ブログ記事のタイトルの付け方を分かりやすく解説

ブログタイトルの付け方を分かりやすく解説

ブログのタイトルって、付けたい名称と検索流入の大きさを考えなければいけないので、結構難しいですよね。

検索で表示させたいキーワードを定めて、そのキーワードで表示されるブログタイトルの決め方や、検索エンジンから幅広く拾われる調整方法を解説します。

ブログ記事のタイトルとキーワード

ブログ記事のタイトルは既にご存じの通り、検索流入で狙ったキーワードで検索結果に表示されるための最重要ポイントです。

けれど、最近Googleから「Passage-Based Indexing」についての発表もあり、ブログ記事の一部分だけを対象に評価される流れが出てきたので、それも考慮しながら今のうちに対策をしておくことも重要です。

Passage-Based Indexingについては、下記のサイトで詳細説明されています。

参考リンク : 海外SEO情報ブログ| Passage IndexingをGoogleが導入。ページ内の特定の部分だけをランキングの対象に。検索結果の 7 %に影響。

ブログタイトルは重要なキーワードを先に入れる

キーワードは、大きく分けると3つに分解することが出来ます。

タイトル決め

例えばSNSの場合でしたら

・「Twitter」で「フォロワー」を「増やす」方法をわかりやすく解説

・「Twetter」で「フォロワー」から「シェア」してもらう方法を解説

・「Twitter」で「フォロワー」から「いいね」してもらう方法を紹介

などのような形です。

引用 : ユニコブログ | ブログで月間1万PVになるまでやってきた3つのこと

基本的には

「メインキーワード」+「サブキーワード」+「アクセントキーワード」の3語で構成をしていきます。

検索ボリュームが大きいものを優先する

キーワードを3語に分解したときに、検索ボリュームが大きいものを優先(タイトルの始め)に置いておきます。

検索ボリュームの調べ方は、下記の記事でも詳細を解説していますので、参考にしてください。

キーワードボリュームを調べるためのツールを解説

キーワードボリュームを知りたい時のツール3選

アクセントキーワードは見出しでもOK

ブログタイトルの内容を完璧に固めていく場合は、アクセントキーワードまで入れる形になりますが、アクセントキーワードは「見出し」タイトルでかなり役立ちます。

アクセントキーワードは見出しで利用していき、キーワードを広くつかみ取れるようにしておくのもOKです。

狙ったキーワードで検索上位されているサイトを見ると、見出し構成がそんな感じになっているところが多くあります。

他のサイトの見出しを効率よく抽出して調査するためのツールは、下記の記事で紹介しています。

記事の見出し構成を素早く行う時短テクニック

記事の見出し構成に困らなくなる神ツール3選【時短のテクニック】

ブログタイトルの文字数

ブログタイトルの文字数は、可能な限り検索結果で表示される文字数と合わせて表示させたいところです。

ブログタイトルの文字数には26文字や32文字などいろいろありますが、ブログ記事を書くときには、都度検索結果をPC環境とモバイル環境で確認して、表示される最大文字数を確認しておきましょう。

タイトルと内容を一致させる

ブログ記事は、タイトルに沿った内容になっていることが理想です。

雑記や日記系だと難しいかもしれないのですが、ノウハウ系の場合は結構やりやすいと思います。

タイトル、見出し、ディスクリプションなど、ポイントになる場所はきっちりと定めたキーワードが盛り込まれるようにブログ記事を作り込んでいきましょう。

ブログでキーワードを入れる場所をわかりやすく解説

ブログでキーワードを入れる場所は3ヶ所だけ【初心者向け】

ブログタイトルをもとに、検索者の解決に必要な情報だけを盛り込んで記事にするとが重要です。

慣れてくると自分の型が出来てくると思うので、日々ブログの更新ですね。

ブログを始めるときにおすすめできるレンタルサーバーの紹介記事

ABOUT US

小林 玲王奈Unicorn Consulting Inc. 代表取締役 CEO
起業する人やスタートアップ企業に出資や資金調達を含めてサポートしながら、ブログの運営やWebアプリの開発、LINEスタンプ制作をしています。2003年から映像業界向けの様々な新規事業立ち上げに従事。2014年からは経営/メディアコンサルティング業も始めて2020年01月に独立。今年から来年にかけて、世田谷の私立校で空中ディスプレイ技術とWebマーケティングの講義を行っています。|SMPTE Professional Engineer Member