記事の書き方完全ガイド!タイトルや目次、記事構成の作り方を徹底解説

PCやスマホを用いて記事を作成するところ

いざ、ブログやWEBサイトを作ろうとしても

「記事が書けない」

「文章が苦手なので、制作が進まない…!」

と、お悩みの方はとても多いです。記事の企画が面白いように浮かび、文章がスラスラ書ければ、どんなに楽しいことでしょう。

そこで本記事では、記事作成でお悩みの方に向けて、記事タイトルや目次、記事構成の作り方を分かりやすく解説します。

記事作成でお困りの方は、ぜひ本記事を参考に「記事構成」を作ってみてください!

この記事の内容
  • 記事構成の作り方が分かる
  • 記事の書き方が分かる
  • ジャンル別に記事構成の作り方がマスターできる

記事構成の作り方

記事構成とは、「記事の設計書」に相当する大切な存在です。

ブログやWEBサイトに載せる記事を「構成なし」で作るのはおすすめしません。

構成も無いまま、行き当たりばったりで記事を作ってもテーマがあいまいになってしまい、読者には「何が言いたいのか」伝わりません。

記事の構成は、大きく3つに分解できます。

読み手にメッセージが伝わる記事は、必ずと言って良いほど「構成」など骨組みがシッカリしており、「読まれる記事」として成立しています。

記事構成の考え方は、「建築」とよく似ています。

施主の希望をヒアリングし設計された建物は、美しいだけでなく、住む人を快適な空間へと誘い「完成度の高さ」から満足させられます。

しかし、設計図なしの直感だけで建物を作ったとしたら…デザイン性もまとまりも無い家になり、住み心地も悪くなるでしょう。

WEBで読まれる記事を作るには、設計の段階で「どのような読者」が読んでくれるのかペルソナを設定し、記事の内容に沿って、タイトルや見出しなどの骨組みを組み立てることです。

Yahoo知恵袋を活用する

Yahoo!知恵袋には、さまざまなジャンルの質問が寄せられており、多くのWEBマーケティング会社は「Yahoo!知恵袋」を利用し、読者のニーズや解決策を調査しています。

関連リンク:Yahoo!知恵袋 – みんなの知恵共有サービス

例えば、「WEBライティング」で知恵袋を検索した場合には、下のような質問が上がっています。

Yahoo!知恵袋の質問(一例)
  • 報酬と税金の問題
  • 何が必要か(PCが必要?スマホでもできる?)
  • WEBの文章作成に必要なスキルは?
  • 時給はいくら?
  • WordPressのスキルは必要?
  • 引用と法律の問題
  • 確定申告はどうする?
  • WEBライティングに文章力は必要?
  • 段落、見出しの作り方
  • 高校生でもライターになれますか?

多くの読者が「どのような疑問」を持っているのか、Yahoo! 知恵袋で調査してみましょう。

ターゲットとするジャンルに対し、質問の傾向が理解できれば、記事構成の作成もラクになります。

記事の構成を自己流で作るのではなく、Yahoo!知恵袋を活用し読者のニーズを紐解きましょう。

ペルソナの設定

ペルソナ(persona)は、WEBマーケティングで広く活用される概念であり、WEBライティング、SNSマーケティングでも「ペルソナの設定」を行います。

ペルソナとは?

ペルソナ(persona)はユーザー像のこと。WEBライティングでは、あらかじめどのような読者が記事を読むのか、対象者のイメージを年代、性別、職業、趣味、家族構成など細かな部分まで設定します。

例えば、自宅でできるWEBライティングについて、記事を書くとしましょう。この場合、ペルソナは次のような形で設定します。

WEBライティング記事の場合、ペルソナ設定の例

年齢
30代
性別
女性
職業
専業主婦(夫、子ども二人の四人暮らし)
ライフスタイル
以前はパートに出ていたが、コロナの影響もあり自宅で子育てに専念している。自宅でできる副業があればチャレンジしたい。
趣味
Instagramで子どもの写真を載せるのが楽しみ
WEB、SNSとの接点
Instagram、LINE、Twitterで情報収集、最近はnoteで副業系のアカウントを多くフォローするようになった

ペルソナをみていると、女性の姿が具体的にイメージできますね。

このようにペルソナを設定しておけば、記事の向こうに「どのような読者がいるのか」イメージをしながら、必要な情報や記事構成、目次が作れます。

記事の企画を立てるのが苦手という方は、先にペルソナを設定し、記事構成や執筆の手間を省きましょう。

また、ペルソナの設定が難しいという方は、先程紹介した「Yahoo!知恵袋」を活用してください。

記事を支える三つの要素

記事構成は、大きく【トップコピー、ボディーコピー、ボトムコピー】の3つに分解できます。

トップコピーは、記事タイトルとフック文章の部分。

ボディーコピーはコンテンツの胴体部分。

ボトムコピーは記事の締めくくり(クロージング)部分が該当します(下の画像を参照)。

ボトムコピーのCTA(コールトゥアクション)とは、取ってもらいたい行動に導く部分です。

セールスライティングのコンバーションボタン(申し込み・注文ボタン)、アフィリエイトリンクなどもCTAに含まれます。

【トップコピー、ボディーコピー、ボトムコピー】それぞれの項目について、簡単に解説しておきます。

トップコピー(冒頭)

トップコピーとは、「記事タイトルとフック部分」のことです。

記事の冒頭部分には、読者を惹きつける強力なフックが欲しいところです。

記事の「フック」とは?

