WordPressの始め方を超初心者向けに解説!無料ブログ&レンタルサーバーの設定方法

WordPressの始め方|超初心者でも安心!無料ブログ&レンタルサーバーの設定方法

「WordPressって、いったい何から始めれば良いの?」

「WordPressの始め方が、全く分からない…!」

上記のように、WordPressを始めるにあたって、何から始めれば良いのか分からないという人は多いです。

なぜなら、WordPress公式サイトからスタートすると、手続きが複雑になるからです。

結論から言いますと、WordPressを始める場合、先にレンタルサーバーを契約するのが、最もカンタンに設定できるおすすめの方法です。

そこでこの記事では、WordPressを始めるにあたって、最もカンタンでスピーディーな「WordPressの設定方法」を初心者の方にも分かりやすく解説します。

この記事の内容
  1. 最もカンタンなWordPressの設定方法
  2. WordPress・独自ドメイン・サーバー設定の方法
  3. WordPressを始める前に知っておくと便利な基礎知識

この記事を読むことで、初心者の人でも最短10分程度でWordPressの設定を完結することが可能です。

これからWordPressを設定したい人、WordPressでブログを始めたい人は、ぜひこの記事を参考に、WordPressの設定をサクッと終わらせてしまいましょう!

また記事の最後には、ブログアフィリエイトの始め方まで解説するので、WordPressブログを収益化したい人も必見です。

ぜひ、最後までチェックしてみてください。

関連記事:WordPressとは?Webサイト制作に便利なCMSを初心者向けに分かりやすく解説

WordPressを始める順序

WordPressを始める順序

WordPressを始める順序ですが、一番はじめに開くのはWordPress公式サイトではありません。

意外かもしれませんが、WordPressの設定を最初に行う手順としての実際の行動は「レンタルサーバーのサイトを開く」ことから始まります。

WordPressをはじめるにあたって、最もカンタンな方法は次の通りです。

STEP

レンタルサーバーを借りる

STEP

独自ドメインを取得して設定

STEP

WordPressのインストール

記事の冒頭でも解説しましたが、WordPress公式サイトから手続きをすると、手続きが複雑になります。

具体的に何が複雑になるかというと、WordPress公式サイトから手続きをした場合、別途で独自ドメインを取ったり、レンタルサーバーを借りる必要があるなど、二重三重に手間がかかってしまうのです。

しかし、レンタルサーバーサービスの設定から先にすれば、レンタルサーバーにWordPressも独自ドメインもすべて含まれているので、設定は1回で完結してしまいます。

このため、WordPressを設定するには、上記のようにまずレンタルサーバーを申し込み、レンタルサーバーの設定画面で独自ドメインとWordPressのインストールまで一気に済ませるのがシンプルな方法になります。

WordPressを始めるのに必要なもの

WordPressを始めるのに必要なもの

WordPressがうれしいのは、無料で配布されているということ。

そして、レンタルサーバーを準備すればWordPress自体は無料ですし、レンタルサーバー会社によっては独自ドメインが無料だったり、WordPressテーマが割引で購入できるなど「お得な特典」があります。

WordPressを始める上で、必要なものは次の4つです。

  1. WordPress
  2. レンタルサーバー
  3. 独自ドメイン
  4. WordPressテーマ

この4つがあれば、WordPressを使ったブログが始められます。

関連記事:ブログの始め方と人気ブログの作り方を完全初心者向けに解説

本章ではそれぞれ、どのようなものなのか順に解説します。

1.WordPress

WordPressというコンテンツマネジメントシステム

WordPressは、無料で配布されているオープンソース型のCMS(=ブログやWebサイトを管理するシステムのこと)です。

かみ砕いて言えば、プログラミング言語などの複雑な知識無しでも、ブログやWebサイトが作れる便利なツールと説明するとイメージがつかみやすいでしょうか。

一昔前には、ホームページを作るソフトウェアだったり、ビルダーのようなものが販売されていましたよね。

その便利な機能をさらに進化させ、そして誰にでも使いやすい状態で提供したのが、WordPressに代表されるCMSと呼ばれるシステムなのです。

また、WordPressはそのまま使うのでは無く、必要があれば、コードの知識を使って自由に開発ができるように設計されています。

このようにソフトウェアの構成を無償で一般公開し、自由に改良したり、配布できるようなソフトウェアを「オープンソース」または「オープンソースソフトウェア」といいます。

