格安レンタルサーバーのメリットとデメリットを分かりやすく解説

格安レンタルサーバーのメリットとデメリットを分かりやすく解説

最近は副業OKの企業も増え、ECサイトを立ち上げて物販を始めたり、ブログサイトを立ち上げて広告収入を得るための準備をコツコツと進める人が増えてきました。

しかし、副業をやるのが初めてであまり費用をかけたくないとの理由から、Webサイトの立ち上げに格安レンタルサーバーを探す人達も多いです。

結論としてなのですが、格安レンタルサーバーはおすすめできません。

どうしても格安レンタルサーバーを見つけたいという場合は、

ロリポップ!の一択です。

何故なら、ロリポップ!の場合は

ロリポップ!一択の理由
  1. ロリポップ!は後からプラン変更できる
  2. ロリポップ!は月額250円から借りることが出来る
  3. ロリポップ!は、簡単インストール機能が使える

が可能なので、後からプランを変えたくなった時に公開をしないですみます。

それでは、一般的に何故、格安レンタルサーバーがおすすめできない理由を解説していきます。

格安レンタルサーバーがおすすめできない理由

格安レンタルサーバーがおすすめできない理由は3つあります。

おすすめできない理由
  1. 無料のSSLが付いていない場合がある
  2. Webサイトの管理に制約が多い
  3. 動作が不安定

それでは、ひとつずつ解説していきます。

①無料のSSLが付いていない場合がある

格安レンタルサーバーには、無料のSSL対応サービスが付いていないものがあります。

SSLとは?

SSLとは、インターネット上で流れる様々なデータ(個人情報を含む)に対して、第三者によるのぞき見やデータの改ざんを防ぐために利用されている通信の仕組みのことです。

引用元 : 【簡単】ブログのレンタルサーバーはどこにすればいいのか?|ユニコブログ

WebサイトをSSL化するとは、http→httpsにして、Webサイトを安全に運営する仕組みを導入することです。

現在、SSL化されていないwebサイトは、Google検索などで不利になります。

現在、WebサイトをSSL対応させるのは必須といえるので、これが無料で対応できていないというのは結構痛いです。

仮に、有料のSSLをどこかから発行してもらってっていうのも有りなのですが、それだと結局高速なレンタルサーバーとそれほど変わらない月額費用になってしまうので、格安のメリットがありません。

②Webサイトの管理に制約が多い

ちょっと分かりにくい表現なのですが、一般的なレンタルサーバー会社の管理画面よりちょっと使いにくいです。

また、どこの格安レンタルサーバーなのかは明言しないですが、WordPressでブログ記事を作成していくときに画像がそのままアップロードできなかったりと不便が結構あります。

③動作が不安定

全体的にアクセスが集中しやすい19時〜22時頃になると動作が不安定になります。

サイトの表示が不安定になると、Webサイトを収益化していた場合に、収益率にダイレクトに影響してきます。

格安レンタルサーバーにもメリットはある

格安レンタルサーバーにもメリットはあります。

格安レンタルサーバーのメリット
  1. 本番前の試し練習に使える
  2. 大量にサテライトサイトを作成するときにコストが安い
  3. プログラミング練習に使える

格安レンタルサーバーも、用途によってはメリットがあるので解説します。

①本番前の試し練習に使える

いきなり本格的なECサイトやブログサイトを開設して運用する前に練習しておきたい。

というような場合は格安レンタルサーバーでも良いかもです。

②大量にサテライトサイトを作成するときにコストが安い

サテライトの張り方によってはかなり黒に近いグレーになってしまうので、具体的な運用方法については伏せるのですが、格安レンタルサーバーを使って、それぞれ物理的に独立したサテライトサイトをやすく大量に作ることも可能です。