フック(hook)は、日本語で「ひっかける、つるす、留め金」といった意味を持ちますが、文章や記事中のフックとは、記事冒頭で読者を惹きつける導入文を意味します。

キャッチコピーと同じく、フックの完成度によって読者の集客力は大きく変動します。

また魅力あるフックを設定すれば、読者の離脱率は低く、最後まで読まれる記事へとつながります。

なお、効果の高いフックの書き出しは、大きく三種類に分類されます。

フック(書き出し)の例
  1. 問題提起(読者の悩み、問題を明確にする)
  2. 結果の明示(記事を読むとどうなるのか明示する)
  3. 結果の根拠(②の結果が出る根拠を示す)

フックの部分は、①の問題提起のほか、②や③のような項目があります。

記事中で「どのようなことが書かれているのか」結果の明示や結果の根拠を完結にまとめ、読者が「読みたい!」と思わせる導入文を書き上げましょう。

なお、記事の導入部分には、新PASONAの法則を活用してください。

PASONAの法則とは?

PASONAは、P(proglem)、A(affinity)、S(solution)、O(offer)、N(narrowing down)、A(Action)の頭文字を集めたもの。

記事の冒頭で、P(問題提起)、A(親近感)、S(解決策)、O(提案)、N(対象者の絞り込み)、A(行動を示す)の流れでフックを書けば、読者をボディーコピーへと誘導しやすいという法則です。

この法則は、経営コンサルタントで数々のWEBマーケティング本を出版している、神田昌典さんが考案しました。

「新パソナの法則」があるのならば、旧パソナの法則とは何か。気になる方は多いでしょう。

本項では説明を省きますが、旧パソナの法則は以下のサイトにて、詳しい解説が見られます。

参考リンク:PASONAの法則とその応用例(リコーのマーケティング支援)

ボディーコピー(本文)

ボディーコピーとは、目次からまとめ直前の項目まで。記事の本文をまとめて、ボディーコピーと呼んでいます。

具体的なボディーコピーの書き方は、本記事の後半に譲りますが、ボディーコピーを支えるのが、各章の小見出しです。

小見出しの数は、記事の長さによって増減しますが、あまり小見出しが少なすぎても、記事として「えっ、これだけ?」と思われてしまいます。

著者の経験上【見出しは4つ以上】で設定すると、記事のバランス、ボリュームが良くなります。記事の長さに合わせて、ふさわしい小見出しの数に整えましょう。

ボトムコピー(まとめ)

ボトムコピーは、別名「クロージングコピー」とも呼ばれています。

最後のまとめの部分であり、記事によってはCTA(コールトゥアクション)を配置します。

ボトムコピーを読むだけで、「記事の内容が大まかにわかる」ようまとめ上げましょう。

記事の書き方(記事作成の流れ)