WordPressの話しは長くなってしまうので、今回は「WordPressの設定」に焦点を当てて話しをします。

このため、WordPressやCMSの仕組みについて、さらに知りたい人には、以下の記事にて詳しく解説していますのでお役に立てば幸いです。

関連記事:WordPressとは?Webサイト制作に便利なCMSを初心者向けに分かりやすく解説

2.レンタルサーバー

レンタルサーバーを利用する

サーバーとは、Webサイトやブログを公開するのに必須のサービスのことです。

一般的に、私たちが作ったWebサイトやブログは、レンタルサーバーを利用しているので、直接サイトの訪問者にデータを渡すわけではありません。

私たちのサイトやブログのデータ(テキストや画像)は、サーバーに保存し、サーバーを介して、ブログやWebサイトを閲覧する人にそのデータ(テキストや画像)を送る仕組みです。

このためサーバーが無ければ、Webサイトやブログが閲覧できないのです。

Webコンテンツを格納したサーバーは、自社で運営する企業や団体も存在しますが、ほとんどの場合、サーバー会社にレンタルでサーバーを借りて利用するのが一般的です。

私たちがブログやWebサイトを作る際にも、サーバー会社にレンタルでサーバーを借り、費用を支払ってブログやWebサイトを公開する仕組みです。

関連記事:レンタルサーバーとは?初心者向けに分かりやすく解説

3.独自ドメイン

独自ドメイン名の取得

独自ドメインは、好きなアルファベットや数字、記号など任意の組み合わせで作る、世界にひとつだけのドメインのことを言います。

例えば、当ブログ(ユニコブログ®)のドメインは「unicorn-blog.jp」ですが、あなたが好きな文字や数字、記号の組み合わせでドメインを取って、ブログやWebサイトのドメインに使うことができます。

関連記事:ドメインとは?これからブログを始める初心者向けに独自ドメイン取得の実例も含めて分かりやすく解説

4.WordPressテーマ

WordPressテーマの必要性

WordPressテーマは、Webサイトやブログのテンプレートのようなもので、複数のデザインやアレンジできる機能などがテーマのなかに含まれています。

WordPressにWordPressテーマをインストールすると、デザインが変更できたり、好きな機能を追加できるなど、自分好みのWebサイトやブログが簡単に作成できます。

もちろん、WordPressをインストールした後、基本で付いてくるWordPressテーマもあるのですが、そのままではやや味気なくなってしまいます。

このため、オリジナリティを出すためにも、それぞれがお気に入りのWordPressテーマを使用することが多いです。

なお、現在WordPressにデフォルトで入っているテーマは「Twenty Twenty」という名称のWordPressテーマで、旧バージョンを含めて3つのテーマが入っていますが、いずれも「wenty Twenty〜」というテーマです。

【メモ】無料版と有料版|どちらを使うべきか

WordPressテーマには、無料版と有料版の二種類があるので、コストをかけないように「無料版がいい」という人もいますが、スムーズにWebサイトデザインを完成させるには、有料のWordPressテーマをおすすめします。

