レンタルサーバーとは?初心者向けに分かりやすく解説【ブログサイト向け】

レンタルサーバーとは

ブログを開設するときに必ずあるのがレンタルサーバー選び。

ブログを始めるにはサーバーを借りてドメインを取得し、WordPressなどのインストールをする必要があります。

けれど、ブログを始めようと思った時の知識では、サーバーやドメインなどの用語の意味や仕組みがいまいち分かりにくいものです。

本記事では初心者向けにレンタルサーバーのことや、どんなレンタルサーバーを選べば良いのかを分かりやすく解説します。

ブログの開設におすすめのレンタルサーバーは?

結論としては、始めてブログを始めるのであれば

の2択です。

お名前.comレンタルサーバーのメリット

  • 1ヶ月1,000円台/月で借りることが出来る(おまとめで1,000円/月未満になる)
  • ドメイン取得からワードプレスインストールまでとにかく簡単
  • 選べるドメインが豊富にある

とにかく簡単にレンタルサーバーの契約からワードプレスのインストール、SSLの設定などが簡単に行えます。

お名前.com

ConoHa WINGレンタルサーバーのメリット

  • サイト表示スピードが速い
  • ドメイン取得からワードプレスインストールまでとにかく簡単
  • サーバーのパフォーマンスを維持する安定稼働プランがある

サイトが大きく成長していくことを考えると、ConoHa WINGのレンタルサーバープランも捨てがたいところです。

ConoHa WING

どちらもサポートは万全の体制

どちらのレンタルサーバーサービスもサポートが充実しているので、初めて立ち上げたブログのレンタルサーバーをお引っ越しをしたい場合も安心です。

レンタルサーバーとは?

レンタルサーバーとは、サーバの構築や設置場所の確保、常時可動の監視などをサービス会社側が行ってくれるサービスです。

レンタルサーバーの種類

レンタルサーバーと言ってもいくつかの種類があります。

(ブログ開設で借りる分にはあまり気にしなくて大丈夫です。)

共用サーバー

1台のサーバーを複数のユーザーで共用するタイプのレンタルサーバーです。

1台のサーバーを共有するので、低価格で借りることがメリットです。

ただし、複数のユーザーで利用するので、自分以外のユーザーが割り当てられているリソースに高負荷をかけたり、アクセスが急増したりすると他のユーザーも影響を受けるのがデメリットです。

VPS

VPSも1台のサーバを複数のユーザーが借りる形になりますが、仮想で専用サーバーが割り当てられてるように設計されているので、インストールされるソフトウェアやシステム、OSなどを独立させることが出来るので汎用性が高い方式になっています。

ただ、自分で使用するソフトウェアやツールを自分でインストールしてシステムを構築する必要があるので、アプリケーションの保守・管理を含め、諸々のスキルを必要とします。

専用サーバー

専用サーバーは、1台のサーバーを1ユーザーが独占して利用することが可能な方式です。

他のユーザーの影響を全く受けない点はとても魅力があります。

その代わり、VPSと同様、高いシステム管理スキルを必要とすることや、価格面でもレンタルサーバーは非にならないくらいの運用コストがかかるのがデメリットです。

種類他ユーザからの影響メリットデメリット
共用サーバ有り価格が安いアクセス過多でスピード減
VPS少ないカスタマイズ性が高いシステムを自分で管理する必要がある
専用サーバ無い他ユーザの影響を受けない価格が高く、管理面についても高いスキルが必要

ドメインとレンタルサーバーの関係

ドメインの取得とレンタルサーバーの契約は、元々は別々の作業でしたが、最近はレンタルサーバー会社でドメインの取得が出来てしまうので、ドメインとレンタルサーバーを紐付けるための知識も意識しなくて良くなってきています。