ここからは、記事の校正の流れ(手順)をまとめてみました。

記事の書き方(記事作成の流れ)
STEP1:記事構成を作る
STEP2:記事を書く
STEP3:記事を装飾する
STEP4:記事を校正する

STEP1〜4の内容について、順に解説します。

STEP1:記事構成を作る

本記事の冒頭、目次(見出し)の作り方を説明しましたが、記事構成を形作るのが、目次である「見出し」です。

記事中の見出しは【ニーズ調査、ペルソナの設定】の後、共起語を意識しながら設定します。

例えば、本項の場合【記事の書き方(記事作成の流れ)】が見出しであり、見出しの中にもさらに小さな見出し(例:STEP1〜STEP4の説明)が配置されていますね。

記事見出しを作る際には、hタグを使用します。

hタグとはウェブページの見出しを定義するタグのことで、記事タイトルには<h1>を使用します。

また、ボディーコピーの 子見出しには<H2>タグを使用し、さらに小さな見出しは<H3>などのタグを使用してください。

さらに小さな<h4>や<h5> <h6>タグもありますが、タグの重要度は<h1>が最大で、最も重要度が低いタグは<h6>です。

多くの記事では、<h1><h2><h3>タグしか使いません。また、<h1>はタイトルなので、同じ記事中で1回(個)しか使わないので覚えておきましょう。

STEP2:記事を書く

見出しを設定し「記事構成」が出来たら、いよいよ記事を書きましょう。

STEP1の段階で時間を掛けて記事構成を行えば、書く内容がまとまっているため、記事作成はラクに進められます。

なお、実際の「記事の書き方」は、本記事の後半で改めて解説します。

STEP3:記事を装飾する

記事が書き上がったら、記事中に必要な表、イラスト、写真などを配置しましょう。

イラストが得意な人であれば、自作の挿絵やアイコンを使ってもOKです。また、写真撮影が得意な方は、自ら撮影した写真を記事中にレイアウトしてみましょう。

このほか、版権フリー(著作権フリー)のイラストや写真、商用利用できるイラストや写真があれば、記事中に取り入れてください。

フリーのイラストや写真で有名なサイトもありますが、最近では某イラストサイトがWEB上で飽和状態にあります。

他のサイトと同じ画像やイラストを使うのは、オリジナリティが無くSEO的にも良い効果は得られません。

フリーの写真やイラストを使う場合には、他のサイトや競合サイトと被らないイメージを選定し使用してください。

予算があれば

などの有料イメージの使用がおすすめです。

上で紹介した3つのサービスは、無料の画像ストックやイラストデータ素材もあるのでありがたいです。

STEP4:記事を校正する

ここまでの流れで記事が書けたら、何度も見直し文章を推敲しましょう。

せっかく、ユニークな記事を提供していても、誤字脱字が多いようでは、読み手の信頼を失ってしまいます。

文章が書けたら、最後に必ず校正を入れしましょう。

誤字脱字が無いか、校正ツールなどを使って文章の出来上がりをチェックしてください。

ここで、無料で使える校正ツールを3つ紹介しましょう。

この他、マイクロソフト社のWord(ワード)でも文字校正機能が使えます。

参考リンク:誤字脱字を見つけ出せ!便利な校正ツール – PENYA

文章が書けたら、ぜひ上の校正ツールを使って記事を読みやすく整えましょう。

目次と本文の役割

記事を構成するのは、【トップコピー、ボディーコピー、ボトムコピー】と説明しましたが、記事の骨組みを支えているのが「目次と本文」です。

目次(見出し)

ここでの「目次」とは、前項で紹介した「見出し」の部分です。

見出しの作り方ですが【書くテーマ+ペルソナ+狙うキーワード】の3点を意識して設定します。

また、見出しタイトルをみるだけで「伝えたいことが分かる」ようタイトルを工夫しましょう。

本記事冒頭で取り上げた「WEBライティング」のペルソナで記事を書くとします。

テーマは「自宅で副業」、読者層は子育て中の主婦、狙うキーワードはそのまま「WEBライティング」としましょう。

この場合の目次は、

  • 自宅でできる副業とは?
  • WEBライティングとはなにか
  • WEBライティングの仕事内容
  • WEBライティングの気になる報酬
  • WEBライティングで必要な資格
  • WEBライティングで仕事を取る方法

となりました(一例です)。

先にペルソナを設定しているので、相手をイメージしながらたくさんの目次(見出し)が作れます。

また、見出しタイトルをみるだけで「何が書かれているのか」分かりますね。

なお、Googleで上位表示されたいキーワードがあれば、共起語ツールを活用しましょう。

共起語とは、特定のキーワードと一緒に多く使われるキーワードのことです。

例えば、「WEBライティング」を目標キーワードとした場合、以下のような共起語が上がってきます。

キーワード「WEBライティング」の共起語
  • ライティング
  • Web
  • おすすめ
  • 文章
  • 記事
  • ライター
  • Amazon
  • SEO
  • WEB
  • ブログ
  • 書き方
  • web
  • コピー
  • 初心者
  • Yahoo
  • 詳細

「WEBライティング」というキーワードで上位表示を狙う場合には、上の共起語をバランス良くタイトルや記事中に使用してください。

共起語を上手に使うと、検索エンジンは「この記事は、タイトルと関連する内容を網羅してする優良記事」と判断し、検索上位に表示されやすくなります。

競合の多いキーワードになると、誰もが共起語を使用して記事を書いているので、上位表示されるのは難しいのですが(共起語を)知っていると知らないでは、検索結果は大きく変わってきます。

マイナーなジャンルやキーワードで上位表示を狙うのであれば、ぜひ共起語を意識して目次を設定してください。

本文のSEO

本文のSEOですが、先程紹介した【キーワード+共起語】を意識して記事を書いていきます。

記事構成(ニーズとペルソナ)、共起語を意識していれば自然と「SEOに強い記事」が書けます。

また、ペルソナのニーズにマッチする情報を盛り込むほか、イラストや写真、動画などを使って「視覚情報で分かりやすく伝える」工夫もしてください。

このほか、SNSの設定も行い記事が拡散されやすい仕組みを作ります。なお、SEOの仕組みやSEOの基礎知識は、以下の記事にて詳しく解説しています。

サイトやブログ記事の「SEO対策」に、ぜひ活用してください。

SEOの基礎知識を徹底解説!ブログやサイト運営でSEOを活用しよう

SEOの基礎知識を徹底解説!ブログやサイト運営でSEOを活用しよう

国内の人気ブログ5選(2020年版)

2020年現在、アクセス数が多い人気ブロガーのサイトを調査してみました。

アクセス数が多い人気ブロガー(2020年)

松本 博樹さん
ノマド的節約塾
id:cardmicsさん
クレジットカードの読みもの
moto
転職アンテナ
マナブ
manablog
ヒトデ
ヒトデブログ

ノマド的節約塾は、お金全般を扱う雑記ブログです。

サイトの開設当初は、運営者の松本博樹さんが記事を執筆されていましたが、最近では複数のライターさんが記事を執筆されています。

クレジットカードの読みものは、クレジットカードに特化したサイトで、国内外の国際ブランドカードの比較・クレジットカード付帯サービスの紹介、還元率などを紹介しています。

転職アンテナは、就活・転職に役立つニュースを提供。manablog と ヒトデブログは、ブログ運営や記事の書き方、SEO対策、アフィリエイト、YouTube運営を紹介するブログです。

なお、本サイトでもブログ運営の方法を詳しく解説しています。記事構成や記事作成の参考にしてください。

ブログの始め方を分かりやす解説

ブログの始め方と人気ブログの作り方を完全初心者向けに解説

ジャンル別!文章構成のサンプル10選

記事構成は「記事の設計書」であり、記事の完成度を決める重要な部分です。

ここからは、各ジャンルごとの記事構成の特徴、記事構成のサンプル、記事構成で参考になるサイトをまとめて紹介します。

トレンド系

トレンド系とは、別名「トレンド系アフィリエイトブログ」とも呼ばれています。

名前の通り、トレンド(流行)になっているテーマや話題を取り上げる記事です。

トレンド系記事の特徴は次の通りです。

トレンド系記事の特徴
☑️ 急上昇ワードを元に作成されている
☑️ SNSでリツイート数が多いつぶやきも記事の対象になる
☑️ 拡散性は高いが、数日でアクセス数は減少