関連記事:WordPressテーマでおすすめできる有料版と無料版を比較しながら実例を用いて紹介

【10分でOK】WordPress〜ブログ解説までの設定手順

【10分でOK】WordPress〜ブログ解説までの設定手順

それでは、WordPressでブログを一気に設定してみましょう。

下の手順で設定をすれば、最短10分程度で全ての手続きが完結することも可能になります。

STEP

レンタルサーバーを契約する

STEP

WordPressをインストール

STEP

WordPressテーマの設定

STEP

WordPressの初期設定

STEP

ブログの設定をする

とっても簡単な方法なので、ぜひ試してみてください。

これまで、WordPressの設定で上手くいかなかった人も、この方法ならスタートから設定まで、あっという間に終わってしまいます。

1.レンタルサーバーを契約する

レンタルサーバーを契約する

まず、レンタルサーバーを契約します。

レンタルサーバーはWebサイトやブログの公開に必須のもので、サイトを作成したらデータをサーバーにアップする必要があります。

このため、先にレンタルサーバーを契約するのですが、レンタルサーバーを契約すると、ほとんどのサービスで独自ドメインとWordPressのインストールまでがセットになっています。

このようなサービスを「WordPressに最適化されたレンタルサーバー」と呼んでいるのですが、以下のサービスはすべてWordPressに最適化された、代表的なレンタルサーバーサービスです。

  1. ConoHa WING
  2. お名前.com
  3. エックスサーバー
  4. シン・レンタルサーバー
  5. mixhost

また、レンタルサーバーを申し込む段階で、独自ドメインとWordPressのインストール、ブログの設定まで完了することができるサービスがあります。

このため、レンタルサーバーを契約する前に、簡単にドメインの名称とブログの名称を決めておくと良いでしょう。

関連記事:初心者向けに最適化されたレンタルサーバーでブログ運営を始める方法

2.WordPressをインストール

WordPressをインストール

次に、WordPressをインストールします。

WordPressのインストールは、レンタルサーバーのページからクリック感覚で設定できます。

WordPressのインストール方法は

  1. レンタルサーバー申込時
  2. レンタルサーバー申し込み後

いずれのタイミングでも、WordPressのインストールができるので安心してください。

レンタルサーバーを契約したら、それぞれ個人にログインアカウントが発行されるのですが、ログインをすると、レンタルサーバーのコントロールパネルが開きます。

このコントロールパネルは、レンタルサーバーやアカウントの設定、独自ドメインの管理まで全てをコントロールするための操作盤にあたる部分です。

コントロールパネルとは?

1 機械の操作盤。

2 パソコンのディスプレー画面の色や解像度、マウスの速度、日付や時刻など、コンピューターの基本的な動作設定をするためのフォルダー。システム環境設定。

出典:コントロール‐パネル【control panel】weblio辞書

コントロールーパネルにも、WordPressをインストールする項目があるので、そこからWordPressを設定します。

関連記事:ConoHa WING(コノハウィング)でブログを作る方法と手順

 3.WordPressテーマの設定

WordPressテーマの設定

次に、WordPressテーマを設定します。

WordPressテーマは、WordPressのテンプレートのようなもので、ブログやWebサイト作りに欠かせないツールのひとつです。

なお、WordPressテーマは、WordPressで作るWebサイトやブログのデザインを変更するだけでなく、SEOに関する機能も含まれているので、すごく便利です。