ブログのお引っ越し代行をレンタルサーバー会社が請け負っていることも多いため、ユーザーは簡単にレンタルサーバー乗り換えが楽になりました。

なので、新しく、よりよいレンタルサーバーサービスが出てくれば、すぐに最新のサーバー環境を手に入れることが可能になっています。

例えば、ConoHa Wingは、ブログのお引っ越し代行のサービスも提供してくれています。

参考リンク : ConoHa WINGご利用の流れ

マルチドメインの利用が可能

レンタルサーバーの多くは、マルチドメインの利用も可能です。

ただし、マルチドメインでの運用にはメリットとデメリットがあります。

マルチドメインの運用

マルチドメインのメリット

  • レンタルサーバー費用が安くなる
  • 複数サイトを一括管理できる

マルチドメインのデメリット

  • 多くのサイトを動かすとスピードが遅くなる
  • 1台のサーバーに何かがあれば全てのサイトが止まる

全てのサイトが止まる…は超怖いですね。

費用は掛かりますが、月数百円〜千円は保険だと思ってレンタルサーバは別にした方が良いかもです。

レンタルサーバーのスペック

レンタルサーバーには、スペックや基本機能などが公開されています。

ですが、最近はどのレンタルサーバーもかなり良いスペックになっているので、あまり気にしなくても良い所です。

容量(SSD)

レンタルサーバーのSSDに収まるそうデータ容量です。最近は動画コンテンツもYouTubeの埋め込みが多いと思うのであまり気にする部分ではないです。

転送量

サイトスピードは検索順位への影響があるので、画像などの圧縮を忘れないようにすれば大丈夫です。

例えば、当サイトの場合は35万PV/月で100GBいかないくらいです。

最近のレンタルサーバは数TB(数千GB)の転送量が確保できるので、ほとんど気にする必要がありません。

SSL

SSLは今は必須の機能です。

SSLを適用すると、httpからhttpsにドメインの最初が切り替わります。

セキュリティがないと検索結果にも影響が出るので、必ずSSLの設定を行いましょう。

本記事で紹介した2者は、クリックベースで簡単にSSLを設定することが可能です。

WordPress簡単インストール

これも多くのレンタルサーバー会社でセットになっている機能です。

クリックひとつで最新版のWordPressがインストールされるので、とても便利になりました。

WordPressのお引っ越し

これも、レンタルサーバー会社によってはプロのエンジニアの方がお引っ越しをやってくれるというサービスもあります。

新しいレンタルサーバーを検討したいときにこのサービスがあるかは重要ですね。

バックアップ

この機能も重要です。

自動バックアップがあれば、WordPressの運用で何かあっても戻すことが出来るので素敵です。

ただ、あまりバックアップ機能を使うことがないようにしていきたいので、お世話になりたくない機能でもあります。

このほか、レンタルサーバーには様々な機能がありますが、かなり専門的な部分にもなるので、あまり気にする必要は無いかなというところです。

レンタルサーバーを借りたらやること

ドメインを取得してレンタルサーバーまで準備が出来たら、最初にWordPressのテーマを導入しましょう。

ワードプレスのテーマを紹介する

WordPressおすすめブログテーマ10選!有料版と無料版を比較

無料のテーマでも素敵な物が多くありますが、有料テーマはSEO対策も整っており、サイトデザインもほぼ完成しているので、すぐにWordPressの初期設定に移れます。

レンタルサーバーの利用は難しくない

今はブログサイトの解説がとても簡単になりました。

ドメインの取得からレンタルサーバーの契約、WordPressのインストールまでクリックひとつで行えます。

これからはブログでの発信がさらに強い影響力を持つようになります。

SNSと連動して長く運用していけば、かなりの拡散力を自分で持つことが出来るようになります。

始めてブログを開設するのであれば、

の2社どちらかを選んでおけば、とても簡単にブログサイトを立ち上げることができます。

ブログサイトの運営はWebスキルを習得することにも繋がるので、是非ブログを運用してみましょう。

まとめ | ブログの継続に役立つリンク

当ブログの中からブログの運営に役立つ記事を集めてみました。

ブログの運営に必要な、WEBの基礎知識、文章術、SEO、収益化について、参考になる記事を集めています。

ブログ運営はたくさんの知識やノウハウが必要になりますが、ブログ記事を書いていきながら少しずつ学んでいきましょう。

ブログを始めるときにおすすめできるレンタルサーバーの紹介記事

ABOUT US

小林 玲王奈Unicorn Consulting Inc. 代表取締役 CEO
起業する人やスタートアップ企業に出資や資金調達を含めてサポートしながら、ブログの運営やWebアプリの開発、LINEスタンプ制作をしています。2003年から映像業界向けの様々な新規事業立ち上げに従事。2014年からは経営/メディアコンサルティング業も始めて2020年01月に独立。今年から来年にかけて、世田谷の私立校で空中ディスプレイ技術とWebマーケティングの講義を行っています。|SMPTE Professional Engineer Member