやデザイン、写真の撮影を利用しているなら画像投稿も活かしましょう。

noteコンテンツ内で利用している画像や写真を、別途投稿するためのコンテンツとして活用できます。

noteの画像投稿
  1. 画像のアップ
  2. 画像の説明
  3. 画像のタイトル

noteのコンテンツ内で使用した各画像に上記の要素を加えて上げて、時間差でアップしていきましょう。

④noteコンテンツは500文字〜1000文字くらいのボリュームでもOK

メインブログと違い、noteコンテンツは文字数などをあまり気にしないでテキスト(記事)を書いていくことが可能です。

メインブログで500~1000文字くらいのコンテンツだとサイト全体の品質に影響していきますが、noteでは気にしないでも大丈夫です。

メインブログで扱っている関連カテゴリーの中で、更にニッチなキーワードを狙いつつメインブログへの導線を作るやり方を筆者は試しています。

noteとブログでキーワードを分ける
noteからメインブログへ導線を作るキーワードのイメージ

⑤投稿時にはハッシュタグを活用する

noteでコンテンツを投稿するときは、ハッシュタグを活用しましょう。

また、ハッシュタグはタイトルと被らない関連キーワードを入れておくことでユーザーを集客することが可能になります。

コンテンツに関連したトレンドワードなどを入れて投稿をしていきましょう。

⑥将来のオンライン活動のためのコンテンツ作り

noteでは、オンラインサロンが運用できます。

メインブログと別に、noteでのフォロワーも増やしておき、コミュニティーの基盤を作っておくことで、後々オンラインサロンを運営しようと考えたときに役に立ちます。

オンラインサロンの始め方と収益化の方法を分かりやすく解説

ブログとnoteを使い分ける

ブログとnoteを使い分けていこう

ブログとnoteを使い分けることで、メインのブログ記事にするには難しいものをnoteへ投稿すると良い感じになります。

何故なら、ブログをずっと書いていると、もっとラフに書いていきたいという感じになるときもあるからです。

また、noteではAMAZONアソシエイトによる物販アフィリエイトが可能です。

気軽にnoteを収益化することも出来るのが特徴です。

noteの気軽なところ
  1. noteは完全に雑記や日記ブログにできる
  2. noteはアイキャッチの設定がラク
  3. noteは気軽に収益化が出来る

①noteは完全に雑記や日記ブログにできる

人によっては、ブログを特化型のブログにしていて、テーマにそぐわない記事は載せたくないけど書きたいことができた場合など、noteは気軽に開設できるセカンドブログになります。

また、noteはAmazonアソシエイトも利用できるので、「収益化ができないと書きたくない」という人にも向いています。

雑記や日記を気軽に書ける場所があると、かなり気分転換になります。

②noteはアイキャッチの設定がラク

noteの良いところは、なんと言ってもアイキャッチが楽に設定できるというです。

実際にnoteを始めると分かるのですが、ブログのアイキャッチって探すのや自分のブログ用に仕様を統一したりなど、結構手間が掛かったりします。

noteの場合は、アイキャッチを挿入するボタンの所に「みんなのフォトギャラリーから画像を挿入」があるので、さくっと画像付きのnoteを作ることが可能です。

けっこう可愛いのが多かったりするので使い勝手も良い感じです。

③noteでAmazonアソシエイトをやってみる

noteはAmazonアソシエイトを扱うことが出来るので、noteを書きながら関連する商品などのリンクを貼っておくことで収益化することも可能です。

noteは複数のアカウントを持つことが出来るので

  1. 書籍紹介用
  2. 生活便利グッズ
  3. おすすめアニメ

みたいな感じでコンテンツを積み上げていくのも面白いかなと思っています。

noteを雑記ブログにしつつアイデアができたらブログに書く

noteで雑記をしつつアイデアができたらブログに書く

noteで気分転換をしながら文章を書いていると、ブログ記事に繋がるアイデアが出てきたりします。

ブログで何を書けば良いのか分かりやすく解説

ブログを高いモチベーションで書いていくというのは、結構タフな作業になるので、noteを使って文章を書くことが途切れないようにしつつ、コンテンツを積み上げていきましょう。

そういえば、noteに関する電子書籍が結構多くなっているのはご存じですか?