実際に、下記の3種類は、WordPressテーマで人気のサービスであり、その中でもSTORK19は、当ブログ(ユニコブログ®)で使用しています。

人気のWordPressテーマ

最近は、筆者が管理している副サイトを上記の「SWELL」と「NOMAD」を利用してWebサイトのデザインをしています。

実際の導入事例は、下記の記事にて詳しく解説しているので参考にしてください。

関連記事:WordPressテーマでおすすめできる有料版と無料版を比較しながら実例を用いて紹介

4.WordPressの初期設定

WordPressの初期設定

WordPressをインストールした後は、WordPressがより使いやすくなるように、初期設定をしておくと便利です。

WordPress初期設定の基本的な考え方としては、使いやすいツールを導入し、デフォルトで入っている使いにくいツールを省くという流れになります。

以下の記事では、実際にどのように初期設定をすれば良いのか詳しく解説しているので、必ず先に初期設定を済ませておきましょう。

関連記事:WordPressの初期設定でやっておくと良いことを分かりやすく解説

5.ブログの設定をする

ブログの設定をする

ここまでの段階で、WordPressの設定はすべて完結しました。

さあ、ここまできたら、いよいよ「ブログの設定」に入ります。

これで、念願だったWordPressブログがスタートできますね。

なお、ブログのタイトルやテーマ、どのようなジャンルでブログを始めるのかという部分ですが、ブログの収益化に繋がる重要な部分です。

ユニコブログでは、実際にどのようにしてブログを収益化してきたのか。

実際の経験をもとにブログの始め方や、収益化について役立つ情報を多数アップして紹介しています。

これからWordPressブログを副業にしたい、お小遣いを稼いだり、上手く行けばビジネスにしていきたいみたい、という人には、以下の記事がおすすめです。

関連記事:副業ブログの始め方について実例をもとに分かりやすく解説

WordPressテーマの使い方

WordPressテーマの使い方

WordPressテーマの使い方ですが、WordPressテーマはWordPressを起動させ、WordPress内で使用します。

WordPress内に「テーマ」と書かれた項目があるので、ここをクリックすると好きなWordPressテーマが設定できます。

WordPressテーマとは

WordPressテーマは、本書の冒頭でも説明しましたが、WordPressのテンプレートのようなものであり、デザインや構成、SEO設定まで対応できるというメリットを兼ね備えています。

現在WordPressのサービス内には、公式だけでも8,000種類を超えるWordPressテーマがリリースされており、非公式のテーマも加えると数え切れないほどの膨大なバリエーションのWordPressテーマが存在しています。

おすすめのWordPressテーマ

ブロガーやWebサイト制作者の間で、人気のWordPressテーマはいくつかあるのですが、先ほども紹介したとおり、最近は筆者の副サイトで利用している次の3種類です。

人気のWordPressテーマ

WordPressテーマは大きく、無料と有料の二種類が存在していますが、筆者も含めて、多くの方が有料のWordPressテーマを使用しています。

その理由は無料とは違い、有料版にはより優れたデザインテンプレート、カスタマイズに関わる高度な機能、SEOに関わる重要なパーツや機能が充実しているからです。

また、レンタルサーバー会社が、有料のWordPressテーマを無料で配布していたり、また有料のWordPressテーマを優待価格で会員に提供していることも、WordPress有料テーマが普及する一因になっています。

特に、上記のWordPressテーマだと、Webサイトの機能を追加するためのプラグインなどが、予めWordPressテーマの中に備わっているため、余計なプラグインが必要なくなるので気に入っています。

また、シンプルなデザインにしたときの、Webサイトの表示スピードが速くて好きです。

WordPressテーマの導入事例

ユニコブログ®では、これまで何度もWordPressテーマの導入事例を紹介してきました。

例えば、この記事でも紹介した『STORK19』やミニサイトの制作で使用している『SWELL』や『NOMAD』など。

また、レンタルサーバー別に相性の良いWordPressテーマというのがあります。

別の選択肢として、WordPressの設定で人気のレンタルサーバーであるエックスサーバーであれば、

  1. STORK19
  2. THE THOR(ザ・トール)
  3. AFFINGER

といったWordPressテーマがおすすめです。

実際に以下の記事では、どのような導入事例があるのかエックスサーバーを使って解説しています。

関連記事: エックスサーバーと相性の良いWordPressテーマ

WordPressにGoogleアナリティクスを設定する方法

ordPressにGoogleアナリティクスを設定する方法

WordPressが設定できたら、Googleアナリティクスを設定したいと考える人は多いです。

なぜなら、Googleアナリティクスを利用することで、サイトの閲覧数や訪問数、どのようなキーワードで皆がサイトを訪問しているのかが分かるからです。

本章では、WordPressにGoogleアナリティクスを設定する方法を簡単に解説しておきます。

Googleアナリティクスとは?

Googleアナリティクスは、Googleが提供するブログやWebサイトのアクセス状況を解析するためのツールです。

Googleアナリティクスとは?