③プログラミング練習に使える

自分で使う範囲内でのプログラミング練習にはとても便利です。

組み込める言語などは、各レンタルサーバー会社の案内を確認しましょう。

格安レンタルサーバー会社の紹介

本記事の冒頭でも言ったとおり、格安レンタルサーバーはおすすめできません。

けれど、前章で書いたように、用途によってはメリットもあります。

なので、格安レンタルサーバーでありがちなデメリットが少ないレンタルサーバー会社を3社ほど紹介をします。

①リトルサーバー

リトルサーバー月150円から利用可能な格安レンタルサーバーです。

格安レンタルサーバーでも、利用できるハード構成はSSDとなっています。

  1. レンタルサーバーを使ってみるのが初めて
  2. とにかく安くアフィリエイトサイト制作を試してみたい
  3. 本番環境で立ち上げる前に試してみたい

という時には便利なレンタルサーバーサービスです。

参考サイト : リトルサーバー

②MINIPOPレンタルサーバー

MINIPOPレンタルサーバーは、初期設定料金も無料で月額250円から利用できる格安レンタルサーバーです。

SSLも無料で取得できるのちょっとしたECサイトを運営するのにも便利で素敵なサービスです。

ミニポップレンタルサーバーには、「10日間の無料トライアル」が付いています。

お試し期間が付いているのはとても嬉しいですね。

参考サイト : MINIPOPレンタルサーバー

③レンタルサーバーminim

レンタルサーバーminimは、最安値のラインナップでなんと月額59円という破格のレンタルサーバーサービスです。

ただし、それだけに機能に制約も多くあります。

  1. 独自SSLは使えない
  2. データベースは1つのみ
  3. マルチドメイン数は2個まで

など、いろいろあります。

しかし、月額100円以下で運用できるレンタルサーバーは、用途によっては低コストで役に立つ場面も多くあります。

メインではなくてサブ的な扱いで使ってみるのは良いかなと考えます。

格安レンタルサーバー環境はロリポップ!で入手できる

出典 : GMOペパボ株式会社 

ロリポップ!は格安レンタルサーバー環境を入手するための課題をすぐに解決してくれるサービスです。

記事の冒頭でも、「結論として格安レンタルサーバーはおすすめできません」とお伝えしました。

その理由には、Webサイトが成長してきたときのスペックや帯域不足があります。

それらの問題をロリポップ!は解決してくれます。

ロリポップ!の素敵なところ
  1. ロリポップ!は後からプラン変更できる
  2. ロリポップ!は月額250円から借りることが出来る
  3. ロリポップ!は、簡単インストール機能が使える

それでは、ひとつずつ解説していきます。

ロリポップ!は後からプラン変更できる

ロリポップ!は、サイトが成長してきてスペック不足になってきたときに、あとからレンタルサーバープランを変更できます。

ロリポップ!は月額250円から借りることが出来る

ロリポップ!には、WordPressでWebサイトを運用する最安値のプランで「ライト」というプランがあって、月額250円で借りることが可能です。

WordPressを利用するのでなければ、月額100円の「エコノミー」というプランもあります。

ロリポップ!は、簡単インストール機能が使える

ロリポップ!には、WordPressなどを簡単にインストール出来る機能が付いています。

Webサイト初心者に易しい設計になっているので、とても素敵なサービスですね。

上記の3つのメリットから、格安レンタルサーバーとしての1番のオススメロリポップ!です。

最初から高速なレンタルサーバーを借りる

筆者のおすすめは、副業などでサイトを収益化することが目的なのであれば、最初から高速表示が可能なレンタルサーバーを借りてしまった方がお得ということです。

何が1番お得かというと「時間」です。

高速・高機能を備えているレンタルサーバー会社のサイト立ち上げプロセスはもの凄く簡単になっています。

また、格安レンタルサーバーと比べて、毎月の費用が500~600円上がってしまいますが、これくらいのランニングコストはアフィリエイトですぐに回収できます。

ブログを始めるならWordPressです

初心者がブログを始めるならどこ?【答えはWordPressです】

格安レンタルサーバーに負けない費用対効果

ここからは、レンタルサーバーの月額費用もリーズナブルで、Webサイトやブログサイトの立ち上げがとても簡単に行えるレンタルサーバー会社を紹介します。

また、紹介するレンタルサーバー会社には以下の条件を満たしているものだけにしています。

紹介するための条件
  1. ドメインの取得からWordPressのインストールまで一直線
  2. 無料SSL有りでクリックで適用可
  3. サイト表示が高速

それでは、上記3つの条件を満たしているレンタルサーバー会社を紹介していきます。

ConoHa WING

ConoHa WINGは、2018年9月26日にサービスを開始したGMOの新しいレンタルサーバーサービスです。

本記事を執筆している時点(2020年11月末)で24万アカウントを突破し、アクセス数が多い勢いのあるブログやウェブサイトの多くが、ConoHa WING by GMOを使用しています。

画像出典元:ConoHa WING by GMO(公式サイト)

ConoHa WINGは、日本マーケティング機構の調査(2020年2月期)で【アフィリエイター人気、利用者満足度、サポートデスクの満足度】など三部門でNo.1を獲得。

ユーザーからの総合評価も高く、今後の展開が大注目されるレンタルサーバーです。

ConoHa WINGではレンタルサーバーの月額利用費がお得になるキャンペーンを頻繁に行っているので、常にチェックしておきましょう。ConoHa WINGはいつも結構お得です。

画像出典元:ConoHa WING by GMO(公式サイト)