以下、トレンド系記事構成の「サンプル」をまとめてみました。

トレンド系の記事構成(サンプル)

トップコピー
記事タイトルとフック部分
ボディーコピー
小見出し
小見出し
小見出し
小見出し
※ 記事の長さによって見出しの数は増減あり
ボトムコピー
まとめ文章

トレンド系で参考になるサイトですが、アクセスの上下が激しいジャンルなので「これ」という紹介ができません。

そこで本稿では、トレンドブログの順位が、リアルタイム検索できるサイトを3つ紹介します。

人気の記事やブログを参考に、記事構成、目次設定を行いましょう。

howto(ハウツー)系

how to(ハウツー)系とは、その名の通り【作り方、使い方、活用の方法】など、生活に役立つ「情報」や手順を解説する記事です。

有名なところでは、レシピ、DIY、ソフトウェアの使い方などがhow to(ハウツー)系に含まれます。

how to(ハウツー)系記事の特徴は、次の通りです。

how to(ハウツー)系記事の特徴
☑️ レシピ、手作り、DIY系は女性人気が高い
☑️ ソフトや端末の使い方、活用方法も人気
☑️ ビジネスに役立つ知識、テンプレートも人気

以下、howto系記事構成の「サンプル」をまとめてみました。

トップコピー
小見出し
記事+[画像または動画]手順などを解説
ボディーコピー
小見出し
記事+[画像または動画]手順などを解説

小見出し
記事+[画像または動画]手順などを解説

小見出し
記事+[画像または動画]手順などを解説

小見出し
記事+[画像または動画]手順などを解説
※ 記事の長さによって見出しの数は増減あり
ボトムコピー
まとめ文章

小見出しの数や、記事構成にレギュレーションや「正解」はありません。

見出しや記事の内容に合わせて、適切な記事、画像を配置しましょう。

以下、howto系で参考になるサイトを5つ集めてみました。

人気の記事やブログを参考に、記事タイトル、目次を設定してみましょう。

ニュース系

ニュース系もトレンド系アフィリエイトと同じ「時事ネタ」で構成されているサイトです。

ニュース系にも、IT系、ビジネス系、などさまざまなニュースサイトがあります。

また、大手新聞社が手掛けるニュース系サイトも人気です。

ニュース系サイト(記事)の特徴は次の通りです。

ニュース系サイト(記事)の特徴
☑️ ニュース、時事ネタを扱っている
☑️ 大手新聞社もニュース系サイトを運営している
☑️ 記事の新しさだけでなく、信ぴょう性や裏付けが重要

以下、ニュース系記事構成の「サンプル」をまとめてみました。

ニュース記事の構成に決まりはありません。

短ければ、1,000文字にも満たない記事があり小見出しの数も限定されていません。

ここで、ニュース系で参考になるサイトを5つ集めてみました。

ニュース系で参考になるサイト

これらのサイトは、新聞社が運営しているサイト、大手メディアの記事、海外の大手メディアの記事を翻訳した記事、業界の専門サイトとして機能するサイトなど【権威性】の高いサイトばかりです。

一流の記事を見て、構成の参考にしてください。

【メモ】個人サイトの注意点

ニュース系サイトの中には、匿名サイトのネタを拾ってまとめた『まとめ系サイト』も多いです。

まとめサイトの多くは個人によって運営されており、情報の信ぴょう性やニュースソースの不確かさが度々問題となっています。

例えば、新型コロナウイルス関連のニュースでは、誤った情報が拡散されるなどのトラブルも起こっています。

ニュース系サイトを運用する場合には情報の出所や信ぴょう性について必ず「裏付け」を取ってから記事を執筆・掲載しましょう。

雑記系(コラム)

雑記系(コラム)サイトは、日記や旅行記など、1つのサイトに複数のテーマやトピックスが盛り込まれています。

芸能人や著名人など、ある程度「知名度のある」人やインフルエンサーのブログは、雑記系に含まれますが、Amebaなどのブログは「エンタテインメント」ブログとして扱われています。

なお、個人の雑記ブログがきっかけで、書籍化や商品化、各ジャンルのプロとしてデビューするブロガーも多く存在します。

例えば、Amebaブログのyokoさんという方は、Amebaブログでの人気をきっかけに書籍の出版、アパレルメーカーでのデザイン・プロデュース業を行うなどプロとして活躍されています。

参考リンク:yokoオフィシャルブログ「プチプラコーデ術」Powered by Ameba

こうした例は、インテリア、コーディネート、料理、手作り(ハンドメイド)などの分野に多く、雑誌社や大手企業も次のスターを探し、ブログやInstagram、Twitterをこまめにチェックしています。

また最近では、ブログ以外にもnoteで雑記系の記事を書き、「人気のnote」を運営する人も増えてきました。

参考リンク:note(公式サイト)

雑記系記事の特徴は次の通りです。

雑記系記事の特徴
☑️ 記事の内容やジャンルは多種多様
☑️ 特化ブログでは無いので、検索エンジンでの上位化が難しい
☑️ 雑記ブログがきっかけで、プロデビューする人も