米国グーグル社が提供するアクセス解析サービス。ウェブページに所定のタグを埋め込むことで、閲覧数、訪問者数、サイト内での移動の様子などを記録したアクセスログが得られる。

出典:グーグルアナリティクス(IT用語 goo辞書)

Webサイトを収益化をする場合には、ブログやWebサイトのどの部分に人が集まっているのか、実際にどのようなキーワードやテーマが人気なのか、細かな分析や解析をするのにGoogleアナリティクスは不可欠です。

アナリティクスの設定方法

アナリティクスの設定方法は、以下の3STEPで完結します。

STEP

アナリティクスに登録

STEP

トラッキングIDをコピーする

STEP

WordPressにトラッキングIDをペーストする

まず、Googleアナリティクスに登録するのですが、そもそもGoogleアナリティクスの登録にはGoogleアカウントが必要です。

すでにGmailを使用中の方であれば、持っているGoogleアカウントを使っても良いですし、新たにGoogleアカウントを作成してもOKです。

関連記事:Google アカウントの作成(Google)

1.アナリティクスに登録

Googleアカウントを設定したら、下記のGoogleアナリティクスのページを開きます。

Googleアナリティクス(公式サイト)

アナリティクスのページを開くと、ガイダンスに沿ってサイト名やURLなどを記入する項目があります。

すべての項目を設定したら、これで、アナリティクスがいつでも使えるようになりました。

2.トラッキングIDをコピーする

アナリティクスの中に、Google Analytics(ユニバーサルアナリティクス)と書かれた8〜9桁で構成されたIDが書かれています。

また、Google Analytics(GA4)という新型のIDがあるので、こちらは9桁のIDが書かれているのですが、Google AnalyticsまたはGoogle AnalyticsのトラッキングIDをコピーしてください。

3.WordPressにトラッキングIDをペーストする

先程コピーしたトラッキングIDをWordPressに貼り付けるのですが、WordPressテーマの中に、トラッキングIDを貼るページがあります。

これは、各WordPressテーマ毎に仕様が異なるため、各WordPressテーマの使い方を紹介したページやWordPressテーマ公式サイトの「良くある質問」をみて設定してみてください。

分かりやすく解説してあるはずなので、指定された枠内にWordPressにトラッキングIDをペーストするだけで、Googleアナリティクスが設定できます。

WordPressプラグインから設定する方法もありますが、初心者には分かりにくいのと、プラグインとWordPressテーマの兼ね合いで、不具合がでる可能性もゼロではありません。

このため、初心者の方にはWordPressテーマにアナリティクスを設定する(トラッキングIDを貼る)方法をおすすめします。

アナリティクスの確認方法

ブログやWebサイトに設定した「Googleアナリティクス」の確認方法も簡単です。

まず、Googleアナリティクスのサイトにログインをします。アナリティクスのページが開くので、ここまでに設定したサイトの情報が反映されているか確認します。

Webサイトとアナリティクスが正しく連携していれば、サイト全体のアクセス数、ページ毎のアクセス数、ユーザー毎のアクセス数、どこからサイトに流入してきたのか、どのようなキーワードで検索して流入したのか等が確認できます。

Googleアナリティクスのさらに詳しい使い方については、Google公式サイトにて確認しましょう。

参考リンク:アナリティクス|Googleマーケティングプラットフォーム

WordPressを使ったブログで収益化する方法

WordPressブログを収益化する方法

WordPressブログを作ったら、やはり目指すしたいのは「収益化」ではないでしょうか。

作ったWebサイトやブログには、広告を貼ってアフィリエイト広告などで収益化することができます。

第3章「3-5. ブログの設定をする」でも、WordPressブログを収益化する方法を少し話しましたが、本章ではさらに具体的に「WordPressブログの収益化方法」について解説します。

