WordPressテーマの割引購入が可能なレンタルサーバーサービスを利用事例をもとに紹介

WordPressテーマの割引購入が可能なレンタルサーバーサービスを利用した実例をもとに紹介

現在のレンタルサーバーサービスには、独自のドメイン取得からサイト開設、Webサイトの高速化設定、セキュリティーの設定まで含めて、以前と違って考えられないくらい簡単に済ませることが可能になりました。

また、各レンタルサーバーサービスは、企業向けサイトやブログサイトなどでよく利用されるWordPressに最適化されており、クリック感覚でWebサイト開設まで進めていくことが可能です。

ブログサイト名ユニコブログ®︎
ブログサイトの開設日2020年01月
利用しているレンタルサーバーConoHa WING
利用しているCMSWordPress
WordPressテーマSTORK19
最高月間PV数56.5万PV(2023年01月)|Webサイト運営を本業にすることも可能になる より
最高月間収益1,217,403円(2021年05月)|ブログ収益の公開記事
収益化の方式ASP経由のアフィリエイト広告及び直接広告
記事数ブログ記事数は600記事
登録商標ユニコブログ 登録商標第6335150号
2024年03月時点

また、最近はレンタルサーバーを借りる時に、有料のWordPressテーマを割引で買えるようになっており、好みがうまく合えば、同じ管理画面(コントロールパネル)から、Webサイトを管理できるので、個別に購入する必要もなくてスゴく便利です。

当ブログ(ユニコブログ®)の場合は、組み合わせが

  1. ConoHa WINGレンタルサーバー
  2. WordPress
  3. STORK19

のセットなので、WordPressテーマは割引購入できるものではないサイトデザインテーマでブログを運営しています。

これは会社員時代からのお気に入りのWordPressテーマなので特に気にしていません。

このブログのように、とてもシンプルなサイトデザインにも出来るし、逆に彩り綺麗なサイトデザインも簡単に作成可能です。

参考リンク:STORK19|公式サイト

とはいえ、レンタルサーバーとのセットで割引で購入できるWordPressテーマもセットで合わせられると、ブログ記事作成に集中できる環境がすぐに完成するので、本記事ではそれを3サービスに絞って紹介していきます。

WordPressテーマの割引購入が可能なレンタルサーバーサービス

まずは、有料のWordPressテーマが割引で購入できるレンタルサーバーサービスを紹介します。

  1. ConoHa WINGレンタルサーバー
  2. お名前.com
  3. エックスサーバー

上記のリストにエックスサーバーが入っているのは、同社が開発した独自のWordPressテーマであるXWRITE(エックスライト)が提供されているからです。

レンタルサーバーもWordPressテーマも、同じ会社が開発して運営しているというのは、大事な安心材料です。

レンタルサーバーサービス内で値段以外に割引がきくWordPressテーマを購入メリットは何ですか?

割引以外にもレンタルサーバーのコントロールパネルで利用しているwordPressテーマが確認できるのがメリットです。また、WordPressテーマが複数サイトで利用できるライセンスの場合に新しいWebサイトを作成するときにWordPressと合わせて同時に設定できたりと手間も省くことができます。

WordPressテーマの割引購入が可能なConoHa WING(コノハウィング)

画像提供:GMOインターネットグループ株式会社

ConoHa WINGは、当ブログ(ユニコブログ®)で利用しているレンタルサーバーです。

GMOインターネットグループ株式会社が提供しているレンタルサーバーサービスです。

毎月の利用料金も手頃で、筆者が利用していて個人的に気に入っている特典や機能があって

  1. 無料で独自ドメインが付いてくる
  2. 無料で使えるセキュリティ施策に「アルファSSL」が使える
  3. 独自のWebサイト高速化機能「WEXAL」が使える

という点です。

割引で購入できるWordPressテーマ

ConoHa WINGで割引購入できるWordPressは以下のモノになります。

  1. SANGO
  2. JIN
  3. JIN:R
  4. THE THOR
  5. THE SONIC

上記の4つが割り引きで購入可能です。

どのWordPressテーマも素敵なサイトデザインが出来るモノばかりですので、ConoHa WINGの公式サイトから詳細を確認出来るのでご検討ください。

ConoHa WING|公式サイト

実例として、かなりシンプルにしてしまっているWebサイトですが、筆者が運営している編集後記ブログでは、THE THORというWordPressテーマを使って運営しています。

ドメインも無料特典が適用されていて、SSLには「アルファSSL」を利用しています。

メインサイトとサブサイトをいつでも作る事ができる特典はすごく嬉しいです。

ConoHa WING|公式サイト

WordPressテーマの割引購入が可能なお名前.com(お名前ドットコム)