雑記系記事構成に、特定の決まりはありません。

トップコピー、ボトムコピーが無い記事も珍しくなく、ほとんどの雑記系記事は、まさに「徒然なるままに」書かれています。

雑記系で参考になるサイトを5つ集めてみました。

雑記ブログは、ジャンルも自由、書き方も自由度が高いです。

まずは、自分の書く「雑記のジャンル」を設定し、同じジャンルで成功するブロガーのサイトやブログ(noteなども含む)を参考にしましょう。

セールスライティング系

セールスライティング系は、特定の商品やサービスを『購入・契約』へと導くための記事です。

セールスライティング記事の多くは、LP(ランディングページ)と呼ばれる、集客に特化したページとして作られています。

LP(ランディングページ)とは?

集客を行い、製品やサービスへの「契約・購入」に特化した縦長1枚で完結したページのこと。リスティング広告などに、多く用いられています。同じく、商品やサービスの「契約・購入」を着地点とするセールスライティングとは似て非なるものです。

例えば、GoogleやYahooで「ダイエットサプリ」で検索すると、ページ上段に【広告】と書かれたサイトが複数表示されるはずです。

また、TwitterやInstagram、Facebookの広告をクリックすると、LPのページに誘導されて、商品やサービスを紹介する1枚記事が表示されることでしょう。

これが、LP(ランディングページ)と呼ばれるもので、商品やサービスの説明(テキスト、動画、漫画)のほか、クリックをすると注文や契約ページにつながる「ボタン」などがレイアウトされています。

こうした「注文ボタン」をコンバーションボタンと言い、ボタンのデザインや位置を変えるだけで成約率やクリック率は大きく変動します。

大手企業のLPは、多額の制作費用が掛かっているため、キャッチコピーや説明分、画像・動画のクオリティが非常に高いです。

作成するLPのジャンルが決まったら、どのようなリスティング広告が出ているのか、大手企業が出稿するLPをチェックしてみましょう。

セールスライティング系記事の特徴は、次の通りです。

セールスライティング系記事の特徴
☑️ LP(ランディングページ)として作られている
☑️ サービスや商品の購入・契約が一番の目的
☑️ リスティング広告に多く使われている

セールスライティング系記事構成の「サンプル」をまとめてみました。

セールスライティング系の構成(サンプル)

トップコピー
タイトル(商品名)
ボディーコピー
見出し
商品・サービスの紹介
<注文ボタン>

見出し
商品・サービスの紹介
<注文ボタン>

見出し
商品・サービスの紹介
<注文ボタン>
※ 記事の長さによって見出しの数は増減あり
ボトムコピー
まとめ文章

注文ボタンの位置に、細かな規定はありません。

読み手がクリックしたくなる行間、リズムやテンポの良いところにコンバーションボタンを設置しましょう。

参考リンク:コンバージョンボタンの位置を変えただけでクリック率が7%から10%まで大幅に改善した事例のご紹介(WEB会議)

セールスライティング系で参考になるサイトですが、LPの多くがリスティング広告なので、ここで具体的サイト・サービス名は上げません。

みなさんが、作成するジャンルでキーワードを設定し、GoogleやYahoo!、各種SNSのリスティング広告をチェックしてみてください。

美容系(専門記事系)

美容系(専門記事系)のサイトは、「美容記事」で構成されています。

美容ジャンルは、非常に幅広く、化粧品や美容グッズ、サプリメント、スキンケアの情報、ダイエットやエステ、脱毛など、テーマは広範囲にわたります。

YouTubeに美容系、コスメ系女性YouTuberが活躍していますが、彼女たちの取り上げる商品や美容法は情報としての鮮度が高く、WEB記事よりも「最新の情報」が多く上がっています。

美容系記事の着地点は、関連する商品やサービスの『契約・購入』です。

美容系記事をチェックすると、記事の最後や各見出しで取り上げている商品のアフィリエイトリンクが貼られています。

ここで、美容系記事の特徴をまとめてみました。

美容系記事の特徴
☑️ 話題の美容法、ダイエット法、コスメの情報を掲載
☑️ YouTubeの美容情報は鮮度が高い
☑️ 美容系で成功するには、女性心理を学ぶ必要がある

美容系、女性をターゲットにした記事で成功するには「女性心理」を学ぶ必要があります。

ここで、女性向けビジネスで成功するのに、おすすめの書籍を紹介しましょう。

ネットで「女性」に売る 数字を上げる文章とデザインの基本原則

上の書籍に書かれたノウハウは、美容をはじめ、アパレル、女性向けの商品・サービス全般に応用できます。

WEBマーケティング、WEBライターの方は、ぜひ手に取ってみてみてください。

以下、美容系記事構成の「サンプル」をまとめてみました。

美容系の記事構成(サンプル)

トップコピー
記事タイトルとフック部分タイトル(商品名)
ボディーコピー
小見出し
<関連商品のアフィリエイトリンク>

小見出し
<関連商品のアフィリエイトリンク>

小見出し
<関連商品のアフィリエイトリンク>

小見出し
<関連商品のアフィリエイトリンク>
※ 記事の長さによって見出しの数は増減あり
ボトムコピー
まとめ文章

アフィリエイトリンクの数や位置は、記事によって異なります。

記事の最後だけに、アフィリエイトリンクを置く記事もあれば、各見出しごとにアフィリエイトリンクを配置する記事もあります。

ここで、美容系で参考になるサイトを5つ紹介しましょう。

人気の記事やブログを参考に、記事のテーマ、タイトル、目次、必要に応じてアフィリエイトリンクを設定してみましょう。

健康(専門記事系)