アフィリエイトプログラムに参加する

ブログを開設し、何本か記事を書いたらアフィリエイトプログラムに参加することができます。

アフィリエイトとは、成果報酬型広告のことで、ブログやWebサイトに企業のサービスや商品の広告を貼ると、広告経由でWebサイトやブログの管理者に報酬が入る仕組みです。

アフィリエイトプログラムに参加する方法ですが、GoogleAdSense、Amazonのアフィリエイトプログラム、ASP(アフィリエイトサービスプロバイダ)に登録して参加する方法があります。

ただし、アフィリエイトに参加するには審査があり、ある程度の本数、Webサイトの記事やコンテンツがなければ審査に通らないので注意しましょう。

ちなみにGoogleAdSenseの場合は、合格の基準が公開されていないので難しいところではありますが、10本くらいを目安ブログ記事あると審査に通る事が可能です。

このあたりは、筆者の場合5記事くらいで合格したこともあれば、30記事くらいをいろいろ改善して合格した経験があるので、基準が公開されない限りは、確実に合格する方法は分からないというのが正直なところです。

アフィリエイトプログラムについても、提携に都合の良い記事本数についてはASP(アフィリエイトプロバイダサービス)によっても違いがあるので、ガイドラインをチェックというところです。

このため、アフィリエイトに参加するまでに、最低でも5記事から6記事程度のストックをしてから参加するようにしましょう。

ブログアフィリエイトの平均報酬

ブログアフィリエイトの平均報酬ですが、日本アフィリエイト協議会の調査によると、国内のWebサイトやブログの月間アフィリエイト収入の平均額が公表されています。

調査によると全体の約6割が1,000円以上、全体の約13%が毎月1万円以上のアフィリエイト報酬を得ていることが分かっており、全体の5%は1〜3万円、全体の4.8%は3〜10万円、さらに全体の1.7%にいたっては毎月10〜30万円の報酬を得ています。

ユニコブログでも、300記事をアップしたときの収益とPV数、アフィリエイト報酬について詳しく解説しています。

関連記事:ブログで300記事を書いたときの収益とPVを公開【月収100万円以上になるまで地道に続けました】

ブログアフィリエイトの設定方法

ブログアフィリエイトに参加するには、ブログやWebサイトのジャンル、サイトの内容を先に登録する必要があります。

またブログのジャンルによって、相性の良いASP(アフィリエイトプログラムを紹介してくれるプロバイダ)も変わってきます。

収益化を成功させるには、このジャンル選定が重要であり、登録内容によってASPで利用できる広告の内容や審査の結果も変わってきます。

なお、ブログアフィリエイトの具体的な参加と設定方法ですが、以下の記事にて詳しく解説しているので、お役に立てば幸いです。

関連記事:アフィリエイトブログの作り方を分かりやすく解説【初心者向け】

また、ASPの選び方やアフィリエイトの参加方法は、以下の記事にて詳しく解説しています。

関連記事:アフィリエイトとは?収益化できるおすすめASPと運営方法を解説【独自AFPの紹介付き】

WordPressの始め方で参考になる書籍(本)

WordPressの始め方で参考になる書籍(本)

WordPressを始める時に「参考になる本があれば知りたい」と考える人は多いです。

ネットの情報や動画も参考になるけれど、やっぱり紙の本で持っておきたいと考えるのは良くあること。

WordPressの本が一冊あれば通勤や通学、ちょっとした隙間時間にもチェックできますし、電子書籍でダウンロードしておけばお風呂などの時間にも勉強できるので便利ですよね。

そこで本章では、WordPressを始めるにあたって、役に立つ書籍を3冊ですが紹介します。

WordPressおすすめ本1:いちばんやさしい WordPress 入門教室

WordPressの始め方で、参考になる書籍の1冊目は、佐々木 恵さんが書かれた『いちばんやさしい WordPress 入門教室』です。

本書では具体的なWebサイトの作成例から、WordPressの設定方法やアレンジの方法までを分かりやすく解説しています。

また、佐々木 恵さんの書籍でも人気のレンタルサーバーエックスサーバーをつかって簡単にWordPressをインストールする方法を解説しています。

なお、エックスサーバーを使ったWordPressの設定方法は、ユニコブログでも分かりやすく解説しているのでチェックしてみてくださいね。

関連記事:エックスサーバーの契約からブログを始める手順を分かりやすく解説!