WordPressテーマの割引購入が可能なお名前.com(お名前ドットコム)

お名前.comも、大手企業のGMOインターネットグループが提供する、独自ドメインの取得からからレンタルサーバーの利用まで、Webサイト運用全体をコントロールできるサービスです。

関連記事:お名前.comとは?サービスの特徴と会社概要まとめ

筆者の場合、会社の「.co.jp」ドメインの取得をはじめとして、多くの独自ドメインを取得し、レンタルサーバーも複数台利用しています。

お名前.com内で割引購入できるWordPressテーマ

お名前.comで割引購入できるWordPressは以下のモノになります。

  1. 賢威
  2. Diver
  3. THE THOR(ザ・トール)
  4. Emanonシリーズ
  5. SEAL ver.1.5
  6. LIQUIDシリーズ
  7. Sunset
  8. Petit
  9. BuryBury
  10. Ocean
  11. One

かなり多くの有料WordPressテーマが割引適用されるので、Webサイトのテーマやジャンルによって、Webサイトデザインの相性が良さそうなモノを選ぶことが出来ます。

お名前.comの公式サイトで、実際にどんなWebサイトデザインになるかを、一気に確認することができるので、検討してみてください。

お名前.com|公式サイト

独自に開発したWordPressテーマを提供しているエックスサーバー

独自に開発したWordPressテーマを提供しているエックスサーバー

エックスサーバーは、エックスサーバー株式会社が独自に開発したWordPressテーマのXWRITE(エックスライト)があるので、本記事で紹介させてもらいました。

Webサイトデザインに利用したいデザインスキンを選択して設定するだけで、あとはWebサイトコンテンツ制作やブログ記事制作に集中できる状態がすぐに整えられます。

現在、筆者自身でもXWRITE(エックスライト)を利用したWebサイトを育てているところなので、またリライトで公開して行きたいと考えています。

現在、エックスサーバーを利用している実例として、趣味ブログとして釣りブログなどで運用しています。

関連記事:趣味ブログの始め方や作り方を収益化など稼ぎ方まで分かりやすく解説

エックスサーバー公式サイト内で紹介されているWordPressテーマ

エックスサーバーの公式サイト内で紹介されているWordPressテーマは以下になります。

  1. SWELL
  2. XWRITE(エックスライト)
  3. Cocoon
  4. Lightning

というWordPressテーマが紹介されています。

詳細は、エックスサーバーの公式サイト内で記載されているので、ぜひ検討ください。

エックスサーバー|公式サイト

WordPressテーマの割引がなくても素敵なサイトデザインテーマ

WordPressテーマの割引がなくても素敵なサイトデザインテーマ

レンタルサーバーサービスを提供している中で、割引オプションがないWordPressテーマでも、すごく素敵なサイトデザインが出来るモノはたくさんあります。

実際の事例として、筆者の場合は

  1. ユニコブログ®|STORK19
  2. 小説ブログ|SWELL
  3. 一問一答ブログ|JIN:R

で利用しています。

Webサイトでの利用事例
  1. ユニコブログ®(当ブログ)
  2. 小説ブログ
  3. 一問一答ブログ

どの有料WordPressテーマも、すごく素敵なサイトデザインが簡単な設定ですぐに実現できるので、すごく便利です。

ブログ型サイトを含むWebサイト運営は、長期に渡ってしっかりとコンテンツ制作をしていけば、当ブログのメインテーマである「会社だけの収入に依存しない生活」の実現に繋がります。

ぜひ、色々なWordPressテーマやレンタルサーバーサービスを比較してみてください。

  1. レンタルサーバー徹底比較!WordPressおすすめサーバーを解説
  2. WordPressテーマでおすすめできる有料版と無料版を比較して実例を基に紹介
  3. 画像素材サイト10選!各サービスの料金と特徴を徹底比較
  4. WordPressの初期設定でやっておくと良いことを分かりやすく解説
  5. レンタルサーバーとWordPressのテーマ選びに困ったらConoHa WINGとTHE SONIC

最後まで読んでいただきありがとうございました。

ABOUT US
ユニコブログの執筆者である小林玲王奈のアイコン
小林 玲王奈ユニコーンコンサルティング株式会社 代表取締役

放送業界や映画業界で映像制作や新規事業の立ち上げを中心に16年間働いて2019年に独立。2020年1月にユニコーンコンサルティング株式会社を設立しました。現在は、国内・海外向けのWebメディアを複数サイト運営しながら、経営コンサルタントとして数社の技術顧問、及び複数の教育機関で特別講義をおこなったり、Web講演をしています。|BBT経営塾(旧:大前経営塾)第10期生 卒塾

当ブログの運営者情報は下記のページから確認できます。

運営者のプロフィール詳細