健康系の記事は、美容系に似た記事構成が使われています。

しかし、美容よりも健康系の記事は「執筆のルール」が厳しくなります。

健康系の記事ルールが厳しくなったのは、株式会社ディー・エヌ・エー(DeNA)がかつて運営していたまとめサイト「WELQ」がきっかけでした。

WELQ(ヴェルク)は、医療系に特化した人気まとめサイトでした。

しかし、記事を量産したことから、記事の質をチェックする機能が働かず、ネット上に信ぴょう性やニュースソースが不確かな記事が大量に公開されてしまいました。

間違った医療情報は、一歩間違えると人命に関わります。

結果、WELQと運営会社のDeNAは大きな批判を浴びることとなり、2017年にはGoogleも医療や健康に関わるのレギュレーションを改善する流れとなりました。

現在、医療系で成功をしているコンテンツや記事は、厚生労働省、医療機関、医療・健康関係の企業、クリニック、医師や医療関係者の監修が行われている記事に限定されています。

健康系記事の特徴は、次の通りです。

以下、健康系記事構成の「サンプル」をまとめてみました。

健康系の記事構成(サンプル)

トップコピー
記事タイトルとフック部分
<監修者の紹介>
ボディーコピー
小見出し
<関連商品のアフィリエイトリンク>

小見出し
<関連商品のアフィリエイトリンク>

小見出し
<関連商品のアフィリエイトリンク>

小見出し
<関連商品のアフィリエイトリンク>
※ 記事の長さによって見出しの数は増減あり
ボトムコピー
まとめ文章
 ※監修者の紹介を文末に置く場合もあり
健康系記事の特徴
☑️ 健康系の記事は、専門家の監修記事以外上位化は厳しい
☑️ WELQ問題以降、検索エンジンもルールが厳しくなった
☑️ 不正確な記事は人命に関わるので、掲載できない

健康系の記事を書くには、薬機法について知っておく必要があります。薬機法に反した記事は、薬機法違反の罪に問われます。

参考リンク:薬事法違反はこれでチェック!薬事法ルール集|化粧品・健康食品

なお、薬機法に則した記事は個人でも作成できます。例えば、記事の監修を専門家に依頼して記事を仕上げれば、レギュレーションに沿った記事が入稿出来ます。

実際に、医師や医療関係者が在籍するライター事務所に依頼をすれば、監修記事を仕上げてもらえるので、医療系の記事制作で活用してみてください。

参考リンク:記事監修サービス | 編集プロダクション studio woofoo by GMO

この他、記事の裏付けは専門書、学術書、論文、信頼できるソースを必ず記載してください。以下、健康系で参考になるサイトを5つ集めてみました。

健康系には厳しいレギュレーションがあります、正確な情報が読み手に届けられるよう、専門家と手を組んで良質な記事を作成しましょう。

金融(専門記事系)

金融系(専門記事系)は、その名の通り「お金に関する話題」を取り上げた記事です。

具体的にはクレジットカード、カードローン、節約、住宅ローン、マイカーローン、保険、資産運用、事業融資、ビジネスローンが金融系記事に分類されます。

金融系のアフィリエイト広告は単価が高く、SEO経験が長いプロでも、金融系で勝つのは至難の業です。

その一方、金融系の記事で上位表示されれば、他のジャンルではあり得ないような高額報酬が得られます。

金融系で成功するのは、ブロガーやWEBマーケターにとって「ステイタス」であり、SEO業者の経歴・実績を示す指標となります。

なお、金融系で有名なブログに「クレジットカードの読みもの」と呼ばれるサイトがあります。

参考リンク:クレジットカードの読みもの

上のサイトや記事は、金融記事で勝ちたい人やWEBマーケターが参考にしています。

これから同ジャンルにチャレンジされる方も、ぜひ記事構成や記事の書き方、テーマ選びクレジットカードの読みもの から学んでください。

金融系記事の特徴は、次の通りです。

金融系記事の特徴
☑️ 競合が多くSEOで上位化するのは、ハードルが高い
☑️ 金融を制すれば、他のジャンルでも勝てる
☑️ 金融記事で上位化できれば、大きな収益が得られる

以下、金融系記事構成の「サンプル」をまとめてみました。

金融系の記事構成(サンプル)

トップコピー
記事タイトルとフック部分
ボディーコピー
小見出し
<関連商品のアフィリエイトリンク>

小見出し
<関連商品のアフィリエイトリンク>

小見出し
<関連商品のアフィリエイトリンク>

小見出し
<関連商品のアフィリエイトリンク>
※ 記事の長さによって見出しの数は増減あり
ボトムコピー
まとめ文章

アフィリエイトリンクの位置に、明確なレギュレーションはありません。記事の内容に沿って、自然な位置にリンクが貼りましょう。

以下、金融系で参考になるサイトを5つ集めてみました。

人気の記事を参考に、記事の書き方、アフィリエイトリンクのレイアウトを学んでください。

機器系・ガジェット記事(専門記事系)