ConoHa WINGの詳細と申し込みは以下のサイトで確認が出来ます。

参考リンク:ConoHa WING

エックスサーバー

エックスサーバーは、ブログやサイトの制作、WordPressの設定ではおなじみのレンタルサーバーサービスです。

2020年の調査では国内シェアNo.1、サーバー速度No.1を誇るハイスペックサーバー(※2020年5月時点、dataprovider.com 調べ)として知られています。

画像出典元:エックスサーバー(公式サイト)

実際にエックスサーバーは、WordPressユーザーの評価が高く、契約後すぐにWordPressが設定できる「WordPress簡単インストール機能」や「WordPress簡単移行機能」が搭載されています。

なお、自分でWordPressを設定をするのが「不安」という方には、知識豊富なスタッフが設定を行う「設定代行サービス」が利用できます(有料オプション)。

エックスサーバーの詳細、申し込みに関しては以下のサイトをご覧ください。

参考リンク:エックスサーバー

mixhost

mixhostは、アズポケット株式会社が運営する高速レンタルサーバーサービス会社です。

第三者機関による

  1. アクセス処理速度
  2. 表示スピード
  3. アフィリエイター&ブロガー満足度

の3部門で1位を獲得したレンタルサーバーサービスです。

とにかく高速な動作環境に、HTTP/3にも対応するなど、新しい通信技術へ迅速に対応しています。

画像出典元 : mixhost公式サイト

Webサイトのトップで公表しているとおり、WordPressを簡単に立ち上げることの出来るクイックスタートサービスや、サーバー申込時に独自ドメインのWordPressがすぐにセットアップできるなど、WordPressの立ち上げにかかる負荷をとにかく軽減しています。

価格設定の方は、プレミアムプランで月額792円、容量が350GBで転送量目安が7.0TBと、Webサイトが大きく育っても十分なスペックを備えています。

mixhostの詳細や申し込みは、下記のサイトをご覧ください。

参考リンク:mixhost

まとめ|サイトの収益化まで最速で準備してコンテンツを積み上げていく

副業でWebサイトやブログサイトを立ち上げるのであれば、高速表示可能なレンタルサーバー環境でWordPressを構築し、サイトの収益化まで最速で準備してしまったほうが時間が掛からずにお得です。

Webサイトの収益化に集中できれば、すぐに月額費用/数百円レベルは回収できてしまいます。

収益化できるおすすめアフィリエイトサイトを分かりやすく解説

アフィリエイトとは?収益化できるおすすめアフィリエイトサイトと運営方法を解説【独自AFPの紹介付き】

今回紹介したレンタルサーバー会社以外の会社もまとめた記事を作成してありますので、そちらも参考になれば幸いです。

レンタルサーバーを徹底比較

レンタルサーバー徹底比較!WordPressおすすめサーバー10選

また、WordPressのインストールが完了したら、サイトが複雑にならないうちに収益化用のWordPressテーマを導入してしまいましょう。

Webサイトを大きく成長させて行くには、最速でとにかくコンテンツを積み上げていくことが重要です。

SEO対策もされたWordPressテーマは、コンテンツの積み上げに集中できる環境を提供してくれます。

ワードプレスのテーマを紹介する

WordPressおすすめブログテーマ10選!有料版と無料版を比較

このブログも、本記事執筆時点で月35万円ほど稼いでくれるようになりました。

最低でも1年コツコツと続けていけば、少しずつ収益金額も上がってきてモチベーションに繋がります。

まずは、コンテンツ作りに集中できる環境を整えて、サイトを成長させられる環境を作りましょう。

\\ ブログ開設は高速レンタルサーバー!!//
月数百円で使えてサイト成長を助ける機能が
たくさん詰まったサービスを紹介します!!

ブログを始めるときにおすすめできるレンタルサーバーの紹介記事

ABOUT US

小林 玲王奈Unicorn Consulting Inc. 代表取締役 CEO

起業する人やスタートアップ企業に出資や資金調達を含めてサポートしながら、ブログの運営やWebアプリの開発、LINEスタンプ制作をしてひたすらキャラクターデザインをしています。

2003年から映像業界向けの様々な新規事業立ち上げに従事。2014年からは経営/メディアコンサルティング業も始めて2020年01月に独立しました。

今年から来年にかけて、世田谷の私立校で空中ディスプレイ技術とWebマーケティングの講義を行っています。

最近はアフィリエイト用の特化ブログを4サイト立ち上げて運用しています。

全部同じサイト構成、ブログ記事構成、文章構成なども似せてみて、収益を出すのに再現性があるか?などを試している日々です。

ピックアップしているレンタルサーバーとWordPressテーマを総当たりで組み合わせてサイトスピードがどうなるかなど、思いついた事をひたすら検証する日々も兼ねています。

結果、基本はプラグインを減らしていくのが1番と知りました。

SMPTE Professional Engineer Member