『いちばんやさしい WordPress 入門教室』は、Amazon、楽天市場をはじめ全国の書店で購入できます。

参考リンク:いちばんやさしい WordPress 入門教室

WordPressおすすめ本2:ゼロから学ぶ はじめてのWordPress [バージョン6.x対応] 

WordPressの始め方で、参考になる書籍の2冊目は、ゼロから学ぶ はじめてのWordPress [バージョン6.x対応] です。

本書は写真やイラストが豊富で分かりやすく、手順に沿って操作をすすめると基本的なWebサイトが完成する仕組みになっています。

尚、レンタルサーバーを先に申し込んで、その後にWordPressをインストールする流れになっているので、初心者向けに最適化されたレンタルサーバーを参考にしていただきながら薦めていけば、WordPressの設定は簡単ということが分かります。

ゼロから学ぶ はじめてのWordPress [バージョン6.x対応] は、Amazon、楽天市場をはじめ全国の書店で購入できます。

参考リンク:ゼロから学ぶ はじめてのWordPress [バージョン6.x対応]

WordPressおすすめ本3:1冊ですべて身につくWordPress入門講座

WordPressの始め方で、参考になる書籍の3冊目は、『1冊ですべて身につくWordPress入門講座』です。

本書はシリーズ27万部以上の大ヒットをしている「1冊ですべて身につく」シリーズのWordPress版として出版されました。

実例をもとに、WordPressの仕組みを分かりやすく解説していて、WordPressの基礎知識から最新の情報まで、この1冊にギュッと凝縮されています。

なお、manaさんの本書でもレンタルサーバーから設定し、独自ドメインの設定、WordPressのインストールという順序でWordPressサイトの作り方を解説しています。

例えばですが、ConoHa WINGのようにレンタルサーバーと独自ドメイン、WordPressがオールインワンになったサービスを利用すれば、設定の操作が楽になりますね。

ConoHa WING 公式サイト アカウント作成ページ

1冊ですべて身につくWordPress入門講座は、Amazon、楽天市場をはじめ全国の書店で購入できます。

参考リンク: 1冊ですべて身につくWordPress入門講座

【Q&A】WordPressブログの設定で良くあるトラブルと解決法

【Q&A】WordPressブログの設定で良くあるトラブルと解決法

WordPressブログの設定(レンタルサーバー、WordPress、独自ドメイン)について、『良くあるトラブル』とその解決法ですが、最も多いのがプラグインの問題です。

例えば、プラグインは、多くインストールし過ぎると、機能やプログラムが複雑に干渉し合って、Webサイトの表示が真っ白になったりなど、他のプラグインとの問題も起こりやすくなります。

プラグインの関係については、以下の記事にて詳しく解説しています。

プラグインの設定で迷ったときには、参考にしてみてください。

関連記事:WordPressのプラグインは6つ導入するだけで問題なし【初心者向け】

なお、ここにない問題やトラブルシューティングについては、レンタルサーバー会社の公式サイトに「良くある質問」があるので、合わせて参考にしてみてください。

関連記事:レンタルサーバーとWordPressのテーマ選びに困ったらConoHa WINGとTHE SONIC

まとめ|WordPressを始めてカンタンにWebサイトを作る事ができる

WordPressを始めてカンタンにWebサイトを作る事ができる

一見難しそうに思えるWordPressの設定ですが、レンタルサーバーを利用することで簡単に設定できることが分かってもらえたと思います。

まとめ|WordPressの始め方
  1. 先にレンタルサーバーを申し込むとカンタン
  2. レンタルサーバー申し込みと同時にWordPressが設定できる
  3. レンタルサーバーで独自ドメインも同時に設定できる
  4. WordPressテーマは無料よりも有料テーマの方がメリットが大きい
  5. WordPressブログで、アフィリエイトもできる