ガジェットには「道具、装置、仕掛け」といった意味があり、身のまわりの生活や趣味をより良くする製品や電子機器を総称し「ガジェット」と呼んでいます。

機器系・ガジェット記事は、IT系記事と一部重なる内容もありますが、多くの場合【家電、電子機器、ソフトウェア】などのレビュー記事を総称し「ガジェット記事」と呼んでいます。

機器系・ガジェット記事の特徴は、次の通りです。

機器系・ガジェット記事の特徴
☑️ レビュー、ハウツー系が多い
☑️ 比較サイトなどに多く用いられている
☑️ IT系の記事やコンテンツにも、ガジェット記事は多い

以下、機器系記事構成の「サンプル」をまとめてみました。

機器系の記事構成(サンプル)

トップコピー
記事タイトルとフック部分
ボディーコピー
小見出し
<関連商品のアフィリエイトリンク>

小見出し
<関連商品のアフィリエイトリンク>

小見出し
<関連商品のアフィリエイトリンク>

小見出し
<関連商品のアフィリエイトリンク>
※ 記事の長さによって見出しの数は増減あり
ボトムコピー
まとめ文章

ガジェット記事中のアフィリエイトリンクの数や位置に、明確なレギュレーションはありません。記事の内容に沿って、自然な形でアフィリエイトリンクを配置しましょう。

機器系で参考になるサイトを5つ集めてみました。

機器系で参考になるサイト

人気の記事やブログを参考に、記事構成、アフィリエイトリンクのレイアウトをマネしてみてください。

その他(専門記事系)

ここまで紹介したジャンル以外にも、さまざまなテーマ、ジャンルの記事がインターネット上に溢れています。

みなさんの中には「全く新しい、独自のジャンル」でコンテンツや記事を書く人も出てくることでしょう。

様々なジャンルの記事

その他ジャンルの特徴や構成に、明確なレギュレーションはありません。

似たようなジャンルで、アクセス数の高いサイト、人気サイトをチェックし、記事構成をマネしてみましょう。

どのジャンルのプロも「成功者から学ぶ」ことからスタートし、独自のノウハウやテクニックを獲得しています。

人気の記事テーマ

記事として扱うのに、人気が高いのは「お悩み系」と呼ばれる記事テーマです。

お悩み系とは、人の悩みや問題に直結したジャンルのことです。

お悩み系は集客力と収益力が大きい

お悩み系は、集略力と収益力が大きいジャンルです。

特に薄毛対策、シミ・シワ、ダイエット、脱毛、バストアップなどの「お悩み系」は季節を問わず、集客力と収益力が大きく人気があります(=競合性が高い)。

お悩み系で人気の記事5選!

『お悩み系』で参考になる記事を5つ集めてみました。

お悩み系の記事は、金融系と同じく「競合が多い」こともあり、Googleなどで上位化されている記事は、質が高く洗練された記事が多いです。

文章力を磨きたい方は、ぜひ競合性の高い記事・サイトを参考にしましょう。

収益化できるおすすめアフィリエイトサイトを分かりやすく解説

収益化できるおすすめアフィリエイトサイトを分かりやすく解説

記事作成のコツ

読まれる記事を作るには、ここまで紹介した「各ジャンルの特徴」や成功しているコンテンツ、ブログ、サイトなどを参考にすることです。

記事を作成しているところ

また、前項まで「記事構成」を中心に、記事の書き方を紹介しましたが、実際にどのような文章、記事の書き方(ライティングテクニック)が必要なのでしょうか。

本項では「ライティング」の部分に焦点を当てて、記事作成のコツを解説します。

記事の書き方(ライティング)

「ライティングのスキルを上げたい!」という方は多いのですが、WEBの記事を書くのに文学的才能や、特別な技術は必要ありません。

記事構成の部分で説明をしましたが、読者のニーズを満たし、ペルソナが必要な情報を提供すれば内容が深く、満足度の高い記事はラクに書けます。

特にリサーチとペルソナの設定、記事構成の部分で時間を掛ければ、実際の記事は「文章を埋めていく」だけ。難しいノウハウや文章の高いスキルは必要ありません。

記事の書き方を勉強している人

文章の得意な人に話を聞くと、「上手い文章はシンプルで無駄が無い」と皆口を揃えて言います。

ゴテゴテと飾り付けられた文章よりも、伝えたいテーマがハッキリしていれば、読み手にもメッセージがストレートに伝わります。

また、記事構成は「建築と似ている」と説明しましたが、文章は「料理」と良く似ています。

きちんと下ごしらえをしておけば、調理(=記事執筆)に時間はかかりません。

材料を厳選し、美味しい料理(=読まれる記事)に仕上げましょう。

なお、ライティングテクニックは、以下の記事でも詳しく解説しています。

ライティング能力を高めて確実に読まれる文章作成能力を身につける

Webライティングで120%読まれる文章とは?稼ぐテクニックを伝授

記事の内容

記事の内容は、本記事で最初に紹介をした、記事構成で決まります。

【リサーチ、ペルソナ設定、共起語】に沿って記事構成を作りますが、文章を各段階でもリサーチした内容をもとに、ペルソナに語りかけるようなイメージで、記事を書き進めましょう。

スマホで記事を検索する人

また、記事の中にはバランス良く共起語を散りばめてください。

記事構成の部分で、共起語を意識し見出しを配置すれば、記事執筆はさらに時短ができてラクになります。

前項と同じく、下ごしらえに時間を掛けて「読まれる記事」を書き上げましょう!