● 今こそ知りたい! noteの入門書: 副業するのは初めてですが、ど素人の社畜でもnoteで稼げるコツを教えてください。

Kindleは、土日出かけたりする際に結構手軽に持って行けるので重宝しています。

電子書籍だと部屋に本が嵩張らなくなるので、少しずつですが切り替えていってます。

電子書籍の作成方法とリリースの仕方を分かりやすく解説

noteで収益化を始める

noteで収益化を始める

noteは有料コンテンツ販売が出来るので、価格に見合う情報やノウハウをまとめることが、出来ればやってみる価値があります。

ただし注意も必要です。

例え100円だとしてもユーザーはコンテンツに支払った金額以上の期待をします。

メインブログ以外にも、noteで収益化を初めて行く場合には、noteの有料コンテンツにする題材は「オリジナリティーの高い品質の高いコンテンツ」になるか、よく検討しましょう。

そして、noteをメインの収益にする場合は、逆にブログからnoteへの導線を作れるようにブログ記事のリンク設計をしていきましょう。

noteによる収益化のパターン
  1. 有料コンテンツの販売
  2. 月額会員制コミュニティ
  3. AMAZONアソシエイト

①〜③を解説していきます。

①有料コンテンツの販売

noteは、簡単にコンテンツを有料販売にすることが出来ます。

ただ、顧客はコンテンツにお金を払うとき、100円でも1,000円でも期待値は同じです。

読者に販売するに値するコンテンツか、よく検討してから販売しましょう。

②月額会員制コミュニティ

noteでは、1クリエイターにつき1つのサークルが作成可能です。

この「サークル」は、最近よく聞く「オンラインサロン」と同じ運用が可能です。

毎月サークルメンバーとの交流の中で、月額費用に見合うコンテンツを提供していきましょう。

サークルは、開設する前に

  1. サークルの概要
  2. サークルメンバーへの特典
  3. サークルで提供される物

この3つをよく設計してから開設することをお薦めします。

③AMAZONアソシエイト

noteでは、AMAZONアソシエイトの物販アフィリエイトリンクを埋め込むことが可能です。

  1. note文中のリード文の下
  2. note内の文章で出てくる商品名のそば
  3. note記事の一番最後

この3つにAMAZONアソシエイトの物販アフィリエイト用のリンクを埋め込むと効果的です。

まとめ|noteとブログは相性が良い

noteとブログの運用は相性がとても良い

noteとブログの相性はとても良いです。

ブログのテーマやイメージ似合わなそうなブログ記事はnoteに書いていくことで、創作意欲を邪魔する事が起きません。

また、noteからメインブログに被リンクを付けて上げることが可能です。

ブログ記事を書いた後の編集後記として繋げてあげましょう。

また、将来的にオンラインサロンを運営してみたくなったり、月額制のマガジンを作っていくときにとても役に立つ素敵なサービスです。

noteとブログを並行して運用していきながら、コンテンツを積み上げていきましょう。

とにかく簡単にブログを開設するための記事を作成しました。

ブログを楽して続けるための運営環境や始め方をわかりやすく解説

上記の記事が参考になれば幸いです。

ABOUT US

小林 玲王奈Unicorn Consulting Inc. 代表取締役

起業する人やスタートアップ企業に出資や資金調達を含めてサポートしながら、ブログの運営やWebアプリの開発、LINEスタンプ制作をして、ひたすらキャラクターデザインをやっています。

最近は、「会社の収入だけに依存しない生活を手に入れる」ことをテーマにブログ記事を書いたり、ブログ運営を始める人のサポートを無償で行っています。

2003年から映像業界向けの様々な新規事業立ち上げに従事。

2014年からは経営/メディアコンサルティング業も始めて2020年01月に独立しました。

現在、ユニコブログ®以外にも、20サイト以上の特化ブログを立ち上げて運用しています。

全て同じサイト構成、ブログ記事構成、文章構成など、検証可能な範囲で仕様を合わせてみて、収益を出すのに再現性があるか?などを試行錯誤している日々です。

ピックアップしているレンタルサーバーとWordPressテーマを総当たりで組み合わせてサイトスピードがどうなるかなど、思いついた事をひたすら検証する日々も兼ねています。

WordPress用のシンプルなプラグインやブログパーツの開発にもチャレンジしています。

SMPTE Professional Engineer Member

著書 : 『保存版 売上を向上させるためのYouTube活用術』

2020年度 学校法人調布学園 田園調布学園 中等部・高等部「豊かな教養を培う 未来へつなぐ土曜日 コアプログラム『探究』」にて空中ディスプレイコンテンツ制作及びWebサイト制作の特別講師を担当

プロフィールの詳細はこちら