WordPressは、複雑なプログラミングの知識無しでも、カンタンに設定できるので便利です。

また、Webサイトやブログ作成が初めての方でも、レンタルサーバーを先に申し込むことで、ワンクリックで設定できるので便利です。

まずは、レンタルサーバーを申し込んで、カンタンなWordPress設定をはじめましょう。

WordPressの始め方に関する関連記事

WordPressの始め方に関する関連記事

当ブログ(ユニコブログ®)では、WordPressの始め方以外にも、多くの情報発信についてブログ記事で情報公開をしています。

下記の記事も含めて、当サイトがお役に立てば幸いです。

  1. WordPressとは?Webサイト制作に便利なCMSを初心者向けに分かりやすく解説
  2. WordPressの初期設定でやっておくと良いことを分かりやすく解説
  3. アフィリエイトブログの作り方を分かりやすく解説【初心者向け】
  4. ブログの開設は簡単にできる!サーバー&WordPressテーマ組み合わせ3選!
  5. WordPressテーマでおすすめできる有料版と無料版を比較しながら実例を用いて紹介
  6. レンタルサーバー徹底比較!WordPressおすすめサーバーを解説
  7. アフィリエイトで稼げない時に収益を改善できるおすすめの方法をわかりやすく解説
  8. ワードプレスのテーマを変更するときに気をつけることを分かりやすく解説
  9. ブログで時間の無駄を生み出さない効率的な方法を分かりやすく解説
  10. アフィリエイトとは?収益化できるおすすめASPと運営方法を解説【独自AFPの紹介付き】

ユニコブログ®は
ConoHa WINGレンタルサーバーで
運営しています^ ^

コノハウィングレンタルサーバー コノハウィングレンタルサーバー
ABOUT US
小林 玲王奈ユニコーンコンサルティング株式会社 代表取締役

起業から法人化して初期の頃は、自分と同じく起業する人、スタートアップ企業への出資や資金調達を含めてサポートしていました。

最近は、主に自社のブログサイト運営やWebメディア、Webアプリの開発や運営、LINEスタンプやLINE絵文字等の2Dイラスト制作を中心にキャラクターデザインをしたり、3DCGによるコンテンツ制作事業をAR(拡張現実)/VR(仮想現実)プラットフォーム向けに行っています。

公式ブログサイトでは、「会社の収入だけに依存しない生活を手に入れる」ことをテーマにブログ記事を書いたり、ブログ運営を始める人のサポートを無償で行っています。

2003年から映像業界向けの様々な新規事業立ち上げに従事。

2014年からは経営/メディアコンサルティング業も始めて2020年01月に独立しました。

現在、ユニコブログ®以外にも、数十サイト以上の特化ブログを立ち上げて運用しています。

全て同じサイト構成、ブログ記事構成、文章構成など、検証可能な範囲で仕様を合わせてみて、収益を出すのに再現性があるか?などを試行錯誤している日々です。

他にも、ピックアップしているレンタルサーバーとWordPressテーマを総当たりで組み合わせてサイトスピードがどうなるかなど、思いついた事をひたすら検証する日々。

WordPress用のシンプルなプラグインやブログパーツの開発にもチャレンジしています。

SMPTE Professional Engineer Member

一般社団法人 日本ポストプロダクション協会認定 映像音響処理技術者

著書 : 『保存版 売上を向上させるためのYouTube活用術』

2020年度と2021年度の 学校法人調布学園 田園調布学園 中等部・高等部「豊かな教養を培う 未来へつなぐ土曜コアプログラム『探究』」にて空中ディスプレイコンテンツ制作及びWebサイト制作の特別講師を担当。2022年度は土曜プログラム(マイプログラム)『仕事最前線』で講演

著述家 / ブロガー兼コンテンツクリエイター

プロフィールの詳細はこちら