記事本文で役立つPREPの法則

PREPの法則の「PREP」とは、P(point:結論、ポイント)、R(reason:理由)、E(example:例)P(point:結論)の頭文字を集めたものです。

この流れで文章を書けば、読み手に「文章がより伝わりやすくなる」という便利な法則です。

記事のフック部分で、PASONAの法則を紹介しましたが、記事本文で役立つPREPの法則もぜひ取り入れてみましょう。

記事の書き方を学ぶ方法(ブログ、動画、書籍)

記事の書き方は、有名なスクールで学ぶ必要も無く、独白でマスターできます。

実際に成功者の多くは、ブログや動画(YouTube)、書籍からも記事の書き方を学んでいます。

記事の書き方を学ぶ

本項では、記事の書き方を学ぶのに役立つ、ブログや動画、書籍を紹介しましょう。

記事の書き方で役に立つ【ブログ】

記事の書き方で役に立つブログを5つ紹介します。

記事の書き方で役に立つブログ

ブログで文章構成を作る3つの手順【ブログ歴6年の僕が徹底解説】
人気ブロガーのマナブさんが、ブログの構成を3STEPで作る方法を分かりやすく解説しています。
さまざまな記事の書き方|読まれる記事にするためのテンプレートとコツ
読まれる記事の書き方と、アクセススが伸びる記事テンプレートを紹介しています。
記事の書き方の型を覚える、それがWebライターへの第一歩
初心者ライター向けに、記事の書き方や構成(タイトル、目次ほか)の作り方を紹介しています。
SEOライティングの基本。押さえておくべき6つのポイントと注意点
GoogleやYahoo!で上位表示される記事の書き方、文章の作り方を解説しています。
たった10記事で64万人に読まれるブログ記事構成を作る3ステップ
少ない記事でも短期間で、アクセス数の取れる記事の書き方を詳しく解説した記事です。

本項で紹介したブログや記事以外にも、本記事内では各ジャンルごとに「参考になるブログ記事やサイト」を紹介したので、チェックしてみてください。

記事の書き方で役に立つ【動画】

記事の書き方で役に立つ動画を5つ紹介します。

記事の書き方で役に立つ動画

ブログ記事の書き方&テンプレ配布【日本トップクラスの僕が解説する】
アクセス数の取れる記事の作り方を人気ブロガーのマナブさんが紹介。テンプレートも配布。
【報酬倍増】1日10件売れるアフィリエイト記事の書き方
アフィリエイトで1日10件以上売れる記事の書き方、構成の作り方を解説した動画です。
【ブログ記事の書き方】迷わず「高速」で書くたった1つの方法
記事構成を作成し、スピーディーに記事を完成させるテクニックを解説しています。
ブログ記事の書き方_01【収益を生み出す記事を執筆する手順】
収益性の高い記事を作る方法、執筆の手順を分かりやすくまとめた動画です。
【ライティング】ブログ記事の〇〇を間違えるとSEOで上がりません
ブログ記事の構成がいかに重要か、正しい記事構成の作り方を解説した動画です。

どのYouTuberも動画制作、ブログの収益化で大きく成功しています。

あなたもYouTubeをみながら、記事の書き方をマスターしてください。

記事の書き方で役に立つ【書籍】

最後に、記事の書き方で役に立つ書籍を5冊紹介します。

記事の書き方で役に立つ書籍

10倍速く書ける 超スピード文章術
伝わる文章」がスラスラ書けるテクニックを紹介。ブログだけでなく、メールや企画書、レポートにも応用可能。
沈黙のWebライティング
Webサイトで成果を上げるための文章の書き方を、ストーリー形式で学ぶライティングの実用入門書。
いちばんやさしいコンテンツマーケティングの教本
業界大手、株式会社イノーバ代表取締役社長の宗像 淳氏によるコンテンツマーケティングのハウツー本。
ブログの書き方講座: 個人ブログ月間100万PVの手法
個人ブログで月間100万PVを集めるサイト運営者が、売れる記事の書き方を分かりやすく解説。
現場のプロがやさしく書いたWebサイトの分析・改善の教科書【改訂2版】
WEBマーケティングに欠かせない「データの見方」と「改善ポイント」を分かりやすく解説した良書。

ここで紹介した書籍は、いずれも最寄りの書店のほか、楽天市場、Yahoo!ショッピングでも購入できます。

おすすめの書籍を参考に、文章の書き方をマスターしましょう。

まとめ|記事の完成度は記事構成で決まる!

記事の完成度は「記事構成で決まる」といっても過言ではありません。リサーチ、ペルソナの設定を行い、記事構成に時間を掛けましょう。

記事構成がしっかりしていれば、後の記事執筆はスイスイ面白いように進み、記事完成までの時間が短縮できます。

スピーディーに記事を仕上げたい、入稿の本数を増やしたいという方もぜひ、本記事を参考に記事構成を進めていただければ幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

ABOUT US

小林 玲王奈Unicorn Consulting Inc. 代表取締役 CEO
起業する人やスタートアップ企業に出資や資金調達を含めてサポートしながら、ブログの運営やWebアプリの開発、LINEスタンプ制作をしています。2003年から映像業界向けの様々な新規事業立ち上げに従事。2014年からは経営/メディアコンサルティング業も始めて2020年01月に独立。今年から来年にかけて、世田谷の私立校で空中ディスプレイ技術とWebマーケティングの講義を行っています。|SMPTE Professional Engineer Member